情報更新

last update 05/25 15:29

ツイート検索

 

@azzurro45854864
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

  • 240フォロー
  • 215フォロワー
  • 11リスト
Stats Twitter歴
485日(2017/01/27より)
ツイート数
41,148(84.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年05月25日(金)4 tweetssource

20時間前

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@ShindyMonkey 私もずっと太宰を毛嫌いしてきたのですが、ある日読んでみて文章の凄さに驚きました。まずあの句読法、フレーズ毎に映像がポップアップしてくるんですよね。文章でマンガ等の視覚メディアと同じ効果を出せる人。今でも敬遠作家ですが、文豪怪談傑作選に太宰巻もあったんですね。読んでみよう。

posted at 05:06:21

2018年05月23日(水)3 tweetssource

5月23日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@atoreides 多分そうだと思います。そして、そういう関心は三島と祖母との関係からかと。このことは、鏡リュウジ氏と鎌田東二氏の往復書簡からの受け売りですが。私もそうなのですが、お二人ともお祖母ちゃん子だったそうで、自分達のそういう世界への関心の原因を祖母との関係に見ていました。

posted at 00:18:31

5月23日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@atoreides 三島に世界の向う側が見えなかったのではないかと思っている理由は、三島の文体のためもあるかも知れないのですが、そういう世界さえも概念化して書いてしまうからです。川端なら直感的に断片的でも書くのに、三島は書ききってしまうからです。向う側はそんなに明確に見えるはずがないのではないかと。

posted at 00:00:07

2018年05月22日(火)5 tweetssource

5月22日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@atoreides 余りに人口に膾炙した見方で今更ですが、三島と太宰は資質が本当に似ていたのだと思っています。似ている人間を見ると、自分の嫌な所ばかり見せられているようで、批判に傾きがちですよね。

posted at 23:42:55

5月22日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@atoreides 中井英夫が近代の作家で本当に幽霊が見えたのは、鏡花と川端康成だけだと書いていたけど、川端にはそんな資質があったのでしょうね。世界の向こうの描き方から、三島の方は多分そんなものは見えなかったのではないかと私は思っています。三島がそのような世界に関心をもったのは祖母との関係からか。

posted at 23:30:10

5月22日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@atoreides 三島は太宰の作品自体は概ね評価していたのではないでしょうか。自身のコンプレックスへの向き合い方に批判的であったので、太宰の作家としての才能自体は、当時の知的な文学志望者同様に関心があったのではないかと。太宰は当時の文学の最前線だったのだから。

posted at 23:18:07

5月22日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@camomille0206 精読を積み重ねていくことによって、後に早く読めるようになっても細部へ自然に浸透していく意識のあり方を訓練しているんでしょうね。ネイティヴなら生活の中で長年かけて獲得するものを、外国人が意識的に効率的に獲得する最も有効な方法の1つなのでしょうね。

posted at 22:51:13

5月22日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@ogawa_kimiyo @t_tsukiori ワイエスの絵を少しでも見ていたのは私が随分若い頃だったのですが、その時でもなぜかワイエスは遠い昔の人だと思い込んでいたような。今回思ったのは、私は作者に関心をもつことがほとんどないなでした。元々関心の範囲がすごく狭い人間なのに、人に薦められた展覧会や本で知識が殖えてきたんだなあと

posted at 22:37:28

2018年05月21日(月)9 tweetssource

5月21日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@tokoyo @kentaro666 西洋綴りのhがロシア語で頻繁にgに変えられているのは、ロシア語学習者なら誰でも知っているはずなのに、子供の頃怪獣映画に夢中になっていたロシア語学習者がなぜそのことに言及しなかったんでしょうね。

posted at 22:10:32

5月21日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@t_tsukiori @ogawa_kimiyo 2009年なんですね。私も数ヶ月前日曜美術館で特集されていたときも20世紀半ば頃に亡くなっている人だと思い込んでいました。公民権運動以前の少年時代、親に反対されても黒人達と親しかったり、身体障害者への上から目線でない眼差しなど、日曜美術館で教えられました。

posted at 19:42:03

5月21日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@ogawa_kimiyo クリスティーナって、ワイエスの近所の方で足が不自由で遠くに見えるワイエスの家まで這って行こうとしているんですよね。数ヶ月前『日曜美術館』の特集で観るまで知らなかったです。

posted at 15:09:54

5月21日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@pigserpent @kentaro666 情報ありがとうございます。私が見たのは多分『少年マガジン』だったと思うのですが、後に『宇宙船』にも同様の記述があったんですね。それに今回ギリシア神話のヒュドラがロシア語でギドラだったことも思い出させて戴いたので、やはりキングギドラはロシア経由だったんだという想いを強くしました。

posted at 14:57:37

5月21日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@kliocity 日曜美術館でMC達が像に近付いて、初めて大きさがわかりました。あの像だけ見ていると、誰もあの巨大さは想像できないでしょうね。

