情報更新

last update 01/28 15:33

ツイート検索

 

@Shimazono
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@Shimazono

島薗進@Shimazono

Stats Twitter歴
3,326日(2010/12/21より)
ツイート数
54,612(16.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年01月28日(火)3 tweetssource

21時間前

@Holms6

Holmes#世論の理性@Holms6

「ナチスは1933年1月に突然、空から降ってきたのではありません。その根源はドイツの歴史をさかのぼれば見えてきます。19世紀にはすでに後のナチスにつながる多くの要因が存在しました。」これは日本の軍国主義にもいえる。軍国主義を生んだ原因探究を怠ってはならない。
headlines.yahoo.co.jp/article?a=2020

Retweeted by 島薗進

retweeted at 00:05:05

2020年01月27日(月)2 tweetssource

1月27日

@FoEJapan

FoE Japan@FoEJapan

【3・11から9年 どうつたえる? 原発事故のこと】
3月15日 @福島県文化センター
武藤類子さん(三春町在住)青木美希さん(朝日新聞記者)糸長浩司さん(日本大学特任教授)菅野哲さん(飯舘村村民)菅野みずえさん(浪江町から兵庫県に避難)種市靖行さん(医師)ほか
www.foejapan.org/energy/fukushi

Retweeted by 島薗進

retweeted at 09:00:36

2020年01月26日(日)12 tweetssource

1月26日

@ytkhamaoka

h■m■■k■(秘密保護中・反戦争法案)@ytkhamaoka

多田 順一郎
Cエリアの放射線の強さは、1時間に0.5μSv程度で、中略  このまま除染をしなくても、Cエリアでは健康に影響を及ぼさないでしょう。 中略
除染からは、何一つ新しい価値が生まれませんので、除染作業は一日も早えて、将来に役立つ町づくりに努めようではありませんか。

Retweeted by 島薗進

retweeted at 23:01:54

1月26日

@ytkhamaoka

h■m■■k■(秘密保護中・反戦争法案)@ytkhamaoka

H25/9/2 第6号pdf
www.city.fukushima-date.lg.jp/uploaded/attac
伊達市長 仁志田昇司 除染後もあまり線量が下がらない地域について「再除染」を実 施すべきという話が出ています。
当市は基本的には、その必要はないと考えております。
線量が十分 に下がらないのは主に周囲の林縁部からの放射線が影響しているから

Retweeted by 島薗進

retweeted at 23:01:51

1月26日

@nagaya2013

nagaya@nagaya2013

これは、越智小枝氏の甲状腺問題についての言説を黒川眞一氏が論考批判したものです。黒川さんは宮崎早野論文への根源的な批判を行った方でもあります。この論考は疫学論でもありますし、科学者のあり方まで考えさせてくれます。論理的で明瞭な文章ですので、ぜひご一読を。

onedrive.live.com/view.aspx?resi

Retweeted by 島薗進

retweeted at 12:08:17

1月26日

@Shimazono

島薗進@Shimazono

【あなたのいのちの物語 有島武郎「一房の葡萄」】『道標』萬福寺。「僕」の孤独と悲しみ…読者は身に覚えがあると感じる。それを受け止めて、困難を超えた暖かい交わりをもたらす先生の…白い手の上の「一房の葡萄」が、人の心の痛みと和解をもたらす奥深いいのちの力を象徴
ffeff7c3-0df8-47e7-beca-b0947cd57d85.filesusr.com/ugd/6f1749_1ca

posted at 09:28:50

1月26日

@Shimazono

島薗進@Shimazono

【3.11と音楽Ⅱ 悲しみをこえて】詩人で福島の高校教員である和合亮一さんとともに、原発震災の苦難と悲嘆を忘れない集い。つぶてソング第2集全曲、「重なり合う手と手」ほか。本日14−17時@上智大学6号館101。松原混声合唱団、和合亮一、新実徳英、鎌田東二、島薗進
www.shinnihonkenkyusho.com/?p=334

posted at 08:56:10

1月26日

@Shimazono

島薗進@Shimazono

【国際宗教研究所シンポジウム「慰霊をめぐる現在――「宗教離れ」の時代の宗教を考える」】
www.iisr.jp/symposium/pres 2月22日@上智大学。「慰霊は、それが悲しい出来事に関わる場合には、遺族だけに託された課題であることを超えて社会全体で取り組まれるべきものになっている。」

