情報更新

last update 04/22 22:02

ツイート検索

 

@PSGOZMIKU
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

このユーザーはTwilogに登録されていません

最新100件のツイートのみを表示しています。
自動的にツイートを記録するには、こちらから新規登録してください。
現在表示されているツイートは、取得してから1時間だけTwilogのサーバに保持されます。最新のツイートを取得したいときは、右上の「最新の情報に更新する」ボタンを押してください。

 

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

Stats Twitter歴
2,682日(2011/12/19より)
ツイート数
179,628(66.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年04月22日(月)48 tweetssource

1時間前

@niconico_takap

たかぴぃ@超会議のち声月[E-15]@niconico_takap

曲のイメージ的に高音域で詰まるような歌声はダメだと思って、サビは特にいつも以上につま先から頭のてっぺんに抜けるような歌声にディレクションしてます。具体的にはリキまずちゃんと頭蓋骨を響かせるようにミクさんに指示。

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 20:35:02

1時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

なんか固定ドで話すあたりもう私はこの人ダメなんだけど、♭9thをディスってるあたりもうアンチ・ドビュッシーか。その理由は本を買えということだったんだけど、前述の理由で私は読みたくもないから誰か買って私に教えてほしい。

聴くだけスケール入門~藤巻メソッド~ www.amazon.co.jp/dp/4636930762/ pic.twitter.com/BunY1tynjC

posted at 20:24:41

2時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

@macky164 それ、基本周波数だけの話してます?音量(音色)は全て同じ条件で?前後の繋がりも無視です?そんな事って今流行りの音楽の中ではどれくらいの頻度で起こり得ます?

(いや、分かりますよ?その気持ち悪いケースは)

posted at 19:21:27

2時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

@macky164 貴方のそれは「どうしたら理解してもらえるかな」ではなくて、「どうしたら思い通りに感覚を矯正できるかな」になっている"可能性もある"って事です。

posted at 19:07:30

2時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

そもそも複数の音の中から2音を抽出して聴くなどという芸当は訓練なしに難しい事であるのは、教えていて経験ございませんか?生徒ならいざ知らず世間のリスナー(の大多数)はそんな訓練されてないわけですよ。例の違和感に鈍感な音楽シーンではそこにかける労力の優先順位は低くて当然でしょうね。

posted at 19:02:31

3時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

人間ですから生き物としてある程度同じと仰りたいのは分かりますが、音楽となれば経験もかなりモノをいう世界だということもまたお分かりでしょう。地方は比喩ですよ、伝わりづらくてすみません。生徒さんは無作為に抽出したサンプルじゃないからバイアス掛かっているのでは?そもそも(続 twitter.com/macky164/statu

posted at 18:52:05

4時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

@macky164 わかってますよ、そんな事。問題にしているのはそうやって抽出してあげないとわからないし、気にもしないって事なんですよ。リスナーはみんな示された二声の濁りを2MIXの中から探し出せる能力を持っていますか?そうだというなら私とは住んでいる地方が違うのでしょう。

posted at 17:26:08

4時間前

@TAKEMITSU_bot

武満徹の言葉@TAKEMITSU_bot

(承前)西洋音楽と違って日本の音楽の場合、極めて微妙な音程を、からだでみんな知っているわけ。ところがそれを教えるとき全部平均化しようとするでしょう。

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 17:12:49

4時間前

@TAKEMITSU_bot

武満徹の言葉@TAKEMITSU_bot

『ノヴェンバー・ステップス』を鶴田錦史さんがやる時に、彼女が五線譜の読み方を勉強するというんですよ。僕はその時それはしないでください、とお願いしたの。そんなことをしたら肝心の彼女の音楽が失なわれてしまう。

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 17:12:45

4時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

音楽理論なんてのは、自分のやってる事はこんなに正しいって言うためのもの…少なくともLCCなんかはそんな動機で書かれていたって話じゃなかったけね。

posted at 17:09:22

4時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

計算的聴覚技術とやらが進歩して、音楽の時間軸におけるストレス度合いの変化みたいなのが視覚化できればなぁ…コード進行の話がもちっと説得力を持つのかねぇ…

posted at 17:05:47

5時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

音響エンジニアさんや演奏家のハウツー動画で凄く思うのは「それ、動画でやる必要ある?」って動画が多い事。

ずっとカメラ固定で喋ってるだけのドラマーやギタリストの動画とかなんの意味あんの?っていうね。昔からなんですかね。

posted at 16:52:22

9時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

__φ( ╹ω╹ ) 。oO("18世紀の終わりまでには現在のスタイルに近い配置が見られるようになり、19世紀になって楽器の配置について議論が進むようになり、古典配置、通常配置、といったアイデアが示されるようになった。"

ややこしや!オーケストラの配置イロハ。 www.hyakushiki-violin.com/2017/10/17/%e3

posted at 12:16:06

9時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

__φ( ╹ω╹ ) 。oO("ストリーミングの時代になると、1曲売りになったので、すべてが本気の曲です。かつてのような冒険はできなくなってしまいました。"

posted at 12:11:22

9時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

EQにスペアナが描画されるようになったのがおそらく90年代後半あたり?で、2011年頃にはWavesから出たH-EQなんかが鍵盤と周波数の対応が表示されるようになってたりして、周波数の事など微塵もわからない類の作曲家にもどんどん優しくなっていった。 pic.twitter.com/J5iiUZYrmn

