情報更新

last update 01/28 18:02

ツイート検索

 

@_pilate
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

Stats Twitter歴
2,873日(2012/03/19より)
ツイート数
50,226(17.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年01月28日(火)14 tweetssource

19時間前

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

『たぐい』vol.2、「マルチスピーシーズ仏教論序説」まで。仏教とハラウェイ(非ネオ・ダーウィニズム系の生物学)もつながるところはあるだろうなあ、と思う(今西と福岡はちょっとわからないのだけど)。特に「縁起」。making kinを「縁起をつくる」と訳すとやり過ぎかもしれないけれど。

posted at 14:08:14

19時間前

@inoopy_chan

まいま@inoopy_chan

在野研究ビギナーズ〜はチャートで興味のある章から読み進められるのが親切。私は最近なんとなく名前を見た逆卷しとねさんの章を読んでいきました。発表者と受信者、プロとアマを区切らないコレクティブな場っていうのは演劇シーンでも似たような動きはあるなって言うことを思ってて言うのを忘れたマン

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 13:56:54

20時間前

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

『たぐい』Vol. 2。吉村萬壱「病院」。一昨年末、熊本での研究会でお話しされた内容がぎゅーっと手ごねハンバーグになっちゃったという感じ。そして生のまま食わなければならない。文字通りレス・ザン・ヒューマンの極北。

posted at 12:37:05

21時間前

@GALLERYSOAP

GALLERY SOAP@GALLERYSOAP

2020.05.10.sun 
ホニ人旅2020
17:00 / 17:30
前 ¥3,500/当 4,000 +1ドリンク

出演:ホフディラン
TOILET&C'MONMUSICS
DJ so fujimura(Oasis)
DJ daiki(Oasis)

メール予約 onoafm@yahoo.co.jp※件名「ホ二人旅2020 in KOKURA」として、予約氏名、人数、電話番号を明記の上で送信してください pic.twitter.com/bOyiK6Rq91

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 12:09:17

1月28日

@Philo_Shinkan

哲学書新刊情報++@Philo_Shinkan

【本日発売】
『連続と断絶: ホワイトヘッドの哲学』(飯盛 元章著 人文書院)
【Amazon紹介文】「ホワイトヘッド哲学に、存在の深き断絶の契機を見出し、ハーマン、メイヤスーとの比較をふまえ、その哲学の全体性と独自性を描き直してゆく。」
【Amazon】→ www.amazon.co.jp/gp/product/440

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 08:25:55

2020年01月27日(月)28 tweetssource

1月27日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

どうかな。現代のほうが無計画なのでは。
「計画性のある行動は、認知機能の発達が現代の水準に近かったことを示唆している。少なくとも、わたしたちが現代の水準と考えるような計画性を備えていたようだ。」
石器時代の人々にも、“食べ残し”を容器に保存する習慣があった
wired.jp/2020/01/27/the

posted at 20:41:51

1月27日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

日本人もマンハッタンの地所を買いあさっていた時期があった。でも、マンハッタンが日本の植民地になったという話は聞いたことがない。

posted at 20:30:58

1月27日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

んー、近藤祉秋さんは、なぜわたしの論稿を挙げて直接批判しないのだろう(的外れだけど)。それわたしが『たぐい』vol.1で書いたことだよね。よくわかんない。怖がられているのかしら。

posted at 19:54:08

1月27日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

凡庸な悪を犯す人も問題だが、間違いを素直に認められない人もかなりの問題だと思う。間違いを認められない人たちがこの国を動かしているのだけど、そのことを批判する立場にある人が間違いを認められないというのは恐るべきこと。なんも信じられなくなるよね。まあそういう人だということで。

posted at 10:18:51

1月27日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

(なお、あれのなかのあれは私見であり、わたしは告発はしましたけど、事実の認定にはかかわっていません。誤解なきよう)

posted at 10:09:24

1月27日

@asahi_photo

朝日新聞 映像報道部@asahi_photo

米プロバスケットボール(#NBA)元選手の大スター、#コービー・ブライアント さん(41)が、ヘリコプター事故で亡くなったと米メディアが報じました。#コービー
t.asahi.com/werz

ヘリに同乗していた5人が亡くなり、ブライアントさんが含まれているそうです。

写真は北京五輪の男子決勝です。 pic.twitter.com/CsRlXR9R0s

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 09:55:41

1月27日

@blacklily2

黒井ゆり Kuroi.Y@blacklily2

今朝チェックした興味深いツイート
どこかで目にしたお名前だなと思ったら、まだ通読していない本に寄稿されている方でした。
(「在野研究ビギナーズ」荒木優太 編著・明石書店)

おお、読み進みなくては!

