情報更新

last update 09/21 13:44

ツイート検索

 

@SakamasPT
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

  • 51フォロー
  • 1,225フォロワー
  • 21リスト
Stats Twitter歴
3,509日(2011/02/14より)
ツイート数
7,781(2.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年09月20日(日)9 tweetssource

9月20日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

こちらは3年前にSPTSというセミナーで発表した内容の抜粋です。肩甲骨運動異常は信頼性・妥当性のあるScapular dyskinesis testで評価されることが多いです。オーバーヘッドアスリートで多いことは分かっていますが、障害リスクと関係するかどうかは、対象となるスポーツによって異なっています。 pic.twitter.com/RaxYx1f7sm

posted at 21:21:13

9月20日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

論文とは関係ありませんが、ここ最近みた大学水泳選手は2人とも最初から立甲ができました。(1人は肩、1人は膝のケガ)。詳しく聞けていませんが、どうやら競技歴の中で、どこかで練習して習得しているみたいです。特別に習っていない限り、他のスポーツで最初からできるアスリートは少ないですね。

posted at 21:07:19

9月20日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

オーバーヘッドアスリートの肩障害の危険因子。2020年に(しかもSports Healthから)公表された最新のシステマティックレビュー。

高リスク:肩障害の既往歴、可動域、筋力
中程度のリスク:競技年数、BMI、性別、年齢、競技レベル

肩甲骨運動異常については結果が対立。

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32758080/

posted at 20:49:57

9月20日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

水泳選手では外旋可動域が小さくても(<93°) 大きくても (>100°)障害リスク増大。野球選手では投球側の外旋増大が5°未満だと障害リスク増大。オリンピック選手や大学アスリートが対象。システマティックレビューおよびメタアナリシス。
Preseason shoulder range of motion … pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31937577/

posted at 19:54:06

9月20日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

肩後方タイトネス評価法の信頼性に関する新しい研究。外転位内旋、屈曲位内旋で使用したオリジナルの道具、アイデアとしてはいい。ただ、臨床で使うのは難しいかなー。大学とか研究機関ならいいかも。
Posterior shoulder tightness; an intersession reliability study ...
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32742721/

posted at 19:49:03

9月20日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

“明日から臨床が変わる“かどうかは、知識や技術を受け取ったセラピスト次第。

セミナー講師が提供するのは、そのきっかけにすぎない。

「受動的な対処」「ネガティブ思考」「低い理解力」「低い期待」「低い社会活動性」があればどんなに素晴らしい講義を受けても変化しない。

慢性腰痛とおなじ。

posted at 11:45:11

9月20日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

金曜日は膝エコー、土曜日は前庭、そして本日は腰痛についてオンラインセミナーで学びました。時間的・経済的コストを抑えつつたくさんの情報を手に入れられるのは、オンラインのよいところですね。でも、情報を手に入れて満足しないように注意。情報を知識に、知識を知恵に昇華させるのは自分次第。

posted at 11:32:26

9月20日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

三木さん @PHYSIO_MIKI のオンラインセミナー「腰痛の全体像2020」はめちゃめちゃためになりました。

①腰痛患者の診療に使える最新の知見、ご自身の研究がてんこ盛り!

②腰痛だけでなく、慢性疼痛全般に応用可能なヒントあり!

③今後行いたい肩の研究のヒントをたくさんもらえた!笑

posted at 11:20:02

2020年09月16日(水)1 tweetsource

2020年09月15日(火)8 tweetssource

9月15日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

聞く側にいる時、オンラインのメリットとして、交通費が必要ない、時間を節約できる、(楽な格好ができる)、などのメリットを感じています。

逆に話す側として困るのは、受講者の反応がわからない、その場に応じた話をしにくい、(懇親会で飲みながら交流ができない)、などのデメリットでしょうか。

posted at 21:23:58

9月15日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

今週は金土日とオンラインセミナーでのインプットが続きます。自分がオンラインセミナーを担当した時とか、オンラインセミナーのお話を頂いたときは、「絶対オフラインの方がいい!」と思っていましたが、オンラインならではのメリットもありますよね。

posted at 21:16:51

9月15日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

2000年と少し古い研究だけど、ASIに対する徒手検査の参考になる関節鏡所見。肩関節屈曲・水平内転位での他動内旋運動を、①屈曲80-100°程度、②屈曲120°以上で評価。①では肩甲下筋が前上方関節唇に接触し、②では上腕二頭筋長頭腱やプーリーが前上方関節唇に接触する。
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11155300/

posted at 16:45:44

9月15日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

日本人大学生の英文に頻繁に認められる誤りを例に、時制、前置詞、冠詞、接続詞、関係詞などの正しい使い方を学んだ。今こんな講義を受けたら楽しめるんじゃないかと思う。

Just finished "ピーターセンの英文ライティング特別講義40" by マーク・ピーターセン a.co/fOMROUf pic.twitter.com/ev6Q0tdeGQ

posted at 14:30:21

9月15日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

毎週公休日の火曜朝は🇵🇭PTに英会話の相手をしてもらっているんだけど、「my problem is that there’s no electricity here 😅」と朝連絡が入って、停電なのか?電気が来ていないらしく、今日の分は来週に延期。「昨日の夜から雨がひどく降ってて…」の言葉に、少しずつ🇵🇭を理解し始めている。

posted at 11:06:20

9月15日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

と呟いた翌日に初診の患者さんでまさにこれ、という水泳愛好家をみました。

エコーではLHBに水腫あり、SSCに部分損傷あり。

屈曲位内旋で痛みとまではいかないけど明らかな制限あり(内旋に伴い肩が上がり、上腕骨頭の前上方変位を示唆)

