情報更新

last update 07/13 06:26

ツイート検索

 

@K_masafumi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

Stats Twitter歴
3,721日(2010/05/07より)
ツイート数
31,471(8.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月12日(日)16 tweetssource

20時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

毎日少しづつ、親と子の米国での憲法上の権利について読んでアップしているけど、米国では、最高裁が文字通り基本的人権の砦となって(人権を侵害する)州法について容赦なく違憲判決を下してきたことがわかる。

posted at 17:40:13

7月12日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

子の世話、保護、マネジメントについての親の基本的自由の利益は、彼らが模範的な親でなかったことや、子の一時的保護を失った(州が保護した)という理由から、消えてなくならない。血族が葛藤にあっても、親は、家族生活の取り返しのつかない破壊を回避する極めて重要な利益を有する。(11頁)

posted at 11:17:05

7月12日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

裁判所は、証拠の優越により親の権利を終了させることを認めるニューヨーク州法を違憲であると宣言した。
Santosky判決は、裁判所の手続きで親が不適格とされた場合でも、(親は)憲法的に守られた親の権利を保有すると判示した、最初の最高裁ケースである。

posted at 11:17:05

7月12日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

裁判所は、しかしながら、この判示の中で、親の「子の交わり、世話、保護、マネジメント」は重要な利益であり、「まぎれもなく敬意と(強力な対抗利益がない限り)保護を保証する」ことを強調し、親の地位の終了についての判断の正確と公正についての親の利益は不可欠であると強調した。(11頁)

posted at 11:10:56

7月12日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

1981年に、裁判所は、修正14条は、親の地位を終了させる手続きにおいて、貧乏な親に弁護士の選任を要請しないと判示した。親は、基本的に公正な手続についてのデュー・プロセス権を持つが、それは必ずしも、弁護士の選任を求めるものではない。

posted at 11:10:56

7月12日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

イノベーション機会の7つの窓を監視する:
①予想外、②不調和、③プロセスニード、④産業構造又は市場構造の変化、
⑤人口統計の変化、⑥認知、雰囲気及び意味の変化、⑦新たな知識。
(今日ドラ④)

posted at 06:53:05

7月12日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

以上の7つの源泉の境界は不明確で、かなりの重なりがある。
それらは、建物の異なる側にある、7つの窓にたとえられる。それぞれの窓は、いずれかの側の窓からも見られ得る特徴を示すが、それぞれの中心からの眺めは、はっきりしていて、異なっている。
(今日ドラ③)

posted at 06:53:05

7月12日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

③プロセスニードに基づくイノベーション
④気付かれずに全ての人をとらえる産業構造又は市場構造の変化

第2のセット⇒企業や産業の外での変化に関係。

⑤人口統計(人口変化)
⑥認知、雰囲気及び意味における変化
⑦(科学的と非科学的の双方の)新たな知識
(今日ドラ②)

posted at 06:53:05

7月12日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

体系的なイノベーションはイノベーション機会の7つの源泉の監視を意味する。

最初の4つの源泉⇒組織活動内にある。

①予想外・・予想外の成功、予想外の失敗、予想外の外部の出来事
②不調和・・現実と想定されるあるいは「あるべき」事実との不調和
(今日ドラ➀)

posted at 06:53:04

2020年07月11日(土)9 tweetssource

7月11日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

裁判所は「結婚の事柄と家族生活における個人的選択の自由は修正14条のデュー・プロセス条項により守られた事由の1つである」と宣言し、公立学校の妊娠した教師の強制休暇の制度を、不必要に家族をもつ判断に干渉するという理由で、無効とした。(11頁)

posted at 11:20:54

7月11日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

裁判所は、「プライバシー」の言葉は憲法にないが、「結婚、出産、避妊、家族関係、子の養育と教育に関する活動」に関し「プライバシーの一定の分野、領域の保障」は憲法的に認識されてきたと指摘した。
(10~11頁)

