情報更新

last update 04/22 01:45

ツイート検索

 

@aishokyo
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

Stats Twitter歴
1,341日(2015/08/21より)
ツイート数
7,152(5.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年04月20日(土)1 tweetsource

2019年04月13日(土)1 tweetsource

2019年04月06日(土)1 tweetsource

2019年03月30日(土)1 tweetsource

2019年03月23日(土)1 tweetsource

2019年03月16日(土)1 tweetsource

2019年03月09日(土)1 tweetsource

2019年03月02日(土)1 tweetsource

2019年02月23日(土)1 tweetsource

2019年02月16日(土)1 tweetsource

2019年02月09日(土)1 tweetsource

2019年02月02日(土)1 tweetsource

2019年01月26日(土)1 tweetsource

2019年01月19日(土)1 tweetsource

2019年01月12日(土)1 tweetsource

2019年01月05日(土)1 tweetsource

2018年12月29日(土)1 tweetsource

2018年12月25日(火)1 tweetsource

2018年12月18日(火)1 tweetsource

2018年12月08日(土)1 tweetsource

2018年12月07日(金)4 tweetssource

12月7日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

与謝野晶子の12人の子供の名前:
長男・光(ひかる)
次男・秀(しげる)
長女・八峰(やつを)
次女・七瀬(ななせ)
三男・麟(りん)
三女・佐保子(さほこ)
四女・宇智子(うじこ)
四男・アウギュスト
五女・エレンヌ
五男・健(たかし)
六男・寸(そん)
六女・藤子(ふじこ) pic.twitter.com/9Vb2jBLfiN

posted at 11:50:03

2018年12月06日(木)4 tweetssource

2018年12月05日(水)4 tweetssource

12月5日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

1869年の今日はアメリカに作家、エリス・パーカー・バトラーが生まれた日です。銀行家として働きながら、パルプ誌全盛期に作家として活躍し、豚は豚、通信教育探偵ファイロ・ガッブなどの作品を残しました。 pic.twitter.com/cHmHCdIxjy

posted at 08:10:07

2018年12月04日(火)5 tweetssource

12月4日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

リルケの若き詩人への手紙は私を随分助けてくれたわ。この本がなかったら時々おかしくなっていたかもしれない。アーティストが誠実であろうとしたら、時折ある種の狂気の端にいるような気がするものなの。 マリリン・モンロー pic.twitter.com/iHYCdcLkA1

posted at 18:50:06

12月4日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

レディ・ガガの腕にはリルケの若い詩人への手紙の一節のタトゥーがドイツ語ではいっています。
「夜の最も深い時間に自分に尋ねなさい。もし書くことを禁じられたら死んでしまうかを。心を掘り下げ答えを探すのです。私は書くべきか?」 pic.twitter.com/3G4tmt3PkI

posted at 11:50:04

12月4日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

1875年の今日はオーストリアの詩人・作家、ライナー・マリア・リルケが生まれた日です。森鴎外による紹介から始まり、立原道造など四季派の詩人に影響を与えました。作品の他に膨大な書簡を残しています。 pic.twitter.com/NdC3i1JvGp

posted at 08:10:08

2018年12月03日(月)8 tweetssource

12月3日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

好きなものは、と訊かれたら、些の躊躇なしに、旅と酒と本、と私は答える。
――「草木塔」 種田山頭火『山頭火随筆集』(講談社文芸文庫)収録。

posted at 11:35:03

12月3日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

文学者の事業は強ひて文壇一般の風潮と一致する事を要せず。
元これ営利の商業に非らざればなり。
――永井荷風「矢立のちび筆」

posted at 11:05:03

12月3日

@aishokyo

愛書家日誌@aishokyo

人口あれば語る。人情あれば文をつくる。
春来つて花開き鳥歌ふに同じ。
皆自然のことなり。
――永井荷風「小説作法」

posted at 11:00:17

2018年12月02日(日)5 tweetssource

このページの先頭へ