情報更新

last update 08/14 04:53

ツイート検索

 

@azzurro45854864
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

  • 318フォロー
  • 296フォロワー
  • 9リスト
Stats Twitter歴
1,296日(2017/01/27より)
ツイート数
85,383(65.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年08月13日(木)1 tweetsource

8月13日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

冷房のない生活とは今年でお別れしたい。しばらく家での作業は中断して、冷房のある場所に避難。さすがに冷房なしで40度弱は恐怖。

posted at 10:35:40

2020年08月12日(水)2 tweetssource

8月12日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

梶原一騎の父・高森龍夫が三島由紀夫を太宰治に会わせたという話がネットに出ているようなのですが、出典は何なのかご存知の方、ご教示戴けないでしょうか。当時新潮社の編集者だった野原一夫が戦死した友人の弟の仲間のためにそのような場を設けたことは有名なのですが。

posted at 15:55:53

2020年08月07日(金)1 tweetsource

2020年08月06日(木)1 tweetsource

2020年08月05日(水)4 tweetssource

8月5日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@kliocity ご教示ありがとうございます。
ただ、地方だったので、当地では地方紙が同じ写真を購入して朝刊に使ったのかもしれません。大きな写真で片側に楯の会の森田氏の立ち姿が、もう一方の側の床に三島の頭部があったように記憶しています。

posted at 21:33:50

8月5日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@obakezukinw 記憶違いかもしれないけど、翌日の新聞?に三島の首(顔は見えず)が転がっている場面の写真が使われていてショックだったのを覚えている。

posted at 15:40:43

8月5日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

「王朝の陰謀1」では地割れで陥没した漢の洛陽が地下都市化して犯罪者の住処だったり、経絡を押して顔を変えたり、火炎虫の毒で人体発火させたり、高さ200mの通天仏の工事だったり、ツイ・ハークの荒唐無稽ぶりは健在で嬉しい。

posted at 06:02:28

8月5日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

ツイ・ハーク「王朝の陰謀2」『ライズ・オブ・シードラゴン』を観た。蠱の概念が今までのものと違ってて面白かった。蠱とは眼に見えない虫で、これを盛られると化物に変身すると。これでは半魚人に変えられていた。半魚人(茶商若主人)とA・ベイビーの恋を中心に事件は展開。朝廷献上茶に蠱を仕込む陰謀

posted at 05:52:23

2020年08月04日(火)2 tweetssource

8月4日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

ツイ・ハークは今どうしているだろうとprimeで検索したら、狄仁傑(日本ではヒューリックのディー判事シリーズで有名)を主人公にした王朝の陰謀シリーズで伝奇アクションを撮っていた。唐・長安が舞台かと思ったら、洛陽が中心で水に囲まれた都市にペルシア風建物も混じって、風景が面白い。

posted at 06:46:36

2020年08月03日(月)5 tweetssource

8月3日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

『所JAPAN』そのまま流していたら、原宿の特集ということで明治神宮についてやっていた。植樹は人工的にされたことは知っていたけど、その樹が全国からの寄進で、全国の青年団的な人達が持ってきたことは知らなかった。ただの原っぱだった元の敷地の写真も。最初の軽井沢を連想。植樹すごいな。

posted at 23:01:55

8月3日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@LfXAMDg4PE50i9e そうですね、中国では漫画は風刺を中心に発展してきたとあるので(だから「時代漫画」の時期、対日抗戦へ向かう中高潮期だった)、それを封じるような運動が起こらなければ良かったと思いますね。

posted at 16:14:49

8月3日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@LfXAMDg4PE50i9e 因みに、中国語(簡体字)wikiでの他の類似雑誌は、
《上海泼克》,1918年,沈伯尘
《上海漫画》,1928年,张光宇,叶浅予
《漫画生活》,1934年
《漫画界》,1934年,鲁少飞,王敦庆
《独立漫画》,1935年,张光宇
《救亡漫画》,1937年,鲁少飞,王敦庆
《抗战漫画》,1938年,漫画宣传队

