情報更新

last update 08/03 17:15

ツイート検索

 

@ToshihiroANZAI
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

Stats Twitter歴
4,035日(2009/07/19より)
ツイート数
6,617(1.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年08月03日(月)4 tweetssource

18時間前

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

あえて「恋愛のない未来」を構想することで、生殖、性差、身体、死、家族、国家などなど日常に食い込む倫理や制度が逆照射される。2年前は、もっぱら仮想空間やAIがテーマだった。リアルな出会いと身体の接近を抑制された状況下では、逆に肉体や情動が前面化してテクノロジーはわき役になった。

posted at 15:01:39

2020年07月29日(水)3 tweetssource

7月29日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

コンテンツがスタイルシートと分離する退屈な時代が来るまえの、デザインこそコンテンツだった時代の立役者だったと思う。R.I.P.

posted at 01:09:01

7月29日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

左綴じ右綴じの二冊が合わさった実験的な雑誌W-NOtation(1986)に寄稿した僕のテキストは、戸田さんの手にかかると、段落は無視され、誤植は校正ごとデザインの痕跡になった。連画で自作品がずたずたになるときに似た、違和感を通り越して快感に転じる衝撃的な体験だった。
renga.com/anzaiarc/aeolus/

posted at 01:09:01

7月29日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

エディトリアルデザインは、著者の意図を最大限に生かす読みやすさを追求すべきである、なんていう生ぬるいことを戸田ツトムさんは微塵も考えていなかった。

posted at 01:09:00

2020年07月11日(土)2 tweetssource

7月11日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

ソファーのまわりに集まった連中はだんだんまったりと寡黙になって一人仕事をはじめ、ときどき「そういえばさぁ」と会話が始まる。Zoomに並んだ顔は、こういう緩い時間を生まない。まずアフォーダンスがあり、型を抜かれるように身体性が生じる、そういう感じ。 pic.twitter.com/Wf9EpxHljp

posted at 02:00:26

2020年07月06日(月)1 tweetsource

2020年06月11日(木)3 tweetssource

6月11日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

かつて吉野といえば桜を喚起する歌枕だったが、吉野を詠む歌人や俳人は、かならずしも吉野を訪れたわけではなかった。歌枕は、場所とも空間ともくくることができないトポスだった。

posted at 23:29:54

6月11日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

この数か月、学校や会社の「場所」に縛られないメリットとデメリットについて考えさせられつづけたわけだけれど、実空間と等価な仮想空間を目指すことにだんだん疲れてきた。肝要なのは場所の機能ではなく、関係や記憶を呼び起こす多義的ななにかなのだとあらためて思う。

posted at 23:29:53

2020年05月22日(金)2 tweetssource

5月22日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

人間はすべての可能な子音・母音とその組み合わせを抱えて生まれ出る。環境の国語が、音韻と語彙の定規をあてる。発話し損ね、抑圧され、息を潜めていた無数のことばが呼び醒まされる。

posted at 14:46:47

5月22日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

Slixsの6人が歌うバッハを聴いて、ことばの快楽に溺れる。スキャットっていつのまにかこんな多様で面白いことになってるのか。言語になりそうでならない寸前の状態。

posted at 14:46:47

2020年05月20日(水)6 tweetssource

5月20日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

・家から出ないでもいいのはとても嬉しいです
・コンビニの客数が徐々に戻ってき始めました

なーるほどみんなの日々が見えました
僕は5分前まで風呂につかってました
課題が重い!教員クラスタに伝えます

posted at 16:48:16

5月20日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

・毎日の楽しみは寝ることです!
・授業に起きるのが毎回ギリギリになってきました
・寝過ぎて体がダルいです。
・授業の課題が積もって来ているのと、サークルの求人活動が大変です
・きょうも眠いです

posted at 16:48:16

5月20日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

・堕落した生活から抜け出すべく毎日6時に起きて日を浴びることが日課です。
・今年7月の日本語能力試験が中止の知らせが出ました。TOEICもそうです。今頃とても焦ってます。
・こんな状況でも案件は普通に来るし、リモートのおかげでシフト入る時間が増えたってのもあって時給が上がった