ほら、だから「積ん読本」って大事なんです☆ pic.twitter.com/EJrI4k156L

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 09:47:44

1月27日

@WcgwS5LULpK8Dim

久保訓子@WcgwS5LULpK8Dim

人間の現象のみに限定して語り、考えることから自らを解き放ち、人間の外側を想像し、踏み込んで、他の〈たぐい〉とともにある人間について考えてみよう、とある『たぐい』 。その中の吉村さんの小説〈病院〉には度肝を抜かれる! pic.twitter.com/ZpMCikJ9MP

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 09:31:55

1月27日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

帰宅。朝帰り。leeくんのパフォーマンスよかった。CD買うてきた。コラージュ風の点描も音楽のリミックスとマッチしててよかった。

posted at 09:13:58

2020年01月26日(日)58 tweetssource

1月26日

@shhazm

?東 千茅?@shhazm

杉山を雑木山に転換していくにあたり、杉を伐った後ある程度は苗木を植えるつもりだ。近場でケヤキやエノキやクルミやカリン等々が買えるところはあるのかと、ホームセンターや園芸店を偵察した挙句、塩津植物研究所へ。日本の木ならだいたい揃えますよ、とのこと。近くにこういう人がいるのは心強い。 pic.twitter.com/FkJsfZsBPF

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 17:41:45

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

7.個人には業界全体を変えることはできない。それは国や世界を変えようという大きな志がことごとく挫折してきた歴史と重なる。個人は自分の力の及ぶ限定された範囲でのみ影響力を行使することができる。そのようなささやかな試みの積み重ねが、なにかおもしろいことにつながる可能性はあると思う。

posted at 16:39:27

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

6.高橋さきのさんは職業翻訳家であり、生物学・科学技術史の研究者である。同様に、AKI INOMATAさんはアーティストである。本件を消費することは許されないが、同時にこのふたりを盗用の被害者として「のみ」扱う態度もふたりを苦しめることになる。それぞれの「本業」に注目してほしい。

posted at 16:39:27

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

5.本件を見抜くことは、本づくりのプロではないINOMATAさんには難しかっただろう、ということ。しかし、美術出版社に限らず、プロの編集者はできる限り資料にあたり確認する義務がある。万全を期してもなお難しいことは承知しているが、編集者としての義務を果たすことはなによりも重要である。

posted at 16:39:27

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

わたしは本件を港氏による意図的な盗用である、と判断する(意図がない可能性を想定することは難しい)。しかし以上は、私見であり、認定された事実に基づく解釈の域を出ない。しかし、認定された事実に抗い、本件を「ミス」として矮小化するような悪質な解釈よりは遥かに妥当性があると断言する。

posted at 16:39:26

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

しかし当該の論稿においては、Bの存在、そしてBの訳稿の存在は言及されず、一貫してAを参照しているようかのようにふるまい、盗用箇所においてBの訳稿ではなく、Aを出典として示している以上、盗用の意図は論全体(少なくとも分量にして約半分)に構造化されていると考える。→

posted at 16:39:26

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

→港氏は、Bの訳稿であるさきの訳を参照しているにもかかわらず、Aを読み、Aからの引用を自ら訳しつつ論じているかのように装っている。もし、港氏の論がBの参照、あるいは願わくばBの訳稿を参照して展開されていたならば、ミスの可能性もあるいはあったかもしれない。→

posted at 16:39:26

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

4.港氏のエッセーは一貫して、ハラウェイStaying with Trouble(A)に言及するかたちで書かれており、盗用された高橋さきの訳の原文である「ハラウェイの英語論文(Staying第4章に相当するが別論文B)は一切参照されていない」、ということ。→

posted at 16:39:26

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

3.本件は、アカデミズムのルールに照らした違反ではなく、出版のルール(著作権法)の違反である、ということ。

※エッセーだろうと、コラムだろうと、ウェブの記事だろうと、ブログだろうと、公開される書きものすべてを包括するルールの違反。

posted at 16:39:25

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

2.本件の被害者は、第一に被盗用者である高橋さきのさんであり、第二に作品集の編著者であるAKI INOMATAさんである、ということ。

※INOMATAさんの被った被害も「第二」というにはあまりにも甚大であるということを付記しておきます。

posted at 16:39:25

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

1. 本件は、被害者・加害者・出版社・編著者のあいだで認定された「事実」であること。

※ご自身の目で確認されたい方は確認できなくなる状況が来る前にどうぞ。ただし、確認するつもりがあろうがなかろうが、認定された事実を覆すことはできない。ポストトゥルースとは?

