情報更新

last update 02/22 18:10

ツイート検索

 

@bakagane
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@bakagane

銅大@bakagane

Stats Twitter歴
3,720日(2009/12/17より)
ツイート数
49,333(13.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年02月22日(土)2 tweetssource

2時間前

@bakagane

銅大@bakagane

@raurublock 当時の、SFやアニメなどのファンや漫画家さんの間にあった、薬師丸ひろ子さんや原田知世さんへの人気の高さを思い出して、そっち側にほのぼのと懐かしい気分に

posted at 17:18:18

2020年02月21日(金)9 tweetssource

21時間前

@bakagane

銅大@bakagane

GINSAJIがまずくなるのは、大川社長が、ゲス人間としての素顔を普段からずっと隠すようになって、モテ始める時と推測。モテるようになると、それを維持するため、自分がゲス人間であることを自分にすら隠して騙せるようになる。自分が成長して真人間になったと思い始める。これが終わりの始まり。

posted at 22:27:29

21時間前

@bakagane

銅大@bakagane

『銀の匙』のその後を想像するに、シベリア開拓ビジネス、うまくいったところで連邦政府が「おお、凍土が沃野に! ヤポンスキーめやるではないか」「ですが、現地から日本人の取り分が多いと不満の声が」「(ニヤリ)それはいかんな」みたいな感じになるのはありえそうですが、それはまだよい方。

posted at 22:22:32

2月21日

@bakagane

銅大@bakagane

@takujiendo そう思いますよね。わたしも怖かったので、真ん中に縮こまって触れないようにしてたのですが、たまに触れると、実は熱くないんです。ほぼほぼ湯の温度。でもやっぱり怖いのであまり触れなかったです。

posted at 13:27:47

2月21日

@bakagane

銅大@bakagane

子供のころには母方の実家にあった五右衛門風呂がたいへん恐ろしくて。下で火を炊いたので、蓋を沈めてその上に座って入ったものですが、普通にお風呂で拷問用ではない。でも、罪人の処刑に使ったというエピソードを聞いてからは、自分がグラグラ茹でられるところ想像しちゃって‥‥

posted at 13:19:53

2月21日

@bakagane

銅大@bakagane

RT言及:実際に使ったかどうかは別として、見て怖い系の道具というのはあって、普通の万力であっても、汚れがついてて解説に『指をはさんでグリグリ回して締めて潰すのに使った』と書いてあったりしたら、怖気をふるっちゃう。「自分がやられるところを想像できる」がポイントか。

posted at 13:14:22

2月21日

@kitoen2173

鬼頭えん???????釜3巻/2月10日発売@kitoen2173

ディスカバリーチャンネルの『拷問と処刑の歴史』で、食肉や発泡スチロールの模型を使って処刑や拷問器具で人体がどういう影響を受けるかの実験をしてたけど、アイアンメイデンで人を殺傷するのは難しく、存在自体が怪しい。仮にあったとしても見せて怖がらせるだけだったのではないかと結論づけてた。

Retweeted by 銅大

retweeted at 13:10:31

2月21日

@bakagane

銅大@bakagane

『銀の匙』の八軒パパって、欲望(夢)が強い子にとってはパーフェクトな父親で、どんな欲望だろうが、子供が心の底から望むものに対してはビシビシ指導して実現への道筋をつけただろうと思うと、やはり人間関係って相性やなぁ、と。たぶん戦犯は八軒ママ。若い頃にパパを全肯定して変わらなくしてる。

posted at 12:35:01

2月21日

@bakagane

銅大@bakagane

欲望に貴賤はないが、距離はある。
「その欲望は私には遠い」に、無理に近づくことはないのです。

posted at 01:49:03

2020年02月20日(木)17 tweetssource

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

@takujiendo いいですよねえ、あの、世の中は変わっていくし、どうあっても今のままではいられないが、求める心があれば、常に未来は開けている、というのが。欲望の全肯定。馬術部の後輩ちゃんのエピソードも、然り。

posted at 23:53:05

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

八軒(次男)って、最後の方で先生が高校生活を総括してくれるのですが、基本が、周囲に引きずられるタイプなんですよね。他者が自分に何を望んでいるか、が八軒(次男)自身の欲望に深く関わる。
それで、自分へ求めるものがわかりにくい父と衝突し、わかりやすい大川先輩に引きずられたわけか。

posted at 23:37:43

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

さて、『銀の匙』の15巻を読み直していると、八軒家における父と息子(特に次男)の確執って、外見から誤解されやすいが、実は欲望の塊で、欲望の実現に邁進することに一切のためらいのない父の教育方針が、あまり自覚的な欲望を持たなかった息子には「しんどすぎた」のではないかしらと。

posted at 23:33:53

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

そして、脳内の自動検索機能が「自分の欲望をためらわない」キャラを次々と引っ張りだしてきて、うん、キミら、魅力的だけどほとんどは暗黒面だよね、お帰りはあちら、となるなど。
「だって、僕は『自分を信じている』もん!」お、おう。