SSCはbelly pressでもbear hugでも低下、SAも弱い。 twitter.com/sakamaspt/stat

posted at 07:20:44

9月15日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

@notbeoneself このような構造的破綻がない方がいいですよね😅投球の繰り返し以外では、帰塁時とかヘッドスライディングで肩を痛めたことがないか聞いておくことは、損傷部位の予測に必要かなーなんて思ってます。

posted at 07:15:07

2020年09月13日(日)2 tweetssource

9月13日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

担当するのは比較的まれな肩関節疾患ではありますが、肩関節水平内転・内旋時の前上方インピンジメント(ASI)の病態メカニズムの詳細を解説し、理学療法評価・治療の一例を紹介します。このASIに対する評価・治療は個人的に好きな内容でもあり、他の肩関節疾患に対しても一般化できるかと思います。

posted at 22:54:49

9月13日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

今月締め切りの原稿作成中。腱板疎部にある靱帯・筋腱の役割を整理してみた。イメージはこんな感じだけど、これから10編くらいの(主に屍体肩)研究をもう一度見直して、間違っていないかの確認。 pic.twitter.com/veJBbcCw9B

posted at 22:31:01

2020年09月11日(金)1 tweetsource

9月11日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

@koreann3 ありがとうございます!自分の学習用のメモみたいなnoteですが参考になったのなら嬉しいです!(間違ってるところあったらこっそり教えてください笑)

posted at 09:36:30

2020年09月10日(木)1 tweetsource

9月10日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

昨日また新たに英語対応の患者さんが増え、同時期に担当する数としては最多の4名に。問診のパートは以前よりスムーズに進められるようになった。ベッド上での体位変換の指示にも慣れた。課題は動作指示。自動運動検査やエクササイズ指導で簡単な表現が出てこないんですよね…舌にすり込まなければ。

posted at 09:15:01

2020年09月08日(火)3 tweetssource

9月8日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

@suga_kohei 私もAnjに言われて気づきました。そして、日本では理学療法の日に何かする?と聞かれ、「いつも忘れちゃってます笑」と答えると、「え〜!臨床11年もやってるのに!?笑」と言われました。。もうちょっと広い視点で理学療法をみれるように努力します。。笑

posted at 22:05:26

9月8日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

症例報告の後などに同僚とディスカッションしていて、「その内容はあの教科書にまとまっててオススメだよ」「あの図が分かりやすかったよ」「あの論文がめちゃ面白いよ」と紹介することがよくある。最近の論文の時もあれば、随分と前に読んだ教科書の時も。誰かの記憶に残る作品を作りたいですね。

posted at 21:55:07

2020年09月07日(月)3 tweetssource

9月7日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

習慣の仕組みを知り、自分の行動は変えられると信じる。

ステップ①ルーチンを特定する、②報酬を変えてみる、③きっかけを見つける、④計画を立てる

Just finished "習慣の力 The Power of Habit (講談社+α文庫)" by チャールズ・デュヒッグ, 渡会圭子 a.co/ciW5ORR pic.twitter.com/QnSfjXI3fN

posted at 15:37:53

2020年09月05日(土)1 tweetsource

2020年09月04日(金)2 tweetssource

9月4日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

@HoshikenPt @KoHamada39 胸鎖関節が水平内転での肩関節前方痛の直接的な原因にはならないと思うのですが。胸鎖関節が動かないことに関連して烏口突起下インピンジメントやSAI、ASI、肩鎖関節炎が生じて前方痛を生じる、というのなら納得です。

posted at 00:00:43

2020年09月03日(木)1 tweetsource

2020年09月02日(水)7 tweetssource

9月2日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

@HoshikenPt @KoHamada39 濱ちゃんのもともとのツイートでは「肩関節前方痛」と書いてあったので、水平内転で肩前方の痛みが起こるメカニズムについて述べました。制限因子としては、胸鎖関節が影響することもある、というご指摘に異論はないです。

posted at 21:35:25

2020年09月01日(火)2 tweetssource

9月1日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

@baseballstation 右投手にも見えるようになりました!私の場合、何度か静止して「ああ、これって右投手を左斜め後ろからみている、そうとも見えるのか」っていう感じでみえてくるようになりました。

posted at 13:23:14

2020年08月30日(日)3 tweetssource

8月30日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

⛓脊柱安定システム
🦶セントレーション
🧠3軸制御

本日学んだ動作学・神経学を踏まえてエクササイズを実施

機能容量を超えた分は代償動作を駆使して完走

先週より30秒近いタイムの減少に成功 pic.twitter.com/GGQKACCY0t

posted at 18:11:19

2020年08月29日(土)3 tweetssource

8月29日

@SakamasPT

Masayuki Saka@SakamasPT

ちょうど昨日、このall fourでのエクササイズを英語で(苦労して)説明してなんとか伝えられたけど。。

sternum to the ceiling
take a breath into your back
tuck your ribs in

覚えとこ。

PRI with Mike Cantrell Part 3: Posterior Mediastinal Expansion youtu.be/utvnMbkBiIs @YouTubeより

posted at 19:49:31

2020年08月28日(金)7 tweetssource

このページの先頭へ