情報更新

last update 07/05 08:48

ツイート検索

 

@behindEyes
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@behindEyes

behindEyes@behindEyes

  • 507フォロー
  • 615フォロワー
  • 49リスト
Stats Twitter歴
4,809日(2007/05/07より)
ツイート数
22,687(4.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年01月21日(土)3 tweetssource

1月21日

@behindEyes

behindEyes@behindEyes

地点『ロミジュリ』傾斜舞台の上で物語が展開するが、それは語りに近い。役者たちはテキストと戯れるように身体を動かす。そして、彼らを操るように斜面上方よりラップのような指示を下す女性、あるいは神なのか。空間現代の演奏する音楽がその出来事を統べるように響く。

posted at 22:47:01

1月21日

@behindEyes

behindEyes@behindEyes

地点『ロミオとジュリエット』@早稲田大学大隈講堂。つるりとした傾斜舞台を舐めるように移動するふたつの光の輪は次第にずれていく。重厚な意匠に飾られた大隈講堂のクラシカルな眺めがざわざわと色めき立つ。

posted at 22:46:21

2016年01月16日(土)1 tweetsource

2015年07月29日(水)2 tweetssource

2015年07月17日(金)2 tweetssource

2015年07月14日(火)1 tweetsource

2015年07月13日(月)1 tweetsource

2015年07月08日(水)1 tweetsource

2015年07月06日(月)1 tweetsource

2015年06月27日(土)1 tweetsource

2015年06月25日(木)1 tweetsource

2015年06月23日(火)4 tweetssource

2015年06月21日(日)7 tweetssource

6月21日

@behindEyes

behindEyes@behindEyes

しかし、木ノ下歌舞伎の試みはとても気に入っている。いろんな現代的あしらいを平気で取り込める歌舞伎の懐深さを証明しているとも思う。登場人物たちの生きる価値観は現代と異なったりもするが、それでも舞台の上での彼らの存在感に共感を覚えられることが最大の魅力。木ノ下歌舞伎をまだまだ観たい。

posted at 01:27:16

6月21日

@behindEyes

behindEyes@behindEyes

木ノ下歌舞伎『三人吉三』難点アリは三幕目。まず冗長。もっと整理できるように思えた。花魁一重が亡くなる愁嘆場を描く場はふすまで仕切られた部屋と外を何度も切り替えて見せていたが、忙しなくて集中できない。ラップはあってもいいけど、今回は浮いていたように思える。

posted at 01:26:31

6月21日

@behindEyes

behindEyes@behindEyes

木ノ下歌舞伎『三人吉三』役者もそれぞれ、いい感じで存在感を出していた。中でも主役と言っていいだろう大村わたるが魅力的だった。大柄の姿態で劇世界を駆け抜けていく様子が痛快。また観たい役者。

posted at 01:26:03

6月21日

@behindEyes

behindEyes@behindEyes

木ノ下歌舞伎『三人吉三』を観た。上演時間は5時間ほど。着物姿にカラフルな洋服姿が混じるいつもながらの趣向はとても好み。見得を切ったり、七五調の台詞が入ったりしつつ現代語ベースで演じられるのもいい。舞台後方にはEDOという大きな立体文字が見えるあしらい。チャーミングでポップな古典。

posted at 01:25:21

2015年06月16日(火)2 tweetssource

2015年06月14日(日)1 tweetsource

2015年06月03日(水)3 tweetssource

2015年05月30日(土)4 tweetssource

5月30日

@behindEyes

behindEyes@behindEyes

@robsaku ライブは音量が声より大きいだろうから余裕でいけそうですね。ロック版アンパンマンの歌をやったりしたら大盛り上がりになるかもw

posted at 22:53:51

5月30日

@behindEyes

behindEyes@behindEyes

未就学児観劇可能公演という試みはとても素敵なことだと思う。大人のように静かに観ることはできずとも、舞台で展開する「出来事」のエッセンスに触れる機会を幼くして得られるなんて、子どもをやっかみ羨ましくなる。あと何年かして、今度こそ最後まで一緒に舞台を観られますように。

posted at 21:15:03

5月30日

@behindEyes

behindEyes@behindEyes

ままごと『わが星』未就学児観劇可能公演。連れて行ったのは2歳の息子。なんたることか、30分も経たない内に声を出し始める。ロビーに連れだすと元気いっぱいで戻れる可能性なし。という次第で、ロビーの映像を観ることに。それでも、子が初めて観た舞台ではある。それが嬉しい。

posted at 21:14:45

5月30日

@behindEyes

behindEyes@behindEyes

ままごと『わが星』未就学児観劇可能公演を観た。通常公演とは違い、座席の他に子をおぶっての立ち見スペースも用意され、ロビーでは床に座れるスペースがあって公演の様子が壁面に映し出されている。出入りは自由で、ブロック毎に配置されたスタッフが誘導してくれる。しかし、公演自体は通常通り。

posted at 21:14:31

2015年05月26日(火)4 tweetssource

2015年05月21日(木)2 tweetssource

2015年05月18日(月)1 tweetsource

2015年05月17日(日)1 tweetsource

2015年05月14日(木)3 tweetssource

5月14日

@behindEyes

behindEyes@behindEyes

@robsaku 慈愛というような思いなんでしょうね。動物とのコミュニケーションは概してシンプルなので、人も素直に対せるのかもしれません。

posted at 19:41:49

5月14日

@behindEyes

behindEyes@behindEyes

@robsaku うちの黒猫は捨て猫ボランティアの方からもらい受けました。もらい先の確認のため、新百合ケ丘から江戸川まで連れてきてくれましたよ。その黒猫も、早7歳です。

posted at 12:22:55

2015年05月11日(月)6 tweetssource

このページの先頭へ