posted at 16:48:15

5月20日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

・最近5度寝にハマってて、気持ちいなぁ~とか考えてたら2度寝が体に悪いことを知ってこれは死ぬのではないか?!と考えながら今日は3度寝しました。
・バイト先から期限ギリギリの牛乳をもらったので昨日はシチューでした!
・A型の授業の課題に追われています

posted at 16:48:15

5月20日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

・目覚ましかけ忘れて2限寝坊しました…
・成人式どうなるのか心配です
・毎週ほぼ全授業課題が出て面倒です。
・今日の講義 英米文学、ゼミ、2限連続で可能人類学は疲れます。
・全く部活始まらないです。
・飲酒は毎日してます。ほかは、書くことないです。はい。
・課題に追われる毎日です。

posted at 16:48:15

5月20日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

今日の授業開始(Slack)に見る、学生のリアル
そろそろはじめます
出席とるかわりに近況などなにかひとことどうぞ
・今日は寒いのでベッドから出たくないです。
・授業スタイルが様々なので疲れます、、
・軽く運動した分、気分がよいです。
・知らないうちに課題の提出期限がどんどん過ぎていきます

posted at 16:48:14

2020年05月17日(日)1 tweetsource

5月17日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

その後、ゴルトベルク変奏曲ポータルサイトa+30+a’ のトップに採用していただいたのをきっかけに、絵は別の変奏の種となり拡散し、ついに近年実験的な演奏活動で注目される塚谷水無子さんの本の表紙に。バッハ旋律の潜在的変奏力、恐るべし。
a30a.com

posted at 13:42:23

2020年05月16日(土)3 tweetssource

5月16日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

その後、ゴルトベルク変奏曲ポータルサイトa+30+a’ のトップに採用していただいたのをきっかけに、絵は別の変奏の種となり拡散し、ついに近年実験的な演奏活動で注目される塚本水無子さんの本の表紙に。バッハ旋律の潜在的変奏力、恐るべし。
www.a30a.com

posted at 16:55:57

2020年05月15日(金)2 tweetssource

5月15日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

『日経コミュニケーション』表紙 日経BP社
1991年1月から1997年3月までの145点を担当した『日経コミュニケーション』の表紙。隔週刊で長旅にも行けないあわただしい日々だったけれど、いまから思えば貴重な、しかしいろいろやり残しもある6年間でした。
自分が挿画を担当したブックカバー(6/7) pic.twitter.com/UnESoHWhtS

posted at 19:01:22

2020年05月14日(木)2 tweetssource

5月14日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

かつてユリイカの編集長だった歌田明弘さんが、この作品「私は私を映している」を自著の表紙に使いたいとわざわざ訪ねていらして、近所のちゃんこ屋で「実は僕ユリイカの投稿少年だったんですよ」などと話しながら、鏡、再帰性を肴に呑んだ25年前。

posted at 19:15:23

2020年05月13日(水)1 tweetsource

5月13日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

『日経CG』1988.6 日経BP 当時開発していたペイントシステムSuper Tableauに取り付けたフラクタル筆(通称ケセランパサラン)による習作。筆を使ってもらった友達がげらげら笑い出し、理由を聞くと「こそばゆい」というので、アルゴリズムの成功を確信。自分が挿画を担当したブックカバー(4/7) pic.twitter.com/kDxMQoQOkb

posted at 19:27:00

2020年05月12日(火)3 tweetssource

5月12日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

服部さんの本は、四半世紀くらい早すぎる。この本も、数学的対象として生命を考えるべき今こそ旬なのかもしれない。自動生成するテクスチャーの中から手描きのオーラが浮かび上がってくるようなビジュアルがほしい、というデザイナーの依頼に応えた表紙。
自分が挿画を担当したブックカバー(3/7) pic.twitter.com/t879NNh2L7

posted at 15:21:58

2020年05月11日(月)1 tweetsource

5月11日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

『パーソナル・コンピュータ・グラフィックス』安斎利洋,美術出版社 1986
表紙は、三角錐を再帰的に崩したフラクタルの山。銅の腐食やデカルコマニーのように、演算の中にある自然と向き合う画材が作りたかった。
自分が挿画を担当したブックカバー(2/7) pic.twitter.com/DDep1ZrdZA

