情報更新

last update 08/20 08:38

ツイート検索

 

@ashibetaku
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

Stats Twitter歴
3,455日(2010/03/06より)
ツイート数
71,793(20.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年08月19日(月)5 tweetssource

13時間前

@satsuroku

根本尚@satsuroku

日下三蔵・編『鮎川哲也探偵小説選3』(論創社)を購入。
「祭りの夜の事件」は複雑。
初出に従ったのか、『少年探偵王』では修整されていた挿し絵のある部分(いわばミス)がそのままになっている。
問題編が掲載されるたびに、鮎川先生に犯人とトリックを指摘した手紙を送ってくる読者には笑った。 pic.twitter.com/FAGP7loV9R

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 21:52:11

2019年08月18日(日)13 tweetssource

8月18日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

アンソロジー「痛快文庫」は、老眼向けにややフォントを大きくすることと、キャッチコピーを「正義は勝つ!」にする以外、羽海野渉編集長@WataruUminoに任せようと思うが、おのおの方(誰だよ)はいかがでありますか。

posted at 23:19:59

8月18日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

……いかん、某編集氏から言われていたのだった。「若い人がツッコミに困るようなことをいうのはやめなさい」と。

posted at 04:01:31

8月18日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

ファンアート描きましたで! 「おいサキちゃん、おまはんは今を時めく若手ライトノベル作家の本ばっかり作って、あの人らが生まれる前にデビューしたわいらロートルは相手にせえへんつもりか。どやっ」 RT @WataruUmino: ファンアート、うれしい!「ファンアートください!」 twitter.com/nikuman_main/s pic.twitter.com/w7aROuPLl8

posted at 03:13:27

2019年08月17日(土)27 tweetssource

8月17日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

@yuki_natsuno_vt 唐突にお名前を出してすみませんでした。たまたま作ったVカツキャラ、夏乃さんの動画を参考にフェイスリグ移植を目指して楽しませていただきました。また拝見しますのでよろしく……。

posted at 18:37:09

8月17日

@yabukimao

森下真央@yabukimao

うおおおい今気づいたけどBookLiveでただし俺はヒロインとして第1話が無料キャンペーン中でしたよ!
ギャルゲ世界に行きたいと願ったギャルゲーマーが、手違いで主人公じゃなくてヒロインにされてしまうギャルゲ逆攻略コメディです! 1話だけでも読んでみてもらえると!
booklive.jp/product/index/

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 16:47:09

8月17日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

編集の羽海野渉氏@WataruUminoもバ美肉し大塚サキ嬢になられたと聞いて! わが芦辺探偵局の広報担当たるべき風谷逸(ふうたに・いつ)の人体錬成はただいま挫折中。何で右目を閉じようとすると、左目みたいにマツゲのメイン部分ではなくサイド(見えにくいが緑線部分)が動くんだよ。もう疲れたよ~ pic.twitter.com/FfY6CYcVkS

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 16:43:06

8月17日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

編集の羽海野渉氏@WataruUminoもバ美肉し大塚サキ嬢になられたと聞いて! わが芦辺探偵局の広報担当たるべき風谷逸(ふうたに・いつ)の人体錬成はただいま挫折中。何で右目を閉じようとすると、左目みたいにマツゲのメイン部分ではなくサイド(見えにくいが緑線部分)が動くんだよ。もう疲れたよ~ pic.twitter.com/FfY6CYcVkS

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 08:55:59

8月17日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

「作家に黒歴史などない!」が持論だが、ある人のご所望で16-18歳ごろの作品をコピーしつつチラ見してたら、うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん、これは……。

posted at 04:48:10

8月17日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

……というようなことを言っていた。今、ライトノベルやウェブ小説にも同様なことが言われているのだろうか。自由にやれという意味ではなく型に嵌まれという意味での「小説でなければならない」ならば、ケツ蹴飛ばして追い出してしまえ。僕なんかいまだに、その呪いの言葉に足をつかまれることがある。

posted at 04:41:09

8月17日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

辻真先先生への夏コミインタビュー本、座談自体はだいぶ前なので、自分の発言をすっかり忘れている。先生が小説を書き始めたころについて「『推理小説/SFもまた小説でなければならない』と言われた。でもそれは小説だから自由にやろうよということではなく、がんじがらめに縛ることを意味していた」

posted at 04:38:15

8月17日

@nanko_kyokudou

旭堂南湖(講談師)@nanko_kyokudou

「怪談ランチ/継承」について。前からやってみたいと思っていたことがありまして、題して「怪談ランチ/継承」です。「怪談グランプリ」「OKOWA」のようなコンテストは独特の緊張感があり、また自分の修練の成果を発表できる素晴らしい機会ですから好きですし、これからも出場したいと思っています。