posted at 08:45:33

2020年07月31日(金)4 tweetssource

7月31日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

冬樹社についてはやっと納得の行く記述を見つけた。「ユリイカ」出身の小野好恵の「カイエ」以前から文芸出版だったのは、奥野健男が編集顧問で編集長森内俊雄(後に小説で第1回鏡花賞受賞者)がタッグを組んで奥野周辺の作家のものを出していたから。

posted at 23:12:53

7月31日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

今大手の一部と自分が以前本を買っていた出版社についてメモを作っているのだけど、松籟社、論創社、彩流社の創業意図や編集者についての情報はどこかにないだろうか。wikiは結構いい加減なようだし。例えばせりか書房は佐伯治の設立となっているけど佐伯治、久保覚、関田稔によりとすべき。

posted at 21:57:56

7月31日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

占星術で生まれ月のスクエア(90度)のとき毎回家電等が壊れるんだけど、もういい加減なんとかならないだろうか。2年前に設置した新しいアンテナが断線したらしい。う~ん。

posted at 21:43:35

2020年07月30日(木)4 tweetssource

7月30日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@Neo_Mannerism 小説の1節ですか?文脈が分からないのでmica poi tanto(それほど~ない)を具体的に訳せないですが、(「それほどでもないな」マルコは胸の内でぶつぶつ言った。)と第一印象では理解しましたが。

posted at 22:45:41

2020年07月29日(水)3 tweetssource

7月29日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

常識なのかもしれないが、「現代詩手帖」の思潮社は創業時、昭森ビルの2階にあり、森谷均の昭森社、伊達得夫の書肆ユリイカ、小田久男の思潮社が1部屋で机を並べ1つの電話を共用していたらしい。森谷の明治、伊達の大正、小田の昭和の詩人人脈が交流してもいたらしい。

posted at 23:49:03

7月29日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

戦犯絡みで逆に出版社の地歩を固めたのは学習研究社。戦時下の校長・教頭が戦犯として職を失っていたのに、募集をかけ、1市1郡に1人の割りで直販部長に任じ全国的直販システムを完成させた。ただ、そこことが取次経由の販売の仇となり、取次用部門として立風書房を立ち上げることとなった。

posted at 23:40:15

7月29日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

最近、出版社のことを勉強中なのですが、それで戦前の大手出版社が戦後なぜ萎んでしまったかやっと分かった。後で考えると当然なのだが、戦犯ということらしい。出版を続けていくための方便なのか結果的なのか戦意高揚を後押ししたということなのだろう。実際有罪とされたのは博文館だけだったようだが

posted at 23:25:20

2020年07月28日(火)3 tweetssource

7月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@fskipft 吉井の書は、初期の頃は細い字だったのが晩年には太い字に変わって行ったようです。ということは、私が見たのは中期の作品だったのかも。嵯峨本のような太いところと細いところが混じった字だったので。ただ、嵯峨本の光悦筆とされているものは最近では角倉素庵筆説が有力らしいですが。

posted at 00:19:45

7月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@fskipft 吉井勇と光悦の書の関係ですが結局分からないということでした。すみません。私が話したのは妻鳥季男氏で、そのときの展示物も氏の個人蔵ものだったらしいのですが、氏は吉井の研究者といってもそれほど多く書いている方ではなかったようです。吉井の歌碑の建立には力を尽くされたようですが。

posted at 00:02:29

2020年07月25日(土)1 tweetsource

2020年07月23日(木)1 tweetsource

7月23日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@fskipft 宇野亜喜良というと、私の念頭に真っ先に浮かぶのは、新書館フォア・レディース・シリーズだけど、これは後に「血と薔薇」を編集し薔薇十字社を設立した内藤三津子の発案になったものだったんですね。それまで新書館は実質、電通から受注した大量PR誌の編集プロダクションでしかなかったようですね。

posted at 00:17:48

2020年07月22日(水)1 tweetsource

7月22日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@kliocity ボルヘスが初めて入った文学全集、集英社『世界文学全集』(全38巻 1965~1968年)は綜合社という編集プロダクションによるもので集英社自体の企画ではなかったのですね。国書刊行会『世界幻想文学大系』も紀田・荒俣両氏の持ち込みだし、常識を破る企画というのは出版社自体から出にくいのでしょうかね

