情報更新

last update 11/29 02:54

ツイート検索

 

@KurataTetsuro
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

Stats Twitter歴
4,053日(2009/10/26より)
ツイート数
11,175(2.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年11月27日(金)1 tweetsource

2020年11月20日(金)4 tweetssource

11月20日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

そして、胆力とポリシーだけじゃなく、それを支える〝応援〟(票)がないと、政治家は仕事できません。
「批判は声を出すけど、称賛・賛同は心のなかでする」って人が多い印象のこの世の中。称賛・賛同こそ声に出さないと、政治家は仕事できないので、良いことした!と思ったらちゃんと声を出すべし。

posted at 08:43:20

11月20日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

削るのも、残すのも、同じ人物がやるので、行革担当になると「お前の好きなことだけ優遇しやがって」みたいな批判をよく浴びるのです。(役人からも外野からも)
だから、ちゃんと残す説明ができる胆力とポリシーが必要で、それがないと切り込むだけ(=財務省の思惑どおり)で終わっちゃいがち。

posted at 08:23:34

11月20日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

国の金庫番の〝財務省〟は、「なんでもいいから削れればいい」っていう立場であって、投資する思考はない。投資は政治の役割。だから政権と政治家を選ぶのは重要。
この記事、実は「この会議では財務省が敗北したよ」っていうのが本質。

posted at 07:55:19

11月20日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

〝行革〟って、「全方位」に切り込んで削り込んだうえで(←実は誰でもできる)、それよりも重要な作業は、残すべきところ・増やすべきところに腹をくくって財源をシフトすること。その意味で、河野さん(+今の政権)の判断は正しい(僕は賛同)。
www.kyobun.co.jp/news/20201116_

posted at 07:52:55

2020年11月19日(木)6 tweetssource

11月19日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

日帰り新幹線の帰路。朝のツイートへのドロスとかマニアックなリプに悶えてる。Nフィールドは保つはずだったんですよね。

posted at 17:55:20

11月19日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

今後、大阪市役所の職員に、なんらかの処分があるかもしれないが、大した意味はない。一部の身内はそれすら英雄視して賞賛し、内心では誇らしく思う者もでてくるだろうし。
いくら責任追求しても結果は覆らない。大事なのは、後世のために、この一連の出来事や大阪の背景事情を、決して忘れないこと。

posted at 10:12:17

11月19日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

メディアの問題にしちゃいけない(バリューあれば報じるのはメディアの特性)。注目すべきは、大阪市役所の職員が、意図的に情報の取扱いに関与していたこと。
改革派に転じた關市長と大平助役を潰したのも、平松市長の当選も。そして今回の住民投票を否決に導いたのも。
すごいな、栄光の中ノ島一家。

posted at 10:11:07

2020年11月15日(日)1 tweetsource

11月15日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

某息子から「〝座右の銘〟ってどういう意味?」って聞かれたので、「いつもそういう気持ちでいよう!って自分で決める言葉のことだよ」と教えた。
その後、キミの座右の銘はなに?って聞いたら「棚から牡丹餅!」だって。先が思いやられる…。

posted at 19:01:35

2020年11月09日(月)4 tweetssource

11月9日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

そして、その思想に飼いならされて育ってしまうと、そうじゃない自己責任の範疇の政策が打たれた場合、「詐欺や抜け道が容易に起こりそうな制度設計をする国が悪い!国は国民をもっと守れ!」みたいな主張をする人も出てきてしまう。
(Go to Eat論争なんかにもそんな気配あるな、とか僕は思ってる。)

posted at 07:54:41

11月9日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

日本の岩盤規制もその思想が色濃いし、「民衆は放っておくとシートベルトなんてせずにケガしちゃうから、ケガする前に、シートベルトを義務化して罰則までつけてあげよう」みたいな話もそう。

