情報更新

last update 09/30 01:47

ツイート検索

 

@btozbookclub
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

  • 197フォロー
  • 297フォロワー
  • 10リスト
Stats Twitter歴
1,663日(2016/03/13より)
ツイート数
4,049(2.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年09月27日(日)7 tweetssource

9月27日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

「雪の練習生」が分かりにくいと感じた方には、似たテーマを扱った「ペルソナ」と、頻出する「おしりをつきだす」イメージを扱った「犬婿入り」を収録した講談社文庫「犬婿入り」を読まれると、ピンときやすくなるかもしれません。

www.amazon.co.jp/%E7%8A%AC%E5%A

posted at 20:29:46

9月27日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

次回第49回 BtoZ読書会は、10/31(土)または11/1(日)に オンラインで開催。課題本は劉慈欣「三体 I」です⏳🌅📜💧
参加ご希望の方は、このツイートへの返信、またはDMでお知らせください。参加表明はぎりぎりで結構ですので、課題本を読了してからご参加ください。

posted at 20:09:10

9月27日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

凍てついた北極が、この本では繰り返し「理想的な世界」のイメージとして描かれており、アラビアのロレンスの「砂漠は清潔だ」の感覚に近いのでは?という意見が非常に腑に落ちました。

posted at 19:46:14

9月27日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

参加者の共通した感想は「日本の現代女性作家的な文体」。川上弘美、梨木香歩の名前が上がりました。すんなり頭に入りやすい文体ながら、書かれている事柄は奇天烈。よく読めばかなり息苦しい社会で生きる者の独白なので、好みは分かれました。

posted at 19:42:51

9月27日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

SFというより私小説的なファンタジー風味の純文学。リアリティラインが三部作ですべて違い、かなりの技巧派でもあるので、スイスイ読めるのにあっと驚かされる仕掛けが。
ネタを知っていても再読に耐えうる文章力なので、個人的には大当たりでした。今回の課題本に推薦してくれた人に感謝!

posted at 19:42:09

9月27日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

第48回BtoZ読書会 多和田葉子「雪の練習生」無事終了。驚いたことに、管理人以外は誰もこの本のモデルを知らず。中には完全に前知識ゼロで読んだために、語り手の正体がはっきりするまで困惑し、頭痛薬を飲んでから参加された方も。

posted at 19:39:32

2020年09月26日(土)1 tweetsource

2020年09月18日(金)1 tweetsource

9月18日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

ごめん、アカウントまちがえた。いや、海外翻訳沼みんなにアイカツ大好きなってほしいとは思ってる。人生が明るくなるんだぜ?

posted at 23:39:20

2020年09月15日(火)2 tweetssource

2020年09月12日(土)5 tweetssource

9月12日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

やっぱりそうだ。犬は革製品だとわかっててかじる。なんならブランド品の方が良い革を使っているらしく、よりかじる率が高い。うちの中型犬はヴィトン、バリー、コーチの順でかじってたし、バリーのロングブーツは半分食べられました(ほぼ彼の体積の1/2) pic.twitter.com/wIJxy2yKwZ

posted at 01:23:57

9月12日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

リレーションシップって日本語でなんと言えばよいのかな。人と人がただ好きなだけでなくてちゃんと関係性を維持しようとすると、びっくりすることもしっくりすることもありますが、そういう機微をユーモアコメディとても生き生きと書いていた。

posted at 00:43:42

9月12日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

私が一番好きで尊敬していたスラッシュライター(アメリカのBL)は男性とお付き合いしたことない人でしたけど、なにか。ものすごくリレーションシップをきちんと書けるひとだったし、濡れ場も上手かった。

posted at 00:40:39

2020年09月07日(月)2 tweetssource

2020年09月06日(日)5 tweetssource

9月6日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

遅めの夕食は「雪の練習生」トスカのロシア生まれの賢母に敬意を評してロシア料理。作中に何度も出るスモークサーモンを食べるべきだったのかもしれないけど、前から気になってた「毛皮を着たニシン(五層サラダ)」とペリメニとヴォツカの飲み比べにしました。 pic.twitter.com/ecHYTyy6KP

posted at 21:45:41

9月6日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

鷺娘だけでは時間がもたないので、最初に歌舞伎座装置を巡るツアーしてくれたり、思いもよらない景色を見せてくれたのも舞台の上と裏側の虚実ないまぜで、雪の練習生と重なって見えた遠因かな。

posted at 21:04:08

9月6日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

玉さまはただ立っているだけで美しさの化身なので、なんだか自然に涙が出てきた。でももう玉さまが自分に課しているレベルで一曲踊りきることはできないので、13年前の同じ踊りの映像との共演でした。

