情報更新

last update 10/03 07:16

ツイート検索

 

@daizy_daizy
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
TwitterサークルのツイートはTwilogに記録・表示されます。詳しくはこちらをご覧ください

Twilog

 

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

  • 327フォロー
  • 442フォロワー
  • 28リスト
Stats Twitter歴
4,825日(2009/07/19より)
ツイート数
36,438(7.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年09月30日(金)4 tweetssource

9月30日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

東京マルイのFET搭載&純正リポ対応のP90+はかなり魅力的
ノーマルとハイサイで迷って結局どっちも手を出さないでいるうちに決定版が来た感じ?

…ピンクのは出ないのかな?

posted at 16:52:06

9月30日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

Buck 192 Vanguard (2007)
言わずと知れた名品。Buckのフィックスドならコレか119でしょう。
ゴムグリップの692 Vanguardや863 Selkirk(中国製)もあるけど僕はブラス+パッカーウッドの192がイチオシですね。緩やかに膨らんだグリップの握り心地も素晴らしい
S35VNのPro版出ないかな? pic.twitter.com/mxg0DB0Ght

posted at 12:57:14

2022年09月29日(木)9 tweetssource

9月29日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

この部分のベロ(表裏両面)をヒートガンで熱して内側に押し込んどけばかっちりナイフ保持してくれるようになるんだけど、加工めんどくさいしテンション調整もめんどくさいのでこういうとこでコストけちるのはやめて欲しいんですよね pic.twitter.com/to7NAGc4Lm

posted at 13:20:17

9月29日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

Ka-BarのTDI Pocket Strike
護身用暗器に特化のTDIシリーズでは珍しく汎用性の(出自的に携帯性も)高いリングテールドロップポイントでLionsteel H1,H2同様のお気に入りなのだけど、すっかすかで保持性ゼロのカイデックスシースが全てをぶち壊してるのはどういう了見なの?

www.knifecenter.com/item/KA2491/ka

posted at 13:12:39

9月29日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

とくにマシェットみたいな大物の現場メンテにすごい便利
オンタマのシースにもこういうのが組み込まれてるよね

posted at 12:12:11

9月29日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

こういう簡易研ぎ器ってきちんと砥石扱える人ほど馬鹿にしがちだけど、刃物は常に切れる状態を保っておくことっていう大原則こそ優先すべきと思うんだよ
もちろんコレだけで刃物の最高性能なんか引き出せやしないし無駄削りも多いけど日々の調理をこなすには十分なわけで

posted at 12:02:38

2022年09月28日(水)5 tweetssource

9月28日

@KSC_guns

KSC 株式会社ケーエスシー@KSC_guns

ダブルアクション方式でありながらM1911系に準じた操作性も備えた「Cz75」を、1stバージョンのHW使用で10/6(木)に再販決定‼️
フルサイズ15mmピストンと精密型チェンバーによる最高のパフォーマンスが楽しめます。

ksc-store.jp/?pid=125428566
ksc-guns.co.jp/news/the-pinna

Retweeted by Daizy

retweeted at 16:40:48

9月28日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

「選手権者」ならchampionshipを無理矢理和訳したんだろうなあレベルでなら理解できるんだけども

posted at 00:54:31

2022年09月24日(土)5 tweetssource

9月24日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

ターナーのアンティークワックスで処理したマキリのハンドルをいったんベンジンで拭き取ってからBRIWAXで染めなおし。カラーはどちらもウォルナット
浸透力といい赤味の入った色合いといい、僕はBRIWAXの方が好みだなあ
(モデルガンのグリップ染めで馴染んでるってのもあり) pic.twitter.com/jUBgymKE3v

posted at 16:33:15

9月24日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

ESEE IZULAがやたらデカく見える(^^;
フィンガーチョイルの形状が優秀でランヤードとあわせて意外にしっかりグリップできるし、海外通販の厚めのブリスターパックもスパスパ切れる。超便利(^-^) pic.twitter.com/jQEzExO6Pr

posted at 11:36:37

9月24日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

在宅中いつも首から下げてるネックナイフを変更
Spydercoレディバグ→ESEEギブソンピンチ

こんなに小さくても刃厚はガーバーグとほぼ同じ3.17mmで切れ味もいい
ネオジムで固定するので着脱がめちゃくちゃ早い(レディバグは抜いて展開するまで3秒、ギブソンピンチ1秒)けど磁気の影響には要注意かな pic.twitter.com/a757tXVFcF

