情報更新

last update 06/23 20:58

ツイート検索

 

@MikaKusakari
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@MikaKusakari

草刈ミカ|Mika KUSAKARI@MikaKusakari

  • 1,035フォロー
  • 979フォロワー
  • 25リスト
Stats Twitter歴
4,078日(2010/04/26より)
ツイート数
3,221(0.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年06月22日(火)3 tweetssource

6月22日

@AIbigeiken

AI美芸研(人工知能美学芸術研究会)@AIbigeiken

恐るべき大木裕之の超ハプニングが連続する展覧会にAI美芸研は偶々参加させて頂いたのですが、開催日がハッキリしない割にはいつの間にか出品作品が増え突然終了するという...瞬発力や心の柔軟さをもろに鍛えられました。なのでご案内出来ずに失礼致しました! #AI美芸研 #たまたま #大木裕之 #山岡信貴 pic.twitter.com/xgEorMWcQg

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 20:31:06

6月22日

@AIbigeiken

AI美芸研(人工知能美学芸術研究会)@AIbigeiken

作家名:Y氏(山岡信貴)
作品名:AI美芸研(映画制作途中の映像から)
制作年:2021
形式:映像(6'08")

映像作家の山岡信貴は、人工知能美学芸術研究会(AI美芸研)他をフィーチュアしたドキュメンタリー映画を現在制作中である。
AI美芸研からの依頼によりこのたび制作途中のカットが提供された。 pic.twitter.com/dWHP4XwpAd

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 20:31:04

6月22日

@AIbigeiken

AI美芸研(人工知能美学芸術研究会)@AIbigeiken

AI美芸研は、大木裕之Presents《超たまたま18》2021/5/25~6/20 @小金井シャトーに出品。大木裕之と、最終的に33名の出品者による〈たまたま〉は今回で18年目。
作品は、現在映画制作真っ只中の、監督・山岡信貴氏の、以前AI美芸研を取材頂いた収録映像の一部を展示致しました。 #AI美芸研 #たまたま pic.twitter.com/wSGDFhvGOF

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 20:30:41

2021年06月20日(日)1 tweetsource

2021年06月17日(木)1 tweetsource

6月17日

@MikaKusakari

草刈ミカ|Mika KUSAKARI@MikaKusakari

@misaRX 日常的、若しくは美術史上的な「ハプニング」に突如として出くわした際、「コンセプチュアル」の私共が、どれだけの力量かが問われる場でもあり面白かったです。
その後そこで得たハプニングに揺さぶられ?映像作家大木裕之氏の企画「たまたま」に現在、AI美芸研は新作を出品中!(6/18迄@シャトー)

posted at 01:49:29

2021年06月08日(火)1 tweetsource

2021年05月27日(木)2 tweetssource

2021年05月21日(金)1 tweetsource

5月21日

@MikaKusakari

草刈ミカ|Mika KUSAKARI@MikaKusakari

@misaRX あら、ミカのお話し?気になっちゃう!また近々お聞かせ下さいませ。
明日はSFCに早朝からお打ち合わせ行って参ります。雅実さんもちょっと今後スタンバっておいて下さると助かります。成功するかは兎も角として、久々に大きく動きます!#AI美芸研

posted at 01:10:50

2021年05月20日(木)3 tweetssource

2021年05月19日(水)1 tweetsource

2021年05月18日(火)1 tweetsource

5月18日

@strawberry549

ストロベリー・スーパーソニック@strawberry549

先日友人の大村益三個展を東京郊外のシェアアトリエに行って見てきた
左 2021年の私、草刈ミカ、中ザワヒデキ、大村益三、吉川陽一郎(全て美術家、敬称略 撮影東間嶺 前本編集) 
右は後で気がつき発掘された1990年「たま」の2ndCDひるねジャケット
31年の経年にも耐えるトリゴヤ・アトリエ恐るべし pic.twitter.com/Rq3YJ9Lflk

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 23:30:18

2021年05月17日(月)2 tweetssource

5月17日

@MikaKusakari

草刈ミカ|Mika KUSAKARI@MikaKusakari

AI美芸研ではいつもお世話になっている藤井雅実氏は当時ここに詰襟の学生服で来てたとか…。マジか…80年代アヴァンギャルド…。TORIGOYAはほぼ当時のまま。到着した際、前本彰子さんも丁度いらっしゃって居て、かつての雰囲気が一瞬垣間見れる、なんとも素晴らしい時間を楽しみました。また行きたい! pic.twitter.com/iaJoP4WYU0

posted at 20:42:39

5月17日

@MikaKusakari

草刈ミカ|Mika KUSAKARI@MikaKusakari

今日は自転車で自身のアトリエからは山を五つ位越え片道1時間の所に有るTORIGOYAへ。(元々養鶏場だった場所をかつての多摩美生が共同アトリエとして40年経った今でも当時のメンバーが集い制作している)その中に今春からオープンしたという波板(ギャラリースペース)で大村益三氏の個展を堪能した。 pic.twitter.com/9Lfcf63WAq

posted at 20:29:53

2021年05月16日(日)12 tweetssource

5月16日

@AIbigeiken

AI美芸研(人工知能美学芸術研究会)@AIbigeiken

@exstar444 そのため連絡がつけば、是非とも佐村河内氏にもこの議論にご参加いただきたいと考えております(但し、「佐村河内守氏の新曲」は「優れていますね」との前川さんの御意見自体はまた別の話であり、これについて私たちは必ずしも全面的に同意しているわけでは御座いません)。