posted at 07:53:22

11月9日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

郵便投票・ネット投票の話は、「郵便投票を自由化すると、民衆はすぐ思想信条の自由を侵されちゃうから、よほどの状況じゃないかぎり使えなくしておいてあげよう」みたいな話。

posted at 07:52:52

11月9日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

「国が国民一人一人を慮って守りすぎる」とソフトに書いたけれど、それはすなわち「一般民衆は、しっかりガイドしてあげないと、すぐ失敗したり被害にあっちゃうから、先回りして導いてやらないと」という、明治以来の〝愚民観〟をベースにした制度思想といってもいい。

posted at 07:52:09

2020年11月08日(日)16 tweetssource

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

ちなみに「国」を、「政治」「行政」に置き換えてもいい。
維新が住民に対して努力するほど、現状が改善されて、都構想の必要性が理解されないってジレンマの事例とも重なる。

…フォロワーさんが言ってた「大阪都構想ロス」とはよく言ったもので、いろいろ悶々としてます。
twitter.com/KurataTetsuro/

posted at 13:45:36

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

国が国民一人一人を慮って守りすぎるのと、国民一人一人の自覚&自己責任に任せるから国はあとは知らんってのと、どっちがいいんだろ。このテーマはよく頭をよぎる。
今回の「郵便投票は例外的にしか認めない」が前者、「郵便投票OKだが不正は自衛か許容しろ」が後者。
twitter.com/KurataTetsuro/

posted at 13:40:28

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

日本国内の常識感覚で、他国の国内議論を評価してはいけないな、と自戒を込めて。

※なお「トランプさんの言動支持」ということではないので誤解なきよう。どちらの主張が正しいかは米国司法が決めるまで不明だし、少なくとも国状の異なる日本メディアが決めつけていいことじゃない、ということ。

posted at 13:00:38

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

だから、彼らが主張するのは、日本人の感覚でいう「不正の〝有無〟」じゃなくて、「不正は少しはあるんだろうけど、その不正の規模・程度が社会的に許容範囲かどうか(=組織的に不正が行われたか?とか)」のほう。

posted at 12:59:08

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

トランプ大統領が「選挙が不正だ!」と言っていて、日本メディアが「根拠がない」「アホちゃうか?」みたいに言ってるけれど、選挙の投票・集計行為の潔癖性が当たり前である日本の感覚でモノを語ってはいけない、と思ったりする。

posted at 12:57:18

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

この潔癖さが当たり前の日本では、なかなか「不正もあるかもしれないけど、まあ、ちょっとだろうし、ネットやスマホで投票できた方がいいから導入しよう」とは…なかなかならないんだろうな。

以上、今回のアメリカ大統領選挙を見て、日本との違いを感じて改めて思ったので、書き留めておく。

posted at 12:51:38

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

翻って日本の選挙を見ると、票数のカウントは、完璧なまでの潔癖さが求められる風土(←金銭汚職とかは別の話)。
疑問票で深夜まで争うし、最後は一票を小数点以下に分割までして計算する。投票所で配布した投票用紙の枚数と、投票総数が一票ズレただけで、選挙管理委員会は記者会見して頭を下げる。

posted at 12:48:17

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

ただ、アメリカのような郵便投票OKの選挙制度なら、裏腹に「そりゃ不正も出るだろうけど、全体からすれば少しだよね(もっと大事なことがあるから仕方ない)」みたいな社会的な暗黙の許容もセットで成立してる。
報道で不正行為の例も紹介されてたけど、それも織り込んだうえでの郵便投票の制度。

posted at 12:47:00

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

一方、価値観は国によって違うので、アメリカのようにじゃんじゃん郵便投票する選挙制度だってある。
これは、「国土が広くて投票所に行けない」とかいう事情もあるかもしれないし、「平等に投票しやすいことが重要」とか、「自分の思想信条を守るのも自己責任」みたいな考え方もあるかもしれない。