posted at 11:33:37

2022年09月23日(金)7 tweetssource

9月23日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

このスタッグハンターは復刻版だけどオリジナル(90年代中頃)の仕上げはどうだったのかなあ
少なくともこんなペなペなの安っぽい革シースじゃなかったとは思うけど
国産メーカーはどこもある時期からフォールダー用シースの革質が露骨に落ちたよね。モキは帆布+合皮に切り替わったし

posted at 23:46:31

9月23日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

このリカッソの曲面&鏡面仕上げ。スタッグハンターもかなり頑張ってる方だとは思うけどレベルが違いすぎる。世界中探してもコレをやってるマスプロメーカーはもう無いんじゃないか
(ちなみにカリンハンドル時代のモキ・ラブレスもここは再現できてなかった) pic.twitter.com/XVIXQAl4XY

posted at 23:37:58

9月23日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

G.Sakaiのクラシックハンター(右)とスタッグハンター復刻版(左)
どちらもご存じGFHの写し(鋼材はATS34)だけど並べてみるとコストのかけ方が歴然と違う。
クラシックハンターの丁寧なグラインド+ミラーフィニッシュは現在のマスプロでは(モキナイフでも)再現不可能なレベル。
良い時代だったよね… pic.twitter.com/Qv0MohsaXY

posted at 23:31:07

9月23日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

伊泉龍一さんの訳者あと書きは良かった。この方の入れ込みすぎないスタンスはタロット大全の頃から好きなんだよな

posted at 18:35:12

9月23日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

名著とされる「エッセンシャル・ルノルマン」を読んで、やっぱりルノルマンは好きになれないなーと思った。合わないものは合わないんだから仕方ないね

posted at 18:31:55

2022年09月22日(木)2 tweetssource

9月22日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

フリーレンのアニメ、あの静謐なコマ割りの間をセリフBGM付きで表現できるのか?という懸念はあるよなあ

posted at 22:18:21

2022年09月16日(金)1 tweetsource

2022年09月15日(木)1 tweetsource

9月15日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

これ、同じものだそうで。
Fiskarsのはもってる(たしか20ドルしなかったと思う)。TOPSのマチェットに数往復で吊るしの新聞紙すぱすぱ切れる刃がつくんで重宝してる
柄の部分ぶった切って携帯しやすくしたいから京セラ版も買っとくかな pic.twitter.com/9YpR3BS6sd

posted at 11:05:36

2022年09月14日(水)5 tweetssource

9月14日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

カバー掛けて出しっぱなしの生物顕微鏡でこれくらい観られれば、剃刀研いだあとのチェックとかが手軽にできそう
金属顕微鏡引っ張り出してセットアップするの結構めんどくさいんだよね。ポータブルタイプだから使い勝手良くないし

posted at 20:47:36

9月14日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

写真は砥石(1000→2000)+青棒革砥で仕上げてあったオピネルINOXのエッジが鈍ってきたのでダルコのファインセラミックでタッチアップした状態。青棒でヌメヌメになったベベルとタッチアップで削れたエッジ部の差がよく分かる

posted at 20:42:14

9月14日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

研ぎ上げたオピネルNo8のエッジ部x100コリメート撮影
3眼生物顕微鏡のカメラ鏡胴からLEDライトを照射すると落射照明になって金属顕微鏡的な使い方ができるんだねえ
今回はレンズ付きアダプターを嵌めたままだから視野中心部に集光しちゃってるけど、外せばもっと広範囲を照射できると思う

