情報更新

last update 12/01 17:45

ツイート検索

 

@akinaln
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

Stats Twitter歴
3,626日(2010/12/30より)
ツイート数
38,055(10.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年12月01日(火)1 tweetsource

2020年11月30日(月)10 tweetssource

11月30日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

今日の #あぜみ は「加害者支援、触法×障害」。かなり踏み込んだ話ができて本当に濃い時間だった...!立場が少し違うけれど、同じ問題意識を持っている方々、心強い。頑張ろう。

posted at 00:30:47

2020年11月29日(日)7 tweetssource

11月29日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

性差の日本史展。性差がいかに制度によって作られたものかがわかる。「女と男は遺伝子が違うから!脳の作りが!という人にぜひ見てほしい...遊女が商品化されるようになりそのあとの芸娼妓解放令後の自己責任論はあぁ、、、と。18歳の方の契約関係の書類や、遊女の日記、かなり衝撃。#ジェンダー展

posted at 19:50:53

11月29日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

これまでは所属している組織でやりたいことと求められていることのマッチングだけで、仕事が決まってたけど、最近は社会全体の中でやりたいことと求められていることのマッチングで仕事を決めるように変わった。それぞれの組織とマッチするところで手を組む。

posted at 12:04:03

11月29日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

実際に自分がやってみていろいろと学ぶタイプで、かつ、ずっと同じことをやり続けるのが超絶苦手なので、いろんな立場を経験したい。ということで来年は大学で非常勤で特別支援教育教えることになりました。

posted at 11:55:17

2020年11月28日(土)9 tweetssource

11月28日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

最近何やってるんですか?ってよく聞かれるので最近の仕事(本業)
①コンサル(園・通信制高校)、②司法-福祉の質的研究、③小学校でのペアトレ研究、④少年院でのペアトレ、⑤障害のある出所者支援、⑥小学校でのSWPBS研究、⑦企業でのD&I研修の効果検証、⑧個別の計画システム研究、あとは新規PJT構想

posted at 08:08:47

2020年11月27日(金)12 tweetssource

11月27日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

私は委員としていろんな人から意見を聞いて、現場をたくさん見て、考え抜いて、これまで意見をしてきたつもりですが、それも一側面でしかないです。やはりみなさんの声、そしてその声の数が多いことが重要です。ぜひお願いします。

posted at 22:54:28

11月27日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

残念ながらこの分野はニッチで予算もつきづらいし他のテーマと比べて関心が寄せられづらい。だからSNSでつぶやいているそのままで良いので、パブコメとしてぜひ提出してほしいです。

posted at 22:51:57

11月27日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

障害のある方の支援、性の問題が軽視されがち。未だに異性介助がまかり通っている実態があり、尊厳が奪われているにも関わらず、支援を受ける側であるために当事者が拒否できない構造もある。

posted at 12:17:48

2020年11月26日(木)2 tweetssource

2020年11月25日(水)7 tweetssource

11月25日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

多分次回から私だけで交渉する時は、見下されないための格好と化粧と靴を履いていってしまうんだと思う。そして「私はわかってますよ」アピールをたくさんしなければならないんだろう。こうやって名誉男性は生まれるんだろう。

posted at 13:35:57

11月25日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

本当は「年上男性に前に出てもらう」こと自体が女性軽視社会を助長してしまうので、やりたくない。でもクライアントさんのことを考えると、私のせいで交渉を失敗させるわけにいかない。本当にすり減る。

posted at 13:32:52

11月25日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

「誠実な対応」本来当然のことなのに、行政窓口の担当者や支援機関、医療機関はかなりガチャなので、支援がスムーズに進むことを目的とした場合、どうしても「年上の男性に前に出てもらった方が良い」と考えてしまう。こういうことの繰り返しで本当にすり減ってしまう。

posted at 13:30:17

11月25日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

私も先日交渉の際にかなりバカにされて説教されて、おそらく年上の男性同僚と一緒だったらそんなことはなかったんだろう、と思い、「次は交渉をうまくやるために男性同僚に前に出てもらおう」と思ってそうせざるを得なかった。結果次の人は私であってもとても誠実に対応してくれて安心した。

posted at 13:27:37

11月25日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

子どもを育てている保護者、行政や学校と交渉が必要な時、母親だと適当にあしらわれるが、父親だと交渉がうまくいく、先方の態度が一変する、とよく聞く。こういうところ本当に変えたい。

posted at 13:24:43

2020年11月23日(月)1 tweetsource

2020年11月22日(日)16 tweetssource

11月22日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

「社会課題を解決したいです!」って人が増えているのは当然嬉しい。ぜひ現場にどっぷり浸かってみたり、いろんな当事者とどんどん話をして学んでほしい。その上で自分の社会の中での立ち位置を振り返ってみることをおすすめしたい。

posted at 17:38:53

11月22日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

「社会課題」に関わる仕事に就くと、自分の社会の中での立ち位置と向き合わざるを得ない。自分が気付かぬうちに恩恵を受けてきたこと、社会の構成員の一員として助長してきてしまったこと、自分の加害性。これに向き合わずに関わる人の視点は上から目線にどうしてもなってしまう。

posted at 17:34:42

11月22日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

常に選択肢があり与えられてきた側で、でもその事実に気が付いていない人はどうしてもそれが溢れ出てしまう。「社会課題」に対し、一歩引いたところで、自分と地続きではなく、自分から切り離したものとして見てしまう。それが伝わってしまう。

posted at 17:31:41

11月22日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

刑務所から出てきた人の出所支援をした日にFacebook見て選民意識高めな投稿見ちゃったり、富裕層だからえらべるサービス開発について聞いたり見たりすると、かなりその差にダメージ喰らう。でもこの差を見続けなければならないと思う。どちらかを見て見ぬふりはしたくないのだよ

posted at 17:26:16

11月22日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

そして子どもの自己決定や意思表明のために大人ができることは?の問いに対して出てきた回答は全てこれまで出会った子どもたちから学んできたことだった。ありがとう。

posted at 16:10:55

11月22日

@akinaln

野口晃菜 Akina Noguchi@akinaln

応援している一般社団法人読み書き配慮さんにお声かけいただき、子どもの自己決定をテーマにした話題提供と鼎談の収録でした!元文科省発達障害調査官の方と高校生でディスレクシアの当事者である方との鼎談、ものすごく楽しかった!一月公開、楽しみにしててください! yomikaki.or.jp

posted at 16:03:30

このページの先頭へ