posted at 12:03:02

12時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

@rush_noz 作曲家(≒シンボル派)とエンジニア(≒シグナル派)という感じでザックリ偏っていたのが、どんどん混ざって来ているような…気はします。行き来しやすくなった。

posted at 09:36:52

12時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

ところが音響エンジニアリングの自動化が進んだいま、割と知識がなくてもそれなりの音が安価に出せるようになってきた昨今、エンジニアリングのスキルよりも作曲のスキルが重視される時期に差し掛かっているのかもしれない。

posted at 09:13:43

12時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

とまあそんなわけで、先日現役エンジニアによる「エンジニアになるか作曲家になるか、どちらかにしかなれない」みたいなツイートを見たんだけど、費用対効果からしてエンジニアになった方が人気者になれる時代だと思ったよ。だって、音がでかけりゃみんないい音楽だと思うからね。

posted at 09:09:14

13時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

コードとメロがぶつかって違和感あるぞって伝えたいけど、そこで音楽理論とか持ち出すと、これまた嫌がられるのよね。

posted at 08:38:56

13時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

RTs<ずっしーさんの動画にある「違和感」を気にしない人が結構いて、そもそも感じないのか感じているのに言い出せないのかわからない…

posted at 08:24:04

20時間前

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

これいうとアブナイ奴認定必至なんだけど…まず頭の中で一つの音を思い浮かべるのね。そのピッチをどんどん上げてくの。ずーっと上げていって、聴いたことのない高音に到達できないか試してる。出来ない…呼吸が乱れて苦しくなるので真似する時は注意してね。

posted at 01:54:49

20時間前

@hassue_piano

はっすー🎹@hassue_piano

ピアニストの手の大きさ一覧

中村紘子・・・8度
アシュケナージ・・・8度
バレンボイム・・・9度
ホロヴィッツ・・・ギリ10度
アムラン・・・11度
辻井伸行・・・11度
リヒテル・・・12度
ルービンシュタイン・・・12度
ランラン・・・12度
リスト・・・13度
ラフマニノフ・・・13度

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 01:33:03

20時間前

@manabuueno

Manabu Ueno@manabuueno

ローマ字感覚で英語に入ると母音に無頓着になり、スペルと発音の関係を掴めない。母音を表すアルファベットは A E I O U の5個だが、スペルに応じて音が変わりその種類は16+個になる。例えば hat, hate, car, care の “a” は全て違う音。これはパターンがあるのでそれを知ることが発音の近道だと思う。

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 01:25:42

20時間前

@manabuueno

Manabu Ueno@manabuueno

英語の発音を練習する際は、自分が知っている全ての単語について、日本語の母音ベース=カタカナで覚えている音を一度全部「捨てる」こと。そして英語の母音を練習して、その母音ベースで全ての単語の音を一から知り直す。例えば bat とbut をはじめから違う音として覚える。

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 01:25:31

20時間前

@manabuueno

Manabu Ueno@manabuueno

外国語の発音についてはどうしても子音の違いに注目しがちだけど、日本人が英語についてまず注目すべきは、母音の数が3倍もあるという点だと思っている。この「音の多さ」に自覚的でなければ、第二言語としてうまく習得できないだろう。発音にしても、聞き取りにしても。

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 01:25:21

20時間前

@manabuueno

Manabu Ueno@manabuueno

18の時にアメリカに留学してまずESLのクラスに入った。そこで驚いたのは、日本の中高で習った発音は完全に間違いだったということ。そもそも母音の違いが分かってなかった。そこでアメリカ英語の母音16個を徹底的に練習した。そしたらどんな単語もだいたい通じるようになった。今も発音は褒められる。 pic.twitter.com/zLaQvbL0mr

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 01:25:18

2019年04月21日(日)43 tweetssource

4月21日

@ochichan

ochichan@ochichan

だいたい今のプロ野球は、阪神に不利なルールが多すぎるよ。相手より点多く取らなきゃ勝てないとか。むちゃくちゃよ!

