情報更新

last update 04/08 18:33

ツイート検索

 

@NJSLYR
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

Stats Twitter歴
3,557日(2010/07/15より)
ツイート数
94,796(26.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年04月08日(水)36 tweetssource

4月8日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「……成る程」コルヴェットはマスラダをじっと見た。「俺は俺で、じつに驚嘆すべき物事を経験してきた。俺からすれば合理的で自然な話だ。ニンジャスレイヤーにまつわる力をニンジャスレイヤーに返す……とでも言おうか。ギルドは嫌な顔をするやも知れんな」「……」マスラダはコルヴェットを見た。45

posted at 00:01:43

4月8日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「ギルド?あのデジ・プラーグの連中の顔色を窺う理由は、おれにはない。おれは、おれ自身の為にここに来た」「だろうな、ニンジャスレイヤー=サン」コルヴェットは肩をすくめた。「俺とてギルド内部の人間ではない。俺が従うのは俺の直感、俺の正義よ」「……それで?」「消極的に賛成だ、貴公に」46

posted at 00:06:17

4月8日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「消極的にか」「それで勘弁してもらいたい。なにぶん俺も臆病なニンジャでな。選びうる中から最善の選択肢を選ぶとなると、ネザーキョウのタイクーンにも、暗黒メガコーポにも、ギンカクの力を明け渡すわけにはいかんのは明白だ!一方、貴公の人となりは……知らん俺ではない。なんと確かな燈火か」47

posted at 00:10:15

4月8日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「……そうか」2人がかわす言葉は出尽くした。ザックが手をのばした。「カラテヤシガニ、食わないなら、もらってもいいか?」コルヴェットが苦笑し、差し出そうとしたとき……シャーン!シャーン!シャーン!真鍮の半鐘が打ち鳴らされる音が、靄の向こうから聞こえてきた! 48

posted at 00:13:29

4月8日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「この音は!?」コトブキは腰を浮かせた。「これはしたり!」コルヴェットは旅人帽を押さえ、立ち上がった。「処刑セレモニーの時間が近い!この辺りも慌ただしくなる。離れたほうがよいな。ハリマ離宮へ、いざゆかん!」「処刑セレモニーとは!?」コトブキが聞き咎めた。 49

posted at 00:15:39

4月8日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「ンンッ?それはな、ここのところ実際頻繁な凶事、このハリマ離宮に降って湧いた、呪わしき日常よ」「つまり!?」ダカダ!ダカダ!ダカダ!蹄の音が走り抜ける。彼らは慌てて木陰に身を潜め、囁きあった。「ネザーキョウの実際偉いジョウゴ親王がこの離宮に来たりて以来、上を下への大騒ぎでな!」50

posted at 00:18:58

4月8日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「ジョウゴ親王!?」「まあアレよ、ジョウゴ親王は父君に輪をかけて気短な暴君でな……奴は、コショウや召使い、気に入らぬ職人、そういった哀れな市民をすぐにテウチにするのだ。その場でキリステするならまだ幸い、衆人の慰みと畏れを引き出した上で処刑するという寸法よ!恐ろしい!」 51

posted at 00:21:34

4月8日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「ユルセナイゼ!」コトブキは反射的に怒りの言葉を発し、拳を固めた。「ニンジャスレイヤー=サン!奴らの狼藉を止めなければ!」コルヴェットが割って入った。「待った、コトブキ=サン、短絡はいかん!我らは重大な計画が今まさに……」「黙って見ているのは腰抜け!降りかかる火の粉です!」 52

posted at 00:25:13

4月8日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

……シャーン!シャーン!シャーン!シャーン!「オナーリー!」真鍮の半鐘が鳴る中、コショウがか細い声を張り上げる。五重塔が見下ろす庭園じみた場所に、今、人だかりが生じていた。集まったのはこのハリマ離宮に暮らす市民たちと見え、平安時代じみた服装を着せられた者達である。 53

posted at 00:30:07

4月8日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

朱塗りの演台には既に、この日の処刑セレモニーの犠牲となる者が後手に縛られ、膝をつかされている。咎人は2人。どちらも頭に麻袋を被せられており、その顔はわからぬ。だが、その身なりはハリマ市民の服装ではなかった。彼らは明らかにネザーキョウ外、文明国の人間であった。 54

