情報更新

last update 05/23 13:23

ツイート検索

 

@SCL_Ryukyu
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

  • 2フォロー
  • 22フォロワー
  • 1リスト
Stats Twitter歴
1,326日(2014/10/06より)
ツイート数
1,557(1.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年05月23日(水)2 tweetssource

2018年05月22日(火)3 tweetssource

5月22日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

琉球大学医学部附属病院では麻疹対策のため面会制限が行われています。学内にも感染疑いの人が出ていますので麻疹に疑わしい症状があり過去にワクチン接種の履歴がない人は空気感染が起こるため、まず保健管理センターに電話で状況を相談をしてから診察を受けましょう。 pic.twitter.com/mxSDCbi6F3

posted at 11:33:07

2018年05月21日(月)2 tweetssource

2018年05月18日(金)4 tweetssource

5月18日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

内燃機関総合性能試験装置から発する異音は今回の修理でほぼ治まった様子。今後も定期的に軸周りの点検を行う必要はありそう。実験用エンジン周りの組み上げは順調に進み、来週頭には吸排気系改修の結果が出そう。圧力容器は蓋の部材が到着し、こちらも来週から切削にかかることが出来そうだ。 pic.twitter.com/Z3MIIIIBGJ

posted at 19:35:35

2018年05月17日(木)2 tweetssource

5月17日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

うず電流式電気動力計の軸を確認するとキーとキー溝にガタが生まれているよう。急場しのぎにスペーサーを押し込みプーリーとユニバーサルジョイントを組上げ。異音の確認は明日に。高圧容器は結局機能の2案でいく事になりそう。3/8ユニオンは発注、S45Cは明日受け取りに。先に切削加工から入る事になる pic.twitter.com/CHflomJe1U

posted at 20:30:01

2018年05月16日(水)6 tweetssource

5月16日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

圧力容器蓋の問題は新造かネジ部の拡大かで可能性を調査中。どうせなら今の蓋を無駄にしないよう3/8ハーフユニオンを取付け、もう一つの圧力容器のダミーノズル付き蓋の代わりになる新しい蓋を兼ねる新造の蓋をつくり最悪の場合の保険とするのも良いかもしれない。可能性は広げる事が出来ます。

posted at 19:55:27

5月16日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

本日はエコクリーンデイ。空梅雨の灼熱の中キャンパスの一斉清掃です。お茶と掃除道具を受け取り諸注意を受けた後各自の持ち場で草取りや側溝の泥掃除等を行いました。そして機械システム工学実験で使用するエンジンの異音対策。以前修理したカップリングにガタが見つかり明日分解確認する事に。 pic.twitter.com/1nKpZOmugt

posted at 19:49:52

5月16日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

ドリル、タップ、ハーフユニオン、価格、納期、切削時間諸々を鑑みると圧力容器蓋は部材からの再製作も検討に含める必要がありそうだ。蓋側の雌ねじは1/4pfの平行ネジのみ。テーパにテーパの雌ねじだと経験上高圧では持たなかった。

posted at 00:28:37

2018年05月15日(火)3 tweetssource

5月15日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

ハーフユニオンが蓋の根元まで締め込んである状況でシールテープも効かないため蓋の雌ねじ部を3/8等のより大きなネジで切り直す必要があるかもしれない。ネジ下穴径とドリル、タップの在庫有無を早急に確認し、ハーフユニオンの1/4-3/8等の変換を追加で3個、価格と納期の見積もりを取る必要がある。

posted at 19:21:57

5月15日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

排気管の組み立ては終了。排気温度測定用の熱電対を取付け、オーバーホール中の噴射系とコントローラ、コンピュータを取付ければエンジン実験が出来る。圧力容器の試験は蓋の1/4ハーフユニオンのテーパ部から漏れが確認された。想定より低圧力で漏れ始めた為蓋雌ネジが駄目になっている可能性がある。 pic.twitter.com/0oPuKTG5xN

posted at 19:16:34

2018年05月14日(月)2 tweetssource

5月14日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

今日は月曜日、工場は機械加工学実習で技術職員が出払っておりM1は授業が多い日。圧力容器は重ね塗りし数週間ぶりにエンジン班の論文輪講、終了後ホームセンターで耐熱テープ等を購入。明日は排気管の組立と圧力容器の耐圧試験が出来るだろうか。 pic.twitter.com/SlzsHNaWPr

posted at 20:08:52

2018年05月11日(金)5 tweetssource

5月11日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

排気管は溶接終わり。エンジンテストベンチでの仮組で若干の歪みが見られたので消音機の位置調整等で対応。フランジのパッキンやエキゾーストマニフォールドとの接続で用いる断熱テープ等の確認を行い来週には本組み立てとエンジンの試験運転と基準データ測定が行えるか。 pic.twitter.com/azCsN7rykX

posted at 18:44:45

2018年05月10日(木)3 tweetssource

2018年05月09日(水)3 tweetssource

5月9日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

圧力容器は蓋にボルト穴位置をケガキ。容器本体と正確に位置合わせをしてシャコ万力で固定。ボール盤に固定してセンタ穴空けと小径穴空け、本命、タップ立て。今日はここまで。明日にはハーフユニオン取り付け穴とねじ切りも終わり。熱処理で錆び止めをすれば完成。 pic.twitter.com/bmuZ4dxviq

posted at 18:16:59

2018年05月08日(火)3 tweetssource

5月8日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

排気管の継ぎ手としてフランジ部を製作中。これで大柄で複雑な形状のパイプ溶接を回避出来る筈。圧力容器はOリング溝の製作が終わり、底部のセンタリング用に残していた肉を落とす。終われば蓋と合わせてボール盤でボルト止め用の雌ねじ穴を空けねじ切りをすれば大方の作業は終了。表面処理はまだ pic.twitter.com/CdvW3XQ4eE

posted at 17:13:46

2018年05月06日(日)1 tweetsource

2018年05月04日(金)1 tweetsource

2018年05月02日(水)2 tweetssource

2018年04月28日(土)1 tweetsource

2018年04月27日(金)2 tweetssource

2018年04月26日(木)3 tweetssource

4月26日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

機械システム工学実験で使用する内燃機関総合性能試験装置、うず電流式電気動力計の異音対策のため取扱説明書を確認し調整部位を探す。ディスクに少々引っ掻き傷がある事からコイル強制空冷用のファンが軸上でずれている可能性がある。本番までに確認と修正が必要。

posted at 18:47:49

4月26日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

排気管支持台は概ね完成。アンカー取付け部位の溶接とヤスリがけて塗装くらいか。圧力容器は人手不足で進捗なし。排気管の取り回しに関しては2次元的溶接で済む形にフランジを取付ける事になりそう。フランジの設計と材料の確保を。排気管へのプローブ差込口は前例を踏襲することに。GWまであと1日に。 pic.twitter.com/HOq2xByqqe

posted at 18:44:26

2018年04月25日(水)2 tweetssource

4月25日

@SCL_Ryukyu

内燃機関工学研究室(S.C.L.)@SCL_Ryukyu

今日は朝から機械システム工学実験の予行演習。少々問題もあったがなんとか終了。圧力容器は人手の問題で作業中断。マニフォールドの整形と排気管支持台の溶接は順調に進行中。排気管支持台は明日には形になりそう。排気管の溶接問題は進捗なし。なんとか装置に押し込める方法を考えなければならない。 pic.twitter.com/Aixz34qhOQ

posted at 18:14:25

このページの先頭へ