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 21:46:05

4月21日

@Yam_eye

山中俊治 Shunji Yamanaka@Yam_eye

東京大学の中野公彦准教授によれば、乗用車の運転において、年齢とともに顕著に衰える能力の特徴一つは「ながら運転」だそうです。
シミュレータ実験で、例えば運転中に簡単な暗算をやらせると、同じ状況の若年者に比べて極端に反応が鈍くなるとのこと。
加齢によるマルチタスク能力の衰えですね。

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 14:36:43

4月21日

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

おそらく少数派だと信じたいんだけど、アドリブとか即興とかは原曲を作った作家に失礼な行為だと信じて疑わない人達がいるのは観測してて。そういう音楽文化に不寛容(本人は不寛容とも思ってない)な人間に対しては、私すごい不寛容です。カラテで黙らせたい。

posted at 14:24:59

4月21日

@ashwanikapoor_

ASH@ashwanikapoor_

A sexshop from Norway, one of the most famous in the world, completed 30 years and decided to make a celebration commercial. But how to advertise this business without nudity, without presenting your products and still reach the target audience ??? pic.twitter.com/DfOvA3o1mI

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 13:22:27

4月21日

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

紙の本は既にモノなんわけだから、図書館なんてのは早々に電子化させて倉庫化・博物館化すりゃいいじゃん、とか思うのは素人だからなんだろうな。

posted at 13:10:08

4月21日

@myrmecoleon

myrmecoleon@myrmecoleon

図書館は誘惑が少ないから自習に適してるって発想は実はよくわからない。あんなに面白そうな本に周囲から誘惑されてる環境で落ち着くのだろうか。

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 12:59:04

4月21日

@HisamaTomoki

久間知毅@C95-2日目西む-02a@HisamaTomoki

まぁ,昨日紹介したこれ(bit.ly/gy8Kwr)もそうだけど,ビスマルクの言を引っ張りたいんだったら,その「歴史」とは「他者の失敗経験」のことだし,「経験に学ぶ」とは「痛い目見ないとわからない」ってことなんだけど……まぁ,都合よく曲げて使われまくってるなぁ,と

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 11:42:59

4月21日

@koueorihotaru

古上織蛍@koueorihotaru

@1059kanri なんか「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」という言葉を思い出しますね。(この言葉自体は誤訳っぽく、ビスクマルク本人の言っているニュアンスは「愚者は自分の経験に学ぶと言い、私は他人の経験に学ぶのを好む」みたいな感じらしいですが。)

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 09:45:22

4月21日

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

そういえば賢い人が「歴史に学ぶな」と言っていた。

ほかの賢い人は「賢い人の考えたことが失敗ばかりするのが世の中」と言っていた。

さて…

「法治」は国を富ませ、「人治」は国を滅ぼす togetter.com/li/1112133

posted at 03:01:10

4月21日

@nest_cuckoo_

カッコウ@VRCはじめました@nest_cuckoo_

最近、ほんとうに感心したんだけど今のネズミ講は横文字の海外ゲームにかぶせて名前つけるんですね。

これやると悪評が検索に出てこないんですよ。

「マルチ ○○」で検索すると〇〇のマルチ対戦が出てきて一切検索対象にならない

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 02:49:59

4月21日

@TomoJustFunky

Tomo Fujita@TomoJustFunky

基本的は、ドライなトーンですが、いつもアンプをレッスンの時に移動するのでその時アクシデントでリバーブのノブを触ってしまったようです。これで普通からやや強く弾くとリバーブが聴こえます。なので塩胡椒の隠し味的にリバーブでダイナミックスが分かるようにしてあります。秘密です(笑)

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 01:35:04

4月21日

@TomoJustFunky

Tomo Fujita@TomoJustFunky

ボクのツイッターのフォローありがとうございます。とっても嬉しいです。

通信レッスンで使うトーンについてです。いつもこんな感じでいつもテープレッスンでは、80sのFender Champ 12Volume 1.5, Treble 7-8, Bass 3, Reverb 0.5!
これが、基本トーンです。とっても大切です。

Retweeted by PSGOZ㌠

retweeted at 01:35:02

4月21日

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

子どもを制圧するには前から言ってるけどジュージツかスモーが適しており、パンチは結局のところ子どもを壊す事しかしない。パンチを繰り出して良いのは相手を壊す覚悟ができた時だけなのだが、暴力の素人にはそれがわからんのですよ。

posted at 01:12:25

4月21日

@PSGOZMIKU

PSGOZ㌠@PSGOZMIKU

高校生の時、暴力的な男性教員(野球部顧問・体罰常習)が私に対して急に温和な態度をとるようになった。私が密かにカラテを蓄えている事が同級生から漏れ伝わったのが原因だった(表向きは文化部員だったので舐められてた)。

やっぱ学校の教員の体罰を無くすにはカラテを高めるのが一番ですよ♪

posted at 00:46:52

2019年04月20日(土)9 tweetssource

このページの先頭へ