posted at 16:50:46

2020年05月10日(日)2 tweetssource

5月10日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

『自己組織化する宇宙』エリッヒ・ヤンツ 工作舎 1986
戸田ツトムさんのリクエストで作った、1次元セルオートマトンダイアグラム。「進化プロセスの進化」「多層的現実のダイナミクス」などなど、いまでもくりかえし立ち返りたい色褪せない本。
自分が挿画を担当したブックカバー(1/7) pic.twitter.com/6SgDrLzk0M

posted at 17:26:31

5月10日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

眞瀬敦子さんからいただいたブックカバーチャレンジのお誘いをそのままにしていましたが、ルールにもいろいろ亜種が派生しているようなので、自分が表紙挿画を担当した7冊をピックアップします。バトンは当面R0=0で。

posted at 17:26:31

2020年03月26日(木)1 tweetsource

3月26日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

クリムト(55歳)、島村抱月(47歳)、アポリネール(38歳)、シーレ(28歳)、いずれも1918年スペイン風邪のパンデミックに巻き込まれて死亡。

posted at 11:42:07

2020年03月02日(月)4 tweetssource

3月2日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

感染症は病原も感染者も「物」だけれど、台風という渦に紐付いた固定的な物質がないのと同じで、情報的な現象でもある。備蓄、清潔、空気、パーソナルスペース等に関する集団的なイメージのもちかたが人と環境の関係を変え、ひいては感染症の挙動を決める。とするならここはなによりデザインの出番だ。

posted at 17:43:44

3月2日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

フェイクニュースも、ガセを蒔こうとする人だけが要因ではなく、ガセネタを待ち受けている無意識の海との相互作用がなければ成立しない。無意識を鍛えないと、フェイクニュースをふるい落すことはできない。

posted at 17:43:44

3月2日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

高山義浩氏の投稿によると、新型コロナにはスーパースプレッダーが存在しているようだが「これまでの内外における積極的疫学調査のデータを見ると、どうやらスーパースプレッダーとは「人」の特性ではなく、「環境」の特性によるものと考えられます」と言う。(異論もあるようだ)

posted at 17:43:43

3月2日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

トイレットペーパーがなくなるというガセネタを撒いた男が探し出されて晒されているが、これは度を越した私刑だと思う。誰もが次に市場から消える日用品は何だろうと考えているので、どんなに小さいノイズでもそれをきっかけにして、この潜在的推論装置は爆発的な正帰還演算を開始するからだ。

posted at 17:43:43

2020年02月23日(日)1 tweetsource

2月23日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

岩田健太郎氏の著書『感染症は実在しない』が興味深い。病は健全で安定した生物個体を想定してはじめて現れるイメージで、視点を転回すれば別のありようで現れる、という主張かと(まだ読んでませんが)。こういうシステム論的な形而上学から現実を見ている人だったのか。www.amazon.co.jp/gp/product/476

posted at 20:32:51

2019年12月31日(火)1 tweetsource

2019年12月06日(金)1 tweetsource

2019年11月29日(金)3 tweetssource

11月29日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

@Y_Kawaura テクノロジーに向き合ったダムタイプの作品は、意外にローテク、アナログ、ブリコラージュを大事に作られていたんだという裏話をたっぷり聞いて、楽しかったです。

posted at 23:57:31

11月29日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

しかも、いまでもこの本のプログラムを移植して教材に使っているとか。マルチバースとかバッハのリュート組曲とかスリット写真とかカンブリアンゲームとか、ともかくもう多幸感重ね合わせのひとときでした。

posted at 23:47:25

11月29日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

ダムタイプでプログラミングと映像を担当していた上芝さんと、ようやく会えた。いきなり万年筆と、愛読していたという僕の本を差し出され、30年越しのサインをすることに。この本をきっかけにダムタイプのパフォーマンスで使うプログラムをTurboPascalに書き換えたとか。 pic.twitter.com/KphQybpMtN

posted at 23:47:23

2019年10月13日(日)2 tweetssource

10月13日

@ToshihiroANZAI

安斎利洋@ToshihiroANZAI

@Y_Kawaura もう一つの台風展、いいですね! 台風はいろいろ奇行を誘発するみたいで、台風の日に変な作品を作ったとか料理を作ったとか子どもを作ったとか言っている友人がいます。

posted at 23:25:16

2019年10月12日(土)1 tweetsource

このページの先頭へ