情報更新

last update 01/22 10:57

ツイート検索

 

@akitect
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

Stats Twitter歴
4,530日(2007/08/29より)
ツイート数
63,495(14.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年01月22日(水)3 tweetssource

4時間前

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

たまに自分を絶賛することがあってもよいけど当然いつもじゃなくていいし、「褒める=肯定」になっちゃうとベースが高度過ぎで持続不可能。強めの自己啓発で常時覚醒させでもしておかないとそりゃ「自分ダメかも」となりますわ。

posted at 08:41:23

4時間前

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

自己肯定感についてもうすぐ公開されると思われる対談でも同じことを話した。考えてみりゃ自己肯定感というあるのかないのかもわからない概念に我々翻弄され過ぎだよね、と。

posted at 08:35:24

2020年01月21日(火)13 tweetssource

14時間前

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

Facebookがいきなりすべてポルトガル語で表示されるようになってしまい、言語の設定を日本語に変更しようと思うも「できるだけ早く対応します」とか言って断固拒否されてしまう。。一体何事だ!

posted at 22:15:00

20時間前

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

もぐら会と猫町倶楽部のコラボ企画、マルクス読書会まであと1週間!労働について考えよう!課題範囲は35ページ!だからきっと読める!そして読んだってきっと理解できない!だがそれでいい!レクチャーがある!そして話せば多少わかった気になる!多少!だがそれでいい! twitter.com/tatsuya1965/st

posted at 17:00:58

1月21日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

私はまだ身近な人の死を経験していないから余計に、死後に実体を失った私がどんな風にみんなに言葉にされどんな風に思われどんな風に忘れられていくのか興味があるしそれを見てみたいけど死んでいるから見えないんだ

posted at 10:54:49

1月21日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

私が死んだときに「生前の明子さんとの間にこんなことがあった」と周囲の友人、知人、知らない人までが一斉に、ちょっといい話から根深い恨み話、くだらない話、昼のそして夜の暴露話まで、真偽不明のさまざまな小話をネット上にアップしてくれますように。一生をかけてその種まきに注力する。

posted at 10:50:25

2020年01月20日(月)8 tweetssource

1月20日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

今日は早朝から私にしてはよく働いており、カフェに入ってソファに座ると「ふぁ〜」と声が漏れた。数分後、隣の席にやってきた知らない人が、私と全く同じ声を上げて、ソファに腰を沈めていた。あなたのこと知らないけど、おつかれさま。

posted at 18:22:56

1月20日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

息子の中学の卒業式で、愛情の深いすてきな担任の先生から「息子さんの作品です」と糊付けされた封筒をもらった。表には◯◯様、と達筆な宛名まで。中には、息子が描いた虹色の男性器のイラストが。。

posted at 12:58:39

1月20日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

娘が小1の頃の面談で、担任の先生に「昼休みには滑り台の上に一人で座っていることが多いです。何をやってるの?と聞くと、俳句を詠んでると言ってました」という報告を受けて以来、まあ変わってる子だよなと思っていたけど、案の定学校生活に馴染まない立派な子に育ちました。

posted at 12:53:38

2020年01月19日(日)20 tweetssource

1月19日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

子供たちとご飯食べてお酒飲んでたら急激に楽しくなってカラオケに、来ちゃった。。💓バスに乗るか微妙な距離を歩くことに決めたら、目的地まであと一歩というところでバスが後ろから猛追かけてきて、追い越されたらシャクなので子供たちと3人で全力疾走で逃げ切った。私たちは勝利した。

posted at 20:34:04

1月19日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

それから今日は、もぐら会で作る本、通称もぐら本の中身がついに決まりました。乗り合わせた電車の中で、居合わせたカフェで、道端で、名もなきあなたと、名もなき私が、ただ一人のあなたと、ただ一人の私になる。もぐら会はそんな場所だから、そんな本を作ります。

posted at 17:32:50

1月19日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

暇なときは先のことを気にして不安になる一方、忙しいときは目の前のことをこなすだけで精一杯、しかも気を抜けばすぐ準備不足に陥ってしまう。今はこれを考える、次にこれを考えるとうまく視点を今から次の今にシフトさせていきたいけれども、それがうまくやれたとして効率厨な自分に陶酔したくないし