posted at 08:55:09

1月26日

@Shimazono

島薗進@Shimazono

NHKカルチャーラジオ「グリーフケアの歴史と文化」(4) www4.nhk.or.jp/P1940/ (3)の再放送が、本日10時〜11時、(4)が本日20時〜21時です。悲嘆を分かち合う文化の展開。かつての共同体から新たな分かち合いの形態への展開をたどる。

posted at 08:52:48

2020年01月25日(土)6 tweetssource

1月25日

@mas__yamazaki

山崎 雅弘@mas__yamazaki

NHKは昨年11月中旬を境に、現職総理大臣の国会議員資格をも揺るがすスキャンダルである花見会の不正疑惑を一切追及しなくなった。定時ニュースで取り上げなくなった。ごく稀に取り上げても「与野党の論戦」という傍観的目線。安倍首相の支持率が回復しても何の不思議もない。
togetter.com/li/1441137

Retweeted by 島薗進

retweeted at 20:40:59

1月25日

@Shimazono

島薗進@Shimazono

【人生縛る差別からの大転換】「私の祖母は、父親が商売を失敗したため、小学生の時に置屋に売られた。尋常小学校を卒業する時、学校の先生が女将さんに祖母を女学校に進学させてやってほしいと話したそうだが、それはかなうはずもなかった。」
web-konkokyo.info/data/n1576627680

posted at 09:40:03

2020年01月24日(金)6 tweetssource

1月24日

@Shimazono

島薗進@Shimazono

NHKカルチャーラジオ「グリーフケアの歴史と文化」(4) www4.nhk.or.jp/P1940/ (3)の再放送が、1月26日の10時〜11時、(4)が同日の20時〜21時です。悲嘆を分かち合う文化の展開。かつての共同体から新たな分かち合いの形態への展開をたどる。

posted at 18:18:21

1月24日

@yayoi_jinja

弥生神社@yayoi_jinja

明日はいよいよこちらの講座。
近藤光博先生より、ご参加の皆さまにお配りする、たっぷりの資料をいただきました〜😊イスラーム教について理解を深めたい方、インドという国に興味のある方、初めてのご参加も大歓迎です。

ご予約不要。14:00に直接社務所にお越しください。お気軽にどうぞ🙂 twitter.com/yayoi_jinja/st

Retweeted by 島薗進

retweeted at 18:12:56

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

1月24日

@Shimazono

島薗進@Shimazono

【3.11と音楽Ⅱ 悲しみをこえて】詩人で福島の高校教員である和合亮一さんとともに、原発震災の苦難と悲嘆を忘れない集い。つぶてソング第2集全曲、「重なり合う手と手」ほか。1月26日、14−17時@上智大学6号館101。和合亮一、新実徳英、鎌田東二、島薗進、松原混声合唱団
www.shinnihonkenkyusho.com/?p=334

posted at 15:50:03

2020年01月22日(水)6 tweetssource

1月22日

@Shimazono

島薗進@Shimazono

【3.11と音楽Ⅱ 悲しみをこえて】詩人で福島の高校教員である和合亮一さんとともに、原発震災の苦難と悲嘆を忘れない集い。つぶてソング第2集全曲、「重なり合う手と手」ほか。1月26日、14−17時@上智大学6号館101。パネル討議。和合亮一、新実徳英、鎌田東二、島薗進
www.shinnihonkenkyusho.com/?p=334

posted at 10:11:56

2020年01月21日(火)6 tweetssource

1月21日

@Shimazono

島薗進@Shimazono

【3.11と音楽Ⅱ 悲しみをこえて】詩人で福島の高校教員である和合亮一さんとともに原発震災の苦難と悲嘆に向き合う。合唱とパネルディスカッション。つぶてソング第2集全曲「重なり合う手と手」ほか。1月26日、14−17時@上智大6号館。和合亮一、新実徳英、鎌田東二、島薗進
www.shinnihonkenkyusho.com/?p=334

posted at 10:20:59

1月21日

@yomutokaku

若松英輔@yomutokaku

もっと強く
なりなさい
世間は そう君に 
言うでしょう

でも本当に
学ばなくてはならないのは
弱くなること
弱くあることなのです

多くの人たちが
大きな声で笑っているときも
声を出さずに
泣いている人もいるのです

そんな人に
そっと よりそい
だまって 横にいられる
そんな人になって下さい

Retweeted by 島薗進

retweeted at 07:00:28

1月21日

@seattlelubbock

中村圭志 宗教学@seattlelubbock

私の言っていることは、ある意味で宗教的です。つまり物質的社会的な存在のあり方を超えたメタなところに、人間存在の根本条件を置いているからです。いわば神の眼で鳥瞰している。しかし私自身は宗教には懐疑的です。なぜなら神の眼を語る人はメタレベルに安心を置いて、環境を無視しがちだからです。