posted at 12:44:53

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

ネット投票の話までいかずとも、日本で不在者投票(←期日前投票とは別)が極めて限定的にしか運用されないのも同じ考え方がベース。
「誰でも郵便投票できちゃうと、思想信条の自由を侵害された投票が発生しやすくなってマズイ」という懸念。良い悪いじゃなく、そういう価値観で制度が運用されてる。

posted at 12:43:48

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

投票所に行くと、事務や受付の人のほかに、立会人もいる。投票用紙の記入台の両サイドは目隠しがあり、そのまま投票箱への動線も遮られないように配慮されてる。
これらも「誰に投票したかは本人以外わからない」という状況をつくって、思想信条の自由を守る措置。(単なるプライバシーではない)

posted at 12:41:19

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

具体的には、「この人に投票した画面を見せてくれたら1000円あげるよ」みたいな買収や脅迫とか、集会してその場で投票させて確認しあう活動とかが容易にできてしまうことの懸念。
投票は、個人の思想信条の自由の行使なので、それが容易に侵害されうる状況はマズイんじゃ?という考えが根底にある。

posted at 12:38:33

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

少し前までは「本人確認が難しいからネット投票の導入は困難」みたいなもっともらしい否定理由のほうが前面に出てた感じだけど、そろそろマイナンバーカードも普及してきてますしね。
実は、最初から最後まで残る最大の課題は「不正への懸念」を許容するか否か、に尽きる。

posted at 12:37:19

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

「ネットやスマホで選挙に投票できれば」って声をよく聞く。でも、日本がネット投票の導入に踏み切れない大きな原因は、実は「シンプルな不正行為への懸念」にあることは、あまり語られてない気がする。
この話に少しでも関わったことのある有識者や役人にとって当たり前すぎるから語られないのかな。

posted at 12:36:44

11月8日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

アメリカ、やっと当確でたんだ。
日本の感覚からすると、あまりに事情が違いすぎて、いろんな意味で驚く選挙システムだ…と改めて思う。

posted at 05:41:29

2020年11月06日(金)10 tweetssource

11月6日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

朝、書いた外野の感想メモ。
正解はない。だから悶々としてるのだけど。
ただ、賛否いずれも、真摯なリプが多いのは、救われる思い。

(※)この「悶々」を理解せず、「解散すべき」という字面だけ見て、無邪気に喜んでリプしてくる輩を除く。

posted at 18:36:32

11月6日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

大阪を牽引してきた維新所属の人たちに、これからも期待したいからこそ、なし崩し的に、そんな信頼感のない事態にはなってほしくない。
ちゃんと解党して、新たに別の目的を立てなおして、しっかり支持を集め直して活動してほしいなと思う。

posted at 08:48:11

11月6日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

存立目的が否定されたということは、野党が昔からよく言うところの「解党〝的〟出直し」を求められる事態だと思う。
でも、一部政党の口にするこの「解党的出直し」という言葉に、これまで信憑性を感じたことはない。

posted at 08:47:48

11月6日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

もちろん、知事・市長はそれぞれの判断で任期をまっとうしていい。国政維新はそもそも別組織として設立されてるから、そのまま活動すればいい。
でも、地域政党である大阪維新の会が、存立目的から乖離して、なし崩し的に存続するのは、どうなのだろう。そう自ら決めてしてしまうのはどうなのだろう。

posted at 08:47:25

11月6日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

今後、当初と異なる存立目的で強く活動していくならば、大阪維新の会は解散し、解散後のメンバーは、また新たな目的の政策グループをつくればいい。他の政党に行く人がいてもいいと思う。
その新しいグループが、今回の半数近い賛成を投じた人の期待を引き続き担えるかどうかは、その政策次第。

posted at 08:47:14

11月6日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

ましてや、直後に「3度目の挑戦を」なんて、現実を受け入れられず、思考停止してるとしか思えない。大阪維新の会は、そんなに潔くない集団じゃなかったはずだし、全力でやりきったのではなかったのか。

