情報更新

last update 10/01 08:40

ツイート検索

 

@KokushoKankokai
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@KokushoKankokai

国書刊行会@KokushoKankokai

Stats Twitter歴
3,950日(2009/12/09より)
ツイート数
7,155(1.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年09月30日(水)1 tweetsource

2020年09月29日(火)1 tweetsource

2020年09月28日(月)4 tweetssource

9月28日

@KokushoKankokai

国書刊行会@KokushoKankokai

【新刊】完全永久保存版超豪華本『海上自衛隊レジェンドブック』ow.ly/6oq150BCDYQ 詳細な歴史、艦艇・航空部隊、各学校、遠洋練習、主要艦艇と航空機の紹介に加えて元海幕長などOB貴重インタビューを交え、進水式記念絵葉書全53点を付す。海上自衛隊全面協力で誕生の超豪華本。今週末お手元に! pic.twitter.com/xFvO2IuX3X

posted at 12:45:56

2020年09月27日(日)1 tweetsource

2020年09月25日(金)3 tweetssource

2020年09月23日(水)3 tweetssource

9月23日

@KokushoKankokai

国書刊行会@KokushoKankokai

【新刊】『空海「秘蔵宝鑰」をよむ』(福田亮成 著)ow.ly/oweW50ByBAF 空海が到達した密教の奥義であり、自身の精神遍歴をまとめたものでもある『秘蔵宝鑰』を真言宗智山派長老、大正大学名誉教授の著者がわかりやすく解説。NHK「宗教の時間」で1年間にわたって放送されたものの書籍化。 pic.twitter.com/H3jDwBi8jN

posted at 13:54:04

2020年09月21日(月)1 tweetsource

2020年09月18日(金)4 tweetssource

2020年09月16日(水)3 tweetssource

9月16日

@KokushoKankokai

国書刊行会@KokushoKankokai

【話題】先日逝去した「バベルの図書館」本家版元主宰者フランコ・マリア・リッチですが、その美麗カタログを同図書館日本館館長から拝借して参りました。左が総合版、右がバベルのシリーズカタログですね。日本版の旧版はこのデザインを踏襲しておりました。新版もよろしく→ow.ly/ikQz50BsdUu pic.twitter.com/jAxHiuk5u7

posted at 18:50:23

2020年09月15日(火)4 tweetssource

2020年09月14日(月)7 tweetssource

9月14日

@KokushoKankokai

国書刊行会@KokushoKankokai

@kumisaori @info_doris おっしゃる通り、「ダフォディル」は喇叭水仙ですよね。全体のタイトルに逆らって、カバーにはこの書全体のイメージを象徴する装画をあしらいました。もしよろしければ収録の「薔薇と杯」をお読みいただければ幸いです!

posted at 17:28:16

9月14日

@KokushoKankokai

国書刊行会@KokushoKankokai

【訃報】フランコ・マリア・リッチ長逝。ボルヘスの友人で、「バベルの図書館」を刊行したいかにも貴族の出らしい趣味人でした。日本版の新版 ow.ly/3Qym50BpCTJ にもすでに品切れ巻がありますが、そのラインナップにはやはり唸らされます。ぜひ御覧ください。
www.lanacion.com.ar/cultura/murio-

posted at 13:05:03

2020年09月11日(金)6 tweetssource

9月11日

@KokushoKankokai

国書刊行会@KokushoKankokai

【新刊】予め申し上げておきますが、9年ぶりの配本です。《十八世紀叢書 》7『生と死 生命という宇宙』(責任編集=中川久定・村上陽一郎/シャルル・ボネ、マリー・フランソワ・グザヴィエ・ビシャ 著)ow.ly/aeUZ50BnNoJ 刊行。啓蒙の時代18世紀フランスを切り拓く叢書、まだまだ続きます。 pic.twitter.com/xnhLI3POjR

posted at 14:45:04

9月11日

@KokushoKankokai

国書刊行会@KokushoKankokai

【新刊】『ソーンダイク博士短篇全集 第1巻 〈歌う骨〉』(R・オースティン・フリーマン/渕上痩平訳)ow.ly/Xi5u50BnLyP 見本出来。来週後半には順次お手元に参ります。コロンボも古畑任三郎もみんなここからやってきた、「倒叙形式ミステリ」の父ソーンダイク博士の冷徹無比なる勇姿を見よ! pic.twitter.com/3G9eDOw8yc

posted at 12:47:15

2020年09月10日(木)1 tweetsource

2020年09月09日(水)3 tweetssource

2020年09月08日(火)4 tweetssource

9月8日

@KokushoKankokai

国書刊行会@KokushoKankokai

@sinkerfish わかりにくくて申し訳ありません。11日にこちらからは取次会社に搬入しますので、それをもって発売日としております。あと少々お待ちのほど、お願いいたします。

posted at 17:42:08

9月8日

@KokushoKankokai

国書刊行会@KokushoKankokai

【上映】長野県・松本市美術館『みんなのミュシャ』展関連企画として、まつもと市民芸術館にて10月4日(日)に弊社書籍でも激推しの「ひなぎく」(ヴェラ・ヒティロヴァー監督)と「アリス」(ヤン・シュヴァンクマイエル監督)が上映されます。詳細は以下よりどうぞ→ow.ly/Sljj50Bku5f pic.twitter.com/nW0tgTGwlm

posted at 16:48:15

2020年09月05日(土)1 tweetsource

2020年09月03日(木)4 tweetssource

9月3日

@KokushoKankokai

国書刊行会@KokushoKankokai

【書評】『怪異の表象空間 メディア・オカルト・サブカルチャー 』(一柳廣孝 著)ow.ly/R5pg50BgFE6 の書評が「図書新聞」最新3463号に。評者は東洋大学講師・廣田龍平さんです。「「怪異の大番附」、その行司たる一柳のテクストは、人を巻き込む精緻さにおいて、呪術的な眩暈である」 pic.twitter.com/8h7tY3xX9o

posted at 17:11:18

9月3日

@KokushoKankokai

国書刊行会@KokushoKankokai

【新刊】『アラバスターの手 マンビー古書怪談集』(A・N・L・マンビー /羽田詩津子訳・紀田順一郎解説)ow.ly/C0Xv50BgEhl 見本到来。掌中に馴染む金箔押し輝く造本、来週末にはお手元に。「英国は「学者が怪談を書く国」だ」という荒俣宏さん推薦文を拝見する幸福感……御期待ください! pic.twitter.com/hDmDw9dO5Y

posted at 16:34:56

このページの先頭へ