情報更新

last update 03/25 02:49

ツイート検索

 

@amc_corporation
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

  • 1フォロー
  • 173フォロワー
  • 5リスト
Stats Twitter歴
425日(2018/01/25より)
ツイート数
4,334(10.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年03月23日(土)13 tweetssource

3月23日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

日米国債名目利回り及びそのスプレッド、そしてドル円レートとの関係です。此処13営業日のスプレッドは縮小傾向。此処90営業日(以降"対象期間"、日付はチャート中に記載)におけるそれぞれの利回り(スプライン補間後)のスプレッドとドル円レートとの関係を確認しますと(有意水準5%)、 pic.twitter.com/wAByLkNI5q

posted at 20:05:32

3月23日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

米ドルの対各国通貨年初来騰落率一覧です。3月18日時点における2019年の年初来騰落率について、比較45通貨のうち最もドル高進行は対アルゼンチンペソ。5.83%のドル高ペソ安。逆に最もドル安進行は対ルーブル。7.72%のドル安ルーブル高。人気避難先通貨の円とフランに対しては年初比プラス(ドル高)。 pic.twitter.com/HkOdIw4iEJ

posted at 19:56:55

3月23日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

ベーカーヒューズから公表されました米国内掘削リグ稼働数です。22日迄の週の掘削リグ稼働数は石油が9基減少して824基、天然ガスは1基減少して192基。掘削リグ稼働数の州別1位と2位はテキサス州とオクラホマ州のパーミアン盆地。 pic.twitter.com/VDOonWdNMT

posted at 19:38:29

3月23日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

続いて米国債ポジション。2年、5年、10年及び30年いずれもネットショート。2年、10年、30年はネットショート減少。5年はネットショート増加。10年と30年は3週連続でネットショートが減少しています。金属ポジションはパラジウム、プラチナ、銀、銅、金いずれもネットロング。パラジウム、 pic.twitter.com/XxcyOn8XSf

posted at 19:32:20

3月23日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

投機筋の先物ポジション、いわゆるシカゴ筋ポジションです。始めに通貨ポジションから。3月19日締め分のG7通貨ポジションは円、ユーロ、ポンド、加ドルいずれもネットショート。円、ユーロ、加ドルはネットショート増加。ポンドはネットショート減少。円は5週連続でネットショートが減少しています。 pic.twitter.com/lY6X7OP8yS

posted at 19:32:19

2019年03月22日(金)40 tweetssource

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

前日(翌日、ラグ1)とにはプラスの有意な(ゼロではない)線形相関が出るようです。当日同士分のみ詳細に確認しますと有意な負の回帰係数が表れていますので対象期間中は「空売り比率が上昇した日に日経は下落する傾向にあった」(又はその逆。因果の有無は不明)、と言えそうです。 pic.twitter.com/iIAIcOscvx

posted at 18:18:11

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

本日22日、日経平均株価構成銘柄のうち前営業日比上昇は145銘柄、同下落は70銘柄、変わらずは10銘柄。225銘柄のうち上昇銘柄の割合は約64%。ダブルスコアで上昇が下落を上回っていますが何せ臨床試験中止の1社が16.55%の下落。指数が引きずられましたね。 pic.twitter.com/7jK0GABMsI

posted at 18:09:31

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

本日22日の日経平均は前営業日比18.42円、0.09%で引けました。2連騰ですが5日振りの日足陰線。米国主要6指数上昇で迎えた割には盛り上がりに欠けましたね。さて今夜の関心事の1つは米国市場が『北朝鮮、開城の南北共同連絡事務所から撤収』にどう反応するかでしょう。
jp.reuters.com/article/nor-ko pic.twitter.com/IenYdZJrAM

posted at 18:03:27

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

個人と海外投資家の反対売買は9週連続。個人が売って海外投資家が買う、個人が買って海外投資家が売る商状が続いています。また海外投資家の現物売り越し、先物買い越しは7週連続。現物が売り続けられているのは「現状の日本経済に現物を抱えるほどの長期的期待は持てない」という事なのだろうか?