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 01:25:59

8月17日

@motoofficial

ふくだもとこ@オフィシャル@motoofficial

「だから出たらすぐ買ってくれれば」という声があるかもだけど、「そうしていたのに続きが出なくなった」からなおさら悲しんでいるわけです。

そしてこれがこの数年で「裏切られたと思わない=期待していない」レベルになっていて(作家さんにではなく出版社に対して)ほんと…

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 01:15:53

8月17日

@motoofficial

ふくだもとこ@オフィシャル@motoofficial

→商業だから売上は大事というのはわかる。
でもそれを理由に読者を裏切る(結果としてそうなっている)ことを繰り返したらその先になにが待っているか…

「業界が大変」と言う理由ならなおさら、読んでくれる人の方を見ることをやめたらもっと大変になるんじゃないかと。

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 01:15:48

8月17日

@motoofficial

ふくだもとこ@オフィシャル@motoofficial

以前もつぶやいたけれど、うちのマンガ教室の生徒さん達の多くが言っていた言葉

「面白いマンガの単行本を買っていても、それが完結しないで終わることが何回かあって怖くて悲しくて…今は本当に完結するか信じられないから、好きな本ほど買うのが怖い」

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 01:15:44

8月17日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

編集の羽海野渉氏@WataruUminoもバ美肉し大塚サキ嬢になられたと聞いて! わが芦辺探偵局の広報担当たるべき風谷逸(ふうたに・いつ)の人体錬成はただいま挫折中。何で右目を閉じようとすると、左目みたいにマツゲのメイン部分ではなくサイド(見えにくいが緑線部分)が動くんだよ。もう疲れたよ~ pic.twitter.com/FfY6CYcVkS

posted at 00:11:24

2019年08月16日(金)45 tweetssource

8月16日

@macchiMC72

松田未来 夜光雲のサリッサ コミックリュウWEBで連載中!@macchiMC72

いまでは作品の告知作業は作家へのアウトソーシングという名の丸投げで、欲しい本を取り寄せるシステムは相変わらずの遅さである。かろうじてネット上注文→書店受け取りの取り寄せシステムがあるのだが、そもそも出版社がその存在を宣伝すらしない。
商売する気があんのか?と言いたくなる現状だ。

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 18:40:43

8月16日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

アンソロジーとか雑誌のテーマ競作とか見てると、求められているもの(「密室」とか○○オマージュとか××要素を入れるとか)をギリギリ言い訳のつくところまで外す作家がいるのが面白い。課題本を読まずに題名や解説文の言葉の切れっ端からこじつけて感想文を書く自慢をしていたクラスメートを思い出す

posted at 16:51:45

8月16日

@gamayauber01

James F.@gamayauber01

「中国人慰安婦」といっても民族的には朝鮮族など少数民族も多い。黎族の人が出てきたので調べてみたら黎族の犠牲者も多いのね。

日本軍と戦った女性レジスタンスを捕まえて拷問の末「慰安婦」にしてしまう例もあって「ビジネスの売春」と言い張る日本人を世界の人がどんな眼で眺めているか判ります twitter.com/gonshoken2012/

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 15:59:07

8月16日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

@WataruUmino 何か自主出版の企画などありましたら(現にあるのですが)相談させてください。一度お目にかかりたいですが、とにかく『失恋文庫』という最新の成果を拝見しないことには軽々なことも言えません。

posted at 15:23:20

8月16日

@uso800_sisigami

獅子神タロー@COMITIAぬ09b@uso800_sisigami

で、英国に住む女性のインタビューが面白い。日本人が英国のEU離脱に関心が高いのは「他人の不幸が楽しいから」だと。日本も殆ど経済成長してなくて貧困化が進んで大変だけどあの国はもっと大変だからと自分の国の現状から目をそらしているのでは?と指摘している。貧すれば鈍するの典型か。

