情報更新

last update 04/10 16:04

ツイート検索

 

@YukiAnzai
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@YukiAnzai

安斎勇樹 / MIMIGURI@YukiAnzai

Stats Twitter歴
4,278日(2009/07/25より)
ツイート数
33,744(7.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年04月10日(土)10 tweetssource

2021年04月09日(金)11 tweetssource

4月9日

@cultibase

CULTIBASE|組織ファシリテーションの知を耕すメディア@cultibase

暗黙の前提が凝り固まる「認識の固定化の病い」や「関係性の固定化の病い」が組織に蔓延してしまうと、組織学習やイノベーションの阻害要因となり、現場レベルからエネルギーも失われてしまいます。
組織に「遊び」を導入することで充填される、創造的なエネルギーとは。
cultibase.jp/5934/

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 18:17:55

4月9日

@MIMIGURI_Inc

MIMIGURI@MIMIGURI_Inc

Adobe Creative Cloudの活用術を紹介する公式メディア「Plus One」にて、弊社タイポグラフィックデザイナー・今市達也 @ima_collection の寄稿記事が掲載されました。ぜひご覧ください。

▼校正の効率化でデザインクオリティもあげる Illustrator+Acrobat DCの仕事術
www.adobe.com/jp/creativeclo

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 13:28:37

4月9日

@tomonorix0805

トム・イシカワ(石川 智規)|「ハタラク」をデザインする@tomonorix0805

今日のCULTIBASE Radio

ミナベさんの講義と思いきや急に角度変えて斬りかかる雑なフリと、それをいなして良きな感じで鞘に収めてしまう安斎先生との会話のチャンバラが聴ける会はコチラ💁‍♂️

「イノベーションは「枯れた技術」から生まれる」
open.spotify.com/episode/2IIpxa

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 13:24:45

4月9日

@cultibase

CULTIBASE|組織ファシリテーションの知を耕すメディア@cultibase

レジリエンスが高ければ、人は不確かな状況でも困難に上手に対処し、適応的でいられ、且つ高いパフォーマンスを保てると考えられています。
「働く人に関わるレジリエンス」をテーマとした新連載「レジリエンス入門」第1回では、レジリエンスの定義を事例とともに紹介します。
cultibase.jp/5167/

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 07:27:15

2021年04月08日(木)14 tweetssource

4月8日

@cultibase

CULTIBASE|組織ファシリテーションの知を耕すメディア@cultibase

4月8日19:30〜Youtube Live「『リサーチ・ドリブン・イノベーション』公開出版会議」を行います。4/20出版予定の『#リサーチ・ドリブン・イノベーション』の内容を一足先に公開し、イノベーションに不可欠なリサーチの理解を深めます。ぜひチャンネル登録の上お待ちください!
youtu.be/pCzDlKWjP_4

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 18:58:08

4月8日

@otakesaori

大竹:DSCL Inc.@otakesaori

CULTIBASE Lab @cultibase の「(イベントを)Googleカレンダーに追加」の機能、冷静に神アプデすぎだな…?

前はイベント1個ずつ「この日空いてるかな?」って確認してから申し込んでたけど、とりあえずポチポチとカレンダーに入れとけて最高〜〜
一覧になってるのも最高〜
cultibase.jp pic.twitter.com/aJ2rDsv1nt

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 16:12:29

4月8日

@Tomo_museum

もりもと@Tomo_museum

流してたら物凄く興味深い話になって急いでメモをとりました。佐藤信夫著『レトリック認識』と『レトリック感覚』を(お手頃価格だったし)読んでみます!
レトリック(言葉の表現方法)によって感じ方や認識が変わることは、構成主義に似ている気がしました。
#CULTIBASE
www.youtube.com/watch?v=i3vAfu

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 13:02:07

4月8日

@taroxdai

たろっくす@夫とパパと管理者を両立@taroxdai

『理論を通して現場の解像度を高める』という言葉が胸に刺さった。僕は現場経験が先行しているので理論を学び経験と照らし合わせながら組織学習の形を整えていきたい。
イノベーションのための3つの学習戦略を描く:連載「組織学習の見取図」第1回 cultibase.jp/170/ @cultibase

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 10:53:26

4月8日

@megumikeda

Megumi IKEDA | 池田めぐみ@megumikeda

連載が始まりました🐣
職場×レジリエンスをテーマに、レジリエンスとは何か、レジリエンスの高め方、レジリエントな職場をつくるための工夫について扱う予定です!

