情報更新

last update 07/10 14:12

ツイート検索

 

@bugsworks
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

  • 773フォロー
  • 1,042フォロワー
  • 72リスト
Stats Twitter歴
3,987日(2009/08/11より)
ツイート数
123,628(31.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月10日(金)1 tweetsource

2020年07月08日(水)4 tweetssource

7月8日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

理論〔theory〕と実践〔practice〕が対になっている学際領域では、人の視野がどんどん狭窄的になっているように思う。機械が、生身の人間のような振る舞いができるようになる一方で、人の方が、過去の機械のようにぎこちなく動き、テンプレートみたいになって話しているように思う。

posted at 07:11:27

7月8日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

テレビのクイズ番組のように、あらかじめ答えが解っているものでしか、他者の知性をはかれないみたいになってますよね。間違えた人を見下すことでしか笑えない日常というのは、自らの頸椎を遮断して、知覚も運動も失っているみたいです。探検がなければ、新しいものに触れる楽しみもないのにね。 twitter.com/iwashi_dokuhak

posted at 06:35:58

7月8日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

< 経験したことのある結果が全てになってしまうと、思弁的に理論を立てても、自分の過去の記憶や感情を優先させて、他者や未来の自分を遠ざけてしまうように思います。

posted at 05:08:26

7月8日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

多くの日本人は、哲学的な意味での「他者〔other〕」の概念を持っていないのかもしれませんね。過去の自分も、未来の自分も、「自他〔self-other〕」として認識できていないから、ご指摘のような、自ら拵えた「諦め」を打開する、未来の自分や自分の知らない誰かを見つけられずにいるように思います。 twitter.com/iwashi_dokuhak

posted at 05:05:13

2020年07月06日(月)1 tweetsource

2020年07月05日(日)1 tweetsource

2020年07月04日(土)1 tweetsource

2020年07月03日(金)1 tweetsource

2020年06月29日(月)1 tweetsource

2020年06月25日(木)3 tweetssource

2020年06月24日(水)2 tweetssource

6月24日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

欧米の印欧語族と日本語との決定的な違いは、自分たちに与えられた課題を客観的に、現時点での他者への評価のように言ってしまうと、自動的に、スタートさせた時点の責任問題になってしまうジレンマなんでしょうね。その結果、プロジェクトを途中からプランBに変更できない。永遠の無謬主義。 twitter.com/ohnuki_tsuyosh

posted at 17:16:33

2020年06月23日(火)5 tweetssource

2020年06月22日(月)2 tweetssource

2020年06月20日(土)7 tweetssource

6月20日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

世論調査のような報道機関にとって倫理観の基礎にあたるようなところを丸投げしてきたこと自体、形骸化した事態だと思うんだけれど、目や耳が不正で歪んでいることに気づいた後でも、平気でいられるのは、もはや産業機械みたいになっているんだろうな。

安倍さんが大好きな新聞か。

posted at 03:47:50

6月20日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

調査会社の人間が、1,000人の調査対象のうち100人以上の調査をせずに鉛筆を舐めていた…と、このタイミングで公表した訳ですが、専門家の勘所があれば、こうした不正が行われても、誰も見抜けないってことなんでしょうね。これ、機械学習のアルゴリズムでも起こりうることか。 note.com/miraisyakai/n/

posted at 03:32:59

6月20日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

文化庁のホームページにいくと、敬語表現が、「美しい日本語」の大事な部分であると謳っているんですけれど、敬語というのは、ウチのなかでも、存否関係を意識させる表現なんですよね。

個人が、組織を批判しようという時に、上司に敬語表現しなくてはいけない…これ、どんな拷問なんでしょうね!? twitter.com/imaeda/status/

posted at 01:23:40

6月20日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

> いつまで経っても、同じ日本人には見られず、ウチの会話に参加させてもらえない、と。

何か大切なものというのを話し合おうとするとき、日本人の多くは、それを恥だと思っているみたいですよね。

posted at 01:15:35

6月20日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

日本語の研究者は、よくウチとソトのようにカタカナで書いて、日本人固有の日本語の意識を説明します。ウチに入った人は、ソトに出てはいけない、同時にソトの人は、他人のウチにあれこれ言わないような感覚があるようです。外国人が日本語を話せるようになっても、この意識がわからないので、 twitter.com/imaeda/status/

posted at 01:15:34

2020年06月18日(木)2 tweetssource

2020年06月17日(水)1 tweetsource

2020年06月13日(土)10 tweetssource

6月13日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

辞書に書かれた意味での「奴隷」を鵜呑みにして、政治家が字義的に「ありません」を断言するのは、思考停止した状態なんですかね。でも、「よくわからない」とも言われてる…最後は、「公教育の敗北」。

結局、現実を見ようともしない政治家が多いってことかな。

posted at 12:38:27

6月13日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

Mechanical Arts(言語化できることの技法だから、機械をつくることができる)とセットになって使うときには、Liberal Arts(言語化できないことの技法だから、他者の心に寄り添える)のように捉えてみると、グッと自由のイメージが広がるように思いますが、どうでしょう? twitter.com/kmiura/status/

posted at 05:44:00

6月13日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

話し手は、都合のよい事実は、記憶にあるものとして扱い、都合の悪い事実は、記憶にないものにする。それでも、公的な場では、単なる事実として記録されていますからね。パフォーマティブとコンステイティブ。公的活動において記録を残さないこと、時限的にでも公表できない事実こそ、私物化を疑う。 twitter.com/kakusanbuchoo/

posted at 05:04:07

6月13日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

実際には直示できていない対象をほのめかすことで、あたかも直示しているように語るのは、語り手自身にとってドメスティックな場面をつくりたいという英雄願望の始まりなのかもしれない。もっとも、そんな一人芝居のような虚構を欲することができるのは、ポストモダニズムの特徴なのかもしれない。

posted at 04:52:58

2020年06月12日(金)5 tweetssource

6月12日

@bugsworks

藤村正則@bugsworks

ガラス張りの経営…というか、経営層のハートがガラスのように思える上に、サービスが秘匿されずに政府機関から監視されている…という意味で、何重にもガラスっぽい。

posted at 17:38:44

2020年06月10日(水)2 tweetssource

2020年06月09日(火)1 tweetsource

このページの先頭へ