情報更新

last update 05/21 01:39

ツイート検索

 

@KatoTadafumi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

Stats Twitter歴
2,662日(2012/02/06より)
ツイート数
1,977(0.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年05月18日(土)2 tweetssource

5月18日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

週刊朝日の慶応の三村先生と順天堂の馬場先生の記事がAERAdotに! 「難治性のうつ病と診断された人が、実は双極性障害だったということは、よくあります」「薬物療法を続けても効果を感じられず、薬の種類や量が増えていく場合は、セカンドオピニオンを聞くのも一つの方法」dot.asahi.com/wa/20190514000

posted at 19:33:18

2019年05月17日(金)1 tweetsource

5月17日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

ちくま新書の「双極性障害」。増刷の度に微修正してきたものの、11年間の進歩は大きくもはや限界でしたが、ついに改版していただけることになり、講演録の代わりにQ&Aを目一杯加えた第2版が、6月に出版されることになりました! 引き続きご愛顧をよろしくお願い申し上げます。buff.ly/2HwWE3l

posted at 19:59:41

2019年05月09日(木)2 tweetssource

2019年05月04日(土)1 tweetsource

2019年05月01日(水)2 tweetssource

5月1日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

不登校の自閉症児に、文化祭でロボット2体(アクトロイドとコミュー)を使い寸劇をしてもらったところ、2体を相互作用させる作業をするうちに、次第に視線等の非言語的コミュニケーションの重要性に気づき、本人も視線を合わせられるようになったという「ロボット療法」の報告です。興味深いですね。 twitter.com/PCN_Psychiatry

posted at 14:54:13

2019年04月27日(土)1 tweetsource

2019年04月25日(木)1 tweetsource

2019年04月24日(水)2 tweetssource

2019年04月23日(火)2 tweetssource

4月23日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

双極性障害研究ネットワークニュースレターVol.96を配信しました。平成最後のニュースレターは、第21回国際双極性障害障害学会(ISBD)の学会報告と、第5回世界双極性障害デーフォーラムのご報告です。配信ご希望の方はこちらをご覧下さい。bipolar.umin.jp/contents02.html

posted at 17:56:15

2019年04月20日(土)1 tweetsource

2019年04月17日(水)1 tweetsource

2019年04月11日(木)2 tweetssource

4月11日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

海馬神経細胞のシーターリズムの研究等で著名なブザーキ教授(当センターの藤澤チームリーダーの元ボス)の”Rhythm of the Brain”の日本語版、「脳のリズム」が出たようです。こんなすごい本を日本語で読めるとは! pic.twitter.com/mAVuAp5D0M

posted at 20:14:01

2019年04月10日(水)1 tweetsource

2019年04月09日(火)2 tweetssource

2019年04月07日(日)1 tweetsource

2019年04月02日(火)2 tweetssource

2019年03月30日(土)10 tweetssource

3月30日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

@tjagpwd828610 ご質問にお答えできず申し訳ありません。当初はネットでのご質問にも丹念に答えていたのですが、ある時、「遠くから足を運んで受診された方が5分診療で我慢して下さっているのに、メールでの質問に1時間かけて返事を書いている自分って何?と自問自答し、現在のようになりました次第です。

posted at 20:44:27

3月30日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

参加された皆様も、それぞれ今後の生活のヒントになるような何かを持って帰って下さったことと思います。参加して下さった皆様、およびご講演いただいた與那覇潤先生、秋山剛先生に心より感謝申し上げます。 pic.twitter.com/dxR4oumEe8

posted at 18:22:30

3月30日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

鼎談では、躁状態に戻りたいと思ったことはありませんか、等の興味深い質問や、偏見、オープン/クローズ、障害者雇用など、多くの話題を議論しました。自分の作った作品だけに意味があるのでなく、自分の人生自体が作品、という與那覇先生のお言葉に皆勇気づけられたのではないでしょうか。

posted at 18:21:50

3月30日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

與那覇潤先生のお話は、平成という時代を振り返る歴史学者の視点から、そもそも「私」とは何か?という話に始まり、自分が体験したうつ状態がどんなものであったのかを考察し、今後社会はどうなっていくのかを問う、という大変深い内容でしたが、軽妙にお話いただき、楽しく伺うことができました。 pic.twitter.com/2a7sAGDYCl

posted at 18:21:34

3月30日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

本日の第5回世界双極性障害デーフォーラムは、無事に終了しました。大きな会場がほぼ満員となる程多くの方にご参加いただき、本当にどうもありがとうございました。フォーラムでは、まず、秋山剛先生より、就労継続のコツ、軽躁への対処、うつへの対処などの実践的なお話をいただきました。 pic.twitter.com/voe8kKeGmA

posted at 18:21:08

3月30日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

本日午後、桜が満開の東大構内にある伊藤謝恩ホールで、世界双極性障害デーフォーラムを開催します。秋山剛先生には就労継続のご講演、與那覇潤先生には「平成の鬱をこえて―双極性障害の体験から考える」と題した特別講演をいただきます。当日席も御用意しておりますので、どうぞお立ち寄り下さい。 twitter.com/KatoTadafumi/s

posted at 07:18:15

3月30日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

双極性障害が身体の病気であり、正しい診断と治療を受ければコントロール出来、社会生活が送れる病気であることを、多くの方に知っていただきたいと思います。詳しい情報は、日本うつ病学会双極性障害委員会のサイトの「双極性障害(躁うつ病)とつきあうために」をご覧下さい。www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/