posted at 23:25:14

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

自分の欲望へのためらいのなさというのは、暗黒風に描写しますと『鋼の錬金術師』の「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」になっちゃったりするわけですが、ええまあ。
『銀の匙』ですと根幹に「食欲」という動物なら皆持ってるよね? があるのが作品の明るさにつながっているのかしら。

posted at 23:20:27

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

荒川弘さん『銀の匙』15巻、読了しました。魅力的なキャラが多く、この巻で完結なのは惜しくもありますが、『あとは、彼らに、彼らの人生を任せることにしましょう』には強く同意します。
若人壮年老人いずれのキャラも己の欲望に自覚的で、実現に向けるたくましい行動力には眩しささえ感じます。

posted at 23:16:59

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

そういえば、ローマ数字がパラグラフ番号の謎解きに使われてるゲームブックがあってですな‥‥なぞなぞというのは、ある程度はそういう仕掛けがあるのは仕方がないとは思うのですが‥‥
わからんかった!

posted at 22:22:15

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

シリーズ本の巻数でローマ数字表記がわかりにくい話題がTLに。
『銀河英雄伝説』では7巻からだったかしら、アラビア数字になっていて、英断に感謝した記憶が。
『ローマ人の物語』については、タイトルからも内容からも著者からも、これは仕方がないと納得せざるを得ませんでした。

posted at 22:20:07

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

拙著『天空の防疫要塞』では、ナノスピリッツというノウハウ継承用のナノマシンをガジェットとして登場させ、〈空食い〉との戦いに備えています。体に移植すれば歴代の防疫団員が何世代も積み重ねた知識と経験が宿るので、年若い少年少女でもベテランと同じ判断と行動が可能になります。

posted at 18:59:22

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

タイムマシンはまだまだ未知の技術ですので、現時点で有効そうなのは、ノウハウのアーカイブでしょうか。
後継者に悩む職人技術なども作業の様子を細かく撮影などして未来に残しておけば、復元できる可能性がありそうです。
そのためにも、大事なのは正確な記録を作り残すことです。

posted at 18:43:12

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

世代交代してしまう人間社会において、災厄の経験とノウハウをいかに伝え守るかは、難しいところです。
SF的には災厄のあった過去から
「タイムマシンで連れてきたり、冷凍睡眠しといた過去人を目覚めさせる」
「アーカイブしておいた人格をロボットなどに移植して稼働する」
などの手法が

posted at 18:38:22

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

過去の災厄の経験が失われる的な話でいきますと、1911年の満州でペストが流行の兆しをつけたのは、げっ歯類の巣からの感染を防ぐ風習が移民の流入などで廃れたのもあるとか。「あの地で毛皮をとってはならん!」「おい、このジジイをつまみだせ!」これ『妖怪ハンター』や!
twitter.com/bakagane/statu

posted at 18:30:29

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

拙著『天空の防疫要塞』では、〈空食い〉という銀河核方面からの災厄が人類文明をたびたび襲い、人類はリソースのほとんどを防疫要塞に注ぎ込んでこれを防ぎます。ですが、最後の第7次回廊戦争から300年が過ぎるころには、人々の意識は変わってしまい、防疫団を厭うようになります。

posted at 13:36:29

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

記事のこの部分は考えさせられます
>バッタ対策で一番大切なのは、『風化させないこと』です。ケニアでは70年に一度の大発生と呼ばれ、長く被害を経験していませんでした。被害がないと予算が打ち切られ、対策の経験やノウハウは忘れられてしまいます。そうして、忘れた頃にまた被害が起きるのです。

posted at 13:23:18

2月20日

@bakagane

銅大@bakagane

前にTLに、十分時間をかけて手を洗う習慣をつけるため、「ハッピバスデー、トゥーユー」を歌いながら手を洗っていたら仕事を終えた殺し屋気分になったというのが流れてきて、カッコいいので自分もやってみようとしたのですが、なぜか毎回、口に出るのが「ろーんどぶりっじ、ふぉーりんだーん」なのは

posted at 12:53:08

2020年02月19日(水)15 tweetssource

2月19日

@bakagane

銅大@bakagane

@AyaYang たしかに。ファンタジー世界ですと、微生物や免疫などの部分で、どのくらい科学の法則が通用するか、怪しいところがあります。「白雪姫」の仮死状態とか、あの毒りんご、どういう毒だったんだ‥‥

posted at 23:34:10

2月19日

@bakagane

銅大@bakagane

@ICQ_aisinn この逆のスロードラッグ(主観時間が速くなるので周囲がゆっくりに見える)とか使うと、サイボーグ009的な加速装置が使えちゃうので、犯罪者が使うと、えらいことになりそうです

posted at 23:22:57

2月19日

@bakagane

銅大@bakagane

E・C・タブのデュマレスト・サーガで登場し、SF-RPGトラベラーでもユニークなガジェットとして使われる、ファストドラッグは、主観時間を遅くすることで1日が1分間なドラえもん的ふしぎ道具ですが、これ、体内の微生物とかにもきくのかしら。きかないとなると、すげえホラーな展開に。