posted at 00:32:56

4月8日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

決定的処刑地点からやや離れたマングローブ林で、影たちが身じろぎした。(……本当にやるのか)コルヴェットが念を押した。コトブキは頷いた。(助けます)(いいのか、ニンジャスレイヤー=サン)(何がだ)(アニキは、やる気だぜ)彼らが見守る中……咎人達の麻袋が取り払われた。 55

posted at 00:35:58

4月8日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

(……!)(……!)コトブキは驚愕に目を見開き、ニンジャスレイヤーは眉根を寄せた。「この者らは手形無しで通過せんとした罪により……」コショウがか細い声で罪名を張り上げるが、それどころではない。1人は……知らぬUCAの兵士。もう1人は、フィルギアだった。 56

posted at 00:38:27

22時間前

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

緊急警告!ニンジャ文明は紀元前から存在していた!ニンジャたちは世界各地の古代文明に忍び込み、背後から操っていた!!その動かぬ証拠がこれだ!!!

「ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース」5巻が2020年4月20日発売!|ダイハードテイルズ @dhtls #note diehardtales.com/n/n96b28cc7540a pic.twitter.com/c6ZBj5F596

Retweeted by ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer

retweeted at 09:53:36

19時間前

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

◆忍◆
ニンジャ名鑑#0300
【ティアマト】
かつてキンカク・テンプルに部分的にアセンションしてしまったドラゴン・ニンジャのソウルと記憶の一部が物理肉体を得た存在。本来のドラゴン・ニンジャともまた違う、独立した自我を持つ。ダーク・チャドーの儀式によって破滅的な力を付与する。
◆殺◆

posted at 12:42:43

14時間前

@mono4r

moki@mono4r

シャード・オブ・マッポーカリプス(12):磁気嵐の晴れた世界で(3)|ダイハードテイルズ @dhtls #note diehardtales.com/n/na559ab725068
カラテ・エンハンス基礎理論に関してはこの記事が一番詳しい…#njslyr 初めてこれ読んだとき凄く感動したのを覚えているんだよね…実際に存在するかの如く詳細で…

Retweeted by ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer

retweeted at 17:19:03

2020年04月07日(火)66 tweetssource

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

質問ポータルも数ヶ月ぶりに開いた!

🌟ニンジャスレイヤー原作者Q&Aおたより転送ポータル(2020年4月末まで)|ダイハードテイルズ @dhtls #note diehardtales.com/n/nb3aa04cece3c

🦄<準備はいいかい?年に数回、星々が実際正しい位置に並ぶと、おたよりを高速次元転送するための電子ポータルが開くのだ。 pic.twitter.com/6lucy7WP3n

posted at 12:44:59

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

◆スズメバチの黄色FAQ◆

Q1:ニンジャに詳しくないのですがキャラに興味を持ちました。いきなりこれから読めますか?
A1:読めます!

Q2:今までのニンジャを全部読んでいますが、これはパラレルとかですか?
A2:正史の公式スピンオフです!

Q3:銃で撃ったりカラテしますか?
A3:します! pic.twitter.com/W6LnEB4cOu

Retweeted by ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer

retweeted at 20:15:42

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

◆スズメバチの黄色FAQ◆

Q4:ニンジャスレイヤーを全く知りませんが読めますか?
A4:大丈夫です。主人公も時代も文体も違います。

Q5:以前友達にニンジャスレイヤーを勧めようとして失敗しました。スズメバチならば何とかなりますか?
A5:予備知識不要かつ通常の小説形式なので再トライしよう! pic.twitter.com/cMtFzyF2YG

Retweeted by ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer

retweeted at 20:15:46

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

∴全てを奪い返せ∴

「スズメバチの黄色」は2039年のネオサイタマを舞台とした、完全新作書き下ろしのサイバーパンクアクション小説だ。出版はKADOKAWA。極彩色のアジアン・サイバーパンク・イラストレーションはttl=サンの手によるもの。各種電子書籍も好評発売中!
 amazon.co.jp/dp/404735712X/ pic.twitter.com/eTrcD5mkRd

