情報更新

last update 04/06 09:20

ツイート検索

 

@bd_gfngfn
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@bd_gfngfn

画力・博士号・油田@bd_gfngfn

Stats Twitter歴
2,909日(2012/04/20より)
ツイート数
127,600(43.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年04月06日(月)1 tweetsource

2020年04月05日(日)30 tweetssource

21時間前

@bd_gfngfn

画力・博士号・油田@bd_gfngfn

アッ,camlpdf の v2.3.1+satysfi,Pdfaction に関する依存関係がおかしいままリリースしてしまったっぽい(Pdfmarks が Pdfaction に依存するのに Makefile で依存しないような形式で書いてしまっておりなぜかその状態でビルドも通ってしまった)

posted at 18:25:40

21時間前

@bd_gfngfn

画力・博士号・油田@bd_gfngfn

うーん,Pairing_heap というモジュールは v0.13 以降 core_kernel ではなく core_kernel.pairing_heap というサブライブラリが提供するようになったらしいけれども dune ファイルを書き換えてもうまくビルドできないな

posted at 18:02:38

23時間前

@bd_gfngfn

画力・博士号・油田@bd_gfngfn

OCamlのヴァージョンやopamの依存解決がsemverに基づいたものではないのがわりとつらい(メジャーヴァージョンが不変なのに処理系のCLIの後方互換性が壊れてビルドできなくなるなどが生じる)

posted at 16:40:52

4月5日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

ダストカバー(いわゆる日本のカバー)は文字通り本の表紙を埃から守る的な意味合いで洋書にもわりとあるけれど、そこにさらに帯を巻くのはもともと出版社でなく書店が販促の一環で手作りしてたものから発展した和書ならではの商習慣(のはず) twitter.com/bd_gfngfn/stat

Retweeted by 画力・博士号・油田

retweeted at 09:15:43

2020年04月04日(土)46 tweetssource

4月4日

@bd_gfngfn

画力・博士号・油田@bd_gfngfn

和書についてるカヴァー洋書では見たことがないしこの和書特有っぽい慣習がどうできたのか気になって調べたことがあったけど当初帯だったものが次第に大きくなって現在のカヴァーになったという記述を見た記憶がある(本当なのかは知らない)

posted at 23:57:21

4月4日

@bd_gfngfn

画力・博士号・油田@bd_gfngfn

@ye_lp あんまり幅が大きいと内容物が少ないときに曲がったりしてしまうので(実際印刷した分厚い仕様書などは A4×10cm 程度のファイルボックスに入れているのだけど若干困る)

posted at 22:39:13

4月4日

@bd_gfngfn

画力・博士号・油田@bd_gfngfn

モノを整理する方法のうち無難に有効なもののひとつが「ファイルボックスなど同じ大きさの直方体状のケースをたくさん用意する」であることがわかりつつある

posted at 22:06:03

4月4日

@bd_gfngfn

画力・博士号・油田@bd_gfngfn

2週間に1枚くらいしか描いていなくても年単位では結構人体の描き方などが改善されているように見えるので毎日描いたら月単位で目に見えて改善しそうだなと思うけれども完全に取らぬ狸の皮算用

posted at 19:58:22

4月4日

@szn_minmin

minmin@szn_minmin

架空の少年との思い出みたいなピクチャを描きまくっているのですが、実は世界観として「あそこで一歩道を踏み外さなくて良かった」という確実にアウトなショタコンお兄さんが取り憑かれたように見てしまう夢シリーズというコンセプトがある

Retweeted by 画力・博士号・油田

retweeted at 19:16:56

4月4日

@bd_gfngfn

画力・博士号・油田@bd_gfngfn

(査読通った論文でも博士号さえ有していないペーペーのわたしが読んで5分で嘘証明が見つかることがあるのでそんなものです(流石にジャーナルならそこまでのことはないかも))

posted at 01:45:36

このページの先頭へ