情報更新

last update 02/24 15:25

ツイート検索

 

@Spia23Tc
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

  • 137フォロー
  • 743フォロワー
  • 48リスト
Stats Twitter歴
3,615日(2010/04/03より)
ツイート数
117,755(32.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年02月23日(日)6 tweetssource

2020年02月22日(土)12 tweetssource

2月22日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

処理水問題、知事が国側に「白紙で」自民は困惑 digital.asahi.com/articles/ASN2P tabtter.jp/diary/6724 茨城県連は3年前の知事選で大井川氏を擁立。処理水問題を抱える経産相は、県連会長で氏の擁立の中心になった梶山衆院議員。「・・問題の対応を迫られている梶山さんと衝突することにもなりかねない」

posted at 22:22:48

2月22日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

続き)www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/ また、災害公営住宅への転居も受け入れず、県や自治体との面会も拒否している。申し立ては、議案を県議会に提案したあと、来月中には行われる見通し。県復興局「仮設住宅は古くなっていて、健康への影響も懸念される。ご理解いただけるよう話し合っていきたい」

posted at 16:21:38

2月22日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

その資料捨てないで! 被災地で「歴史」を守る www3.nhk.or.jp/news/html/2020 archive.ph/2ZYMt ひとたび災害が起きると、地域の歴史資料は一気に失われてしまうおそれがあり、これを阻止しないと地域の歴史が分からなくなってしまうだけでなく、過去を検証することもできなくなってしまう。

posted at 15:48:11

2月22日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

福島県沖 魚介類で唯一出荷制限「コモンカスベ」来週にも解除 www3.nhk.or.jp/news/html/2020 archive.ph/QlyQw 出荷制限の解除は福島県の申請を受けて国が最終的に判断するが、早ければ今月25日にも解除される見通し。震災から9年を前に、漁業の復興に向けた大きな弾みになりそう。

posted at 15:42:21

2020年02月21日(金)24 tweetssource

2月21日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

フランス最古の原子炉、廃炉作業開始 原発依存は変わらず www.afpbb.com/articles/-/326 フェッセンアイム原発の第1原子炉の廃炉は22日から、第2原子炉は6月30日から始まる。仏政府は1月、本来の耐用年数だとされる40年に近づいている、または超えている原子炉12基を、2035年までに廃炉とする方針を確認。

posted at 23:08:29

2月21日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

常磐もの食べよう! 「魚食条例」制定 3月7日に催しも www.iwaki-minpo.co.jp/iwaki-city-new archive.is/OVueq 2月定例会で「いわき市魚食の推進に関する条例」が全会一致で可決、制定された/毎月7日を「魚食の日」と定め、特に毎年3月7日には「さかなの」の語呂合わせから催しも開催する

posted at 22:05:50

2月21日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

避難強化 防災計画見直し案承認|愛媛 www3.nhk.or.jp/matsuyama-news archive.is/JdLaO 「東日本台風」の教訓を反映し、避難所ごとの運営マニュアルや支援の受け入れ計画を策定。事前計画があれば、被災地に物資や必要な支援が行き渡るうえ、派遣された応援職員を専門の分野に配置できるとしている

posted at 16:35:58

2月21日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

sa原子力規制庁 定例ブリーフィング
資料 未掲載

25日 核燃料施設適合審査
 原燃 MOX燃料加工施設 まとめ資料
 〃 廃棄物埋設施設 無停電電源装置

26日 技術情報検討チーム
 スクリーニング中の事故状況
 最新の知見、
 規制への反映

posted at 14:34:16

2月21日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

茨城知事 処理水処分「白紙にし再検討を」www.news24.jp/articles/2020/  海洋放出となれば漁業者に風評被害の影響が再び出ることを懸念、「・・白紙の段階でもう一度検討するということでお願いしたい」/政府担当者は「重く受け止める」とし、今後、各県で説明をし、最終決定へ pic.twitter.com/9D7hXjiPDM

posted at 10:09:46

2月21日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

仏国で建設中のEPR、フラマンビル3号機で温態機能試験が完了 www.jaif.or.jp/200220-a 試験達成率は95%を越えていたと強調。EDFの最新スケジュールでは2022年末に燃料を装荷する予定。運転開始は2023年にずれ込むと予想されている。

EDF www.edf.fr/groupe-edf/nos

posted at 00:45:06

2月21日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

経産省|第21回 廃炉・汚染水対策福島評議会 www.meti.go.jp/earthquake/nuc
次第
 中長期ロードマップの改訂
 廃炉・汚染水対策の進捗状況
 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する検討状況
  www.meti.go.jp/earthquake/nuc

posted at 00:38:18

2020年02月20日(木)31 tweetssource

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

注意喚起後に内部取り込みが起きたことについて>迷惑と心配をかけてお詫び。汚染した人、作業内容、場所などは今回と前回、で違う。再発防止策を検討する
今回の汚染はマスクをとる時に汚した可能性、場所は同じ場所(脱衣するところ)で起きているでよいか>場所は違うがタイミングは同じ  以上

posted at 17:55:31

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

G服は脱いだ後に汚染検査をする

一般服の検査結果を教えてほしい>確認

2月6日の汚染の周知>12日に放射線安全推進連絡会で事例を周知して注意喚起。

posted at 17:53:41

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

装備品、構内専用服、使い捨てをしていた理由>カバーオール含め洗濯設備がないため
洗濯すれば問題ないのか>不織布なので洗濯はできない
一般作業服は使用後、汚染検査をして、汚染がなければそのまま帯域。汚染があれば除染をして退域。洗濯すれば使える
責任は東電