posted at 23:11:30

2月19日

@bakagane

銅大@bakagane

スターウォーズで、ハン・ソロがジャバの壁飾りになったカーボン凍結も、辺境惑星で未知の伝染病が広まった時に、とりあえず惑星全体をカーボナイトしてしまうという荒業で使えるのではないかしら。
‥‥あれ、ひょっとして地球人と燕が石になったヤツって‥‥

posted at 23:08:05

2月19日

@bakagane

銅大@bakagane

SFやファンタジー世界で病が流行った場合の防疫処置として考えられるものとして、
・冷凍睡眠(とりあえず凍らせて死なないようにして倉庫に積み上げておく)
・石化(ダンジョンの奥で毒くらった時にも有効。ただし誰かが運んで帰ること)
が筆頭かしら。

posted at 23:05:10

2月19日

@bakagane

銅大@bakagane

RT言及:題材としてはちょっと違いますが、ディプロマシーでドイツかどこかのプレイヤーがオーストリアと相互に援軍を送り合うことを外交文書(つまりメモ用紙)に書いて公表したが、そこには「適切な時期にオーストラリアに援軍を送ることを約束する」と書いてあったとかなかったとか。

posted at 19:07:48

2月19日

@bakagane

銅大@bakagane

ゲームやってるとよくあることですが、追い詰められ、ストレスがたまりまくると、「これは遊びだ」とわかってても、言動が怪しくなるものです。
ましてや現実でストレスがかかって、しかも睡眠まで不足してくると、元の人品とは別に、言動は怪しゅうなって当然です。

posted at 17:21:42

2月19日

@bakagane

銅大@bakagane

@raurublock 「一般的な疫病の流行パターンから、このような事態は予測できてしかるべきなのだが‥‥」(演繹力が落ちてる)

posted at 15:17:18

2月19日

@bakagane

銅大@bakagane

「嵐で難破し、加護のおかげで海に沈まず島に漂着したまではよいのですが、砂浜で小人たちに縛られているのは、解せませんね」(カリバーン旅行記)
「ちょっと小腹を満たしただけですのに」(それだ)

posted at 13:19:16

2020年02月18日(火)12 tweetssource

2月18日

@bakagane

銅大@bakagane

@m_m1941 まじめな話、一般家庭にはレンタルするくらいで公共で管理しておかないと、バラした死体を食わせるヤツが出るのも確実ですからね。
いや、公共で管理して月イチでチェックしても
「こいつ今月、人肉を食ってますね」
「行方不明者リストだせ!」は間違いないところ。

posted at 12:59:21

2月18日

@bakagane

銅大@bakagane

@m_m1941 たぶん、ショゴスライムのメーカーや医療従事者からは「一般家庭用のショゴスライムで入浴するのは! 事故の元なので! 絶対にやめて!」と何度も公式発表されるのですが、絶対にやるヤツがでそうです

posted at 12:50:43

2月18日

@bakagane

銅大@bakagane

まあでも、そうやって新しい機能を次々と組み込んでいくと、トチ狂った誰かが「人間こそ、地球のゴミ!」とデビルガンダム細胞みたいなショゴスライムを作りはじめるのも時間の問題なので、やはり地球の危機か。

posted at 12:47:14

2月18日

@bakagane

銅大@bakagane

そこからさらに改良を加えて、蝗害用ショゴスライム(触腕をニュルっと遠くまで伸ばして素早くバッタを捕まえる)、赤潮用ショゴスライム(長い鬚でプランクトンを濾し取る)、放射性物質用ショゴスライム(核廃棄物を取り込んだあと地中深く潜っていく)などなど、発展性は高い。

posted at 12:45:49

2月18日

@bakagane

銅大@bakagane

未来のショゴスライム、人間をぺろりとされてはまずいので、うまく安全システムが組み込まれることになるでしょう。それを逆手にとって、「ショゴスライム浴で全身ツルツルピカピカ」な健康法がはやるかも。

posted at 12:37:57

2月18日

@bakagane

銅大@bakagane

SF的な連想ですが、人類が将来、ショゴス的な人工生命体を作ることがもしあるとすれば、そいつの仕事は、ゴミや排泄物を分解して水などにすることになりそうです。一家に一匹、ショゴスライム。

posted at 12:35:50

2月18日

@bakagane

銅大@bakagane

O・ヘンリー短編集の中だったと思うのですが、誰も靴をはいてない南の楽園で、靴屋が靴を売るために、マキビシのような木の実をまくというネタがあります。このでんで、大量に余った自転車のチューブを売るため彗星の軌道を変えて地球に近づけるという悪事をですね‥‥

posted at 11:11:32

2月18日

@bakagane

銅大@bakagane

どうにかして、自分のせいで宇宙が滅ぼされないよう、必死に考えるジム。とりあえず、「あのメーター」に文字を浮かべる方法を考えてみる。デクあたりが読み取ってくれるんじゃないかな。

posted at 04:31:45

2月18日

@bakagane

銅大@bakagane

RT言及:「赤いズゴックに腹を刺されてこれは死んだと思ったら、バラバラにされて知らない星に埋まってて、伝説の巨神とか、第6文明人とかいわれて困ってる」ジムというのは、これはなかなか。

posted at 04:30:16

このページの先頭へ