今、マネージャーが身に着けるべき「レジリエンス」とは何か:連載「レジリエンス入門」第1回 cultibase.jp/5167/ @cultibase

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 08:19:27

2021年04月07日(水)9 tweetssource

4月7日

@akirafukuoka

福岡陽/KOEL/ブランド・ストラテジスト@akirafukuoka

#KOEL 荒砂さん @tomoyukiarasuna の “元制作会社のデザイナーが発注側でも活躍できる3つの理由”、本当に「実体験だからこそ言える知見だ…!!」という感じで最高なので同じ業界の方にこそ読んでいただきたい…🥺🥺🥺 note.com/koelnote/n/n23 pic.twitter.com/HWXAXmcW2x

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 21:32:44

4月7日

@tomoyukiarasuna

ぽんすな(荒砂智之)KOEL Design Studio b@tomoyukiarasuna

また今回のリニューアルに伴ってnoteを書きました。実は半年前の転職時「受託一筋だった自分が事業会社で通用するのか?」という不安がありました。

しかし今回のプロジェクト然り、発注側に回ってもこれまでの力を十分発揮できると感じました。その理由をまとめています✍️
bit.ly/s20210407n24

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 09:22:46

4月7日

@cultibase

CULTIBASE|組織ファシリテーションの知を耕すメディア@cultibase

「現在普及している『人間中心デザイン』などのデザインプロセスは、主に事業者が『製品やサービスを開発する』中で洗練させてきたモデルです。その前提を問い直せば、もっと社会との相互作用の中で洗練していく“コ・デザインに向いたモデル”を描くこともできるはずです」
cultibase.jp/2638/

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 08:13:12

4月7日

@masuely

masue | 人がイキイキ働く組織をつくりたい@masuely

心理的安全性に関して、ツッコミっていうワードが出てくるとは思わなかった(笑)
テクニックは必要だけど、場に対して率直に投げかけたり切り込んだりするの大事だなと思う。
部下が上司にすべき「ツッコミ」の作法|CULTIBASE Radio|Management #22
open.spotify.com/episode/7xrE90

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 08:13:04

2021年04月06日(火)7 tweetssource

4月6日

@cultibase

CULTIBASE|組織ファシリテーションの知を耕すメディア@cultibase

#リサーチ・ドリブン・イノベーション においては、目標や問題が解消されないストレスに基づいて問いを立てる『課題解決型の問いのデザイン』ではなく、自身の関心を大切にした問いを立て、好奇心を駆動させながら命題に迫る『価値探究型の問いのデザイン』が重要になります
cultibase.jp/2382/

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 21:31:34

4月6日

@nikitoiunarumon

eisuke kawaguchi@nikitoiunarumon

先日、筋の良くない問いを、①素朴思考と②天邪鬼思考で考えた。
2つの揺さぶりの塩梅が良かったのか、本質的に向き合うべき問い、当初思っても見なかったところに辿り着けた。アイデア発想においては、現実的な揺さぶりの塩梅が重要。
「問いのデザインの思考法」cultibase.jp/5022/ @cultibase

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 15:33:48

4月6日

@cultibase

CULTIBASE|組織ファシリテーションの知を耕すメディア@cultibase

「固定観念を揺さぶる」ことは、過去に学んだすべてを棄却することではありません。認識の固定化を疑い、問いを適切なものにデザインし直すことと、これまで築きあげてきた足場を破壊することは全く別です。この違いにこそ「見えざる問い」が重要である理由が隠されています。
cultibase.jp/5022/

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 13:36:17

4月6日

@cultibase

CULTIBASE|組織ファシリテーションの知を耕すメディア@cultibase

4/17(土)、山内祐平先生(東京大学大学院情報学環 教授)をお招きし、CULTIBASE Lab会員向けライブイベントを開催します。
『学習環境のイノベーション』の概要を紹介をいただいた後、デザイン論の二項対立を超える“両利き“のアプローチの可能性について理解を深めていきます。cultibase.jp/live-event/5714/

Retweeted by 安斎勇樹 / MIMIGURI

retweeted at 08:36:59

このページの先頭へ