情報更新

last update 05/21 19:24

ツイート検索

 

@KojiTsuchiya
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@KojiTsuchiya

土屋耕治@KojiTsuchiya

  • 392フォロー
  • 283フォロワー
  • 8リスト
Stats Twitter歴
3,279日(2010/05/30より)
ツイート数
4,415(1.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年05月11日(土)1 tweetsource

2019年05月07日(火)1 tweetsource

5月7日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

世の中、非正規雇用が増えたのは、正規雇用にして、熟練させる必要がある仕事が実はかなり少ないことに雇用者側が気がついたこともある。さらに進むと育成、熟練のコスト、リスクは他社ないし本人持ちにして、即戦力を引き抜く。大学で起きたことはまさにこれ。

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 20:31:00

2019年05月01日(水)1 tweetsource

2019年04月21日(日)3 tweetssource

4月21日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

浅い思考に基づく、行動、アウトプットは無意味なのに、やたら、行動、アウトプットを強調する人たちが多いのは、それは誰にもできるので、多数の人にとって福音に聞こえるのと、何も考えずに行動する人をカモにしたい人たちがいるからである。

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 15:06:22

2019年04月18日(木)1 tweetsource

2019年04月16日(火)1 tweetsource

2019年04月15日(月)1 tweetsource

4月15日

@kazu_fujisawa

Kazuki Fujisawa@kazu_fujisawa

教育産業を研究すると、どこの塾でも学校でも教えられていることやノウハウ自体は、本屋で1000円か2000円で売っているものばかりだ。結局のところ、学習の本質は、モチベーションを維持するための仕掛け、に尽きる。

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 10:36:36

2019年04月14日(日)1 tweetsource

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

2019年04月12日(金)1 tweetsource

2019年04月11日(木)2 tweetssource

4月11日

@myuuko

Yuuko Morimoto@myuuko

【bot】子どもに何かを教えるには五つのCが重要。コントロール感を持たせる、チャレンジさせる、自信を植えつける、好奇心を育てる、文脈(現実世界や映画・テレビなど)を与えて意味づける。また、小さな間違いを責め立てない、答えへと導くような質問をする。『頭のでき』 #abst_bot

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 17:30:37

2019年04月09日(火)1 tweetsource

2019年04月04日(木)2 tweetssource

2019年04月02日(火)2 tweetssource

4月2日

@tsuda

津田大介@tsuda

あいちトリエンナーレのジェンダー平等の取り組みについてビジネスインサイダージャパンさんにもインタビューしていただきました。ハフポストのインタビューでは伝えきれなかったことも含まれているので、こちらもぜひ皆さんご一読いただき、シェアしてもらえれば幸いです!
www.businessinsider.jp/post-188258

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 23:00:50

2019年03月31日(日)2 tweetssource

3月31日

@milnii_san

みる兄さん(マーケの人ときどき二児のパパ)@milnii_san

この行動経済学の書籍とTED動画のリストは完全保存版。行動経済学とは経済を行動心理から解説する学問。マーケティングに関わってる人は学んどいて損はない。

有名な「ダン・アリエリー」「ダニエル・カーネマン」あたりから読むと楽しく学べる。
@kurodotty さんのまとめ。
sites.google.com/site/hirofumik

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 16:37:09

3月31日

@medi_data0826

Koo@医療職からデータサイエンスティストへ@medi_data0826

ビジネスにもきっと使える因果推論テクニックの基本事項についてまとめました。実はこの辺りを大学院ではやっていたりします^ ^
因果推論の基本事項〜広告をみたから商品を買ったのか?それとも....〜 - 医療職からデータサイエンティス…
www.medi-08-data-06.work/entry/causal_i

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 15:04:12

2019年03月29日(金)1 tweetsource

3月29日

@moriguchiy

Yusuke Moriguchi@moriguchiy

日本発達心理学会、Society for Research in Child Development(SRCD)、イギリスの研究者との交流ワークショップなどで心理学の再現性問題等について感じたことを簡単にまとめました。印象としては、発達研究では全体的な動きにはなってないなという感じです。
blog.livedoor.jp/gccpu/

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 21:39:34

2019年03月26日(火)3 tweetssource

3月26日

@m3_myk

三宅香帆@m3_myk

“カート・ヴォネガット(Kurt Vonnegut)は、「愛は負けても親切は勝つ」と言った。「人生の目的は、隣にいる人に親切にしてあげることだ」と言った。私は「神は負けても親切は勝つ」と思う。” 疲れてたんかしらんけど、岸政彦先生のこの文章に泣けてきてしまった、名文だ
www.shinran-bc.higashihonganji.or.jp/publish/publis

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 11:38:11

3月26日

@sasakitoshinao

佐々木俊尚@sasakitoshinao

これ気をつけないとなー。スラスラとしゃべるよりも、間があると聞き手は「これまで、こういう話だったな」「次は何を話そうとしているのだろう」と話し手の内容を反芻できる時間を持つことができる。/流ちょう過ぎる話術はなぜ心に残らないのか? bit.ly/2HN1ueF

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 10:46:54

2019年03月23日(土)1 tweetsource

3月23日

@uzikin

宇治金時@uzikin

RPAの検討をしたことがあるんですが、「その仕事はもともと必要か」「この作業はRPAだがこの作業は無理」などの切り分けを通じて全体業務の最適化を全員で検討するのが一番の肝だなと感じました。突発的単純作業多量発生には有効でした。あと顧客がExvel民PDF民で動いてくれないと出番ですね。 twitter.com/sasakitoshinao