Retweeted by ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer

retweeted at 20:15:55

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

【前提知識】

・ニンジャは平安時代をカラテで支配した半神的存在である。

・ニンジャのソウルが時を超えて現代の人類に憑依融合し、ニンジャとなる。

・滅びずに生き続けてきたリアルニンジャもいる。

・明智光秀はリアルニンジャである。

・ニンジャスレイヤーはニンジャ殺しのニンジャである。

posted at 20:50:00

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

【あらすじ】

・ニンジャスレイヤー=マスラダ・カイは内なるナラク・ニンジャのソウルを失った。

・北米カナダに、明智光秀が支配する弱肉強食の国「ネザー京」あり。

・ニンジャスレイヤーはナラクを取り戻す為、ネザー京の東部に出現した超自然オベリスク「ギンカク」を目指している。

posted at 20:55:00

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

【前提知識】
シーズン3は旅の物語。

マスラダ・カイ:ニンジャスレイヤー。

コトブキ:美しいウキヨ(自我のあるオイランドロイド)。マスラダと出会い、ついてきた。

ザック:ネザー京の少年。文明に憧れ、ついてきた。

タキ:情報屋。自称テンサイ級ハッカー。ネオサイタマからリモート参加。

posted at 20:58:00

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

崖の上でマスラダとコトブキはバイクを停止させ、眼下に霞む光景を見下ろした。空の色は薄紫の色彩を帯び、漂う空気は独特の芳香を含んでいる。「すげえ……」マスラダの後ろで、ザックが驚嘆の声をあげた。確かにそれは、感傷的なモミジに覆われたネザーキョウの他地方よりもなお非現実的な美だ。 1

posted at 21:02:00

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

靄がかかった自然は崖上からさやかには見て取れぬが、澄んだ水、群生キキョウの青紫、藤の花が作り出す夢幻的な美の気配は、遠目からでも彼らを驚かせるに十分だった。これが彼らの目的地……ライディングマウンテン自然公園が歪められた姿……ハリマ離宮の姿だった。「感じるぞ」マスラダは呟いた。 2

posted at 21:05:00

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

一方、ネザーキョウ、ネザーオヒガン。極彩色渦巻く闇の下、アケチ紋が描かれた旗や槍が連なる古戦場にほど近い場所に小さな庵が存在する。実際それは茶室であり、タイクーンと招かれた特別な客にしか使用を許されぬ場所であった。茶室を包むように、長虫めいた邪龍オオカゲがとぐろを巻いていた。 3

posted at 21:12:39

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

ネザータタミの敷かれたミニマルな茶室空間に対座するのは、タイクーンその人……アケチ・ニンジャと、しなを作って艶かしく座る女のニンジャ……ティアマトであった。髪は黒曜石めいて黒く、その眼差しはけぶるようで、唇はつややか、豊満な胸を強調するように、緩く交差させた腕を膝に置いている。 4

posted at 21:16:02

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

茶室には「不如帰」のショドーが飾られ、三本足の蛙の香炉からは、ネザーウィードと忌まわしきセトの薬粉をブレンドさせたインセンスが奇妙な香りを立ち上らせていた。茶釜は黒紫のネザー石炭にくべられている。邪悪な熱に耐えられる茶器は実際希少である。名器、ヒラグモであった。 5

posted at 21:20:07

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「芳しいでしょう?」ティアマトは鈴のように笑い、薬粉をおさめたカノプス壺の蓋を閉めた。壺は実際セトの肖像を象ったものであり、エジプト考古学者が目にすれば発狂するだろう。ティアマトの膝下には、宇宙的な色彩を秘めた椀が置かれている。名器オモカゲ。 6

posted at 21:24:24

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

ティアマトは淫らな微笑みによってタイクーンを促した。タイクーンは笑みひとつ浮かべず、組んだ腕にはカラテの血管が漲っていた。「……」彼は懐から古びた茶器を取り出した。オオオオン……。その瞬間、茶室の名器達は共鳴するように、たしかに震動した。茶壺。ニッタ・カタツキだ。 7

posted at 21:27:42

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「嗚呼……凄い。これ程の品が、これ程オヒガンに近い場所に……」ティアマトは潤んだ目を蕩けさせた。タイクーンは私語を咎めるように睨みつけた。ティアマトは悪びれず言った。「チャドーならば私にただ従えばよい……堅苦しい決まりなど、愚鈍で臆病な者達の枷に過ぎないのだから」「御託はいい」 8

posted at 21:31:42

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

ティアマトは瞬きした。タイクーンは虚空にあらわれたハイク・カードと筆を2本の腕で取った。そして素早くハイクの前半をしたためた。「死せる不如帰 / 」ティアマトは自身のハイクカードに後半を書いた。タイクーンの禍々しい句に合わせた即興である。「 / 冥府にては飛ぶ」……茶器が輝き始めた。9

posted at 21:36:56

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「スゥーッ……ハァーッ……」ティアマトは深く呼吸した。タイクーンは導かれるように呼吸を連ねた。「スウーッ……ハアーッ……」二者の呼吸と、茶器の唸りが同期した。香炉から漂う煙に色が生じた。金色の雲だ。さながらそれはキョート市街を俯瞰した古代ビヨンボの芸術表現めいていた。 10

