情報更新

last update 06/21 14:56

ツイート検索

 

@TAPthePOP
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

Stats Twitter歴
2,919日(2013/06/26より)
ツイート数
8,367(2.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年06月21日(月)4 tweetssource

17時間前

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

6月22日で85歳を迎えるクリス・クリストファーソン。スタジオの守衛や清掃をしながらチャンスを伺っていた彼は30代前半の頃、憧れのジョニー・キャッシュに自分の曲を渡すためにヘリコプターを使って売り込みをした。その伝説の曲とは? (中野充浩)
tapthepop.net/story/10184

posted at 08:44:06

17時間前

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

『ニューヨーク・ニューヨーク』の撮影にはMGMスタジオが使われた。ライザ・ミネリは控え室を母(ジュディ・ガーランド)が出入りした部屋にしてもらった。タイトル曲はこの時彼女が初めて歌い、2年後にフランク・シナトラの歌唱で有名になった。1977年6月米公開。(中野充浩)
tapthepop.net/scene/74033

posted at 08:43:24

2021年06月19日(土)2 tweetssource

2021年06月18日(金)1 tweetsource

2021年06月17日(木)3 tweetssource

6月17日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

俺たちは同じ人間なんだぜ。だけどどこかが違ってる。そろそろ真剣になろうぜ。俺たちをがんじがらめにする圧力と闘うために。俺たちを虐げ続ける権力と闘おう。パブリック・エナミー「Fight the Power」/『ドゥ・ザ・ライト・シング』より。1989年6月米公開。
tapthepop.net/scene/37506

posted at 09:34:49

2021年06月16日(水)3 tweetssource

6月16日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

今から43年前の今日(6/16)、ザ・クラッシュは「ハマースミス宮殿の白人」という楽曲をリリースした。この歌は、彼らが当時台頭してきていたパンクシーンから頭一つ抜きん出るきっかけとなった“重要な曲”としてファンから愛され続けてきたという。(佐々木モトアキ)www.tapthepop.net/day/63084 pic.twitter.com/OCIK3F6ylt

posted at 09:13:47

6月16日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

ジャック・ニコルソンから『チャイナタウン』の監督を要請されたロマン・ポランスキーは、数年前に妻のシャロン・テートを悲惨な事件で失ったということもあってアメリカ行きを葛藤した。だが、本作を撮るためにハリウッドに戻る決意をした。1974年6月米公開。(中野充浩)
www.tapthepop.net/scene/81732

posted at 08:55:57

2021年06月15日(火)3 tweetssource

6月15日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

2017年に小林亜星さんにインタビューしたことがありました。そこから俳優としての代表作となった『寺内貫太郎一家』の全作品を、あらためて見直したことがあります。それをきっかけにして書いた、西城秀樹さんとのエピソードです。(佐藤剛)

www.tapthepop.net/song/78113

posted at 10:02:21

2021年06月14日(月)2 tweetssource

6月14日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

赤い牛のロゴで有名なレコード会社RSO。ショービジネス界の帝王R.スティグウッドが『サタデー・ナイト・フィーバー』の次に用意したのが『グリース』。高校を舞台にしたロック・ミュージカル。この時、トラボルタは24歳、オリビアは29歳だった。1978年6月米公開。(中野充浩)
tapthepop.net/scene/64860

posted at 09:34:05

2021年06月12日(土)3 tweetssource

6月12日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

彼女たちがいなければ、「ホワッド・アイ・セイ」「ギミー・シェルター」「ワイルド・サイドを歩け」「ヤング・アメリカン」「ザッツ・ライフ」は随分と間抜けな歌になっていたはずだ。あの印象的なコーラスがあったからこそ誰もが知る曲になった。2013年6月公開。(中野充浩)
tapthepop.net/scene/54279

posted at 08:43:46

6月12日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

彼女たちがいなければ、「ホワッド・アイ・セイ」「ギミー・シェルター」「ワイルド・サイドを歩け」「ヤング・アメリカン」「ザッツ・ライフ」は随分と間抜けな歌になっていたはずだ。あの印象的なコーラスがあったからこそ誰もが知る曲になった。2013年6月公開。(中野充浩)
www.tapthepop.net/scene/54279 pic.twitter.com/QMKvMWQCVA

posted at 08:42:56

2021年06月11日(金)2 tweetssource

6月11日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

たかが一本の、昔の洋画が放つチカラ。都市生活者の孤独と愛への渇望を、都会の情景と音楽の力で包み込んだ『ラブ IN ニューヨーク』。音楽を担当したのは当時夫婦だったバート・バカラックとキャロル・ベイヤー・セイガー。1982年6月米公開。(中野充浩)
www.tapthepop.net/scene/97545

