情報更新

last update 06/19 19:30

ツイート検索

 

@Zahlangabeheft
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

  • 366フォロー
  • 764フォロワー
  • 60リスト
Stats Twitter歴
3,241日(2010/08/06より)
ツイート数
10,819(3.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年06月19日(水)10 tweetssource

12時間前

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

まあでも、「「分析哲学」の使命は”論理の明晰化”にあり」とは言ってないわけだから、タイトルの付け方としては確かにまずい。

posted at 15:51:03

12時間前

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

そんなことより、「分析哲学では、過去の哲学者というより、トピックを単位に研究しています」と言った後に「ルドルフ・カルナップ(1891-1970)という論理実証主義の一番代表的な哲学者について研究しています」と続くとむむっとなるよね。

posted at 15:37:45

12時間前

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

〇〇の論理の明晰化を、〇〇についての主張に関してどういう推論が妥当になる(とすべき)かを明らかにすること、と読めば別におかしくないし、そういう意味で「〇〇の論理」と言うことは分析哲学では珍しくないと思うんだがなあ。>RT

posted at 15:24:59

13時間前

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

最近のフィルカル、毎号のようにページが増えていて90年代のロッキン・オンみたいだと思ったので、先日編集長にお会いした時に人類を代表してその旨お伝えしておきました。

posted at 14:41:13

20時間前

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

個人的印象でまとめると「類似性分析は一見何でも取り込めそうだが、全体的類似性という概念が漠然としているため反例がたくさん作れてしまい、何らかのアイデアで明確化しようとするとそのアイデアだけで完結して全体的類似性は不要になる、また真面目に考えれば全体的類似性など計算不能」てな感じ。

posted at 07:04:27

2019年06月18日(火)1 tweetsource

2019年06月17日(月)7 tweetssource

6月17日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

一か月前にdropboxをまともに使い始めたのだけど、今日ついにdropboxにアップロード失敗→同期していた他のマシンをうっかりネットにつないだまま立ち上げてしまってこのマシン中に残っていたファイルも消える、というあるあるをやってしまった。

posted at 17:17:43

2019年06月14日(金)1 tweetsource

2019年06月13日(木)1 tweetsource

6月13日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

専攻分野反転則の心理学バージョンを考えてて、心理学者は認知バイアスに嵌りがち、という着想を得たのでよければお使いください。根拠はないです。

posted at 22:24:06

2019年06月12日(水)1 tweetsource

6月12日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

視野の狭い人が少し視野を広げると他人のことを視野が狭いとdisるようになるのは、まさに視野が狭いからで、根が深い。

posted at 02:55:33

2019年06月09日(日)1 tweetsource

6月9日

@yunod

優noD@yunod

このスレ、興味深い。少子化に悩む日本だが、実は結婚している夫婦の間に生まれる子の数は先進国の中では多い方。また、非婚者の比率は他国より高いものの飛び抜けて高いわけではなく、結婚率を上げても少子化の大きな解決にはなりそうにない。データを見て最も特徴的なのは婚外子の少なさ。 twitter.com/tgrayeb/status

Retweeted by 山田

retweeted at 08:53:02

2019年06月07日(金)5 tweetssource

6月7日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

何で朝っぱらから内省的なツイートしているのかというと、私にとって今は朝ではないからである。いまNY辺り、生活時間のみ。

posted at 09:56:45

6月7日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

仕事でも研究でも何でもそうだけど、仲間が何と戦っていたかがリアルタイムで分かる瞬間の喜びというのはあるね。

posted at 08:53:46

2019年06月06日(木)25 tweetssource

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

Perfumeさんめちゃくちゃパッドとか入れて調整してるし、売れてからは自分らで靴作ってるし、足を靴に合わせていくというあ〜ちゃんのお言葉もあるし、やはりヒールというのは大変なものですよね。>RT

posted at 22:45:28

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

蒼井優さんとと山里亮太さんの結婚会見、山ちゃんのハイスキルな回しといい2人の距離感といいずっといるしずちゃんといい最高だったし、われわれの社会において結婚とはこう捉えられているのかという風俗資料的な感動もあり、号泣しながら全編観てしまった。

posted at 21:47:37

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo それから「典拠を挙げろ」という批判の仕方はあまり有効でないとも思います。今回のくぎょうさんもそうですが、典拠を挙げない人は典拠で補強するまでもなく正しい議論を提示したと思っているわけで、そういう人には「典拠を挙げろ」ではなく「ここはもっと議論が必要」と具体的に指摘すべきでしょう。

