情報更新

last update 07/14 13:34

ツイート検索

 

@Quantum_Zen
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

  • 147フォロー
  • 2,669フォロワー
  • 69リスト
Stats Twitter歴
3,673日(2010/06/25より)
ツイート数
3,997(1.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月14日(火)4 tweetssource

18時間前

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

田舎が暮らしにくいと声高に言う人もいるみたいですが、ヴェンチャー起業家にとってやコミュニティ活動家にとってはそうなのかもしれないけど。学問人にとっては、とても暮らしやすいし凄惨的な人生が送れますよ。いくつかの条件さえ満たせばね。

posted at 02:08:15

2020年07月09日(木)7 tweetssource

7月9日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

こないだ気づいたんですが、我々が新論文出したとほぼ同時に、1次元クーロン問題の関数解析ちゃんと考えよおって論文が3つも出てきてるんだね。これ現状整理して、どっかで論文なりズーム講演なりでレヴューしとカントね。

posted at 15:03:43

7月9日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

@KNZ48 そんな状況なので、当面は誰しも、そん中から好きなのを採って、自分が由緒正しい誉れある先祖に連なる、って主張ができて幸せですね!

posted at 16:32:58

2020年07月08日(水)17 tweetssource

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

人文学の興隆と衰退、って500年も前のイタリア・ルネサンス時代の話だけど、それがどんな風だったか、ブルクハルトの本の「古代の復活」の章に書かれてるのを見てると、今の時代にもいろいろ示唆があって面白くて辛いよね。

posted at 17:01:22

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

宗教人でも法学者でもない知識人としての、古代の知識の輸入者翻訳者「人文学者」が何を生業としてたかといえば、ざっと云って、当時の商業貴族、軍事貴族のための統治術指南教師、また彼等の子弟の教育係、執事統計官外交官と言った役割のお抱えの実務家として始まったんだよね。

posted at 17:01:22

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

その教えで洗脳された子弟が都市国家の指導的地位に就くと、自分の街の大学に修辞学文献学の講座作って高給で雇い始めるし、中には自分自身がプロの人文学者になる商業貴族も出てくるわで人文学がどんどん栄える。

posted at 17:01:22

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

公的演説やら、同時代の歴史やらを通じて、世評をコントロールできる人文学者のペンの力は絶大で、多くの都市に別れて争う統治者たちは無視できなかった。しかし15世紀終わりにもなると、人文知は供給過剰でコモディティになり、世に新知識を提供するってより内輪の勢力争い学派争いに明け暮れて、

posted at 17:18:18

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

その間にも合理主義をもっと突き詰めた専門的技術的数学的な知がだんだん優位になってくるわけね。それにインフラ的に云って各都市国家でも世襲統治権力が確立して、反宗教改革で言論の自由も狭まり、

posted at 17:18:20

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

最後イタリアがスペインとフランスに二分されて諸都市が独立主権を失って、人文主義者の活躍の場が無くなってしまって、大学の隅っこやら、各都市の文化演劇サークルやらにひっそりと生息する、ってな感じで終わっちゃたんよね。

posted at 17:18:22

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

こういう話聞くと、いつの話かと思うよね(笑

いや、若い頃好きで読んでた本を必要あって久々に読むと、いろいろ違ったこと気づく。

フィレンツェがどう言う風に自由を失ってスペインの傀儡としてのメディチ家の専制政治に陥ったか、って話をずっと論じてて、ブルクハルトは基本的にエリーティストで

posted at 17:58:29

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

いろんな政治勢力の相互作用としての「上部構造」で歴史論じてるんだけど、あるとこでさらっと、「本来同格の都市だった近隣国ピサを隷属のままに置いてるせいで、フィレンツェ政治には常に専制へと引き寄せる力が働いてる」みたいな一文があったりね。彼マルクスの同時代人だし。

posted at 17:58:29

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

7月中旬には水星も太陽より早くで始めるので、うまくすると、水金火木土の全惑星とその彗星が、全部一度に見られる奇跡の夜明け前があるかも!