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 01:05:45

5月16日

@AIbigeiken

AI美芸研(人工知能美学芸術研究会)@AIbigeiken

@exstar444 前川さんも御理解いただけるものと思います(作品の展示には許可が必要ですが作品性を論じることについては許可は不要です)。佐村河内氏の作品性を議論する場合もピカソと同様であることを御理解ください。さらに申し添えると、私たちの議論はむしろ、佐村河内氏の創作性を認めようという方向性です。

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 01:05:40

5月16日

@AIbigeiken

AI美芸研(人工知能美学芸術研究会)@AIbigeiken

@exstar444 先ずは御認識ください。また、できればこうした方向での御発言は、今後、控えていただければと存じます。その上で、例えば「ピカソの作品性を、芸術や美学の議論の俎上に載せる」にあたり、ピカソが生きていようがいまいが、ピカソまたは遺族に許可を得る必要はないということは、

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 01:05:37

5月16日

@AIbigeiken

AI美芸研(人工知能美学芸術研究会)@AIbigeiken

@exstar444 次に2点目の論点として、「芸術や美学の議論の俎上に載せる」ことについて、これは正当に芸術的見地や学問点見地から議論しているものであり、前川さんの言葉にある「好き勝手にネタにしていた」「他人のふんどしで相撲を取っていたら、それはもう盗作」というマイナスイメージのものではないことを、

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 01:05:33

5月16日

@AIbigeiken

AI美芸研(人工知能美学芸術研究会)@AIbigeiken

@exstar444 このため2019年時点で弁護士に相談し、著作物の使用上認められる「資料として」の範囲を超えないレベルに抑えた展示として、来場者にも撮影不許可としたうえで1度目の展覧会を行いました。そして同様の過程を2020年にも行い、2021年の2度目の展覧会を行っております。

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 01:05:08

5月16日

@AIbigeiken

AI美芸研(人工知能美学芸術研究会)@AIbigeiken

@exstar444 1点目、展覧会での「指示書」の複製の展示については、佐村河内氏に許諾を得るべく、森監督からのアイディアも頂きながら、2019年と2020年に複数ルートから連絡を試みました。しかし結果としては転居後の佐村河内氏については消息不明で、現在も連絡が付いておりません。

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 01:04:11

5月16日

@exstar444

ありがとう前川修寛????@exstar444

万一にもそのようなことはないと思いますが、佐村河内守氏本人に筋を通さず、好き勝手にネタにしていたのであれば、アート歴史としても大変な事です。
現代美術家が他人のふんどしで相撲を取っていたら、それはもう盗作でしかなくなります。
ではごきげんよう。

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 01:03:12

5月16日

@exstar444

ありがとう前川修寛????@exstar444

【S氏をネタに】して講演会や展示会など何度も開催しておられますが、佐村河内守氏の新曲を聴いてみれば、その堂々とした曲風からしても、AIやN氏すらいらなかったし、優れていますね。
ところで、芸術や美学の議論の俎上に載せるにあたって本人に筋を通して、その許可を受けたのですね? twitter.com/AIbigeiken/sta

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 01:03:10

2021年05月13日(木)1 tweetsource

2021年05月07日(金)1 tweetsource

2021年05月05日(水)16 tweetssource

5月5日

@DOMMUNE

UKAWA NAOHIRO™@DOMMUNE

@kktnk 4.対して佐村河内守氏のグラフィックスコアはあくまでもAI美芸研の資料で、佐村河内氏が"資料展示で参加"した訳では無いという認識なので僕らDOMMUNEも"映像資料"を展示してません。しかしAI美芸研番組の大半は佐村河内氏のことについて議論されていますw 田中さんのその視点は示唆に富んでいますねw

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 01:01:42

5月5日

@misaRX

藤井雅実 masami fujii@misaRX

写真のメンバーTwitter外から訊かれたので追加。右から、艶やかな着物姿の草刈ミカ、AI装填ロボットか?の中ザワヒデキ、AI音楽創作&研究者・徳井直生、怪しい横尾忠則マスクの批評家・塚田優、AIならぬ異界の来訪者?藤井雅実^^