Retweeted by 島薗進

retweeted at 06:57:14

1月21日

@seattlelubbock

中村圭志 宗教学@seattlelubbock

つまりこうです。人間存在は構造的にそもそも危ない綱渡りである。その上に世界の繁栄がある。そこに地球温暖化がやってきて繁栄が危機に瀕した。その事実を受容するのは、元来存在の脆弱性の意識をもっている人のほうが有利だろう。それがないと環境で不安を喚起するあらゆる運動に否定的反応を示す。

Retweeted by 島薗進

retweeted at 06:57:09

1月21日

@seattlelubbock

中村圭志 宗教学@seattlelubbock

だから私の感覚では、グレタさんには百パーセント違和感がありません。彼女に文句を言っている人は表面的な話をしているようにしか思えない。そういう人に対しては、「人間存在はひどく脆弱な基盤の上に成り立っている」という根本感覚がナイから悪あがきしている、と、そう、私には思えます。

Retweeted by 島薗進

retweeted at 06:57:05

2020年01月20日(月)6 tweetssource

1月20日

@mittsko

KONDO Mitsuhiro 近藤光博@mittsko

日本語で《宗教と暴力》というテーマを考えてみたい、と思い立った方は まずこの本をお手に取ってみてくださいませ…(´・ω・`) 地下鉄サリン事件の1年前に刊行された一冊です
 ↓
島薗進(編)『何のための「宗教」か?―現代宗教の抑圧と自由」』 amzn.to/38njwOx

Retweeted by 島薗進

retweeted at 23:26:52

1月20日

@Shimazono

島薗進@Shimazono

【相模原事件・植松被告の「確信」と社会の空気】「いのちの分断」が進む社会…「参加することに意義がある」への異議。「じゃあ、君は事件の前、役に立つ人間だったのか」私の問いに彼は少し考え、「僕は、あまり役に立つ人間ではありませんでした」とつぶやくように答えた。webronza.asahi.com/national/artic

posted at 09:25:53

2020年01月19日(日)7 tweetssource

1月19日

@Shimazono

島薗進@Shimazono

これは広い国家神道の定義にあたる→今泉定助(1942)「要するに神道といふことは前にも申しました通り皇祖皇宗の遺訓でありますから教育勅語で尽してあります。」www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j

Retweeted by 島薗進

retweeted at 21:36:27

1月19日

@hokke_commons

法華コモンズ仏教学林公式アカウント@hokke_commons

1月23日(木)午後18時30分から、新宿・常円寺にて、講座「これからの天皇制」第4回「国家神道と神聖天皇制崇敬」(講師:島薗 進先生)が行われます。

事前申込み無しの当日受講(受講費:3000円)も可能です。みなさまのご来場をお待ちしております。

Retweeted by 島薗進

retweeted at 21:36:04

1月19日

@Shimazono

島薗進@Shimazono

【国際宗教研究所シンポジウム「慰霊をめぐる現在――「宗教離れ」の時代の宗教を考える」】
www.iisr.jp/symposium/pres 2月22日@上智大学。「慰霊は、それが悲しい出来事に関わる場合には、遺族だけに託された課題であることを超えて社会全体で取り組まれるべきものになっている。」

posted at 16:39:02

1月19日

@Shimazono

島薗進@Shimazono

【3.11と音楽Ⅱ 悲しみをこえて】詩人で福島の高校教員である和合亮一さんとともに、原発震災の苦難と悲嘆を忘れない集い。つぶてソング第2集全曲、松原混成合唱団、「重なり合う手と手」ほか。1月26日、14−17時@上智大学6号館101。和合亮一、新実徳英、鎌田東二、島薗進
www.shinnihonkenkyusho.com/?p=334

posted at 11:18:32

このページの先頭へ