情報更新

last update 09/17 13:01

ツイート検索

 

@aishokyo
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

Stats Twitter歴
1,490日(2015/08/21より)
ツイート数
7,793(5.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年09月17日(火)3 tweetssource

15時間前

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

1932年の今日はアメリカの小説家、ロバート・B・パーカーが生まれた日です。ハードボイルドのスペンサーシリーズの作者、大好きです。毎年秋になると「初秋」を読みたくなります。でも犬派なんですよね。 pic.twitter.com/B5OSiLS8rs

posted at 08:20:03

2019年09月16日(月)6 tweetssource

9月16日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

1898年の今日はドイツの絵本作家、ハンス・アウグスト・レイが生まれた日です。「ひとまねこざる」の作者です。 「おさるのジョージ」は彼の死後シリーズ化されたものなんですね。 pic.twitter.com/lGEQVV7RLI

posted at 08:10:03

2019年09月15日(日)5 tweetssource

9月15日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

モンブランの作家シリーズの第二弾として1993年に出たアガサ・クリスティ万年筆です。1920年代のスタイルを復刻し、クリップは蛇がデザインされ、目にはルビーが埋め込まれています。その脇にはサインが刻印されています。 #本の小物 pic.twitter.com/DxamXizbsd

posted at 21:10:06

9月15日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

アガサ・クリスティの著書から一冊ご紹介するとしたら悩んだ末にやはり「そして誰もいなくなった」でした。はじめて読んだ時の衝撃が忘れられません。こちらは新訳版です。
amzn.to/2b8RmPc

posted at 20:30:11

2019年09月14日(土)5 tweetssource

2019年09月13日(金)6 tweetssource

9月13日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

ロアルド・ダールは英語、ノルウェー語、スワヒリ語の3つを話すことができました。スワヒリ語は1930年代にシェル石油の社員としてアフリカに勤務していた頃に身につけたそうです。 pic.twitter.com/uu5c2CDqqL

posted at 21:10:06

9月13日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

1944年ロンドン、英国空軍時代のロアルド・ダールとヘミングウェイ。ヘミングウェイが小さく見えるのはロアルド・ダールが1m95cmの長身だったからです。ダールはヘミングウェイから執筆における重要なアドバイスをもらったようです。 pic.twitter.com/mOCTPywyF6

posted at 19:30:15

2019年09月12日(木)8 tweetssource

9月12日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

1921年の今日はポーランドのSF小説家、スタニスワフ・レムが生まれた日です。タルコフスキーとソダーバーグによって二度映画化された「ソラリスの陽のもとに」などの作品で知られます。 pic.twitter.com/m5ZqG45m4s

posted at 08:20:04

9月12日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

1898年の今日はアメリカの画家、ベン・シャーンが生まれた日です。彼はジャーナリスティックな視点をもち、第五福竜丸をテーマにしたシリーズ、フランスのドレフュス事件をテーマにしたシリーズなどが知られています。 #頬杖 pic.twitter.com/HcnWrrXSYS

posted at 08:10:04

2019年09月11日(水)7 tweetssource

9月11日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

あれを読んだか
これを読んだかと
さんざん無学にされてしまった揚句
ぼくはその人にいった
しかしヴァレリーさんでも
ぼくのなんぞ
読んでいない筈だ。
――山之口獏「博学と無学」

posted at 11:15:03

9月11日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

1862年の今日はオー・ヘンリーが生まれた日です。人間味あふれる短編をたくさん残しましたが、横領で逮捕され獄中から出版していたこともあります。オーは"O"なのですが、なぜそう名乗ったのかは不明です。 pic.twitter.com/C0NuYMJ8Ah

posted at 08:10:06

2019年09月10日(火)6 tweetssource

9月10日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

【再掲】ジョルジュ・バタイユが1936年に発行した季刊雑誌アセファルの初号。特集は「聖なる陰謀」です。合理的な世界を拒んで陶酔を追い求めることについて書かれています。内部分裂もあり、結局4号しかでませんでした。 pic.twitter.com/I5TTKpuJw2

posted at 11:50:02

9月10日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

1897年の今日はフランスの哲学者、ジョルジュ・バタイユが生まれた日です。古文書学校を経てパリ国立図書館の司書となり、死とエロスを軸に作品を書き続けました。 三島由紀夫は自決直前、バタイユに一番親近感を持っていると語っています。 pic.twitter.com/aKkjDFiYju

posted at 08:10:05

2019年09月09日(月)5 tweetssource

9月9日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

19世紀末に起こったキリスト教アナキズムの一種、トルストイ運動に触発されたマハトマ・ガンディーは、南アフリカのヨハネスブルク近郊に「トルストイ・ファーム」というコロニーを設置しました(写真)。 pic.twitter.com/QGPNVULMq5

posted at 19:30:16

9月9日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

トルストイは34歳で18歳のソフィアと結婚します。死の直前、トルストイは妻を近づけるなと言ったと言われ、ソフィアは三大悪妻の一人と言われていますが、家庭を顧みなかった彼と十数人の子供を育てるには現実的になる必要があったのかも。 pic.twitter.com/c5jRh1nnNi

posted at 18:50:05

9月9日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

ベンジャミン・フランクリンの13の美徳に触発され、トルストイは自分が守るべきルールの長いメモを作っていました。10時に寝て5時に起きるとか、甘い食べ物は避けるとか、しばしば守れないこともあったようですがそれも記録していました。 pic.twitter.com/BxZ90T8H4L

posted at 11:50:02

9月9日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

1828年の今日はロシアの小説家、レフ・トルストイが生まれた日です。 彼は現代英米作家125人の投票により選ばれた、世界文学オールタイム・ベストの1位「アンナ・カレーニナ」の冒頭を17回書き直したといいます。 pic.twitter.com/nMwx11pOxl

posted at 08:10:03

このページの先頭へ