posted at 20:18:49

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

そうそう、これ誰かもう言ったのか知らないけど、「イタリア・ルネサンスの文化」って学術的文化史書の体裁をとった旅行ガイドみたいなもんですよ。だいたいブルクハルトの前作「チチェローネ」にしてからがイタリア美術ガイドブックでしょ。

posted at 22:14:58

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

実際だいぶ昔だけど、わたしブルクハルト愛読したせいで、仕事でミラノにいったとき、エステ家の支配したフェラーラはまだしも、ゴンザガ家の支配したマントヴァなんていう、普通は観光客があまり行かない場所まで足伸ばしたもんね。

posted at 22:14:58

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

古代ローマ人127人の遺伝子解析やったサイエンス誌の論文、私も読んでみた。欧州幻獣の狩猟採集民に、新石器時代にイラン、コーカサス方面からの農耕民が7割くらいで混じって、さらに鉄器時代に黒海カスピ海方面の遊牧民が4割弱混じって、今のイタリア人の基本になってると
science.sciencemag.org/content/366/64

posted at 23:08:56

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

その後歴史時代になると、ローマの拡張に伴ってレヴァント、北アフリカといった東方属州からの遺伝子の流れと、もう少し時代降るとアルプスの北からの遺伝子の流れとがある、と。

posted at 23:10:59

7月8日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

もう遺伝子データの十分な蓄積できてきて、このくらいの精度で何か言える段階に達したんですね。東アジアでも色々調べて、歴史時代以前の人の流れについて、今後色々わかりそうですよね。

posted at 23:12:33

2020年07月03日(金)11 tweetssource

7月3日

@NobuKawai

Nobuyuki Kawai@NobuKawai

続いて天体物理の問題。「流星が満月と同じ明るさで10秒間光りました。流星の運動エネルギーの1%が放射に変わると仮定して、流星の元となった小天体の大きさを推定しなさい」

Retweeted by 全卓樹

retweeted at 09:00:19

7月3日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

不思議な天体現象があって、「これは何か、わかる智者はおるか」というフィレンツェ公の問いに、ガリレオが答えを出して、皆の賞賛と褒賞を得る、そして星はメディチ星と呼ばれる、なんて雅な時代がかつてあったわけですが

posted at 09:12:59

7月3日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

時は巡って、再びそんな時代が来たんですかね。巨星が降ってきて、天体ファンのアラビアのスルタンがネット上で疑問を公開し、それに見事答える論文を出した河合教授のグループが、億単位の研究費を貰って、星はサバハ流星と呼ばれる、みたいな。

posted at 09:13:00

7月3日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

マジな話、厳格に制度化された研究費配分国家システムと、そういう大らかな行き方との比較対照とか、やってみたい気がする

posted at 09:17:00

7月3日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

いや実際、アラビアのスルタンよりも実際上大きな支配力を世界に振るっている情報数理企業が世紀の数学的難問に巨額の賞金とか出してるわけで。ざっくり言ってメディチで始まってとグーグルで終わろうとしてる一つの大きな時代区切り、みたいに考える意味あるような気もするよね。

posted at 09:56:16

7月3日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

いやー、「紙」のすばらしさ、潔さを痛感した。

7部コピー作った紙資料を廃棄するのに、シュレッダーに7回かけると世界から痕跡なく消せて何の心配もいらない。電子資料は完全消したつもりでも、メールサーバー上やクラウド上にあって、別のPCにぽっと復活したり、本当に消せたかいつまでも不安だよね

posted at 17:08:16

7月3日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

逆に生命とか有機体の強さの一部もそれだよね。物質としては脆弱でも、情報としてコピー可能にできてて、個人を物質として滅ぼしても、族が残りまたすぐ復活できるから。生物じゃなくても「理念」もそうだよね。

いや当たり前のこと言ってすまなかった。

posted at 17:08:16

7月3日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

最近トルコの話読んでた時も思った。一度世界に覇を唱えた「帝国」の痕跡が残ってて、ちんまりアナトリアに収まってても、またいつか強大になるかと周りも戦々恐々だし。そんな大げさな話じゃなくとも、学群制で消し去ったはずの東京の名門高って、日比谷でも立川でも学群やめたらすぐまた復活したよね

posted at 17:17:05

2020年07月02日(木)5 tweetssource

7月2日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

なにこれ、私だけ物理の中身書いてないじゃん。もう終わった老人ってことかよ!