posted at 11:20:54

7月11日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

Roe判決で、裁判所は、子を産むかどうかの女性の判断は「修正14条の個人的自由の概念」により見いだされるプライバシーの範囲にあると指摘し、中絶を禁じる州の権限を制限した。
(10頁)

posted at 11:20:54

7月11日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

銀行の解決:
支店の出納係に、スキルも時間も必要としない、単純な、反復的な、日常業務に集中させることであった。
新たな金融商品は、それぞれのテーブルが専門とする商品を宣伝する大きな掲示とともに、別のテーブルに移動した別のグループに割り当てられた。
⇒急上昇
(今日ドラ④)

posted at 07:19:43

7月11日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

例えば、主要な商業銀行がその支店でのパフォーマンスを改善する方法は新たな先進的な金融「商品」を提供することだと決定⇒支店で新たな商品を導入すると、銀行は急速に顧客を失った。
⇒顧客にとっての銀行支店のパフォーマンスは日常業務のために並ばなくていいことだと分かった。
(今日ドラ③)

posted at 07:19:43

7月11日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

継続的改善は重要な決定を必要とする。
既存の分野で何が「パフォーマンス」を構成するか?
パフォーマンスが改善されるべき⇒「パフォーマンス」が何を意味するかを明確に定義する必要がある。
(今日ドラ②)

posted at 07:19:43

7月11日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

チェンジリーダーのための次の施策は組織的改善。会社が内部的及び外部的に行うこと(製品・サービスの生産プロセス、マーケティング、サービス、技術、訓練、人材開発、情報利用)は何であれ、組織的/継続的に改善される必要がある。継続的改善はオペレーションを変える。
(今日ドラ①)

posted at 07:19:43

2020年07月10日(金)5 tweetssource

7月10日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

チェンジリーダーであることに成功する企業は機会に人を配置する。1頁に機会を列挙し、もう1つの頁に組織の実行できる有能な人員を列挙し、最も有能で実行できる人々を最高の機会に割り当てる。
(今日ドラ③)

posted at 10:48:35

7月10日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

これは小さいが基本的な手続的変化を必要とする。
月次報告に「最初の頁」を加え、売上であれ、収益であれ、利益であれ、あるいは量であれ、期待以上の結果がでたところに焦点を置く。従来問題の頁に費やされたのと同じ時間が新たな最初の頁に費やされるべきである。
(今日ドラ②)

posted at 10:48:35

7月10日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

第1の(そして通常最善の)成功する変化の機会は、自らの成功を開発し、その上に構築する。問題は無視できず、深刻な問題は対応されなくてはならない。しかし、チェンジリーダーになるには機会に集中しなくてはならない。問題を餓死させ、機会に栄養を与えなくてはいけない。
(今日ドラ①)

posted at 10:48:34

2020年07月09日(木)7 tweetssource

7月9日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

それは何故か。それらを見なかったためか、見ながら捨てたのか、(不手際で)だいなしにしたのか。いかにうまく、イノベーションを商品に転換しているか。

その多くは、測定というより、評価である。それは、質問への回答というより、正しい質問を生み出す。
(今日ドラ④)

posted at 07:37:25

7月9日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

どれが真に成功したか。そのいくつが我々のものか。我々のパフォーマンスは我々の目的・市場の方向・我々の市場での地位・研究費に釣り合ったものか。我々の成功的なイノベーションは、最大の成長と機会の分野にあるか。真に重要なイノベーション機会のどれだけを我々は逃したか。
(今日ドラ③)

posted at 07:37:24

7月9日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

既にそれを行っている組織、その中でも、いくつかの一流の製薬会社において、出発点は会社自身のパフォーマンスではない。それは、一定期間における全分野でのイノベーションの念入りな記録である。
(今日ドラ②)

posted at 07:37:24

7月9日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

コアコンピテンスは全ての組織にとって異なり、それらは、組織の個性の一部である。しかし、全ての組織(事業に限らない)はコアコンピテンスの1つとしてイノベーションを必要とする。そして、全ての組織は、その革新的パフォーマンスを記録し評価する方法を必要とする。(今日ドラ①)