posted at 15:27:29

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

最後は現物と日経225先物,日経225mini,TOPIX先物,ミニTOPIX先物,JPX日経400先物,マザーズ指数先物の合計です。3月第2週の総計は224億円の買い越し、2週振りの買い越し。海外投資家は276億円の買い越し、2週振りの買い越し。個人は1575億円の売り越し、2週振りの売り越し。これで、 pic.twitter.com/Op1shvBVXi

posted at 15:27:28

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

今し方公表されました投資部門別株式売買状況の推移です。始めに現物から。3月第2週の総計は134億円の買い越し、7週連続の買い越し。海外投資家は5062億円の売り越し、7週連続の売り越し。個人は1281億円の売り越し、2週振りの売り越し。 pic.twitter.com/olG71Tuejo

posted at 15:05:08

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

MSCI指数の推移です(20日分まで)。比較6指数のうち20日に年初来最高値を更新した指数はありません。なお年初比最低上昇率のEAFE(Europe、Australia、Far east)でも+10.27%、3月中旬以降は6指数いずれも上昇傾向にありリスクオンセンチメントの火は消えていないようです。 pic.twitter.com/3FmIeX39kR

posted at 12:27:53

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

外国為替公示相場の推移です。本日22日、比較32通貨のうち前営業日比で円安進行は2通貨のみ。円安進行率トップは南アフリカランド。1.17%の円安ランド高と跳ね上がりました。ドル円より円高進行は5通貨のみですのでドル安も進行しているようです。なお円高進行率トップは「もちろん」ポンド。 pic.twitter.com/1wq0XqFAq1

posted at 12:10:08

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

先程公表されました証券売買契約等の状況です。10日の週の
海外投資家
- 株式・投資ファンド持分:1兆5889億円の処分超、7週連続売越
- 中長期債:4016億円の取得超、8週連続買越
国内投資家
- 株式・投資ファンド持分:4509億円の取得超、2週連続買越
- 中長期外債:5716億円の処分超、7週振りの売越 pic.twitter.com/wl3fDZavrZ

posted at 09:10:24

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

1)CCFには9ヶ月後に有意な負の相関係数あり(。。。?)、2)「MBからコアコアCPIへのグレンジャー因果無し」は棄却、3)ショックから4、16ヶ月後に有意な正のインパルス応答あり。少なくとも2016年3月から2019年2月迄のマネタリーベースと日銀版コアコアCPIは無関係では無いようです。 pic.twitter.com/PpcsfTb6vC

posted at 09:04:26

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

マネタリーベースとCPIの関係です(共に前月比。有意水準5%)。始めにコアCPIとの関係を見ますと1)ラグ15までのCCFに有意な相関見られず、2)「MBからコアCPIへのグレンジャー因果無し」は棄却されず、3)ショックから4、16ヶ月後に有意な正の応答あり。次に日銀版コアコアCPIとの関係を見ますと、 pic.twitter.com/vKJf9euZTL

posted at 09:04:25

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

昨日21日迄のダウと日経平均(前営業日比。対象期間はチャート中。有意水準5%)の、
1)CCF
2)グレンジャー因果
3)インパルス応答
です。結果は、
1)ラグ-1(翌営業日)に有意な相関あり
2)「ダウから日経平均へのグレンジャー因果なし」は棄却
3)ダウのショックに対して翌営業日の日経への有意な応答あり pic.twitter.com/zE4UWxedm4

posted at 07:13:55

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

総理毎の日経平均OHLCです。20日の日経平均前営業日比は42.07円、0.2%(年初比は10.00%)。昨日の米国はリスクオンセンチメント優勢。休場明けの本日、2278日目の安倍内閣は流れに棹差し上髭を剃ることができるでしょうか?2時間後に賭場は開帳します。 pic.twitter.com/BEV68fzZkZ

posted at 07:00:23

3月22日

@amc_corporation

MitakeMichio/三竹道雄@amc_corporation

フィラデルフィア半導体株指数の推移です。21日の前営業日比は3.5%、年初比は23.73%。こちらはお祭り騒ぎの1日となりました。年初来最高値を更新し実体の厚い月足陽線。6種のMA全てに対して上方乖離とイケイケセンチメントで引けています。 pic.twitter.com/93tHgL4KqL

posted at 06:52:59

このページの先頭へ