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 14:59:32

8月16日

@nycity1022

Naohiko Yamaguchi@nycity1022

細々と個人文筆業を開業しているので
別件のついでに国税局電話相談センターに問い合わせてみた所「執筆側から出版社に対し請求書を発行することがなく、印税契約書のみで一方的に印税が振り込まれるならばインボイス制度の影響はない」らしい。制度が複雑なので継続して調べますが… twitter.com/k_tax/status/1

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 14:06:52

8月16日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

@WataruUmino 別のところでも書きましたが、重版はリスクを伴うものですから、本来はおいそれとお願いできない筋合いのものです。にもかかわらず英断をしていただいたことに感謝します。今度こそも落とさないようにしなくては……。

posted at 12:47:02

8月16日

@mangaryukyu

ゆる琉球史マンガbot@単行本発売中@mangaryukyu

沖縄でなかなかわかってくれないことは、日本史で奈良時代と江戸時代の服装や髪形が全く違うように、古琉球と近世琉球ではその習俗も大きく異なること。しかし古琉球でビジュアル化されるのは全て近世期。しかも組踊の衣装で登場するとか。例えると足利尊氏が歌舞伎の恰好で大河ドラマ出るようなもの。

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 11:37:27

8月16日

@Cesar_Borgia1

チェーザレ・ボルジア@Cesar_Borgia1

蟷螂の檻は人間関係がどろどろに交わってて家庭内暴力から口に出せない反倫理的で退廃的なことまでしてるから闇深い作品でもいける!むしろ好きって人にすすめたい
奇譚を売る店は読んでる途中だけど「帝都脳病院入院案内」「妙齢可憐ノ脳病患者(妄想狂)」こんな言葉にときめく人におすすめ

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 03:46:40

8月16日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

@SagamiNoriaki アーカムハウスが予約制を取ったのは、ウィアードテールズなどの雑誌に載ったまま散逸した作品を単行本化したため、読者はすでに内容を知っていたわけです。新作中心だと予約制は難しいでしょう。

posted at 03:32:39

8月16日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

@WataruUmino ご懇切なお返事感謝です。このようなお尋ねをしたのはわけがありまして、プロアマ作家を問わず自主的な本作りをするとき最大のネックになるのは優れた「編集」の不在です。当方が羽海野さんのお仕事を拝見し、そちらもそうしたことに興味がおありなら何かご相談したいなと考えたのでした

posted at 03:00:18

8月16日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

@elisadrinker 20世紀初頭のファントマシリーズの変装も、ああいった舞台化粧めいたものです。読者も作者も想像力が演劇的だったということでしょう。いずれ論じたいテーマです。

posted at 02:58:47

8月16日

@WataruUmino

羽海野 渉?(大塚 サキ)@WataruUmino

@ashibetaku 商業のライトノベルではアンソロジーというものがあまり売れない現状があります。それでも短編を発表して、新たな読者を獲得してほしい。そういう気持ちから今回は『失恋文庫』を編みました。ですから、C93の時とはまた異なる気持ちで作ったアンソロジー(敢えて合同誌と言いませんが)になっています

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 02:45:25

8月16日

@WataruUmino

羽海野 渉?(大塚 サキ)@WataruUmino

@ashibetaku 2年前の冬コミで頒布した時はまだただの一オタクだったのですが、今回はプロの編集ライターになってから初のコミケということがまず大きいです。なので『失恋文庫』に関しては同人誌というよりも、商業作家のテーマアンソロジーを作りたいという意思を前面に作ったもの、だと思います。(続きます)

Retweeted by 芦辺 拓

retweeted at 02:45:24

8月16日

@ashibetaku

芦辺 拓@ashibetaku

「並んでまで買う値打ちのあるものなどこの世にはない」「読みたい作品が手に入らなければ自分で創れ」がモットーの僕としては、ここでいさぎよくあきらめるべきですかな。

posted at 02:45:09

このページの先頭へ