posted at 08:47:03

11月6日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

その大阪都構想が2回の住民投票で否決され、存立目的は受け入れられなかった。
維新所属の議員から「それでも」とか「引き続き大阪のために」とか聞こえてくるけれど、それは周囲の人がかけるべき声であって、存立目的を果たせなかった組織が、組織存続のために自ら声高に言い募るべきことじゃない。

posted at 08:46:47

11月6日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

僕は、大阪維新の会は、ここで解散すべきと思ってる。
そもそも大阪維新の会は、大阪都構想の実現を目的に発足した地域政党。党綱領の5分の3は大都市制度の話。
発足時から注視し続けてきた者として、大阪都構想は、大阪維新の会の看板政策なんかじゃなくて、組織の存立目的そのものだと理解してる。

posted at 08:46:35

2020年11月01日(日)3 tweetssource

11月1日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

僕は、心から残念としか言いようがない。
反対した方々が、次の大阪のビジョンを描き、責任をもって進めていただくことを願うばかり。

posted at 23:02:53

2020年10月29日(木)11 tweetssource

10月29日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

朝、駅まで送ってもらう。地下への階段を親指を立てながら降りていく。気分はちょっとT2。(わかるのはおっさん世代だけか)

posted at 08:59:50

10月29日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

@HeresyMonkeyJIR @yokoyama_hide @hashimoto_lo 堺市も同じ問題を抱えています。(政令指定都市となって年数が短いので、府との仕事の衝突は大阪市ほどではないと思われますが。)
これらの政令指定都市における広域行政の課題を解決しようとして成立した法律が、いわゆる「大都市法」で、今回の住民投票の根拠法です。

posted at 01:09:42

10月29日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

@yukounishino @adachiyasushi @hashimoto_lo よく誤解されますが、大阪市は(普通の市と違って)政令指定都市という特殊な制度。もともと「広域な行政」というもの(←本来は都道府県の仕事)を担っているため、(普通の市の仕事とは別に)それをやってる職員がいるのです。
これは、「身近なところ」をやっている職員とは別の話です。

posted at 01:04:37

10月29日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

@HeresyMonkeyJIR @yokoyama_hide @hashimoto_lo 簡単に意見が変わると思ってませんが、僕は大阪府域が総体で発展することが、都心部(大阪市域)にとってもメリットだと思ってるので、少し考えていただければありがたいです。
立場論より、大阪市域の範囲だけで物事を考える限界に思い至っていただければ。(パンフレットとやらはわかりかねます。)

posted at 00:50:25

10月29日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

@LoC_Dad @adachiyasushi @hashimoto_lo そう、それをやってきたのが、この数年間の吉村知事と松井市長(逆でもOK)。
でも、もともと制度が「大阪市以外の大阪府域(=大阪府)」と「大阪市」で分かれているので、政治が変わっちゃうとうまくいかなくなる(例:橋下知事・平松市長)。
それを整理して制度化するのが今回の大阪都構想です。

posted at 00:40:58

10月29日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

@HeresyMonkeyJIR @yokoyama_hide @hashimoto_lo 広域行政について言えば、府市が別組織だから「〝大阪市を除く大阪府域〟と〝大阪市域〟を一体として仕事をすることができない」というのが問題。
市から府へ職員を派遣しても、大阪府(=〝大阪市を除く大阪府域〟)の仕事しかできず、〝大阪市域〟の仕事はできないので、問題は解決しないんです。

posted at 00:33:11

10月29日

@KurataTetsuro

倉田哲郎@KurataTetsuro

@HeresyMonkeyJIR @yokoyama_hide @hashimoto_lo 「区長に権限が無い」「府議会で特別区の立場は弱い」が意味不明です。
具体的にどんな内容を進言したいのですか?特別区長は、箕面市をはじめとする一般市以上の権限を有します。
それを超えて知事に進言すべき内容なら、もともと広域行政のことだから、知事・府議会レベルで議論すべきことでしょう。

posted at 00:20:18

このページの先頭へ