情報更新

last update 09/20 10:39

ツイート検索

 

@Midnight_Tokyo
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

Stats Twitter歴
2,819日(2012/01/02より)
ツイート数
8,225(2.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年09月19日(木)13 tweetssource

9月19日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

フォロワー数が増えて思ったこと
○普通にビジネスに役立つ
○DMが来て会ったアポはあまり役立たないが、紹介やこちらからの依頼でアポを取ると良い繋がりになることが多い
○何がウケる、ウケないかを考えて文章を書くのは自分のトレーニングになる
○クソリプの返信に時間を割いても無駄

posted at 10:33:40

9月19日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

起業する、ベンチャーを始めるということにあたって、共同創業者というのは、少なくともビジネスにおいての命を預ける存在に限りなく近い。そういう意味で突き詰めた所の条件は「信頼できること」で、分解すると「金に綺麗」「人格的に高潔」「本質的に頭が良い」といったところになる

posted at 10:26:13

9月19日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

「モテなかったからモテたい」「貧乏だったから稼ぎたい」という類の強烈なコンプレックスに基づいた動機は時として圧倒的なパフォーマンスを生み出す。ただ、企業は社会を構成する1つのnodeに過ぎないので、最終的には「動機善なりや?私心なかりしか?」でないと継続的成功は難しいのである

posted at 00:13:23

9月19日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

ダイエーの創業者、中内功氏は太平洋戦争で、ジャングルの奥地で雑草を食べて凌ぐほどの死線を潜り抜けて帰国、「すき焼きを腹一杯食べたい」と「良い品をどんどん安く」でダイエーを売上2.5兆まで伸ばしたが最後は「量から質」の時代について行けずに破綻した。強烈なコンプレックスは諸刃の剣なのだ

posted at 00:07:34

9月19日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

スキーをする時、体が前のめりになり、体重が板に乗っていると綺麗に滑れるが、板についていけなくなり後傾姿勢になるとすぐに転んでしまう。経営も同じで、板のスピードに乗り遅れず、自分が前のめりに手を打っているうちは大丈夫で、伸びるスピードにビビり始めたら負け。

posted at 00:01:31

2019年09月18日(水)6 tweetssource

9月18日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

@fudousanyatan 上場のタイミングで資本政策とかが公開されるので、そこを詳解したりするイメージです。まあ、自分で読むのが面倒なときに買うのは悪くないですよ、要は廉価版のリサーチ

posted at 19:10:11

9月18日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

@fudousanyatan ベンチャー界隈の帝国DB的ポジション(というほど調査がしっかりしているわけではないが)と、サロンに大物を囲い込んでいて噂話的なネタ元になっているというところで、プラットフォームとしてそれなりに機能していると思います。一時期の勢いはないにせよ、ビジネスとして良い着想だと思います

posted at 19:02:36

9月18日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

組織は立ち上げ、継続するのも大事だが、本来の目的を果たせなくなったらさっと解散するのも大事。継続が自己目的化した組織は社会に必要ない。リビングデッドになり、実質中小企業化したベンチャー、経営の芯から腐っている大企業、ともに解散や被買収により、個々が別々に活躍したほうが社会のためだ

posted at 17:45:40

9月18日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

@spotprawns 例えばメルカリは見えてない事業機会に貼ったんですかね?delyはどうですか?むしろ明確にあるマーケットに資本を注ぎ込んでリプレイスするタイプのベンチャーじゃないですか?

posted at 07:05:59

9月18日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

@spotprawns トレンドのというワードはざっくりしているとして、全く違うと思いますし、有名ベンチャーで幾らでも反例が思いつきます。「誰も気づいてないニッチを生み出すのが起業」というのはこれはこれでざっくりしすぎで現状のベンチャーシーンには全くそぐわないかと

posted at 07:04:10

2019年09月17日(火)8 tweetssource

9月17日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

マクロトレンドに賭ける起業というのはもちろんホームランが出ればでかいのだが、マクロトレンドはミクロトレンドより読みやすい分、大資本が参入しやすい。例えば「キャッシュレス」というテーマだけでpaypay、メルペイ、楽天pay、LINEpayなど錚々たるプレイヤーが集結、ベンチャーには厳しいだろう

posted at 23:04:14

9月17日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

医師がめちゃくちゃ稼ごうと思うと、病院経営、要は徳洲会とかimsグループみたいな方向になるのだが、そういう努力をするくらいなら普通にジャンル縛りなしで起業した方が手っ取り早いところもあるから、医師という進路のコスパについては大変難しいものがある。

posted at 20:55:31

9月17日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

「リスクを取らないことがリスク」と言っている人間は、基本的に「リスクを相手に背負わせて、リターンは自分が取る」というタイプの人間なので覚えておきましょう。

posted at 16:21:57

9月17日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

他人を家に入れるのは普通に考えてリスクなので、掃除にしろベビーシッターにしろ、後輩とか、昔からよく知ってる人間、信頼できる人間を相場より高めの時給で雇うのが一番だと思いますね