posted at 06:50:10

5月21日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@kentaro666 以前に一度ツイートしたことがあるのですが、キングギドラが初登場した頃、マンガ雑誌のギドラ解説でソヴィエト映画からと書かれていて、ずっとそれを信じていたのですが、その後そういう記述を目にしません。もう1つのソヴィエト映画で金星?の上空を通過するギドラを見た覚えがあります。題名失念

posted at 06:44:10

2018年05月17日(木)1 tweetsource

2018年05月16日(水)2 tweetssource

2018年05月15日(火)7 tweetssource

5月15日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@stewardtokyo ありがとうございます。『犬神家の一族』のパロディ時代劇、見てみたいです。中村豊主役の時代劇は何かの機会に一度見たことがあるのですが、ちょっと気の抜けた美形という記憶が。顔立ちは確かに高橋一生に似ていたような。

posted at 21:52:48

2018年05月14日(月)2 tweetssource

5月14日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@ship_ahoy そうなんですね。一応県庁所在地なんですが、「週刊読書人」は注文した分しか読めないんです。井上究一郎氏には度量の広さを感じますね。ほんの数十年前だけど『ガリマールの家』発行時は、学匠詩人という優雅な存在もまだ何人か生きていらっしゃって筑摩や平凡社の叢書類が読書の糧だった時代でしたね

posted at 02:21:24

2018年05月13日(日)11 tweetssource

5月13日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@ship_ahoy 井上氏は東大で澁澤龍彦氏や巖谷國士の指導教官だったんですよね。中野さんは当然ご存知だと思いますが。東大仏文は本当に多彩ですね。『ガリマールの家』はゆったりとした優雅な時間が流れているエッセイで、私も好きです。今はもうあんな文章を書く方もいなくなってしまいましたね。残念です。

posted at 22:19:32

5月13日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@atoreides 私がいた場所はたいていどこでも、大学図書館の登録が身分証明書だけで無料だったので気安く書いてしまいましたが、ツイートを見ていると有料のところもあるようですね。お気をつけ下さい。

posted at 22:09:20

5月13日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@stewardtokyo 中国語で西洋人の名や地名は確か全部、音写になっていたと思います。ただ、私の能力不足か、対応した例を先に確認していないと何を音写したのか分からないことが多々あります。

posted at 22:04:38

5月13日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@ship_ahoy 『失われた時を求めて』の井上究一郎氏にいる日本初の個人訳、素晴らしいでしすよね。花についても詳しい方だったらしく、花の瑞々しさが訳語にも活きているような。その後他の方々が個人訳を出されて、余り話題になることがなくなったようですが、私も井上訳が一番好きです。次が高遠訳でしょうか。

posted at 21:03:02

5月13日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@atoreides 伝説の編集長塙嘉彦時代中心に多くの大学図書館が揃えているのではないでしょうか、私もかなり持っていますが。ル・モンドが氏の追悼記事を出していたのは今回初めて知りました。

posted at 19:10:47

5月13日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@atoreides 古代ギリシアに限らず、近代より前はヨーロッパにも転生思想は生き残っていたのではなかったでしょうか。そんなことを読んだ覚えがあるのですが。近代以前は、西洋も東洋も思想的に共通するものがあったと。

posted at 12:20:04

5月13日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@BungakuReport やはりそうなんだ。年齢的には旧制中学と同じ年齢層。旧制中学、高等女学校系高校の図書館の全国的調査をやれば、こんなお宝が続々出てきそう。

posted at 10:36:38

2018年05月12日(土)1 tweetsource

2018年05月10日(木)7 tweetssource

5月10日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@kwaidan_yoo 私は本当はウルトラマンの写真集を買いに行った記憶が。それが売り切れていて、ポツンと売れ残っていたキネ旬のそれを買って帰りました。なぜカラーグラビアがない(少ない?)んだとブツブツ言いながら。『ゴジラ』が作品Gだったのをそれで知りました。

posted at 13:38:24

5月10日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@kwaidan_yoo 懐かしい本ばかりですね。三一書房の一巻本『中井英夫作品集』で私も『虚無への供物』に出逢いました。桃源社や創土社の本も、私の場合、県外の丸善を辞めて近所に本屋を開いた方の店で見つけました。足穂も吉田一穂も。キネ旬の怪獣特集は父の知り合いの店で購入しましたが。

posted at 13:23:06

5月10日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@sakakikyousuke そうですね。時期によっても変わるでしょうね。今ふり返ってみると、塚本さんは通常、否定から入るし、全面肯定をしたがらなかった印象があります。ただ、寺山修司氏だけはべた褒めだったので、それがずっと忘れられません。

posted at 02:33:38

5月10日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@sakakikyousuke 私が塚本さんにいろんな場所へ呼ばれたり資料集めをさせられていたのが80年代末くらいまで、夜鶯の会が玲瓏へ発展する辺りまでだったので、それまでは政田さんの発言通りだったかも。でも、政田自身も塚本さんのファンだったので真偽は分からずですね。

posted at 00:50:30

このページの先頭へ