情報更新

last update 12/01 15:34

ツイート検索

 

@K_masafumi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

Stats Twitter歴
3,862日(2010/05/07より)
ツイート数
33,686(8.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年12月01日(火)14 tweetssource

7時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@samsara2584 敵視なんてしてませんよ(批判は京大にも当たりますしね)。
ただ、大学受験が(小学生からの)目標の人は、研究者としてダメだろうなと思います。益川先生のように、(研究のための)手段でないとね。

事実かどうか知りませんが↓のようなブログもありますし。

blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/

posted at 13:09:11

12時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

我々は、明らかに、大きな変化の入口にいた。10年後、1950年代の半ばまでには、人は自信をもって、経済の新たな中心として「知識社会」や「知識作業」について話し、新たな優勢な労働力として「知識労働者」を話すことができた。
(今日ドラ⑤)

posted at 08:09:09

12時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

これらの考えは、私を質問に導いた。「これは、期待、価値、社会構造、雇用等にどのような影響を与えるか?」この質問が訊ねられると(私は1940年代の終わりに初めて訊ねた)、人類の歴史で初めて、知識が生産的なリソースとして社会で地位を得たことが明らかになった。
(今日ドラ④)

posted at 08:09:09

12時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

単純な例は鍵となるリソースとしての知識の出現である。何かが起こっていることを私に知らせた出来事は第二次大戦後の米国の復員兵援護法の可決であった。この法律は、全ての退役軍人に国の費用負担で大学に通う権利を与えた。それは、全く先例のない進展であった。
(今日ドラ③)

posted at 08:09:08

12時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

社会生態学者の仕事:
第1に、以下の質問をすることで社会や共同体を見ることである。
「誰もが知るもの」と整合しない、いかなる変化が生じたか?
「パラダイム変化」は何か?
これが変化であって一時的な流行でないことの証拠はあるか?
(今日ドラ①)

posted at 08:09:08

13時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@samsara2584 益川先生は大学に入ると水を得た魚のように数学物理の研究したと書かれていましたけど、東大に入って、専門の研究をするでなく、クイズ番組の客寄せパンダになっている東大生を見たら・・・・以下略(笑)。

posted at 07:26:31

2020年11月30日(月)30 tweetssource

23時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@samsara2584 益川先生と山中先生を出した時点で、学歴を重視していないってわかりませんでした?
東大合格が人生の頂点にならないように、お前らは環境に恵まれただけだから天狗になるなって言ってやるのも大人の務めだと思いますよ。

posted at 20:49:02

11月30日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

米国のように、親子の絆(親が子を育てる権利と子が親に育てられる権利)が憲法上の権利と認められたら、全てが変わるはずなのだけど・・・。
具体的な制度論も大事だけど、大本は憲法論。

posted at 18:36:02

11月30日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@samsara2584 削除された書き込みへのレスですが、
環境は大事ですよ。
理Ⅲはほぼ100%中受組。つまり、中受する環境になければ、不可能ということです。
特に東大は、受験科目が多いので、天才型はダメでしょうね。
一芸に秀でるのが天才ですが、それでは東大は受かりません(笑)。

posted at 12:37:32

11月30日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@samsara2584 そうですね。
何が幸せかは本人が決めることですしね。
佐藤ママさんにとっては、偏差値最高峰が大事だったのでしょう。並みの医学部では、今のお仕事(中受塾の顧問や教育アドバイザー?)はありませんから・・・。

posted at 12:21:33

11月30日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

既婚女性で、専業主婦と共働きで、幸福度調査をすれば、前者の方が高いという結果になると思うけどなあ。
フェミは仕事に幻想をいだいているけど、「労働」って、給料をもらうために提供する負担だしね。

posted at 10:19:09

11月30日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@samsara2584 女性の生き方も多様性があるわけで、専業主婦で家事・子育てに専念する生き方もあれば、それを一切せずにキャリアを目指す生き方もある。
自分と違う生き方を否定することなく、それぞれの生き方に応じて、工夫することだと思います。

posted at 10:09:09

11月30日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

40年前、我々は管理職の人々のパフォーマンスレビューに「昇進への準備があるか?」という質問を入れた。今、その質問を「より大きな、より要求の厳しい挑戦と(既存の仕事への)新たな責任の追加への準備があるか?」という質問に代える必要がある。
(今日ドラ③)

posted at 10:03:41

11月30日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

第2の方法は、昇進の代わりに職務拡大をすること。若いマネジャー等に満足と達成を与える唯一の方法は、優れたパフォーマンスへ報いとして、昇進ではなく、異なる割当への水平的移動を用いながら、仕事を、より大きく、より挑戦的、より要求の厳しい、より自治的なものにすること。
(今日ドラ②)

posted at 10:03:40

11月30日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

今がミドルマネジメントのウェイトコントロールをする時である。
1つの方法は自然減である。退職、死亡、辞職によって空位になれば、それを自動的に埋めない。6から8か月空いたままにして、様子を見る。後任が必要だという圧倒的な声がでなければ、それをなくす。
(今日ドラ①)

posted at 10:03:40

2020年11月29日(日)32 tweetssource

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@samsara2584 社長が入れ替わっても会社は(何もなかったように)存続しますが、
家族の健康が壊れたり、子供が道を踏み外すことになれば、取り返しがつきません。
そういう意味で、家事や子育てには、代替性がなく、仕事より価値が高いと思っています。

posted at 23:17:26

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@samsara2584 そうですか?
男性が働き、女性が専業主婦の家庭もありますけど、その家庭で男性が恵まれていますか?
佐藤ママさんのところは、子育てに専念して子ども4人を理Ⅲに入れ、その後教育アドバイザーとして活躍されてますけど、ご主人の方が恵まれていますか?

