情報更新

last update 10/21 03:34

ツイート検索

 

@K_masafumi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

Stats Twitter歴
3,090日(2010/05/07より)
ツイート数
22,483(7.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年10月20日(土)10 tweetssource

10時間前

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

岡口さんは、憲法上裁判を受ける権利(32条)が保障されているにもかかわらず、「勝訴した当事者が訴訟を提起したこと自体が不当であると考えそれを公表した」裁判官だと、最高裁判所によって認定されたわけで、実際にはそんなことを微塵も思っていなかったとしたら、まさに冤罪だよね。

posted at 20:03:46

18時間前

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

実践ビジネス英語10/18●

safety benefits
stay in touch with
vital link with
distract their children from their studies
the thing is
eat up valuable time and mental energy

posted at 11:46:21

18時間前

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

力への衝動が向けられる、利用可能な方向づけの中で、利益動機は、最高でなくても、非常に高い社会的有効性を持つ。他の知られている形態は、野心ある人に他人への直接的な力と支配を与えることで、満足を与える。利益動機のみが、物への支配を通じて達成感を与える。(今日ドラ)

posted at 11:43:30

19時間前

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

最高裁判事にもそのような経験則はあると思うのだが、「そのような訴訟を上記(勝訴した)飼い主が提起すること自体が不当であると被申立人が考えていることを示す」という認定に、誰1人として疑問を呈さなかったことに驚くしかない。

posted at 11:20:05

19時間前

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

憲法上裁判を受ける権利(32条)が保障されているし、実際に一見とんでもないと思える訴訟もいくらでもあるし、おそらく「訴訟を提起すること自体が不当」とは最も考えないのが、法曹なんだよね。

posted at 11:20:05

23時間前

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

@cha1661ahc 最高裁の判決についても様々な議論があり得るように「法律に基づく判決」とは違う正義があり得るということです。裁判官によって「法律に基づく判決」が違っていいという趣旨ではありません。

posted at 06:58:55

2018年10月19日(金)9 tweetssource

10月19日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

最高裁の判断の前提には「判決=正義」という認識があるのかもしれないが、それは「現行法に基づく正義」にすぎないのであって、その発想は「価値観の多様性(=視点が違えば別の正義があり得ること)」とは反対を向いているように思う。

posted at 17:23:39

10月19日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

「法に基づく正しい判決」が(視点の違う)素朴な正義感情に反することはあり得るわけで、裁判官がそういう判決を紹介することに問題はないし、またその(法に基づく)判決を批判したものではないから、最高裁が指摘する「その内容を十分に検討した形跡」も必要ない。

posted at 17:23:38

10月19日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

私は、岡口さんの問題の書込みを直接には見ていないけど、「私人である当該訴訟の原告が訴えを提起したことが不当であるとする一方的な評価」を記載したのではなく、おそらく、「法に基づく判決」が視点を変えれば素朴な正義感情と解離した例として紹介したのだろう。

posted at 17:23:38

10月19日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

岡口さんは現実に様々な訴訟が提起されることを知る裁判官で、おまけにこの飼い主が勝訴しているわけで、「そのような訴訟を上記飼い主が提起すること自体が不当であると被申立人が考えていることを示す」という最高裁の認定はあり得ない。

posted at 17:23:37

10月19日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

資本主義は一次元のものであり、人であることと、人として扱われることが意味するものの次元は、資本主義の経済システムに組み入れられていない。そのような近視眼的なシステムが生活の他の面も支配することはいかなる社会にとってもよくない。(今日ドラ②)

posted at 09:09:11

10月19日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

私は、憤りと士気の低下が会社に打撃を与えるのを望まないのであれば、上級エグゼクティブと一般のホワイトカラー従業員の間の給与比率は、20対1を超えるべきでないとアドバイスした。マネジャーが大きな利益を出しながら、労働者を解雇することは、社会的にも道徳的にも許されない。(今日ドラ②)

posted at 09:09:11

10月19日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

自由市場に賛成である。それが申し分なく機能しないとしても、それ以外のものは機能しない。しかし、それは、経済を最も大切なものと偶像視するため、私はシステムとしての資本主義に重大な留保をつける。(今日ドラ①)

posted at 09:09:11

2018年10月18日(木)11 tweetssource

10月18日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

懲戒申立に記載されていない事実で懲戒されたという議論だけど、最高裁の立場は、主要事実は懲戒申立てに書かれていて、その評価が(懲戒申立とは)違うだけだから、問題ないということなのだろう・・・。事実の「評価」は主張に縛られないという立場。

posted at 22:30:34

10月18日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

和解条項をみたら「結果的に事実上及び法律上の根拠を欠くものであったことを認めるに至った。」という記載だから、不法行為の成立は認めていないけど、結果的に迷惑をかけたから、和解したってことだよな・・・。

posted at 19:46:13

10月18日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

岡口さんは(犬の裁判について)「(法律に基づく)判決」の結論が、素朴な正義感情と乖離していることを指摘しただけなのだと思う。それは「判決」を批判したわけではないから、(最高裁が言う)その内容を吟味する必要もなかったことになる。

posted at 19:26:40

10月18日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

最高裁は「(法律に基づく)正しい判決」とは別の多様な視点からの見方があり得ることと、裁判官による法的判断とは別の視点からのコメントが、それとは別の次元(=法律に基づく判断の次元)での「裁判官に対する国民の信頼」や「裁判の公正」にはつながらないことを看過していると思う。