posted at 17:48:28

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

汚染した人の属性は>TPTの2次下請け 40代男性。1Fは5年7か月
マスクに不具合は>なかった

WBCはどこの元受けか>ウツエバブル?、2次下請け

posted at 17:47:31

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

マスクを外すときに汚染したと考えているのか>そう推定している
マスクを外す手順は>現場でRからY装備に切り替える。その時点ではマスクはふき取りのみ。企業棟ではYから退出。全面マスクはカバーオール、ソックスなどを外してからマスクを外す。最後に手袋を外す。どこかで汚染が付着していない確認

posted at 17:42:43

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

汚染の理由は>手順は適切に行っていた。外す手順で汚染がなかったか再度確認をする
2週間で同じ例が起きていることについて>作業の場所、内容は異なっている。前回はマスクを外すときにビニール袋の養生で汚染が起きた。今回は本来の手順で汚染してしまったので確認をして、対策をしていく

posted at 17:38:12

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

今回の作業は>プロセス主建屋、1階と3階に分かれて7名が作業。地下の水の中に試験片を入れて放射線劣化を見ていた。内部取り込みは3階で作業していた人。3階では3名が働いていたが1名以外は放射性物質の付着はなかった
装備は>R装備
汚染の状態は>取り込みの可能性はあるが健康に異常はない

posted at 17:36:16

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

内部取り込み、数値は>50年の預託線量で0.61mSv
いつ以来か>2月6日に記録未満だが内部取り込みの可能性であった
具体的な数字を書かなかった理由は>2mSv以下は記録レベル未満なので、特に記載なし
内部取り込みは頻発するものなのか>記録レベルは11年10月。17年9月8日に記録レベル未満がある

posted at 17:33:35

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

3号燃料取り出し>12基目取り出し中、終わったらHPでお知らせ。13基目以降はわかったらお知らせ
スケジュールはPP関係で終わったらになる

posted at 17:30:19

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

20代男性、休んでいた期間は>今月に入ってから
連絡が取れないので独断で班長が行ったでよいか>そうです
20代の立ち入り許可書をもって自分の許可証を使って入って20代の許可証を使って受けた。
許可証は>個人が保管、携帯するものだが、今回は班長が持ち込んで不適切な受検をした

posted at 17:26:44

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

期限はいつだったbのか>2月末、早く受けるように話をしている
20代男性は休み中、理由は不明。出社をしてこないと向こうになるので、30代男性は不適切な受検をした
確認方法>聞き取り、データから確認をする
何社、確認するのか>確認
WBCの場所は>数台置いてあって監視員が1名

posted at 17:24:56

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

これまで監視がなくて同じようなことがあったことはないか。チェックする機能はあるのか>今後確認をしていく。再発防止対策を検討。
行為者は、これまで同じような不適切な事案はなかった。
定期測定の頻度は>3か月に1度WBCを受けることが法令で決まっている
替え玉の作業員30代男性は班長

posted at 17:22:02

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

違反があったのは>19日。
午前中にBが自分の立ち入り許可証で入ってAの代わりにWBCを受けた。夕方、行為を所属企業に報告。1次企業へ報告、元受けへ報告。そこから東電のほうに報告があった
なぜ違反本人が申告したのか>だんだんまずい行為をしたという思いに足り報告をした

posted at 17:19:12

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

WBCを受けないと立ち入り許可書の効力が停止する、再開には守れなかった事案の要因などを考慮して再発行の手続きをする。期限を守れないと作業継続はできなくなる

作業員Bは今回初めての行為

これまで類似事案は>なかった

posted at 17:18:06

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

WBCの詳細>替え玉になった人30代男性、7年。 本来受ける人は20代の男性、1年。
理由は>20代作業者が今後作業に従事できなくなる、他企業に迷惑がかかると考えて代わりにWBCを受けた

posted at 17:15:50

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

3号燃料取り出し
18日 治具の訓練、手順確認
18日 燃料集合体ラックに収納(19日10:49完了

12日- 燃料装填完了、作業中

1,2号スタック
12ブロック目
16日 斜材切断完了
 段取り変え
19日 斜材切断開始(8か所
 段取り変え中
12ブロック目 22日完了予定

13ブロック目の筒身50%まで切断中

posted at 17:13:02

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

社内組織改編(廃炉推進カンパニー
2月19日 規制委より認可

WBC、不適切な測定
協力企業作業員 不適切な行為を行った
 対象者は期限までに測定を行うが、度量の期限が迫っていた
 同僚に替わり測定していた
 富岡労基に連絡
監視員を置いて本人確認をしている

posted at 17:09:23

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

東電 定例会見

18日 プロセス主建屋、協力企業作業員 内部取り込みの可能性
 鼻腔スミア 280cpm
 顔面(口周り)
 除染、一部汚染あり、19日以降再除染、WBC
ER、内部とり込みの疑いはあるが異常なし

19日実施
 汚染部分の再測定 汚染なし
 WBC 記録レベル未満

水処理関連 問題なし

posted at 17:05:49

2月20日

@Spia23Tc

さかなのかげふみ@Spia23Tc

続き)www.kahoku.co.jp/tohokunews/202 損害に当たる期間は2011年12月末までの10カ月、既払い分を差し引くなどして算定。住民の個別事情は「『30万円』を導く過程で考慮した」として上積みされず、賠償額は最高で28万円。請求が退けられた2人は「ADR和解の際、精神的損害は他にないことで合意」と判断された

posted at 15:19:17

このページの先頭へ