情報更新

last update 03/09 07:53

ツイート検索

 

@bora_gti
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

Stats Twitter歴
4,009日(2010/03/19より)
ツイート数
3,348(0.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年03月09日(火)1 tweetsource

11時間前

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

東京商工会議所”ビジネスサポートデスク北”の恒例の大イベント”次世代リーダーミーティング”。今年は足立区の老舗の同人誌出版会社である”しまや出版”の小早川社長の講演をオンラインでお届けします!ぜひお申し込みを(^^)/。
【小さな会社の事業承継とブランディング】
event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-1

posted at 00:07:50

2021年03月08日(月)2 tweetssource

2021年03月07日(日)16 tweetssource

3月7日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

今週も多くの方にチャンネル登録をして頂きました!ありがとうございました(^o^)/。補助金やマネジメント全般に関する動画をアップしていますので、お役に立つようでしたらチャンネル登録をご検討ください!!
www.youtube.com/channel/UCRVu8 #事業再構築補助金 #ものづくり補助金

posted at 23:18:31

3月7日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

学歴は関係ないかもしれないが、学歴コンプレックスをもったままだと仕事の範囲が狭くなることがある。プレイヤーからマネージャーになる事を拒否したり、学歴のある部下に冷や飯を食わせたりね。だから、個人的にお勧めしたいのは骨のある人材を会社負担で通信制大学に通わせること。勉強は大事だよ。

posted at 20:52:09

3月7日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

これに関連して。中には『うちは経営が厳しいになんで無償にしてくれないんですか?』的な事を堂々と主張してくるケースもある。人様の商売を大切にできない人は商人失格。経営が厳しいのは自らが人様の商売を軽視しているからだと気付けない限り、どんな支援を受けても経営は改善はしないものだよ。 twitter.com/bora_gti/statu

posted at 20:44:56

3月7日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

当方の某セミナーのアンケートに1人だけ最低評価を付けた人がいた。それ自体は構わないのだけど、ひょんな事でこの方が同業者であることが判明。しかも、複数箇所で私のセミナーを受けていて、毎回最低点w。私程度の人間にも熱心なアンチが付くようになったようだ。有名人みたいでなんか嬉しい(笑)。

posted at 20:08:09

3月7日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

新規事業を構想する時によくあるのが『この新規事業は社会貢献の事業なのて利益を得ることは考えていない。自社のSDGs/CSR的な取り組みです!』という事業構想だ。こういう主張をする人は事業活動についてだけでなくSDGs/CSRの理解も浅く幼稚だ。続かない事業構想をすること自体が無責任であるからね。

posted at 19:33:52

3月7日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

『困っている人を助けるならボランティア(無償)でやるべき!』みたいな事を言う人もいるが、そんな事を言ったらこの世から商売は消える。経営コンサルタントはこの手のことを言われ易い職業だが、この手のことを言う経営者はそもそもまともな経済観を持ち合わせていないので付き合うべきではない。

posted at 19:16:20

3月7日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

指示命令に背く従業員に対して"就業規則に則り始末書を出させたらどうですか?拒否されたら顛末書にしましょう!"と言うと、なぜかそれを避けたがる経営者がいる。こういう時に毅然とした対応をしないと、問題従業員はエスカレートし、真面目な従業員が損をする。こうしてモチベーションが下がるのだ。

posted at 18:44:43

3月7日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

コロナ禍でモンスター従業員が増えている。"モンスター従業員にどう対処したら良いのか?"と悩む経営者が多いが、その対処方法は”就業規則”に則るしかない。しかしスモールビジネスの経営者の多くが自社の就業規則に懲罰規定が書かれていることすら把握していない。まずは”就業規則”を熟読しよう。

posted at 17:03:27

2021年03月05日(金)7 tweetssource

2021年03月04日(木)5 tweetssource

3月4日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

偽造でもしない限り、節税をすればするほど会社に現金は残らず財務的に弱い会社になる。当たり前すぎる事なのだが、節税が経営テクニックかのように、納税が悪のようにアドバイスをする一部の専門家のお陰で、頭の中が節税でいっぱいの経営者は多い。赤字経営なのに節税と騒ぐ経営者もいる。不思議だ。