posted at 12:07:11

10月18日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

裁判官がそれを指摘したり問題提起をすることは「裁判官に対する国民の信頼を損ね,又は裁判の公正を疑わせるような言動」ではないわけで、当然に「表現の自由」の範囲のものだと思う。

posted at 11:54:24

10月18日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

判決は、法律に基づく結論だから、現行法を前提とした場合に正しい判決であっても、素朴な正義感情に反する結論になることはあるし、視点を変えれば正義に反する結論になることもある。

posted at 11:54:24

10月18日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

経済領域に独立と自治を与えなくてはならず、非経済的な考慮に服従するものであってはならず、より高い位置になくてはならない。経済発展は社会的繁栄を約束するため、経済目的の推進に集中されなくてはならない。これが資本主義であり、この社会目的なしには、正当性を持たない。 (今日ドラ②)

posted at 09:10:20

10月18日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

資本主義は私的利益を社会的行動の最高の支配者の座につかせる結果として自由で平等な社会を期待する。資本主義者の信条は、それによって理想の自由で平等な社会が自動的に実現する手段として、利益動機を積極的に評価した最初で唯一の社会的信条である。(今日ドラ①)

posted at 09:10:20

2018年10月17日(水)5 tweetssource

10月17日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

事前に、最高裁と同じ評価を示した弁護士もいたわけだし、相手の視点からも、事実を見てみないといけない。

posted at 18:43:42

10月17日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

岡口氏の分限裁判。えてして、自分に有利に事実を評価しがちになるけど、自分に不利に事実を評価することが大事ということか・・・。

posted at 18:30:47

10月17日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

宗教は、神とともにある魂だけの国である真の神の国を捨てることなしに、いかなる社会も社会プログラムさえも、受け入れることはできない。そこに、社会の良心としての教会の強みと政治的/社会的力としての教会の救いがたい弱みがある。(今日ドラ③)

posted at 13:35:05

10月17日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

人々は、この世界を捨てる用意ができておらず、救済を期待するなら、現世の救済を求める。そして教会、特にキリスト教の教会は、「社会的福音」(=イエスの教えを社会問題に適用すること)を、伝道できるしすべきである。(今日ドラ②)

posted at 13:35:05

10月17日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

宗教は、「個人の」絶望と存在に関する苦悩への答えを提供し得るが「大衆の」絶望への答えを提供しない。(今日ドラ①)

posted at 13:35:05

2018年10月16日(火)11 tweetssource

10月16日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

@kotadon 私は、一律に「無罪推定だから(有罪前提の)発言を控えろ」という立場ではないのですが、そういう立場の人(=無罪推定だからそういう発言を控えろという人)の中では、嫌疑すらかけられていない人(それも具体的個人)の犯罪事実の可能性を指摘することは矛盾しないのだろうかと思った次第です。

posted at 15:06:42

10月16日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

@kotadon 「被疑者にはめられて(=被疑者が「勝手に車を持ちだしたと供述するよう弁護士から指示された」という虚偽の供述を捜査官に行って)弁護士が逮捕された」と言うことは、「その被疑者が虚偽告訴等を行った」と言っていると評価できると思いますけどね。

posted at 14:53:19

10月16日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

@kotadon 「申告」の方式は限定されていませんし、「目的」についても、意欲は不要で、処分を受けさせる未必的な認識で足りるとするのが判例ですね。

posted at 14:31:19

10月16日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

弁護士が逮捕された件で、無罪推定をいう人達が、被疑者にはめられたという推測を書いていて、それって被疑者が虚偽告訴等(刑法172条)を犯したということなのだけど、それは(虚偽告訴等の嫌疑すらかけられていない)その被疑者の無罪推定との関係で問題ないのだろうか・・・。

posted at 12:30:07

10月16日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

起訴されれば9割以上有罪だから「統計的」には「起訴⇒有罪」が推定される。無罪推定原則は、刑事訴訟法上、検察側に(有罪とするための)立証責任があるという原則であり、有罪が確定するまで「罪のない」人として扱われるべきという原則。

posted at 09:40:52

10月16日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

我々が統治者と呼ぶ決定的な社会的力が、自由、平等、又は高徳さの要求に基づき、これらの理想的な目的の達成に向けてデザインされた機関を通じて行使される限り、社会は自由で平等であるいは高徳な社会として機能し得る。(今日ドラ②)

posted at 08:39:49

10月16日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

正当な力は個人の社会的地位と機能が依拠する人の本性と達成感についての社会の同じ基本的信念から生じる。実際、正当な力はその正当性を社会の基本的エートス(精神)に置く統治者として定義され得る。(今日ドラ①)

posted at 08:39:49

2018年10月15日(月)4 tweetssource

10月15日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

意思決定は、できるだけ低いレベルで、行動の場面にできるだけ近く、なされるべきである(=低い方がいい)。しかし、影響を受ける全ての活動と目的が十分に考慮されるレベルでなされるべきである(=低すぎたらダメ)。(今日ドラ②)

posted at 09:33:04

10月15日

@K_masafumi

川村真文@K_masafumi

意思決定の性質を決める4要素:①意思決定の未来性の程度(=どれだけ長く将来にコミットするか?)、②他の機能・分野、あるいは事業全体に与えるインパクト、③行動の基本原則、倫理的価値、社会的/政治的信念等決定に入る質的ファクターの数、④繰り返されるものかどうか。(今日ドラ①)

posted at 09:33:04

このページの先頭へ