posted at 21:41:12

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

ティアマトはチャを泡立てた。ニッタ・カタツキにおさめられていたチャは砂金めいて輝く。タイクーンは差し出された椀を取り、だが、すぐには飲まず、目を閉じて、口元に留めた。「スウーッ……!ハアーッ……!」「ふふ……そのまま」ティアマトはオーバーサイズの羽織を肩にまとい、立ち上がった。11

posted at 21:44:51

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

ティアマトはいつの間にかタイクーンの背後にいた。抱きしめるようにして、後ろから密着し、顔を寄せて、再び深く呼吸する。「スゥーッ……ハァーッ」「スウーッ……ハアーッ」タイクーンの目が呼吸にあわせて明滅する。ティアマトは後ろから手を伸ばし、椀に添える。「ふふふ……身体が大きい」 12

posted at 21:48:48

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

これにてニニンバオリ状態!そして今や、チャの輝きは椀に収まらず、金色の光柱と化して迸り出た!タイクーンは椀を高く掲げ、胸を反らせ……飲んだ!ティアマトはいつの間にか前へまわり、アグラするタイクーンの膝の上で自身もアグラし、密着して向かい合っていた。「嗚呼!」……やがて、離れた。13

posted at 21:53:06

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

二者は再び厳粛に、正座して向かい合い、同時にオジギをした。「「結構なオテマエでした」」ナムサン……これは、チャドー!地水火風空の五大元素およびエテルを取り込み、カラテに換える行為!精神は深層へ潜り、裏返り、オヒガンへと達し、その力を自らの肉体に取り込む!フーリンカザンの極地也!14

posted at 21:57:10

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

そして、見よ!「エイッ!」タイクーンは4本の腕を掲げた!壁の四方にあらかじめ立てかけられていた4本のネザーアイアンの槍がテレキネシス飛翔!それぞれの手で、掴み取る!今やそのカラテの充実あまりに凄まじく、茶室はガタガタと揺れ、茶釜の水が溢れてネザー石炭に触れ、蒸気を噴いた! 15

posted at 22:00:17

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「ヌウウウーッ!」タイクーンがカラテを注ぐと、4本の槍は黒黒と輝き始めた!おお、おお!なんたるダーク・チャドーの禁忌がオヒガンに実際近いこのネザーオヒガンの地にて為される事の冒涜的な有様か!ティアマトは興奮に頬を上気させ、舌舐めずりした。「時、来たれり!」タイクーンは叫んだ! 16

posted at 22:04:12

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「ゆめ忘るなかれ、アケチ・ニンジャ=サン」ティアマトが言った。「グレーター・ハマヤをひとたびで4本。我がダーク・チャドーの助けなくば、そなたの野望もビヨンボに描いた虎に過ぎなかった事」「我が后となれ、ティアマト=サン!」タイクーンの目が燃えた。ティアマトは答えをはぐらかした。 17

posted at 22:08:48

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「それもよいが、そなたが一番欲しいものは私ではないでしょう?」「無論!」「私は一番でなければ気乗りせぬゆえ」「フン。言いも言うたり」タイクーンは途端に興味が失せたようだった。ティアマトはやや不満そうに続けた。「オダのソウルはサツガイによりてもたらされる。必ず」「……」 18

posted at 22:13:58

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「その沈黙は信頼の証よな?」ティアマトは念を押した。タイクーンはティアマトを睨んだ。「誓約など惰弱な商人のもの。我には不要」彼は力に満ち溢れたハマヤを矢筒に収めた。そして言った。「ネザーオヒガンの探索を許す」「素敵」ティアマトは目を細めた。「これで、そなたの願いも叶うであろう」19

posted at 22:20:14

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

ハリマ離宮は澄んだ水とともにあった。足首ほどの深さの浅い水に、キキョウが咲き乱れている。遠くで滝の音が聞こえる。水はそこから流れてくるのだろうか。マングローブじみた白くねじれた木々がそこかしこに生え、視界を遮る役に立つ。マスラダのニンジャ聴力は歩哨の動きを捉えていた。危険だ。 21

posted at 22:27:20

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「タイクーンは感傷とともにこの地に離宮を建て、家紋のキキョウを愛でる地としたのだそうですよ」ミコー姿のコトブキは、リコナーから授けられた地域ガイド文書の内容を諳んじた。「もともとここはライディングマウンテン……風光明媚な、緑と水の地でした。生態系を変えてしまったようですね」 22