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 16:00:59

2019年03月22日(金)2 tweetssource

3月22日

@takabon009

TAKABON@takabon009

イチロー引退会見の最後の質問
記者から、
現役時代の孤独感についての返答
すごく深くて思わず保存

アメリカに行って外国人だと気づいた。それを気づけたから人の心を慮ったり、人の痛みを想像したりできるようになった。
辛いことは避けずに元気があるうちに挑戦するべき。
#イチロー さすが pic.twitter.com/BQ2dE6Zs62

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 20:53:24

3月22日

@asarin

oʞɐsɐ ɐɹnıɯ@asarin

発達心シンポ「今そこにある危機:再現可能性問題をめぐる現状と展望」話題提供資料はこちら:
・心理学における再現可能性問題ー概説ー
・発達心理学における再現性問題
・再現性問題における統計学的論点と,その解決に向けて
・再現性問題解決への希望:プレレジ実録体験記
team1mile.com/asarinlab/2019

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 12:43:33

2019年03月20日(水)2 tweetssource

3月20日

@philomyu

西内啓 Hiromu Nishiuchi@philomyu

経営学の世界では「無礼な言動されると如実に生産性や創造性が下がる」みたいな実証研究があって、故に同僚や部下に礼儀正しく振る舞うのが合理的って考えられるわけなのですが、街中で部下を無礼に叱りつけてる大人のみなさん、早くこのエビデンスを学ぶといい。www.sciencedirect.com/science/articl

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 11:14:23

2019年03月17日(日)1 tweetsource

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

2019年03月15日(金)2 tweetssource

2019年03月14日(木)1 tweetsource

3月14日

@koro485

KRSK@koro485

これ素晴らしい!ワシントン大学の講義で、統計データの賢い消費者になるための批判的思考の基本が身につきそう。

カバーしている話題が幅広く、かつ入門レベルに分かりやすく説明している印象。なんと、講義ビデオも無料公開🤭

callingbullshit.org/videos.html

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 09:33:15

2019年03月13日(水)1 tweetsource

3月13日

@asarin

oʞɐsɐ ɐɹnıɯ@asarin

古典から近年まで28件の(社会)心理学研究を対象に,特に文化差を念頭に置いて36カ国のラボでWeb実験によりデータを収集した心理学の大規模追試プロジェクト「ManyLabs2」の全容解明を試みた読書会(1/15@KO)のレジュメを公開しました.関連情報も整理しています.sites.google.com/keio.jp/readin

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 11:31:27

2019年03月12日(火)1 tweetsource

2019年03月11日(月)3 tweetssource

2019年03月10日(日)3 tweetssource

3月10日

@dogdogfactory

犬犬工作所@dogdogfactory

ぼくのおじさんは高田純次みたいな人なので、ことあるごとに
「迷ってるんだったらやってみなよ。大丈夫だよ、君が失敗したって困るのはおじさんじゃないもの」
と言っていた。

テキトーな人だと思ってたけど、今思うとすごく誠実な態度なのかもしれない。

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 21:23:56

2019年03月07日(木)2 tweetssource

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

3月7日

@Title_books

Title(タイトル)@Title_books

人種が違っても、人類に共通して見つけられるこころの働きはある。カナダのインディアン、北海道のアイヌ、ロシアのコリヤーク、インドのラダックなど、地域を超えて見られる「こころの起源」を、豊富なフィールドワークから明らかにしていく。煎本孝『こころの人類学』(ちくま新書) pic.twitter.com/4OPAYyE2ti

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 13:47:12

2019年03月01日(金)1 tweetsource

3月1日

@narumin

なるみ@narumin

なんと『トコトンやさしいVRの本』という東大VR教育研究センター監修の本がいきなり2/28に出るみたいです.初学者向けの大変優しい本ですが,基礎から割と最近の話まで載ってます.企画から猛スピードで出版まで行ったのは執筆した先生方と助教の青山一真先生の努力の賜物!
amzn.to/2TgcxTz pic.twitter.com/ZyP0vVWSHc

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 00:47:23

2019年02月26日(火)1 tweetsource

2月26日

@goma110

なめこ@goma110

息子が10歳になった。どういう経緯かを忘れてしまったけど(多分アンケート)こぐま社さんからずっとバースデーカードをいただいていて、息子は毎年楽しみにしていた。そして今回。「おっ!誕生日だからか!」と言って開けた息子がスッと部屋に移動したからなにかと思ったら。ありがとうございました。 pic.twitter.com/dS1D5r53P0

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 10:02:32

2019年02月25日(月)1 tweetsource

2019年02月21日(木)2 tweetssource

2月21日

@uranus_2

マーキュリー2世@uranus_2

小集団での認知テストで他者メンバーの回答や過去の成績を閲覧できる場合、単に多数派の回答に従うのではない。他のメンバーの回答との類似性に関するネットワークのリンクは時間経過とともに生じるのが素早くなる。交流の反復で個人の成績と中心性との関連が強まる。Social…royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rs

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 07:41:58

2019年02月19日(火)2 tweetssource

2月19日

@isaactruth

相澤 真一 (Shinichi)@isaactruth

昔、「現場とは何か」を書いた時からずっとそれなりに引っかかっている問いだけど、毎日その現場で暮らしている「現場の人」とそこに研究で現われる研究者とのディスコミュニケーションって、たぶん調査に入る社会科学研究者につきまとうある意味永遠の課題だなぁとも思う。
ci.nii.ac.jp/naid/110006389

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 10:09:01

2月19日

@sasakitoshinao

佐々木俊尚@sasakitoshinao

非常におもしろい感覚。そもそも起承転結じゃないものを求めるようになってるのかも。「物語の出口が用意されているトンネルがあっても、トンネルそのものが暗いから通りたくない」/物語の「トンネル」を通りたくない人は意外と多いのかもしれない bit.ly/2InyCLQ

Retweeted by 土屋耕治

retweeted at 10:08:27

このページの先頭へ