posted at 07:02:30

3月30日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

本日、3月30日は、世界双極性障害デーです! 双極性障害という病気の存在を多くの方に知っていただき、早期診断・早期治療につなげると共に、この疾患がより理解される社会になることを目指して、この日が制定されました。 pic.twitter.com/YQMS9RnUpk

posted at 07:01:46

2019年03月29日(金)2 tweetssource

3月29日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

日本うつ病学会のHPに「妊娠・出産を体験した双極性障害患者さんの事例紹介」を掲載しました。予防療法が必要な双極性障害を持つ女性には気がかりな問題ですが、うまく乗り切った事例を参考にしていただければと思い、双極性障害委員会で企画しました。どうぞご利用下さい。www.secretariat.ne.jp/jsmd/

posted at 12:38:41

2019年03月28日(木)2 tweetssource

3月28日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

理化学研究所和光地区一般公開にて、CBS・IMS 合同連携大学院説明会があります。脳科学中央棟2階C208にて13~16時です。連携大学院制度を利用し、脳神経科学研究センターで研究し、学位を取得することを検討している大学生に研究内容を紹介・相談に応じます。openday.riken.jp

posted at 12:43:48

2019年03月25日(月)2 tweetssource

3月25日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

世界双極性障害デーフォーラムでの與那覇潤氏の「平成の鬱をこえて―双極性障害の体験から考える」のスライドを拝見しました。「昭和の転換点は”大きな物語の終焉”。平成の転換は”「私」の物語の終焉”」で始まるお話がどのようにして躁・うつに着地するのか? 楽しみですね! goo.gl/ahYHaH

posted at 22:52:01

3月25日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

双極性障害研究ネットワークニュースレターVol.95では、双極性障害と腸内細菌の関係の論文をご紹介しました。土曜日の、與那覇潤氏をお招きした世界双極性障害デーフォーラムの参加申込み締め切りが明後日に迫っていますので、予定を1日早めて配信致しました。残席わずか! goo.gl/ahYHaH

posted at 19:39:57

2019年03月22日(金)1 tweetsource

2019年03月21日(木)4 tweetssource

3月21日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

貴重な資料から、その時代リチウムがどれだけ画期的な薬だったか、スコウ先生がリチウム療法を広めるためどれだけ熱意を持っていたかがよくわかりました。その後半世紀を経てもリチウムを超える薬ができていないこと、忸怩たる思いです。より良い治療を目指して研究を進めたいと思いを新たにしました。 pic.twitter.com/b9gCB4aFGC

posted at 21:44:34

3月21日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

渡航直前、某会議で隣り合わせた元朝日新聞記者の武部俊一氏から、偶然にも「スコウという方をご存じですか?」と声をかけられ、ビックリ! 何と2005年に86歳で亡くなったスコウ先生に、1971年に直接インタビューされたとのこと! 貴重な記事とお手紙、お写真をいただき、感激でした。 pic.twitter.com/l1ET6nljec

posted at 21:43:50

3月21日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

本日、シドニーでの国際双極性障害学会より、リチウム療法を科学へと高めたスコウ先生の名を冠したMogens Schou Award for Researchをいただきました。研究に参加して下さった皆様に心より感謝申し上げます。研究室のメンバーと共同研究者の方々の努力の結晶です。

posted at 21:41:37

2019年03月19日(火)1 tweetsource

3月19日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

@mutabilis46 昨年6月に下記の発表をしたので、これは追加したいと思いますが、基本的な説明には前のポスターを使う予定です。私達としては研究を進めているつもりでも、皆様の期待するスピードには追いつけていないだろうと思いますので、遠方でしたら、数年に一度で十分かも知れません…。www.riken.jp/pr/press/2018/

posted at 14:26:27

2019年03月18日(月)1 tweetsource

2019年03月06日(水)1 tweetsource

2019年03月01日(金)5 tweetssource

3月1日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

Psychiatry and Clinical Neurosciencesの最新号が届きました! 非コード領域変異の意義の総説、脳波とモデリングによるセフェピム脳症の病態解明、言語野反対側のTMS刺激による吃音の改善、統合失調症のエクソーム解析によるメンデル遺伝病原因遺伝子との関連等、良質の注目論文が目白押しです。 pic.twitter.com/AdRTrBgqDq

posted at 18:30:24

3月1日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

海空るりさんの「うつ時々、躁 私自身を取り戻す」。双極性障害になったばかりの頃、闘病記を探してみたけれど、当時は文字を追うのが難しかった。だから長くないものにしよう、ということでブックレットになったそうです。ゲノム研究参加体験やブレインバンクへの生前登録体験も述べられています。 pic.twitter.com/1dJ5XnAfIZ

posted at 18:25:03

3月1日

@KatoTadafumi

加藤忠史@KatoTadafumi

先ほどツィートしたと思ったら、さっそく本が届きました!! 連載「絲的ココロエ」に加え、臨床精神医学に特別にご寄稿いただいた「リーマス」なども掲載されています。双極性障害とつきあっている皆様には、きっと琴線に触れるところがあると思います。 pic.twitter.com/FAtUKZsTlE

posted at 18:23:30

このページの先頭へ