posted at 07:37:24

2020年07月08日(水)8 tweetssource

7月8日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

裁判所はGriswold判決で認められた結婚生活のプライバシーは2つの独立した別個の個人を守る⇒この保護は平等に個人に適用されるべきであると理由付けた。プライバシー権は、既婚かどうかにかかわらず、子を産むかどうかの判断のように根本的に人に影響する事柄への不当な政府の干渉から個人を守る。

posted at 09:49:08

7月8日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

自らと競争相手のパフォーマンスを注意深く追跡し、予想外の成功や予想外の不出来を探す。
成功⇒市場が評価し、対価を支払うものを示し、事業がリーダーシップの優位を持つ点を示す。
不成功⇒市場が変化し、あるいは会社の能力が弱まっていることの、最初の兆候と見るべき。
(今日ドラ③)

posted at 08:21:59

7月8日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

既にもつコアコンピテンスとリーダーシップの地位を獲得し維持するために必要なそれをいかにして突きとめるか。いかにして、そのコアコンピテンスが向上しあるいは弱まっているかを判断するのか。それはなお、正しいコアコンピテンスか、あるいはいかなる変更を必要とするか。
(今日ドラ②)

posted at 08:21:59

7月8日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

リーダーシップは、他ができないことができることに基づき、市場/顧客価値を生産者/サプライヤーの特別な能力に結びつけるコアコンピテンスに依存する。

ex.
小さな漆箱に風景を描く芸術的伝統に基づく、電子部品を小型化する日本企業の能力
GMの買収を成功させてきた能力
(今日ドラ①)

posted at 08:21:59

2020年07月07日(火)11 tweetssource

7月7日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

頭の良さでマウントをとるってみっともないと思っていたけど、マウントをとること自体がみっともないのだよな。

そして、そういうのが多い業界もみっともない・・・と思われる。

posted at 09:29:28

7月7日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

通勤電車で読んでいたJohn GrishamのThe Reckoningを読み終えた。面白かった。読むのに3か月かかったかな。1冊で3か月楽しめるって、最高のコストパフォーマンス(笑)。

posted at 09:21:08

7月7日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

裁判所は、1965年に、既婚者に対しても避妊薬の配布を禁止したコネティカット州法を違憲と判断した。裁判所は、憲法は多様な親密なプライバシーを守り、結婚関係は、カップルを実質上全ての政府規制から守るプライバシーの範囲に入ると判断した。(10頁)

posted at 08:31:20

7月7日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

チームの仕事は、製品やサービスが果たす機能を特定し、コスト目標を達成しながら価値と品質目標をを達成するための各機能に統合される部品やサービスを分析する。
(今日ドラ⑤)

posted at 08:09:59

7月7日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

基本的機能と副次的機能は、顧客のための価値を創造する部品やサービスを必要とし、それらは、コストと自動車の性能に貢献する。プロセスチームは価値連鎖活動を行う人員で構成され、しばしば、サプライヤーと顧客を含む。
(今日ドラ④)

posted at 08:09:58

7月7日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

例えば、自動車会社におけるプロセス分析は、あらかじめ決められたコスト目標の下、各機能を実行するため、部品と副次的機能のデザインとその見直しを含む。
自動車の基本的機能は輸送の提供であるが、二次的機能は、快適さ、燃費及び安全性を含む。
(今日ドラ③)

posted at 08:09:58

7月7日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

価値分析で明らかになる価値創造活動の連鎖は、価値創造の基礎をなすプロセスの分析のための出発点である。プロセス分析は、製品・サービスの特性の向上、コスト削減を伴うプロセスの再構築、そして品質の維持・向上を目指す。
(今日ドラ②)

posted at 08:09:58

7月7日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

活動ベースのコスト計算は、顧客価値の創造に必要な様々な過程の分析への統合の基礎を提供する。
活動コストを出発点として、顧客に価値を加える活動とそうでない活動を分け、後者を除去することができる。
(今日ドラ①)

posted at 08:09:57

このページの先頭へ