posted at 23:07:32

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@samsara2584 一口に男性、女性といっても、いろいろなわけで、本来は、厳しさは「個人」レベルの問題なのですね。
おっしゃるような女性差別は急速に改善されています。で、気になるのは、専業主婦という生き方自体が批判されることです。私は、多様な生き方を認めないということに警笛を鳴らしています。

posted at 23:01:34

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@samsara2584 一昔前では、教育投資において、男女格差があったことは否定しません。その後、その面の男女格差が縮小するとと、女性も(かつては男性のみがさらされていた)社会の厳しさにさらされることになった。その1つが、エリート女性の過労死の例ですね。

posted at 22:30:00

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@samsara2584 一昔前は、そういう意味での男女較差がありましたが、今はそういう風潮は薄れましたから(性差に対する意識も含めた)家庭環境による較差ですね。

例えば、教育環境的には、中受が許される女子は、それが許されない男子より優遇されているといえますが、後者は男子の多数派です。

posted at 20:09:49

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

エグゼクティブの意思決定の有効性は、その事業の問題の理解だけでなく、その問題に対する大衆の態度の理解に基づく。このように、広報のプログラムは本部と部門のエグゼクティブに大衆の態度と信念の知識と、その背後にある理由の理解を与えるためのものである。
(今日ドラ③)

posted at 11:52:09

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

大会社の決定は、労働者、消費者、市民としての大衆に影響する。大衆は、会社が行う動きに、(意識的にせよ無意識にせよ)反応する。この反応に、会社の意思決定の有効性は依拠する(これは、会社が社会に生きることの言替えである)。
(今日ドラ②)

posted at 11:52:09

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

大衆にとって「広報」は宣伝を意味する。しかし、会社の美徳や達成の宣伝より、会社の問題を大衆に知らせることに重みを置くべきである。これは、大衆にその問題を広めるにはまず大衆の問題を理解しなくてはならないという理解に導く。
(今日ドラ①)

posted at 11:52:08

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

企業にも個人にも表現の自由があり、それが適法なものである限り、守られるべきというのが、価値観の多様性を認める憲法の理念。
もちろん、表現への批評は許されるが、(法的手段によらずに、力によって)表現を止めさせることを認めることは(適法な)表現の自由への侵害を認めることなのだよね。

posted at 10:46:38

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@rocketboys7 たとえば中止になったふともも展でも、
「適法な表現行為⇒裁判所に差止めを求めても通らない⇒フェミによる電凸&脅迫行為⇒来場者や関係者の危険というリスクをとれない主催者は中止」

これは、適法な表現の自由とはいいません。
裁判所にいって通らないことを実力行使で通す、反社と同じです。

posted at 10:34:14

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@rocketboys7 広告批判はいいですよ。
でも、フェミがやってるのは、電凸での脅迫行為でやめさせてるじゃないですか。
そういえば、(フェミの電凸で中止になった)ふともも展とかも、来場者の安全確保を考えてやめざるを得なかったのでしょう。

posted at 10:27:42

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@rocketboys7 その女性表象の広告も適法なのですよ。
障害があるというフェミの主観的な判断で、袋叩きでつぶして女性モデル達の仕事を奪わず、文句があるなら、裁判所に差止めでも求めてください。

法的手段によらずに、実力行使で、相手の適法行為に干渉することが、まさに反社です。

posted at 10:22:59

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@rocketboys7 「炎上してるのは大体が大企業意」は味がないですね。

力のある者が力のない者の適法な表現行為をやめさせることを認めてはいけないのです。
弱い者の表現の自由を否定することは(価値観の多様性を尊重する)憲法の理念に反します。いやなものは見なければいいので、それを止めさせるのはNGです。

posted at 10:09:33

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

フェミがやっているけど、全く法的に問題のない表現行為に対して、(法的手段をとらずに)匿名で袋叩きにして潰すなんて「文句言いいながら立ち向かう」のではなく、やっていることは反社と同じ。

posted at 08:50:05

11月29日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

@rocketboys7 そうそう、番組に出ていた芸能人が、ネットで非難抽象をあびて自殺したこともありましたね。
やっていた人達は匿名で、被害者は泣き寝入りで、やった連中はおとがめなしです。

SNSは、気に入らない意見や表現行為を潰すのはもちろん、人を死に追いやる力まで、一般人に与えてしまったのです。

posted at 07:19:03

このページの先頭へ