posted at 16:39:25

1月26日

@pinetree1981

松下哲也@pinetree1981

剽窃、盗用、盗作が絶対にやってはダメな行為であることぐらい普通は誰でも知ってる。なぜなら常識だからである。そんなことに学位とかアカデミックな訓練は関係ない。

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 13:50:14

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

再発防止も大事かもしれないけど、再発したときに対処する道筋をちゃんとつくってくださいよ、というのが一番思うところ。とてつもない手間がかかる。

posted at 13:43:12

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

その上で、わたしも相当程度、生活を犠牲にしている、ということは申し上げておきます。出版業界・美術業界がまともであれば、こんな苦労はしないでよかっただろうにね、と思うばかりです。INOMATAさんが被っている被害は、美術業界の人ならわかるでしょうけどね。

posted at 13:41:33

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

だから、港さんはかわいそうだ、とか、事実はオレが見たらこうだ、とか、挙句の果てには、港さんの仕事は素晴らしい、とか言っている方々は、ほんとつまらない思弁に溺れているとしか思えないんですが。

posted at 13:38:47

1月26日

@nashishi036

ナッシー(高梨治)@nashishi036

(承前)
正誤表や訂正文ではすまされない決定的な問題だとの判断が下され、回収、作り直しを決定するまでのプロセスはとても短く、事情聴取の厳しさは、今も、生々しく覚えている。消化できていないというのは、忘れてないということである。そして、忘れてはいけないということである。あくまでも。

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 13:35:20

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

本来なら、さきのさんの休業補償ぐらいあって然るべき案件。これは著作権の問題でもあるし、労働の問題でもある。

posted at 13:34:39

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

正直、美術家や美術批評の業界がどうなろうがわたしは知ったこっちゃないし、アカデミックライティングでもなんでもやればいいと思うんだけど、翻訳を生業として生きつつここまで問題を表面化させた自営業者・さきのさんの置かれている状況を踏まえたうえで、考えてほしい。

posted at 13:32:07

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

まあほんと、それだけの話なんですけどね。みなさん個人の生業を犠牲にしてまで表面化したほんの突端の上に乗っかっているだけなんだ、というのがさっぱりわからないらしく。

posted at 13:27:18

1月26日

@momosei_jp

よしのももこ@momosei_jp

つうかいろいろややこしげに言ってる人散見されるけど、他者の仕事の成果物を「私の仕事の成果物でござい」って体で発表するのはあり得ないだろ、っていうだけの話じゃないのかな?しかも何でやられた方がいろんな手間を引き受けなきゃ誰も動かないの?っていう、ごくごくシンプルな話ではないの??

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 13:24:19

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

今日のオープニングは、ノイズ系もあるだろうな。楽しみだ。意味がありそうな言葉も全部、分解してみれば所詮は周波数。

posted at 13:17:39

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

金の無心ならいくらでもしたいが、「無心とは」と口に出した瞬間に無心ではいられないことの吐露になってしまうというアイロニー。

posted at 13:08:49

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

まあ、小さい時から勉強勉強で抑圧されてきた人たちがもう抑圧は嫌だと思うのは自然なことだと思うし、それ自体は否定されるべきではないが、その抑圧は嫌だという感情のなかに君らが求めている自由はないよ。

posted at 13:01:44

1月26日

@nashishi036

ナッシー(高梨治)@nashishi036

かつて某大手出版社の雑誌の編集をしていて、創刊号(かなりの部数を刷っていた)で図版の間違いが発覚し、該当頁の担当者ではなかったが、現場の責任者だったので、版元から何度も事情聴取を受けて、結果、監修者も見落としていたのだが、回収、作り直しになったときの苦い経験は消化できていない。

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 12:58:33

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

アカデミアにおける研究が素晴らしい、と思っているわけでは必ずしもないのだけど、まあそういう世界もあるということで。

posted at 12:49:00

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

アカデミックライティングの訓練ごときで奪われる思考の自由なんて、そもそも大したことないのだから、そんなくだらない自由はさっさと捨てたほうがいい。

posted at 12:41:23

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

アカデミックライティングは思考の自由を奪うとのたまっている連中がことごとくアカデミアの厳しい訓練を受けた人々であることを考えると、君らの役割は違うんじゃないの、と思わざるを得ない。

posted at 12:40:32

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

港さんによる謝罪等に関しては、さきのさんと港さんの直接的なやりとりを経て、公表されるものと思います。しかし、現状でもさきのさんには、相当な負担がかかっているということを理解していただきたい。時間はかかるだろうな、と思いますし、かけたほうがよいと個人的には思っています。