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 00:53:41

5月5日

@SIAF_HACK

札幌国際芸術祭 2020(冬眠)非公式⛄?@SIAF_HACK

ある主体、自分(たち)をこえ、他者や自然とどうつきあい、それでも制作をしていくか。

『平成美術:うたかたと瓦礫 1989–2019』展は、今、言ったような1980年代以降の主体のあり方を問う流れを最低限おさえ読みとくことをまず始める必要がある。

単に平成に活動した作家を揃えたわけではない。

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 00:52:22

5月5日

@SIAF_HACK

札幌国際芸術祭 2020(冬眠)非公式⛄?@SIAF_HACK

ある主体の制作によるものや世界がもはや成立し難い、コントロール不可ということが明白になったのは先述のポストモダニズム傾向に加え、人間が主体的に自然や複雑な社会問題をコントロールするのが困難であることが度々起きたこともあるだろう。
そのような中でアーティストは何を制作できる?
(続く

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 00:52:18

5月5日

@SIAF_HACK

札幌国際芸術祭 2020(冬眠)非公式⛄?@SIAF_HACK

椹木さんが磯崎新さんに言及する時はこういう二重性、ダブルバインドについておそらく考えている。
一者主体によるものの制作の正当性が疑わしいというのは、その主体、自分(たち)の言語や思考の通ずる共同体の外にいる他者がいるということ。
こういう他者とものを考えるにはどうするか。
(続く

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 00:52:10

5月5日

@SIAF_HACK

札幌国際芸術祭 2020(冬眠)非公式⛄?@SIAF_HACK

しかしこういうポストモダニズム、脱主体、脱構築、自然生成性へ疑問呈したの柄谷さんと「隠喩としての建築」へ影響を与えた「建築の解体」の著書の建築家・磯崎新さん。
彼らは西洋的主体に対しては脱構築、一方、自然生成性に対してはそこに潜む主体を一旦明確にし徹底した形式化でそれを解体。
(続

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 00:52:06

5月5日

@SIAF_HACK

札幌国際芸術祭 2020(冬眠)非公式⛄?@SIAF_HACK

これはおそらく「隠喩としての建築」から「探究」あたりの柄谷行人さんの1980年代の仕事からの影響。
特定主体による制作や意味付けを解体する方向が強くなるのが1970年代以降のポストモダニズム。
こういう脱主体、主体の解体は先述した主体が不明瞭な日本における自然生成的見方と重なる。
(続く

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 00:52:02

5月5日

@SIAF_HACK

札幌国際芸術祭 2020(冬眠)非公式⛄?@SIAF_HACK

『平成美術:うたかたと瓦礫 1989–2019』展について。
椹木さん言う“悪い場所”は西洋のように主体が言葉や技術を持って存在を制作することが日本では明確ではなくあらゆることが自然と生成するというとらえ方があるため、西洋的意味での美術は成立しないということ。
(続く)

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 00:51:59

5月5日

@sekaishisosha

世界思想社@毎週金曜日webマガジン更新!@sekaishisosha

平成美術展、終了しました。
京都に来られなかった方、見逃した方、改めて考えたい方、記録としての図録をご活用ください。

椹木野衣さんの重厚な論考と時代の解説(計32頁)、平成の社会と美術の主要事項をまとめた年表(カラー32頁)、参加作家をより深く知るための文献リストも掲載しています。 pic.twitter.com/HM3Rif9shi

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 00:49:12

5月5日

@nakaZAWAHIDEKI

中ザワヒデキHidekiNAKAZAWA@nakaZAWAHIDEKI

「平成美術」の括りが被害者の自任からナショナリズムを惹起するという指摘が受けているようですが、それを言うなら「悪い場所」と名指した時点からとっくにそれは明らかというか、むしろ見事なロマン主義的アイロニーだった筈(拙著*7c4)。なので日本ゼロ年展との異同がもっと語られるべきと考えます pic.twitter.com/mFbQNkaJYs

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 00:47:36

5月5日

@dzero_since2013

dZERO(ディーゼロ)@dzero_since2013

空自トップであろうが総理大臣であろうが最高裁判長であろうが、言いたいことは言ったほうがいい。口を閉ざすから外気に触れない。外気に触れないから内部発酵する。内部発酵するからわけのわからないものに変質する。森 達也『クラウド 増殖する悪意』p240 #dZEROの本
shop.dze.ro/books/37 pic.twitter.com/jfsyWCQmBX

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 00:47:14

2021年05月03日(月)1 tweetsource

2021年05月02日(日)3 tweetssource

5月2日

@AIbigeiken

AI美芸研(人工知能美学芸術研究会)@AIbigeiken

過去に御参加頂いた皆様、出版物購入等にて御支援くださった皆様とは繋がることのできない非公開の研究会開催では御座いますが、こうした議論の発展を気にして頂けますと幸甚です。末筆ながらここまでお読みくださいました皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。 #AI美芸研 www.aibigeiken.com/research/r035.

Retweeted by 草刈ミカ|Mika KUSAKARI

retweeted at 18:37:48

このページの先頭へ