情報更新

last update 09/25 09:54

ツイート検索

 

@daijapan
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
TwitterサークルのツイートはTwilogに記録・表示されます。詳しくはこちらをご覧ください

Twilog

 

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

Stats Twitter歴
4,921日(2009/04/06より)
ツイート数
48,990(9.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年09月25日(日)2 tweetssource

6時間前

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

あれはおかしいと思った時、おかしいと思っている私自体がおかしいのかもしれないという視点があるかないかで世界の見え方は決定的に違っている。

posted at 07:54:52

2022年09月24日(土)20 tweetssource

9月24日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

私たち昭和生まれの人間は例えばコメディアンの人たちの力が抜けて、人生は適当が一番という姿勢を楽しんで笑ってきましたが、次の世代からするとあんたたちの世代が適当にバブルで浮かれてたから、今みたいになったんだろうという怒りの指摘を受けたりします。

posted at 10:20:33

9月24日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

@nurikabe80 @business なぜあなたは洗脳されていないと確認できるのでしょうか?もしかすると周りからはあなたこそが洗脳されていると思われているかもしれません。私もそうです。誰が何を見て洗脳されているとするかの線引きは大変に複雑で難しい問題であり、さらに難しいのは私が正常であるとどう確認すればいいのかです。

posted at 10:18:00

9月24日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

@umekata 私も最初そう思ったのですが、30-39で下がって、その次の世代で上がっていることがそれだと整理できないんですよね。経済で説明するのがわかりやすそうな気がしているのですが

posted at 09:58:27

9月24日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

例えば年功序列、終身雇用は、就職氷河期を経験した人にとっては既得権益にしか見えないと言われます。しかし高齢の方にはこれをなくすなんてとんでもないという方もいます。このような積み重ねで見え方が形成されているように思います。

posted at 09:20:26

9月24日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

私は世代間闘争みたいな激しいものにはならないのではないかと最近は思っています。ただ我々が若者を冷遇してきているように、高齢になった時ただ静かに見捨てられていくのではないかと思います。

posted at 08:47:09

9月24日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

年齢が上の方に会うと10代の友人はいますかと聞くようにしています。時々読んで話すとかではなく、きちんと向こうが友人として理解しているような関係です。私も怪しいですが、なんとか時々お茶をしてもらいながら話をできています。その友人関係があるかないかで見え方が大きく違うと感じています。

posted at 08:44:53

9月24日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

私の世代まではぎりぎり高齢の方の言葉は響きますが、下の世代への私の世代からの言葉が全く響かないと感じることがあります。「何を言われても綺麗事にしか聞こえないんですよね」と言われたこともあります。でも彼らが置かれている状況を考えるとそれもよくわかります。

posted at 08:43:06

9月24日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

@ganma_250 私は上が80歳、下は10代まで議論する機会が幸運にしてありますが、何かが決定的に違うと感じます。例えば夢や希望という言葉への反応とか、将来の夢とかが違います。綺麗事言ってらんねえんだよあんたらのせいでみたいな怒りを感じる時もあります。

posted at 08:39:14

9月24日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

しれません。世代の境目ははっきりわかりませんがちょうど私たちの世代あたり、35-44の間ぐらいにあるように思います。一言で言えば経済が良くなっていったという経験を一切していない世代です。余裕がなく綺麗事を言っていられなかった世代です。

posted at 08:32:49

9月24日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

最近いくつかの場所に出入りしていますが、何か決定的にある年齢を境に感性の違いがあるように思います。今は若年層は少数派ですが、世代が入れ替わり多数派になった時一気に社会が変わるのではないかと思っています。それを若年層は社会が良くなったと感じ、高齢層は社会が悪くなったと感じるのかも

posted at 08:30:44

9月24日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

@nurikabe80 @business 私が理解できない行動をしている人は、もしかして自分にはわからない何かを知っていたりわからない感性を持っているのではないかと思うようにしています。なにしろ自分が人よりわかっているという保証がないので

posted at 08:28:14

2022年09月23日(金)6 tweetssource

2022年09月22日(木)23 tweetssource

9月22日

@academyhills

アカデミーヒルズ@academyhills

わかろうとするための手段を持つ
わかろうとしあい続ける
そこに発展の可能性がある

...心に響きました

オンライン上ではありましたが、視聴者同士もイメージを共有する心地よさ、豊かさを感じました。

#和田夏実 さん #為末大 @daijapan さん ありがとうございました!
#六本木アートカレッジ pic.twitter.com/X28rF4ZTgt

Retweeted by Dai Tamesue 爲末大

retweeted at 21:31:19

9月22日

@mayu_pooh

まゆみん【英語でキャリアを切り拓く】←英語学習コーチ×プロテ@mayu_pooh

自分は何者なのか、何をしている人なのかを分かりやすく言葉にしようとすると、深く自分の価値観ややりたいことを考えることになる。それが、アイデンティティ(自己理解)。

キャリア(人生)は自分が主役。自分が何者かをスラッと説明できるようになろう

#プロティアン #英語でキャリアを切り拓く twitter.com/daijapan/statu

Retweeted by Dai Tamesue 爲末大

retweeted at 11:54:38

9月22日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

@SqoNMDCV8O6dCwV 人間は自分の認知機能で認知していてその認知機能は必ずバイアスがかかることを考えると、事実と意見は切り離せるものではないのだろうなと思います。そして我々ができるのはそのような認識で世界を見ることではないでしょうか。

posted at 08:44:47

9月22日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

下條先生によれば自由意志は存在するのではなく、罪と責任という社会システムを機能させるために求められたものではないかということです。自由意志があると仮定することでいろんなものが機能するということです。

posted at 08:32:38

9月22日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

一方で、実際のところ人は周辺の影響を多大にうけています。むしろ個人の努力と意志の影響は想像以上に小さいと私は考えています。しかし個人の意思という根拠が弱くなると、自由意志と責任という関係が崩れてしまいます。法は責任を前提としますから、自由意志の存在を否定できません。

posted at 08:27:17

9月22日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

体裁を取ることが多いからです。それは謙虚な側面もありますが、無責任の側面もあります。何しろそうしたのではなく止むに止まれずそうせざるを得なかったわけです。空気が醸成する前に決定してしまうと、個人の責任になるので、空気が出来上がるまで待つという手法はよく見かけます。

posted at 08:25:15

9月22日

@daijapan

Dai Tamesue 爲末大@daijapan

劣悪な環境で育ち犯罪を犯してしまった青年の罪をどの程度軽減するべきかという問いに対し、アジア系は軽減したがる傾向にあるそうです。日本人はさらにその傾向が強いというのが私の予想です。なぜならば私たちが何か行動をする時自分の意志というよりは周辺の影響でそうせざるを得なくなってという

posted at 08:23:23

このページの先頭へ