posted at 21:03:11

9月6日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

歌舞伎座に第三部 坂東玉三郎の鷺娘だけ見に行きました。直前まで「雪の練習生」の死の接吻を読んでいたので、玉さまが北極熊の妖精に見えた。鷺から町娘になり、町娘から鷺に。サーカスの看板女優として名を馳せる白熊トスカなのか、夜毎トスカと話し合う熊使いの女ウルズラなのか。 pic.twitter.com/7YSNxgJK5V

posted at 20:48:42

2020年09月05日(土)1 tweetsource

9月5日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

こんな時間だけど、本の通りにドリッパーを温めてから、秤に乗せて計量しながら淹れてみたら、同じ豆なのに断然おいしい!淹れ方でこんなに味も香りも違うとは。
しかし、かなり手順が多いので、朝寝ぼけてる時にはできないなあ。 pic.twitter.com/kR0gDnQ1va

posted at 22:50:13

2020年09月01日(火)1 tweetsource

2020年08月30日(日)4 tweetssource

8月30日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

感想で言い忘れてしまいましたが、敵は海賊のヨウメイの行動原理は、少しミュールに近いのかなと思いました。一見特に他の人と変わらないのに宇宙を支配しようとするヨウメイの方がミュールよりずっと冷酷ですが。

posted at 17:28:04

8月30日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

ストーリーテリングとして面白すぎるので、エンタメとしてさらっと読めてしまう作品ですが、参加者の方の子供の頃に素直に騙されながら読み、大人になって自由意志の制限との戦いの歴史として読み返した、という深い読み方が印象的でした。

posted at 17:22:42

8月30日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

BtoZ読書会「ファウンデーション2, 3」無事終了。感想の中で最高だったのは、ミュールをミュータントタートルズのイメージで読んでいた方がいたこと。このツイートを見たあなたもファウンデーションを読み返せばミュールが陽気なカメにしか思えなくなります?!🐢

posted at 17:17:45

2020年08月24日(月)1 tweetsource

2020年08月23日(日)1 tweetsource

2020年08月20日(木)1 tweetsource

2020年08月16日(日)3 tweetssource

2020年08月15日(土)1 tweetsource

8月15日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

MMY読書会 無事終了。「フロスト」は、構成力と文章力があるので読みやすいけど、ホモソーシャルな昭和おじさんの心理を詳細に教えてくれる、ありがた迷惑な作品でした。なぜ売れているのかは、のりたさんの端的な感想「おじさんによるおじさんのための小説」だからでしょうね。

posted at 18:58:42

2020年08月14日(金)2 tweetssource

2020年08月13日(木)5 tweetssource

8月13日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

この話のいいところは、破天荒な男を主人公にしておきながら、書類仕事をいつまでも先送りにしていたら実がいいがあることを、かなり現実的な例を持って教えてくれることでしょうか。部下の残業手当の処理を後回しにする人は、才能があっても部下から信用されないよね、という。

posted at 04:27:49

8月13日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

奥さんはフロストを全くアテにしてなくて(これは想像できる)でも、役に立たないことが分かっていても、その場にいてほしいことはあったはずなのに。

posted at 04:23:32

8月13日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

そもそも直属の上司じゃなさそうな人の証人がなければ残業代の支払いがトリガーされないシステムの方に問題がありそうだし、もしフロストの直属の部下だとしたら、この組織変更をした人に責任がありそう。フロストは降格すべきという意味で。 pic.twitter.com/mHeKPUcUwo

posted at 04:12:39

8月13日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

愚者たちの棺を思い起こす、かなり「アンチ・クリスティ」な設定。主人公がとにかく下品だけど正直で多分有能な刑事のおじさん。ジーン・ハントも感服するほどの下品さ。まあそれでも80年代のイギリスにも「図書館の食堂のカレー」並のあやしいカレーがあったことを思うと、妙に親近感がわいてきます。 pic.twitter.com/uRwZEfCmE6

posted at 01:43:24

2020年08月12日(水)2 tweetssource

8月12日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

はわわ。タロットの秘密は、占い信じないタイプの人にはすごく面白いはずです。特に秘密結社とかにワクワクする人に。逆に、占いを信じてるタイプの人は、あれ読むとちょっとびっくりしてしまうのではと思うけど。

posted at 17:31:28

2020年08月10日(月)1 tweetsource

8月10日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

「クリスマスのフロスト」読み始めました。出だしが最高!ドラマ版見たいなあ。日本でも配信でどこかで見つかるといいのだけど。ケーブルテレビは契約切ってしまった。

posted at 01:05:28

2020年08月07日(金)2 tweetssource

2020年08月06日(木)4 tweetssource

8月6日

@btozbookclub

BtoZ読書会@btozbookclub

第47回BtoZ読書会は8/30(日)15:30-17:30オンラインで開催します。課題本は引き続きアシモフ「ファウンデーション」2巻と3巻をまとめて取り上げます。
参加ご希望の方は、DMまたはこのツイートへのリプライでお知らせください。

posted at 12:14:52

このページの先頭へ