情報更新

last update 10/18 21:47

ツイート検索

 

@ahowota
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

Stats Twitter歴
3,166日(2011/02/18より)
ツイート数
26,947(8.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年10月15日(火)10 tweetssource

10月15日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

私は、法務パーソンという仕事は、「弁護士資格」と一定程度関係性はあっても、実際はかなり異なる部分もあると考えており、有資格者なのか無資格者なのか一切分け隔てなく、お互いに協力しあっていく姿が理想だと考える。もちろん、現実には、それぞれ色々思うところがあるのだろうが...。 #エアリプ

posted at 23:20:34

10月15日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

インハウスが増えることは悪いこととは思わないが、
「無資格はただ仕事をこなすだけで、インハウスは変化をもたらすことができる」
というのはただの偏見だと思う。私は日本法上無資格の某上司を非常に尊敬しているが、その理由の1つは「(必要な)変化をもたらす」ことができる人だから。 #エアリプ

posted at 22:36:49

10月15日

@sho_ya

shoya@sho_ya

法曹を目指される方こそ、学生時代に六法等以外の多種多様な勉強をされた方が有益かと存じます。
特に法哲学(法理学)は、お若いうちに修められると効果覿面です。法哲学の論理は、法解釈全般に通ずる「体幹」の一部と言って過言ではありません。ただ、「法学の森」なので遭難されないようにご注意。

Retweeted by QB被害者対策弁護団団員ronnor

retweeted at 22:09:53

10月15日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

@gigakame ありがとうございます。暗黙知としては法務パーソンの皆様は色々なものを既にお持ちだと思いますが、ツイッターで呟いて暗黙知を形式知化、ないしは言語化を1つ1つしていくのが大事だと改めて実感しました。引き続き、宜しくお願い致します!

posted at 21:49:52

2019年10月13日(日)5 tweetssource

10月13日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

@kou1675 実際には、「与件」というのが「依頼部門の部長がこれを与件だと思っている」という程度のことも多く、実際には「部長を説得してください!」等で「与件」そのものが変わる可能性があるというダイナミズムはありますが、それも含めた「与件」と「リスク」につき引き続き研究していきたいです。

posted at 18:50:53

10月13日

@kou1675

Kosuke@kou1675

「与件(動かせない事項)」を明確に意識できていなかった。大発見。このあたりが断片的にでもまとまった書籍はないだろうか。

1「手段」

2中間項「リスクと与件(動かせない事項)がどこにあるか」

3より的確なアドバイスや契約文言の調整等のアウトプットにつなげるのが「目的」 twitter.com/ahowota/status

Retweeted by QB被害者対策弁護団団員ronnor

retweeted at 18:32:42

10月13日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

ビジネスモデルやヒトモノカネの流れの把握はあくまでも法務として良い仕事をするための「手段」であって、そこから「リスクと与件(動かせない事項)がどこにあるか」という中間項を把握し、依頼部門の悩みに対するより的確なアドバイスや契約文言の調整等のアウトプットにつなげるのが「目的」。 twitter.com/gigakame/statu

posted at 18:12:27

2019年10月06日(日)2 tweetssource

10月6日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

注目される蛇の目ミシン事件(最判平成18年4月10日民集60巻4号1273頁)。私は全く不勉強だが、松中学「判批」商事法務1885号53頁は、当時「利益供与を求められたり、恐喝を受けた場合に警察に届け出ることは一般的とはいえ」ず届け出ても「どこまで実効性があったのかも不明である」とする。 #エアリプ

posted at 15:25:20

2019年10月03日(木)1 tweetsource

10月3日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

最高の「悪徳商法啓発アニメ」の被害者役として「法教育」に貢献。
・友人・先輩からの勧誘に弱い
・テスト・お試し等にガードが緩む
・自分に自信がない
・生きる意味を探している
・問題に気付いても勧誘を強く拒絶できない
等思い当たる人は特に気をつけるべき。 #鹿目まどか生誕祭2019

posted at 22:16:34

2019年09月30日(月)5 tweetssource

2019年09月29日(日)3 tweetssource

2019年09月28日(土)4 tweetssource

9月28日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

覚書に「原告及び被告は、本件覚書に定める以外、本件個別契約に関し、原告被告間には何らの債権債務のないことを相互に確認する。」との条項があるが、当事者双方とも、この条項を意味あるものとして主張していないとして、当該清算条項に意味がないとした事案(東京地判平成27年12月16日) #清算条項

posted at 14:20:05

2019年09月26日(木)3 tweetssource

9月26日

@LLAS_STAFF

ラブライブ!スクスタ公式@LLAS_STAFF

🌟#スクスタリリース!!🌟
ラブライブ!シリーズ最新作!
スクールアイドル27人との新しい物語がスタート♪
PDPから始まり約3年、応援して頂いた皆様のお力で、ついに本日スクスタがリリース!あなたの応援で、彼女たちをもっと輝かせてくださいね💡
#lovelive #スクスタ pic.twitter.com/hGaqxT14p6