posted at 07:51:48

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo 私としては、先行研究の機能というのは単一ではなく、論証を補強する、権威づけを与える、先取権を与える、といった機能が考えられ、媒体の性質によってどの機能が必要になるかは変わるので、「高い/低い」と一元的に測るべきではないと思います。←しかし、これは先行研究を調べた方がよさそう。

posted at 07:40:17

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo 私は典拠を挙げろと言っている人が問題含みの主張をしているのだから当然典拠はあるだろうと期待しただけで、個人的にはこのような場では説得的な議論があれば必ずしも典拠は求めません。むしろ研究を引き合いに出す目的を意識せずに典拠典拠と言うのは問題があると思っています。

posted at 07:21:26

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo →件の寄稿によって害を被った哲学者というカテゴリーに属する人からの抗議に加わるという目的であれば、「害を被っている」という認識さえ共有できればよいと考えました。

posted at 07:10:48

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo >この声明への賛同を哲学者が典拠なしで表明すると、「学問的誠実さの問題」の3点に自ら抵触しちゃう

これも声明および署名の目的によると思います。自分の研究者としての属性を使って声明にお墨付きを与えるのが目的なら、学問的に正当な手順で評価をした上で署名すべきだと思われますが、→

posted at 07:10:24

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo あと、「~賛同・不賛同を決める」ことに対してくぎょうさんはコメントしているので、くぎょうさんが評価だけを問題にしていたとは言えないでしょう。

posted at 06:28:25

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo その懸念の表明と、文字通り文献教えてという気持ちと、単純に何が言いたいのかよく分からない(かなり議論の余地のありそうなことを自明っぽく書いているし、典拠を挙げろと言う割に挙げないし、「学者として」とか「己にとって些細」とかどう効いてるのか不明)という気持ちがこもっていました。

posted at 06:26:21

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo 確かに「手抜き」を比較に使う限りは価値中立的に使えますね。でも「なぜそんな手抜きをするのか不明だ」が「そんな手抜きをすべきでない」という価値判断を含んでいないとは思えないので、価値中立的に「手抜き」を使っているように見えないというか、価値中立的には使えていないと言うべきでしょう。

posted at 06:09:04

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo 声明の目的にいろいろありうる、というのはおっしゃる通りと思いますし、私も自分の捉え方が明らかだとは思わないので、文献があったら知りたいと思った次第です。

posted at 05:53:58

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo ・何かの研究を参照して、ある声明を評価する
・何の研究も参照せず、ある声明を評価する
他の条件が等しければ、後者を前者に比して手抜きと呼べるのは明らか

だと言うためには、声明の目的についてのその考えも「明らか」だと言う必要があるのではと思いますが、それほど明らかには見えません。

posted at 05:53:09

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo →そして、先ほどの前者を「手抜き」と呼んで非難する、というアクションは、声明に対して口をつぐませる方に圧力をかけるので、少なくともその非難が正しいかどうかは明らかでないし、また不十分な知識で賛同することもやむを得ないという判断は正当でありうるように思いました。以上。

posted at 05:36:36

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo →つまり、声明は「賛同者を集めなければ失敗」なので、自分は知識がないから声明について何も言う立場にない、と口をつぐんでしまうことは、声明に対して中立な態度を取ることよりも、積極的に声明の目的をくじく方に加担することに近いのではないかと思われる。→

posted at 05:33:56

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo →声明の正当性を学問的に評価するという文脈や、その評価を専門家が公共的に明らかにするといった文脈では、もちろん先行研究を参照しないのは非難に値する手抜きだと思いますが、声明に関係する当事者がその声明に賛同するというアクションを取るかどうかという文脈では別の考慮が必要と思います。→

posted at 05:30:36

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

@pubkugyo ・何かの研究を参照して、ある声明を評価する
・何の研究も参照せず、ある声明を評価する
他の条件が等しければ、後者を前者に比して手抜きと呼べるのは明らか

とは私は思っていなくて、こういうときの行動原理について論じたものがあれば知りたいと思いましたが、ないということで承知しました。→

posted at 05:26:44

6月6日

@Zahlangabeheft

山田@Zahlangabeheft

署名や投票のような、数が物を言う政治的行動に関しては、「何もしない」ことが1つのアクションになってしまうので、よく知らないことでも、何らかの判断において自分が間違っている可能性を踏まえてなおアクションを起こした方が害が少ないと思えば、アクションするようにしています。

posted at 02:55:43

このページの先頭へ