posted at 08:30:51

2021年06月10日(木)3 tweetssource

6月10日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

2004年6月10日、レイ・チャールズが73歳で亡くなった。貧困、弟の死、失明、人種差別、麻薬中毒、女性問題、音楽ビジネス。レイはあらゆる試練や逆境と闘った。何か辛いことがあると、いつも死別した母親の言葉を想い出した。心に刻んで忘れなかった。(中野充浩)
www.tapthepop.net/scene/46796

posted at 09:06:49

2021年06月09日(水)3 tweetssource

6月9日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

夜行バスの中で女の子がナイト・レンジャーを口ずさむオープニングから、クワイエット・ライオットが流れるエンドロールまで、『ロック・オブ・エイジズ』には全編にロック愛が貫かれる。こんな映画、滅多にない。2012年6月公開。(中野充浩)
tapthepop.net/scene/13175

posted at 20:47:08

2021年06月08日(火)2 tweetssource

6月8日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

1975年、すべてはカリフォルニアのドッグタウンという小さな町から始まった。スケートボードカルチャーの原風景を描いた『ロード・オブ・ドッグタウン』。“BASED ON THE TRUE STORY”。実話の映画化だ。2005年6月公開。(中野充浩)
www.tapthepop.net/scene/14933

posted at 08:55:10

2021年06月07日(月)2 tweetssource

2021年06月05日(土)5 tweetssource

6月5日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

1992年の6月、彼はクイーンとの仕事を終えた後、ケンジントンの自宅に戻った。容体は急速に悪化し、ついにはベッドから出られなくなった。死の数日前には、両親と妹、その子供たちが会いに来た。みんなでお茶をして穏やかなひとときを過ごしたという…(佐々木モトアキ)
www.tapthepop.net/news/89402 pic.twitter.com/iwXHcmpRP4

posted at 06:13:08

2021年06月04日(金)2 tweetssource

6月4日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

ライ・クーダーとヴィム・ヴェンダースの旅路から生まれた『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』は、老ミュージシャンたちを蘇らせた。「キューバ音楽史上3本の指に入る偉大なピアニスト」であるルベーン・ゴンサレスは家にピアノがなかった。1999年6月4日米公開。(中野充浩)
tapthepop.net/scene/38203

posted at 09:51:03

6月4日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

ライ・クーダーとヴィム・ヴェンダースの旅路から生まれた『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』は、老ミュージシャンたちを蘇らせた。「キューバ音楽史上3本の指に入る偉大なピアニスト」であるルベーン・ゴンサレスは家にピアノがなかった。1999年6月4日米公開。(中野充浩)
www.tapthepop.net/scene/38203 pic.twitter.com/LkRgvBLcqn

posted at 09:48:32

2021年06月03日(木)3 tweetssource

6月3日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

2016年6月3日、モハメド・アリが74歳で亡くなった。挑発的な発言で嫌われ役に徹する一方で、リング外では体制や権力、そして黒人差別と闘った。サム・クックやマルコム・Xといった同じ志を持った仲間たちの死。脅しに屈することなく信念を貫いた男の姿とは? (中野充浩)
tapthepop.net/scene/49042

posted at 08:51:20

2021年06月02日(水)4 tweetssource

6月2日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

『ボ・ディドリーを偲んで〜名立たるロックスター達がこぞって継承してきたビートの発明者』今日はボ・ディドリーの命日です。彼が音楽シーンに与えた影響がどれほどのものだったのか?多くを語らずとも、後に生まれた楽曲たちが“それ”を証明している…(佐々木モトアキ)www.tapthepop.net/day/78754 pic.twitter.com/kiwc2QdZ5k

posted at 15:44:46

6月2日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

6月2日で80歳の誕生日を迎えるチャーリー・ワッツ。本日はローリング・ストーンズのドラマーであり、「バンドの要」とも言われるチャーリーの“英国紳士”なエピソードをお届けします。(中野充浩)
【権力と恋に落ちたミック・ジャガーがチャーリー・ワッツに殴られた夜】
www.tapthepop.net/extra/76092

posted at 08:57:04

2021年06月01日(火)3 tweetssource

6月1日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

『ストリート・オブ・ファイヤー』は、どこかで落としてしまった何か大切な心を思い出させてくれる映画だ。想いを断ち切るように再び流れ者となってどこかへ消えていくラストシーン。今年4月に亡くなったジム・スタインマンの楽曲が心に響く。1984年6月1日公開。(中野充浩)
www.tapthepop.net/scene/35639

posted at 08:52:16

6月1日

@TAPthePOP

TAP the POP@TAPthePOP

『ストリート・オブ・ファイヤー』は、どこかで落としてしまった何か大切な心を思い出させてくれる映画だ。想いを断ち切るように再び流れ者となってどこかへ消えていくラストシーン。今年4月に亡くなったジム・スタインマンの楽曲が心に響く。1984年6月1日公開。(中野充浩)
www.tapthepop.net/scene/35639 pic.twitter.com/OFmaOiIQcu

posted at 08:52:04

このページの先頭へ