Retweeted by QB被害者対策弁護団団員ronnor

retweeted at 21:49:20

9月26日

@masayar2

まーやん@masayar2

就活テクニックとしては一派的だけど、履歴書など書類では敢えて突っ込みやすい穴を残しておき、面接時に質問させて、あらかじめ回答を用意しておくという手法が効果的。面接苦手な人は、事前に準備できるから使った方がいいテクニック。

Retweeted by QB被害者対策弁護団団員ronnor

retweeted at 21:39:53

2019年09月25日(水)1 tweetsource

9月25日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

ツイッターアカウントが弁護士か否かは投稿の蓄積で概ね判断できるが、法務パーソン(名刺に「弁護士」とは書かかない場合が前提)はどうだろうか。法務パーソンとしての力量なら、一緒に仕事をすれば大体分かるが、能力と資格の有無が直接的には関係しないのがこの仕事の特徴である。 #エアリプ

posted at 18:57:51

2019年09月23日(月)1 tweetsource

9月23日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

アンツィオ高校の生徒達は戦車道試合会場等において継続的にイタリア料理を調理し、自ら喫食する他大洗高校の生徒等の第三者に提供しており、飲食店営業その他公衆衛生に与える影響が著しい営業(食品衛生法51条)として許可(同法52条)を必要とするように思われる。 #アンチョビ生誕祭2019

posted at 17:29:45

2019年09月21日(土)2 tweetssource

9月21日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

「できるかどうかじゃない、やりたいかどうか」というのは特に新人〜数年目の法務パーソンがブラックではない企業で働く場合にはとてもいい言葉。英語ゼロのインハウスの方が、「国際業務やりたい!」で大企業の法務部門で経験を積んで留学して今年ニューヨーク州司法試験に受かった例とか。 #エアリプ

posted at 21:06:04

2019年09月20日(金)15 tweetssource

9月20日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

ソフトウェア違法コピー品(侵害品)の販売に伴う損害額の算定につき、侵害者が正規品よりも廉価で侵害品を販売したという事情は、むしろ、侵害者の行為の違法性が高いことを示すものであって、損害額を低減させる事情には当たらないとした事案(東京地判平成29年2月20日裁判所HP) #著作権

posted at 02:06:55

9月20日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

法務の「素養」という言葉はよく分からない。私は、「いい法務パーソン」というのは、「いいビジネスパーソン」+「法律等について勉強する意欲」位だと思っている。詳しくは調べていないが、「素養論」で論じられるのは「いいビジネスパーソン」かどうかの問題も多いように思われる。 #エアリプ

posted at 00:53:21

9月20日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

長期にわたって働き続けると「どこに行っても通用しない」事態が生じ得る理由は、基本的には
「自社固有スキル(社内人脈や自社の規定・業務プロセス・部下の使い方等)に特化し過ぎて、市場で一般に必要とされる知識・能力・経験・スキル等のアップデートがされていない」
ということかと。 #エアリプ

posted at 00:30:51

9月20日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

すぐに辞める人が「どこに行っても通用しない」ことはほぼあり得ず、あり得るなら、長期に渡り一箇所で働き続けた人。すぐ辞める人は転職時は「第二新卒」扱いだから、転職後勉強すればどこでも通用する。むしろ、その会社で長く働き続けて昇進した人の方が再就職後苦労する話をよく聞く。 #エアリプ

posted at 00:28:14

9月20日

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

仕事のために午前0時まで費やせる情熱を持つ人がたまにいるが、そういうのは統計学でいう単なる「異常値」であり、こういうのを除外して、「普通の人」の行動だけを参考にするのが精神衛生上好ましい。この辺りは、「普通あり得ないよね?」と確認できる友人(普通の人)がいると楽なのだが。 #エアリプ

posted at 00:14:39

このページの先頭へ