情報更新

last update 09/19 02:45

ツイート検索

 

@antidisaster
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@antidisaster

災害担当記者のつぶやき@antidisaster

Stats Twitter歴
3,627日(2009/10/15より)
ツイート数
36,981(10.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年09月13日(金)1 tweetsource

2019年09月11日(水)1 tweetsource

9月11日

@Beniya_Shohei

紅谷昇平@Beniya_Shohei

今後、千葉県で起こりそうなこと(大阪で昨年起こったこと)
・一部損壊が多い割に全壊が少ないため、被災者生活再建支援法が適用されない
・一部損壊に対して自治体が独自の支援制度をつくる
・屋根へのブルーシートかけ、修理をしてくれる工務店が足らない(そのうち、ぼったくり業者も来たりする)

Retweeted by 災害担当記者のつぶやき

retweeted at 18:51:18

2019年09月10日(火)1 tweetsource

2019年09月09日(月)6 tweetssource

9月9日

@TBSNEWS6

TBS NEWS 防災@TBSNEWS6

【停電情報】東京電力によりますと、午前3時半現在、東京電力管内で36万軒あまりが停電中。
千葉県内でおよそ18万3300軒、
神奈川県内でおよそ13万500軒、
静岡県内でおよそ4万2700軒、
埼玉県内でおよそ5700軒、
東京都内でおよそ3100軒、
山梨県内でおよそ900軒となっています。#台風15号 #停電

Retweeted by 災害担当記者のつぶやき

retweeted at 04:05:41

9月9日

@antidisaster

災害担当記者のつぶやき@antidisaster

千葉(千葉市中央区)で午前4時28分に最大瞬間風速57.5メートル、最大風速35.9メートルを観測。どちらも観測史上1位を更新。
気象庁の予想、関東地方の最大瞬間風速60メートルがほぼ当たってるけど…それにしても驚く風の強さだ。

posted at 05:22:39

9月9日

@antidisaster

災害担当記者のつぶやき@antidisaster

強い台風15号の接近・上陸で千葉県を襲った暴風は「観測史上最大」のオンパレード。やはり半端ではなかった。
中でも、太平洋沿岸ではなく東京湾奥に位置し、県庁所在地の千葉市で観測された57.5メートルは衝撃的。
※画像は気象庁の表(最新の気象データ)をもとに加工したもの。 pic.twitter.com/8nz5mlU54v

posted at 12:26:27

2019年09月08日(日)13 tweetssource

9月8日

@antidisaster

災害担当記者のつぶやき@antidisaster

「首都圏を含め、記録的な暴風となるおそれがあります」

「記録的な暴風」は、関東地方に上陸する台風で、過去最大に匹敵もしくは上回る風速が観測される可能性があることを示す気象庁の言葉遣い。
<台風第15号の今後の見通しについて(9月8日)>気象庁ホームページ
www.jma.go.jp/jma/press/1909

posted at 12:20:26

9月8日

@antidisaster

災害担当記者のつぶやき@antidisaster

重要。
気象庁・中村直治予報官「現在、日曜日の午後で晴れているということで安心されている方も多いかと思いますが、夜になると台風の接近とともに一気に世界が変わってきます。(略)明るいうちにベランダの飛びそうな物を仕舞っておくとか雨戸を閉めるとか、暴風に対する備えをしていただきたい」

posted at 12:24:16

9月8日

@antidisaster

災害担当記者のつぶやき@antidisaster

あす9日(月)朝の首都圏の通勤・通学はどうなるのだろう。「午前中は無理に出社・登校に及ばず」という判断もありかと思うのだが。
そして台風が通り過ぎた後の関東地方には猛暑・酷暑が待ち構えている。明日の予想最高気温は東京都心で35℃、群馬・前橋と埼玉・熊谷が36℃(!)気温上昇にも注意を。

posted at 14:33:57

9月8日

@arakencloud

荒木健太郎@arakencloud

関東の皆様にお願いです.台風に万全に備えて下さい.これから台風15号通過に伴い本当に危険な状況になります.日中の穏やかな空が一変,多くの方が経験した事のないような最大瞬間風速60m/s(時速216km)の記録的暴風に.備えなしに「自分は大丈夫」と思わないで下さい.命を守る為に万全の対策を!! pic.twitter.com/QqwbtzQRVg

Retweeted by 災害担当記者のつぶやき

retweeted at 20:05:48

9月8日

@MasudaMasaaki

増田雅昭@MasudaMasaaki

台風15号はこのあと関東を直撃して、関東は急激に嵐になっていきます。

日付が変わる前~月曜の明け方(北関東は朝まで)が嵐のピーク。危険な暴風雨となりますので、できるだけ安全な場所で過ごしてください。

屋内ではなるべく窓から離れて、停電対策を。 #台風 pic.twitter.com/iv7EkxkPYn

Retweeted by 災害担当記者のつぶやき

retweeted at 20:57:21

9月8日

@antidisaster

災害担当記者のつぶやき@antidisaster

「台風第15号は、非常に強い台風となり…」
台風15号、関東最接近しつつあるこのタイミングで中心付近の最大風速が40メートルから45メートルに増して「強い」から「非常に強い」に変わってる…
<台風第15号に関する情報 第61号 (位置)>8日21時50分発表
www.jma.go.jp/jp/typh/D20190

posted at 22:09:12

2019年09月05日(木)1 tweetsource

2019年08月29日(木)2 tweetssource

2019年08月28日(水)7 tweetssource

8月28日

@antidisaster

災害担当記者のつぶやき@antidisaster

九州北部の大雨について、きょうの気象庁の記者会見やレクの場で、「線状降水帯」に飛びつく、食いつく記者の何と多いことか。驚きを感じたのは、違和感を持ったのは自分だけ?
反応するのはもちろんありだけど、今回の大雨をもたらした大気現象の構成要素の一つに過ぎないのでは?それ本質なのかな?

posted at 16:08:07

8月28日

@Hiroking_0616

内山 裕幾@Hiroking_0616

「線状降水帯」という言葉は、記者が事象の説明のために使いやすい、人の耳目を引きやすい、わかった気になれるワードなのだろうなと。

線状降水帯は今回の災害の要素の一つかとは思いますが、発生場所の地形特性や発生時間も大きな要素。それも踏まえた上で言葉を使っていきたい。 twitter.com/antidisaster/s

Retweeted by 災害担当記者のつぶやき

retweeted at 18:11:45

8月28日

@antidisaster

災害担当記者のつぶやき@antidisaster

例えば今朝の記者会見では、予報課長から「九州の西海上、済州島の南、さらには上海沖付近から非常に発達した積乱雲が次々に押し寄せている状況が見られる」との説明もあった。自分は、線状降水帯よりも、そちらの大きな大気現象・動きの方がよほど気になった。
twitter.com/Hiroking_0616/

posted at 18:26:03

2019年08月27日(火)2 tweetssource

2019年08月26日(月)10 tweetssource

2019年08月25日(日)8 tweetssource

このページの先頭へ