情報更新

last update 02/19 21:14

ツイート検索

 

@ak_tch
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

Stats Twitter歴
2,909日(2012/03/05より)
ツイート数
11,281(3.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年02月19日(水)18 tweetssource

9時間前

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

クルーズ船の衝撃ですっかり忘れていましたが、チャールズ・マレー“Human Diversity”の紹介を明日配信のメルマガから始めます。「ジェンダー・人種・階級の社会構築主義」を根底から覆す本です。翻訳が出るとしてもずいぶん先なので、興味がある方はどうぞ。zai.diamond.jp/dpm/tachibana?

posted at 20:40:00

14時間前

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

メディアも問題で、クルーズ船への対応を感染症対策の専門家が実名で批判しているのに、「厚労省幹部」に匿名で反論させることをおかしいと思わないのだろうか。

posted at 15:05:04

15時間前

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

今回のクルーズ船問題で明らかになったのは、厚労省(というか日本の組織)は素人が支配しており、素人は専門知識がある人間がいると自分の権威がなくなるので、専門家(スペシャリスト)を排除しようとするということです。こうして事態は底なしに崩壊していきます。

posted at 14:45:35

15時間前

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

岩田健太郎さんの驚愕の告発で明らかになったのは、1)厚労省は感染症の素人の医師・看護師を船内に送り込んだ。2)感染が広がって管理不能になったので、事態を隠蔽しようとした。3)乗客を2週間以上拘束できないので、感染の疑いを承知のうえで全員を下船させようとしている、ということです。

posted at 14:32:42

15時間前

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

「感染症の専門家が対処し、クルーズ船内にも常駐している」というのなら、それが誰なのか名前を明らかにし、陣頭指揮をとるその専門家が乗客と国民、関係各国に事態を説明すべきです。

posted at 14:29:13

16時間前

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

1「若者は「ゼネラリスト」を求める企業を辞めるべき、これだけの理由」 www.sbbit.jp/article/fj/37574 がFinTechJournalにアップされました。偶然ですが、厚労省のクルーズ船への対応と重ね合わせて読んでもらうと、日本社会の病理がわかると思います。

posted at 13:01:06

2月19日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

クルーズ船の報道を見て「専門家はなにをしているのか」と思いましたが、1)厚労省が船内の惨状を知られるのを嫌って感染症の専門家の調査を拒んだ。2)それでも入った専門家は、一目で状況を理解したが、厚労省に忖度して沈黙した、ということのようです。よくわかりました。

posted at 00:18:26

2月19日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

クルーズ船の乗客は、SARSやエボラの感染地域より劣悪な状況で2週間も放置され、船内の医師や看護師は「自分が感染しても仕方ない」と思考停止しているとのこと。このまま政府と厚労省に任せておくと、今後は私たちが同じような目にあうことになります。

posted at 00:07:16

2月19日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

厚労省が考えているのは自らの失態を隠蔽することだけで、感染者がどれほど増えようと関係ない、ということのようです。とんでもない人権侵害で、日本は世界じゅうは批判されることになるでしょう。

posted at 00:00:27

2020年02月18日(火)8 tweetssource

2月18日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

先ほどのTweetは恥ずかしい誤植なので再投稿しました。コメントはこちらにしていただければ。

posted at 17:20:50

2月18日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

「サラリーマンは罠である」とこの20年いってきましたが、残念なことに、あらゆるところで予測が現実化してきています。

posted at 17:20:16

2月18日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

「サラリーンマンは罠である」とこの20年いってきましたが、残念なことに、あらゆるところで予測が現実化してきています。

posted at 16:53:05

2月18日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

年収1000万円を超える会社員は、16年分から給与所得控除が順次縮小されています。社会保障の財源が苦しくなれば、なりふり構わず、取れるところから取るしかありません。頑張って勉強して大企業に入り、出世して高収入のサラリーマンになるという人生設計は破綻しつつあります。

posted at 15:20:29

2月18日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

20年前に『黄金の羽の拾い方』で指摘したことが、予定調和的に現実化しています。これほど完璧に未来を予測できることはそうないと思いますが、それにもかかわらず新聞の1面に掲載されるニュースになることの方が驚きです。

posted at 15:14:58

2月18日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

日経2/18「介護保険料4月大幅値上げ」20年度から緩和措置がなくなるため、健保組合の介護保険料は1.78%まで上がる可能性がある。年収600万円の会社員は、介護保険料が2万8800円増、本人負担1万4400円が給与から差し引かれることになるそうです。

posted at 15:12:51

2020年02月17日(月)1 tweetsource

2020年02月15日(土)8 tweetssource

2月15日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

私のような門外漢がなにをいっても意味ないと思いますが、リベラルなメディアも、感染症の「専門家」も、この非人道的な措置を支持していたことは記憶しておくべきだと思います。

posted at 18:33:16

2月15日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

症状が出ないうちは感染のリスクは低いのだから、希望者全員を下船させて、国内居住者は自宅で待機、外国人の乗客は自分で航空券を手配して、空港まで送り届けて帰国してもらえばよかったのでは。

posted at 18:31:14

2020年02月14日(金)3 tweetssource

2月14日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

ただし現在の受給者は制度の対象外で、年金を減額されるのは現役世代から。『上級国民/下級国民』でも指摘しましたが、日本の政治は団塊の世代の既得権を守ることが最優先で、現役世代や若者が搾取される構図がますますはっきりしてきました。

posted at 15:37:10

2月14日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

日経2/14「終身年金支給抑制可能に」を一面掲載。このまま寿命が延びると企業年金の負担が増えるので、平均余命に合わせて支給額を減額できる仕組みを2021年度にも導入、とのこと。

posted at 15:37:10

2020年02月13日(木)14 tweetssource

2月13日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

山田太郎さん@yamadataro43にお招きいただいて、参院自民党の勉強会ですこしお話させていただきました。政治の役割は国民を幸福にすることではなく(どのような人生を選ぶかは本人の自由)、幸福のインフラをつくることだという話をしてきました。

posted at 20:42:08

2月13日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

「リベラル化する世界の中で日本の危機は「男女格差が大きく移民に不寛容」なこと、世界の危機は「核兵器」と「気候温暖化」への対応」 diamond.jp/articles/-/228 ジャレド・ダイヤモンド『危機と人類』をもとに、リベラル化する世界について書いてみました。

posted at 18:58:55

2月13日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

どこかが翻訳出版するかもしれませんが(大変そう)、せっかく読んだので、メールマガジンで内容を紹介していこうと思います。zai.diamond.jp/dpm/tachibana? 翻訳が出るとしても早くても1年後、値段も(註をすべて入れるなら)5000円くらいにはなると思うので、お得ですと宣伝しておきます。

posted at 13:53:02

2月13日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

1月末発売のチャールズ・マレー"Human Diversity: The Biology of Gender, Race, and Class"ようやく読了。タイトル通り、性差、人種(大陸系統)、階級格差には生物学的基礎があることを膨大なエビデンスによって明らかにする本です。

posted at 13:53:01

2月13日

@ak_tch

橘 玲@ak_tch

本日発売の『週刊文春』で「人はなぜ不倫をやめられないのか」というインタビューに答えています。例によって身も蓋もない話をしているので、ご興味があれば。

posted at 13:04:31

このページの先頭へ