posted at 16:23:30

1月19日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

今日のお話会ではあらためて、もぐら会で出会うみんなが愛おしく、大切な存在だなぁと思った。ずっと幸せでいて欲しいけど、ずっと幸せな人生に奮い立つほどの喜びはたぶんない。喜びまでの助走の時間は当然苦しいから、勇気を出して走り出した人に伴走する者たちでありたいな。

posted at 15:14:02

2020年01月18日(土)23 tweetssource

1月18日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

“結局のところ、我々日本人は便利さを享受することに慣れている。それがお互いに首を絞めあいながら達成したものだとしても。そして、誰かに迷惑を掛けることには慣れていない。”
そうなんだよなぁ。もっと余裕のある社会に、と思うけど家族が瀕死のときに救急車がすぐに来ないことを許容できるか。。

posted at 17:11:52

1月18日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

母が私のお勧めした『三つ編み』を買って読んでくれたそうで、「よかったぁ。。」としみじみと語ってくれた。嬉しかった。読む人の年齢も国籍も居住地域も問わず、深く心に訴えかける物語の力。

posted at 16:00:17

1月18日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

以前『アナと雪の女王』の主題は「ありのままの自分で生きよう」ではなく「人は一人では生きてはいけない」だというコラムを読んだ記憶。。違う特性を持つ個々が、それでも離脱してはいけない、という話だったとしたらすごくふに落ちるし先見の明があるなぁ

posted at 14:11:19

1月18日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

よく言う、「最初に好きになった理由が嫌いになる理由になる」も、相手を肯定したい気持ちが先立つ間は、相手の理解できない点をなぜか許容できる気持ちになるのだけど、相手を肯定したい気持ちが失われると「理解できない」だけが残るということだね

posted at 11:22:31

1月18日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

空気のような存在になる、はさておき、はなから理解できないはずの相手を本当はそんなことないのに理解したような気になり、許容できる、と感じるだけで相手が特別なパートナーとなり得るのだから多様性ある社会の基本思想「わからない相手をわからないまま許容する」もやっぱりかなり難しい

posted at 11:17:53

1月18日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

そういう意味では、「空気のような相手」っていうのは相手がそこに存在することを頭も心も体も完全に許容している。異分子ととらえず「私=あなた」という状態なんだろう。

posted at 11:13:32

1月18日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

でも、付き合いが長くなり相手に不満を溜め込むと、相手を肯定したい気持ちは失われ、しかし人の会話はロジックで噛み合うものという幻想だけが残り、それまでと同じように(自分的にはロジカル、でもよくよく考えるとそうでもない)話をしても通じないどころか粗を探し合う泥仕合いに陥ってしまうかも

posted at 11:06:03

1月18日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

この記事をたくさん読んでいただく中で私も改めて考えてみたんだけど、長く付き合ってロジカルな話が無意味になるわけではなく、そもそもロジカルだと思っている私達の会話のほとんどが大してロジカルじゃないのかもしれない。付き合いが浅いうちは相手を肯定したい気持ちが先立つからそれでも通じる。 twitter.com/akitect/status

posted at 11:06:00

1月18日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

世の中には器用に生きてる人なんてほんとは誰もいないんじゃないかと思う。否定も肯定もされない、ただ複数の人が黙って聞いている。そんな中でこそ、自分が言葉にしたかったこと、外に出したかった思いをすっと出せたりもする。

posted at 09:15:32

1月18日

@akitect

紫原明子(しはらあきこ)@akitect

過去に何度も書いてるけれども、もぐら会のお話会は誰かが自分のことを話すのを黙って15人分くらい聞いて、途中で自分が話すもの聞いてもらうという、ただそれだけの集まり。なのに不思議と退屈せず、いろんな発見がある。自分の心のバリアが緩みリラックスしたり、短編映画を見るような面白さもある

posted at 09:11:14

このページの先頭へ