posted at 11:11:18

3月4日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

今年はかなり物的なものに投資をした。周囲から"何か補助金を使ったんですか?"とたまに聞かれるが、全く使っていない。スモールビジネスの支援に使われるべき補助金を、私のような支援側の会社・個人が使うことに個人的には違和感を感じるからだ。もちろん、支援側が使う事を否定するつもりはない。

posted at 10:47:37

2021年03月03日(水)5 tweetssource

3月3日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

"生産性を上げたい!効率化を図りたい!"と言う割に、標準化やパターン化、マニュアル化を酷く嫌う経営陣・幹部だらけの組織があったりする。彼らの言い分は『そんなことをしたら個性が無くなる!』や『従業員が頭を使わなくなる!』だが、仕組みにしていくというのは、即ちそういうことなんだよ。

posted at 09:14:37

3月3日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

組織に縛られない破天荒タイプを演出していた割に、あっさりと組織のルールに従い組織人らしい自己保身の行動で周囲をがっかりさせるビジネスパーソンがどこの組織にもいるもの。組織にいるのなら組織のルールに従うのが当然だが、破天荒タイプで行くのならいつでも辞める覚悟をもってやって欲しいね。

posted at 09:08:00

2021年03月02日(火)9 tweetssource

3月2日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

”SNSが活用できない!”と嘆く経営者は多いが、その多くは自身がSNSを活用していない。誰の投稿にも反応しないし、誰の投稿もシェアしていない。それにも関わらず”いいね!が付かない”、”シェアしてくれない”と言い、SNSは効果がないと決めつけてしまう。公園に行かずに遊び友達を作るなんて無理だぜ?

posted at 08:36:06

2021年03月01日(月)13 tweetssource

3月1日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

色々不満はあるかもしれないが、成果を出せば認めてくれる組織にいるのなら、その環境は大切にした方が良い。世の中には、成果を出しても正当に評価をせず、優秀な人材ほど冷や飯を食わされる世界が当たり前のように存在する。頭の悪い幹部・上司のもとで我慢ならないかもしれないが、冷静に考えよう。

posted at 20:59:45

3月1日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

信じられないかもしれないが、新規事業がなかなか実らない本質的な原因は"新規事業構想が魅力的ではないから"ではなく"自社の組織が目的志向ではないから"である。新規事業実現よりも、部門間調整、根回し、多数決、折衷案、などなど、組織・メンツのためにやることが膨大なのだ。そりゃ頓挫するよ。

posted at 20:49:40

3月1日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

"立場的に何も言わないわけないはいかないから、とりあえず何か指摘はする"という思考の管理職・幹部がどこの組織にもいるもの。十分な仕上がりなのに"この企画書に○○の内容も加えたら?"と自分の立場的都合で適当なことを言い、部下に無駄な仕事をさせ、顧客満足度も下げる。これが組織の現実だよ。

posted at 20:23:34

3月1日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

私は基本的に"専門職"というキャリアパスを当たり前のキャリアとして設けることには反対だ。なぜなら、経営者が期待する専門職に相応しいスキルのある人材など滅多にいないから。専門職は1人で5人10人分の成果を出せるのが最低条件。マネジメントができないベテランのための名誉職では決して無いのだ。

posted at 20:10:22

3月1日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

若い時は年功序列反対を叫んでいたにもかかわらず、歳を重ねた割にマネジメント能力を高めてこなかったプレイヤータイプほど、40代になると年功序列を称賛し始めたりするもの。特にIT系エンジニアは40代半ばにもなると行き場を失う。純粋なスキルは若手に抜かれ、武器は"年功"だけ。惨めなものだよ。

posted at 20:04:21

3月1日

@bora_gti

酒井勇貴/合同会社クレイジーコンサルティング@bora_gti

部下『提案書のラフができたので、この内容で作り込みをして良いか全体感を確認して頂けませんか?』

上司『うむ。うーん、このフォントは見難いね。ここはなんで太字なの?ここには句読点を入れたら?あと、ここは改行かな?・・・』

というタイプの上司が蔓延り、組織の生産性を下げているのだ。

posted at 19:26:25

このページの先頭へ