posted at 22:31:06

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「……」マスラダはコトブキを黙らせ、ザックを手招きして、マングローブの木陰に身を潜めた。ダカダ。ダカダ。ダカダッ。赤い鎧に身を包んだゲニン・トルーパーの騎兵が、周囲を哨戒しながら、木々の反対側を走り抜けていった。「ものものしいぜ」ザックが騎兵を見送り、呟いた。「どうしてかな」 23

posted at 22:34:53

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「それはもう、フィルギア=サンの話が裏付けられたという事ではないでしょうか」コトブキが請け合った。「マスラダ=サン、どうですか。感じますか?」「……」マスラダはマングローブの陰から身を乗り出した。靄のせいで視界が思いのほか悪かった。だが、それを透かし、超自然の気配が確かにある。24

posted at 22:37:50

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

銀の火だ。こめかみが痛む。マスラダは反射的に目を閉じた。銀の火は瞼の裏では赤黒の火となった。(((……マスラダ……!)))「ナラク!」マスラダは目を開いた。赤い血が頬を伝い流れた。「まあ!大丈夫ですか!?」「感じる」マスラダは拳で血を拭い、靄の中へ歩き出す。「この先だ……」 25

posted at 22:40:15

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

彼らは地面が水上に出ている部分を選んで、白い木々のあわいを進んだ。「マングローブって、ライディングマウンテンに生えるのかい」ザックが不安そうに言った。「多分生えませんね」と、コトブキ。「キキョウも水棲ではありませんし……カラテビーストの襲撃にも備えなければいけないかも」 26

posted at 22:43:15

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「シャシャーッ!」そのときだ!まるでその言葉が呼び寄せたように、土を抉って、黒帯をしめた巨大なザリガニが行く手を遮った!カラテヤシガニだ!「シャシャーッ!シャーッ!」SMASH!巨大ハサミがザックを襲う!「アイエエエ!」「イヤーッ!」マスラダはザックを抱え、横に跳ぶ! 27

posted at 22:46:09

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「シャシャーッ!」カラテヤシガニはハサミを振り回し、次にコトブキを狙った。「シャーッ!」「ハイッ!ハイッ!」コトブキは一瞬で意を決し、残虐なハサミ攻撃をいなす!その隙に、マスラダが黒帯を締めたヤシガニの巨大な腹部を後ろから掴み……投げ飛ばした!「イヤーッ!」「アバーッ!」28

posted at 22:48:41

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

背中からマングローブに叩きつけられたヤシガニの黒帯が弾け飛び、痙攣、死亡!「あ……危なかった」邪悪なカラテヤシガニの死体を恐怖とともに見るザックを、コトブキが気遣う。「気をつけましょう。戦闘が重なれば、偵察兵の気を引いてしまう……」「!」マスラダは振り返り、カラテを構えた! 29

posted at 22:52:03

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「エエッ!?」コトブキは驚き、手を口に当てた。マスラダが構えたカラテの先……靄の中から現れ、ホールドアップして近づいてきたのは、つば広の旅人帽を被り、マントを身にまとったニンジャだった。「ヤバイ!」ザックはスパナを振り上げた。「今度こそニンジャだ!……兄貴?どうしたんだよ!」 30

posted at 22:55:21

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「これはこれは……騒ぎを聞きつけてみれば、なんと思いがけぬ邂逅か」旅人帽のニンジャのやや風変わりな物言いを、ザックは不審に思った。彼はマスラダ達とこのニンジャを交互に見比べた。「ドーモ。ニンジャスレイヤー=サン。コトブキ=サン」旅人はアイサツした。「……コルヴェットです」31

posted at 22:58:47

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「ドーモ。ニンジャスレイヤーです」「コトブキです!お久しぶりです!」ザックは驚き、そして旅人の佇まいに目を見張った。「コルヴェット?このコルヴェット=サンは……エエッ?アニキの知り合いなのか?」「然り、然りよ少年」「ネザーキョウの人じゃないよな」「根無し草の詩人よ。著作もある」32

posted at 23:02:51

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

……数分後、彼らはマングローブの狭間に乾いた地面を見出し、車座になって、カラテヤシガニの即席のボイルを食べていた。「スゲエ……魔術ってスゲエ!」ザックは感嘆し、カラテヤシガニを頬張った。「このエビもめちゃくちゃウマいし!」「焚き火は目立つが、魔術式の小発火ならば、この通りよ」 33