posted at 05:05:52

2020年07月21日(火)5 tweetssource

7月21日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

プラーツ組のGiorgio Melchiori以外のVittorio Gabrieli、Agostino Lombardo、Gabriele Baldiniや Masolino d'Amico等も紹介されていないようだし。

posted at 18:24:30

7月21日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

マリオ・プラーツ編集「English Miscellany」の英語論文ばかりを日本で編集したものが出て10年余になるけど、それを使用した論文とか出ているのだろうか。学魔のお弟子さん達はどうなんだろう。melchioriのfunamboli(綱渡り師達)も翻訳されなかったようだし。

posted at 18:19:22

7月21日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

クルティウス学派(curtius-schule)は誰と誰なんだろう。クルティウス、ルネ・ホッケ、マリアンネ・タールマン、フラヴィオ・カローリ。他には誰が?

posted at 17:46:25

7月21日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@okumura_d @isozakiai いろいろ文献を探しても見つからず、この程日本植物生理学会に問い合わせたら、記述自体が曖昧で子房内液が何を指しているか判然としないものの、液状と見なせるもので海とミネラル比率が類似したものは存在しないという回答を戴きました。う~ん。

posted at 17:01:47

7月21日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@MasayukiTsuda2 山海経等からの神話的生き物についても書かれているようですね。鄭和が巨大船団で南海遠征をしたとき、その寄港地毎に中国人を下ろし、彼らが土地の産業を集約したおかげで、大航海時代に来た欧州人がスムーズに商売できたということですが、フィリピンにも中国人が入ったということなのでしょうね。

posted at 09:26:53

2020年07月19日(日)3 tweetssource

7月19日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@nashishi036 そうですか。その本の内容が分からないから何とも言えないですが、イニゴー・ジョーンズのページェントや舞台装置の仕事に関心があるので
そういう本が日本語で出ないかなと思っています。

posted at 21:45:13

2020年07月16日(木)8 tweetssource

7月16日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@LfXAMDg4PE50i9e トポールは元々読者層が少ないから、高知なので、そういう掘り出し物は私のようなひねくれ者しか買わないのかも。アンナ・カヴァン『氷』(サンリオ)も筑摩版が出る前に108円で購入(既に持っていたけど)。当時Amazonでまだ5000円くらいだったような。

posted at 22:59:32

7月16日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@LfXAMDg4PE50i9e 確かにそうでしたね。『マゾヒストたち』もありましたね。何ヵ月か前トポールの本、どこへ行ったのだろうとふと考えていたらブックオフの110円コーナーで『リュシエンヌに薔薇を』を見つけてまた買ってしまいました。

posted at 17:46:48

7月16日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@vienna_cat55 学校教育は知識を学ぶだけでなく、確かに社会へ参入するための訓練の側面もある。社会へ出たら、自分からは積極的に近づかない人達と一緒のクラスになったりするのだから。社会参入への訓練なら、ルールを守ることは当然ながら、それを守りつつ改善しようと努力することも社会参入への訓練のはず。

posted at 13:28:37

7月16日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@HirokoMiyamoto7 @yoitok0 17-18世紀って、今のギリシアの地はオスマン・トルコ(イスラーム)の領土では。ビザンツ帝国滅亡後、19世紀の独立までギリシアは歴史上存在しなかったと思うのですが。独立後スラブ系の人々が流入して現在のギリシアが。小田実は本来のギリシア人も残っていると主張していたようですけれど。

posted at 13:16:06

7月16日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

高知県でもまたコロナ感染者発生。大阪から四万十市へ来て発熱、病院で診察後コロナ陽性と判明。それを保健所が伝えたあと、何度電話しても連絡が取れず行方不明らしい。大阪へ帰ろうとしているのだろうか。ワクチンが出来るまでは、東京や大阪から地方への移動は感染拡大の可能性ありだろうな。

posted at 12:30:32

2020年07月15日(水)4 tweetssource

7月15日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@karan_mirai 歌誌「白鳥」に属されていて、婚約者の病死後自殺とありますね。
ネットでは、国会図書館(東京)と現代詩歌文学館にはありますが。発行がさいたま市なので埼玉県の図書館を調べたのですがどこにも収蔵されていないようです。個人蔵のものが見つかりますように。お力になれなくてすみません。

posted at 17:02:47

このページの先頭へ