posted at 09:50:50

9月17日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

本は目的がないと学習効率が悪い。学生の時に会計知識の本をいくら読んでも全く頭に入らなかったが、B/Sの右側と左側も怪しいような状態で起業をして、決算の説明を会計士に聞いても全くわからないのを知ったかぶりをしたあと、本を読むと「そういうことだったのか〜」ととても良く理解できた

posted at 08:07:06

2019年09月16日(月)5 tweetssource

9月16日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

港区おじさんとエアポートおじさんと自分がキックボクシングのトレーニングをしている動画をfacebookにアップロードするおじさんのセグメントは大体被っています。

posted at 23:31:57

9月16日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

明日は三連休明けの火曜日、つまり今週の営業日は4日しかない。4日しかない中でいつもと同じ成果を出すためにはいつもの4分の5倍、つまり125%の集中力で働かないといけない。プロフェッショナルビジネスマンにとって時間=価値=金なのである。今週は125%の集中力で働こう。

posted at 23:25:45

9月16日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

最近つくづく思うに、イベントというのはよっぽどセグメントされ、企画が練り込まれていないと無駄だなと思う。基本、成功している人というのはアポが向こうからやってくる(=わざわざ自分から出会いを探す必要がない)ので、マーケットに出る必要がないため、中の下の人たちのマウント大会になりがち。

posted at 23:17:01

2019年09月15日(日)23 tweetssource

9月15日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

できる人にはいい仕事が集まるので、できるひとはさらに仕事ができるようになる。いいベンチャーにはいい投資家がつき、さらにいいベンチャーになる。だから最初の渦をどう巻き起こすかが大事で、それを端的に伝えたのが江副浩正氏の名言「自ら機会を作り出し、機会によって自らを変えよ」である

posted at 23:30:27

9月15日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

感覚的には年収800万くらいまでは純粋な営業スキルや会計スキル、エンジニアリングスキルで、素直に勝負する方が効率が良いように思う。800万と1500万にカベがあり、そこの壁を破るためのスキルの組み合わせとして、エンジニアリング×英語とか、営業×PL理解とかを組み合わせるイメージ。

posted at 23:13:40

9月15日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

@NaoOkawachi 親の海外赴任でコストを掛けずに英語を学ぶ層は、そもそもベースの文化資本にも恵まれてるから強みがあり、さらに英語ができるから無敵なわけやな、しかしこのツイートが射程としているのは底辺に産まれたにも関わらず英語だけで逆転を図ろうとしている下層国民、ワーホリに行くキャバ嬢の話なのだよ

posted at 21:52:21

9月15日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

端的にいって、努力や気合いはビジネスモデルやストラクチャー、スキームの不利を超克しない。努力や気合いが真にあるのであれば、ビジネスモデル、ストラクチャーを徹底的に考えるところで脳に汗をかけば良いだけの話。

posted at 17:45:46

9月15日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

事業で、明らかに脳内シミュレーションで予測できる弱みがある(例えばLTVが明らかに不足している等)にも関わらず、それを現実世界で検証する意味って、1つもないんですよね。脳内での検証はコストゼロ、時間ゼロだが現実世界で実行しようとすると半年から一年かかる。半年かけて成果ゼロはきつい

posted at 17:44:19

9月15日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

「そうやっても絶対うまくいかないよ」と思ったら「そうやっても絶対うまくいかないよ」と直言するのですが、その時に素直にアドバイスを聞いて取り下げられる人は成長が早くて、「でもここまではとりあえず努力してやってみたい」とビジネスモデルの弱さを気合いで補強するタイプの人は成功しない

posted at 17:41:55

9月15日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

ゴールのズレというのはチームを組む上で致命的で、起業するにあたっても「IPOなのか、バイアウトなのか、オーナー中小企業なのか」、結婚にあたっても「家の綺麗/汚い、子ども持ちたい/持ちたくない」などのゴールイメージがズレていると双方能力が高くても結局溝が埋められないのでどうしようもない

posted at 15:22:44

9月15日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

企業文化を分析するときに、一番カルチャーが出るのは所属社員の「口癖」である。例えば、電通の「仕切りがいい/悪い」、リクルートの「とりあえずフィジビリしよう」、マッキンゼーの「バリュー出す」あたりはそれぞれの企業が何を強みにしているかがストレートに反映されている。

posted at 13:30:33

9月15日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

「なんか一緒に面白いことできたらいいですね」というセリフを放つ、中小広告代理店経営おじさんの面白くなさは異常

posted at 13:23:09

9月15日

@Midnight_Tokyo

事業家bot@Midnight_Tokyo

リプライ、基本的に読んでるんですが、間違ってるからといって反論的に返信しても、結局相手の考えが変わるのではなく、感情的に反発してむしろ間違いを正当化する方向に論理構成を強化しにいってしまうんですよね。なので、個別に反駁するのは基本的に無駄だなあと思っています。

posted at 10:57:41

このページの先頭へ