いやその通りなんで嬉しい。

マジな話、これ採用や人事評価に使いたいよね。
   r_1=論文数/ツイート数
とか、
  r2=グルグルスカラー引用数/フォローワー数
とか計算してさ。

敵作りそうでやばすぎ。あとで消す twitter.com/tjmlab/status/

posted at 06:24:18

7月2日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

これいい点もありますけど(特に若手には)、一方で人のこれまでの達成とやる気だけを見て、研究プロポーザルなんて書かせないってゆうファンディングのほうが(中堅には)成果出る気もしますよね。そのほうが書類書いたり審査したりの手間少なくて済むし。

まあ多分両方あるといいんでしょうね。 twitter.com/muffmuff5/stat

posted at 06:40:36

7月2日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

@muffmuff5 そおゆう名誉についてくる遅すぎなお金は、おっしゃる通りダメダメですね。私の思うのは、PIなりたてから10年くらいの人は、研究する意欲は十分だろうから、ビジョンだけゆるくかっってもらって、実績信頼してごそっと出すのがいいんではないかと。プロポーザルやアリバイ業績は無駄手間と思うので

posted at 06:51:43

7月2日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

@muffmuff5 後の方に近いですかね。今時の厳しい就職事情だと、PIに選ばれた時点で充分審査されてるので、昔流のバカな教授とかはずっと稀なのではないかと。プロポーザルだけだと、審査がバグって巧言令色型の要領のいい人にお金集まる例を割と見てるので。

posted at 07:03:04

2020年07月01日(水)1 tweetsource

2020年06月30日(火)12 tweetssource

6月30日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

そおいえば今月じゅうに読書感想文の締め切りが二つあって、そろそろ何書くか鬼面とまずいですわあ。

posted at 17:38:09

6月30日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

intelから内製cpu移行決まった今、マックは買うな、ってさ。

んなこと言われても、研究室で大量発注済みなんですが、どおしてくれんのよaapleさん

Apple Just Killed The MacBook As We Know It: ‘Don’t Buy A Mac’ Is Good Advice — MacBook Pro, MacBook ... via @forbes www.forbes.com/sites/brookecr

posted at 17:43:47

6月30日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

それとあと東京の秋についても何か書けという感じなんですが、何かけばいいんだろう。東京の秋の思い出といえば、やっぱり街中一面の胃腸の落葉だよね。

posted at 17:49:01

6月30日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

@KNZ48 リルケの例の有名な詩の「木の葉が落ちる、否定の身振りで」ってあれ、落ちてきてるんは、銀杏の肌とにらんでるんですが、どうやって証明すればいいのか不明です。

posted at 17:53:10

6月30日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

@KNZ48 今のお利口さの足りない神葬学習で戦前の本郷キャンパスの秋の色づけやったら、銀杏の落ち葉を真っ赤な血の色に染めちゃいそうですね。

posted at 17:57:22

6月30日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

銀杏の洋名はGinkgoって変夏刷りなんですが(よく見てね)これ日本の植物誌書いたケンペルが「ぎんきょう」て音読みを「Ginkjo」って転写したつもりがタイポでああなって、それが輪廻の本でそのまま学名に採用されて、一度決まった学名はもう変えられなくてそのままになった、ってことらしいですね。

posted at 18:45:49

6月30日

@Quantum_Zen

全卓樹@Quantum_Zen

欧州だと北ドイツに割と銀杏がたくさん植わってる印象なんですが、特にワイマールいったら銀杏だらけだった。これゲーテが銀杏を「東洋の知恵の木」といって気に入って、征討刺繍にもたくさん銀杏の詩出てくるんですが、彼が宰相やってたチューリンゲンでワイマール公に進言して植えまくったせいらしい

posted at 18:51:09

このページの先頭へ