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 11:43:35

1月26日

@nagasek

永瀬恭一(一人組立)@nagasek

港千尋氏の翻訳盗用問題については、美術家をしながら文章も書く人間として関心をもっています。やや事情は異なりますが僕自身も以前ブログで、とある研究者の方とのやりとりで相手の方が語られた内容を注釈なく自身の文章として書いて指摘され、慌てて削除したことがあります。まったく他人事でない。

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 11:32:21

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

あとは美術関係者に考えていってもらえば。特に剽窃一般について周知すること/美術作家が書くということについて/同様の事案が生じたときに出版社の対応は十分か、うまくいかない場合、被害者を孤独にしないためにはどうしたらよいか。わたしはハラウェイほんやくにもどります。

posted at 00:28:52

1月26日

@parplume

パープルーム@parplume

(実技系美大教員の内輪で固めていく傾向ほんとうに良くないと思う。この無意識的な既得権益の抱え込みがどれほどの損失を生んでいるのか考えてみてほしい。職なら他にあるでしょ?それか私塾という選択肢もありますよ)

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 00:19:28

1月26日

@MasahiroKitano

北野雅弘@MasahiroKitano

この話、原文と元の訳がないと判断つかへんなぁと思っていたら、↓にそれが出ていて(最初見たときはなくて認定だけ出てた記憶)、あ、なるほど、英語だけからはとてもああいう風にはならへん文章やと分かった。かなり研究成果としての著作性の高い文。
twitter.com/bss_books/stat

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 00:15:16

1月26日

@ton0415

ton yabumae@ton0415

近年経済的理由で展覧会カタログを出版社から出すことは珍しくないが、ついに美術館が編集に関わらないケースもあるのか…。アカデミックな訓練に加え美術校正/校閲のクオリティは判断が多岐に渡りレベルの高い現場仕事でしか共有されない面がある。雇用も含めた学芸員の地盤沈下の連鎖に思い至り。

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 00:12:59

1月26日

@social_arai

社会科学初学者のアライさん(シャライさん)@social_arai

70年代TERF凝縮の一冊『トランスセクシャル帝国』への意趣返しとして書かれた論文『帝国の逆襲』の中で、ダナ・ハラウェイが引かれてて、おお!と思ったのだ。というか著者のサンディ・ストーンは個人的にハラウェイと付き合いがあった(?)みたいなのだ。面白いのだ。

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 00:11:42

1月26日

@anatatachi_ohno

大野左紀子@anatatachi_ohno

しかしわからないのは、港千尋氏は芸術系大学ではなく早稲田の出身だし、評論家としてのキャリアも長いのになぜ?と。自分の言葉で謝罪をしないというのもわからない。このままだと、「剽窃で謝罪をしたら大学の職を辞さざるを得ないのでしたくないのだろうか?」と疑われかねないと思うのだが。

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 00:05:54

1月26日

@anatatachi_ohno

大野左紀子@anatatachi_ohno

芸術系大学の一般教養科目で細々と「読み書き」のルールを引用の仕方に至るまで教えていたが、ネットからの剽窃だけでなく、私のブログ記事(映画作品について書いたもの)の内容をそっくり、言葉遣いだけ変えてレポートにしてきた学生もいるので、学問の基本を根付かせるのは難しい環境だと感じた。

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 00:05:46

1月26日

@anatatachi_ohno

大野左紀子@anatatachi_ohno

RT まったくもって‥‥。昔から実技系の指導教官には「書けない、読めない」人が多く学生にもそれを求めない。読んだり書いたりする学生を理屈が勝っているとして批判的に見る向きさえあった。今でも彫刻科や工芸科は特にその傾向が強いのではないかと思う。

Retweeted by 逆卷 しとね

retweeted at 00:05:39

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

直江津捕虜収容所で石炭の積み込み作業に従事するシーンが印象的。資源輸入ルートを断たれている以上、自給は喫緊。木材を持ちあげたまま立ち続けるという拷問は、ゴルゴダのキリストのようだった。演出としては陳腐。ただ被虐的経験に忠実につくっているという点でかなりのマゾ映画。

posted at 00:03:48

1月26日

@_pilate

逆卷 しとね@_pilate

『不屈の男 アンブロークン』。ベルリンオリンピック5000メートル米代表、従軍し、太平洋上で47日漂流、終戦まで捕虜となったルイ・ザンペリーニの自伝をもとにした映画。ルイを目の敵にし理不尽な虐待を繰り返したMIYAVI演じる渡辺の存在感。捕虜の痩身を再現した役作り。ただ事実に勝つのは難しい。

posted at 00:03:48

このページの先頭へ