posted at 23:06:31

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

コトブキはザックに、このコルヴェットの出自、ともにくぐりぬけた冒険について、簡潔に語って聞かせた。見る見るうちにザックは目を輝かせ、コルヴェットは満更でもない様子だった。「だけど、どうして他所者のアニキと、他所者の魔術のおっさんが、こんな場所で会うんだよ」「うむ、そこなのだ」 34

posted at 23:10:10

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

コルヴェットは、黙々とカラテヤシガニを食すマスラダを見た。「当然、観光目的ではない。実際驚くような景観ではあるが。しかし、ちと、自然を超えた思惑の絡む植物相は、こう……くつろげんものだな。観光機会があっても御免被りたい場所……」「おれはギンカクを求めて、ここに来た」「やはりか」35

posted at 23:15:38

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

コルヴェットは咳払いし、思いを巡らせた。「貴公の知らぬところで、ちと、"ニンジャスレイヤー" について、複雑な体験をして参った。実際それは恐ろしき体験であってな」彼は語った。「ドイツ、シュヴァルツヴァルトにギンカクあり。そこにかつてのニンジャスレイヤーの痕跡があった」 36

posted at 23:21:12

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「かつて?」マスラダは顔をしかめた。コルヴェットは頷いた。「然り、それは電子戦争以前の出来事よ。貴公同様、赤黒の装束を纏い、苛烈なイクサに身を投じ、ニンジャスレイヤーと名乗った者があってな……」「昔の話はどうでもいい」「ムム」「ギンカクが、ドイツに?」コトブキが助け舟を出した。37

posted at 23:25:55

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「然りよ。ギンカクは地球上に複数箇所存在しており……そのひとつがシュヴァルツヴァルトであったのだが」彼は説明した。極めて強い力を秘める「ギンカク」について。暗黒メガコーポがその力を利用しようと試みた事。垣間見た過去のニンジャスレイヤーのヴィジョン。「魔術ギルドは現状を憂慮した」38

posted at 23:31:03

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

ギンカクの力を搾取しようと試み、手ひどいしっぺ返しをうけたカタナ・オブ・リバプール社と魔術ギルドは折衝し、最終的に、ギルドが隔離・封印管理を受け持つ形に収めた。人の手に余る危険なモニュメントである事は明らかだったのだ。だがそれが、尋常の文明の及ばぬネザーキョウに現れたとすれば?39

posted at 23:36:24

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「当然、このカラテの国が、ギルドとの理性的な話し合いに応ずる筈もなし(俺は吊るし首やら、晒し首やら、ここへ至るまでに幾度も目にしたものだ)。このハリマ離宮とやらに、ギンカク・オベリスクは放置されているというわけだ」「あるんですね!ギンカクが!フィルギア=サンの言う通りです!」 40

posted at 23:41:00

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「フィルギア?……後で訊くとしてだな……我がカゼのジツを助けに、ひと通り偵察を試みたところ、実際、状況は放置よりなお悪かった」「何があった」「連中はどうやらギンカクの力の搾取に積極的に乗り出しておる。超自然的な手段……まじないの類いでな。この目で見えるまでには近づけなんだが」 41

posted at 23:45:32

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「おれは、それを見た」マスラダは言った。ドリームキャッチャーが見せたヴィジョンが脳裏に蘇る。タイコ。祈祷ボンズ。そして……クローザー。(あの者は何事か為そうとしている。今の光景は過去視でも予言でもない。今まさに行われている行為なのだ)(奴の目的は何だ)(ギンカクへの干渉……) 42

posted at 23:50:18

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

あの時のドリームキャッチャーとの会話が、今一度、マスラダの耳に焼きついた。コルヴェットは不思議そうにした。やがてマスラダは呟いた。「おれはギンカクを見つけ出す。そこにおれの力がある。取り戻す」「取り戻すとは……」「一度失われた力が、そこにある……らしいんです」コトブキが言った。43

posted at 23:55:00

4月7日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer@NJSLYR

「状況証拠や、人づての話の積み重ねですが……」「詳しい事情はおいおい訊くとして、ニンジャスレイヤーの力はギンカクにまつわるものだ。何の疑いもなし。そして……そうか。つまり貴公がギンカクを……」「おれがギンカクを管理下に置けば、ふざけた真似を出来る奴は居なくなる。そういう話だ」 44

posted at 23:57:49

このページの先頭へ