#顕微鏡 pic.twitter.com/FuPwsTPzdr

posted at 20:30:10

9月14日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

やることいっぱいあるのになんにもしたくない病を発症した原因はやることいっぱいあるからなのでひとつひとつ丁寧かつ迅速に上司同僚に振り分けていく所存

posted at 14:17:52

9月14日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

為替の影響で国内通販の方がお得なものがかなり出てきてるなあ
在庫なし商品を取り寄せると現行レートが反映されちゃうから旧レートの流通在庫はあるうちに抑えとくべきだね

posted at 11:23:11

2022年09月11日(日)7 tweetssource

9月11日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

Opinel No8のINOXを、G.Smithのステンレス用SHINY BLUEで黒染めしてみたのだけどかなりムラが出てしまった。紅茶+酢で染めたハイカーボンほど綺麗な仕上がりにならないねえ。皮膜強度も低そうだし。
まあ、ステンレスを黒錆コートする意味があるのかっていうと無いんだけども(^-^; pic.twitter.com/ETI8PNMJLR

posted at 09:35:32

9月11日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

ジンピング採用前の前世代エンデューラ半波刃
エンデューラ半波は「とりあえずナイフ1本買っとくか」って際の不動のベストチョイスだと思う
このサイズのナイフに求められる用途でこいつにできないことは何もない。軽くて使い易くて安価。機能性にのみ特化して趣味性のかけらもない使い潰す為の道具 pic.twitter.com/7JBtJbzumK

posted at 08:52:20

9月11日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

ところで僕が愛用するクリケットとSSポリスにはまだこのジンピングが採用されていないんですよなんとかしてください(´・ω・`)
(とくにSSポリス)

posted at 08:36:45

9月11日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

パラミリ2・パラ3他の高価格モデルは勿論、デリカ・エンデラ・ドラゴンフライ、そしてレディバグといった普及価格帯の現行モデルにもこの最強のジンピングが導入されている
サムホールにこのジンピングが加わったことで、スパイダルコは正真正銘最強のポケットナイフに進化したと僕は思っている

posted at 08:36:11

9月11日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

なかでも③のジンピング(滑り止めの刻み)
Spyderco最大の特徴であるサムホールは外観上のアクセントであり異物でもあるわけだけど、業界最高レベルの滑り止め効果を持つジンピングの採用によりサムレストとしてとてつもない機能性向上を果たしている。
コレだけで前世代から買い替える価値がある

posted at 08:35:25

9月11日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

左: Spyderco Endura3
右: Spyderco Endura4
現行第四世代EnduraはFFGブレードやロック周りのパーツ変更他多くの点で前世代から改良されていて
①トルクスねじ採用→完全分解清掃が可能
②ハンドルの滑り止めパターン(ボルケーノグリップ)変更
③サムレストへのジンピング採用
の恩恵が特に大きい pic.twitter.com/C7mk3qL6Mv

posted at 08:33:04

2022年09月09日(金)2 tweetssource

9月9日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

こんな雑なつくりでも実用上なんの問題もなくて凄い便利。ペンチの挟み痕とか見てくれはアレだが(^-^;

posted at 01:11:42

9月9日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

レディバグ、小さすぎてポケットクリップが無いことが著しく携帯性をスポイルしてるんで当座用のネックシース作った
1mm厚カイデックス切り出してヒートガンで熱してナイフ挟んでペンチでぐいぐい挟んで整形、輪郭整えたら吊り孔開けてパラコのループに100均革紐引っ掛けておしまい(ここまで30分) pic.twitter.com/yzS6HTFzbL

posted at 01:09:39

2022年09月07日(水)6 tweetssource

9月7日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

@4010riverside 結局、ヌケなんですよねえ。他にコレをうまく表す日本語がない。
それこそTrackerみたいに明確に刃角が区別されてれば各々の用途分担がはっきりするのだけど

posted at 01:11:26

9月7日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

ネックナイフにせよなんにせよ、首にかけるループは低強度のものにするかセーフティ(高負荷がかかると破断する仕組み)を組み込むべき、と考えます
パラコード結んだループを首にかけて歩きまわって、それを枝なり柵なりに引っかけた瞬間足を滑らせたら即頚椎損傷。そんな間抜けな終わり方は御免ですわ

posted at 00:43:12

9月7日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

まあ、はっきり言ってしまうとエルドリス嫌いなんですけどね、僕は。
アウトドアではうっかりすれば首吊り事故を起こしかねないパラコードループのネックナイフ仕様ってとこからして既に。

posted at 00:32:57

9月7日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

結局僕は、角度均一なファクトリーエッジを残すのと潰す(フルスカンジ化)のとどちらがエルドリスの設計思想に沿うのか判断できないでいるわけです
ラブレス他のカスタムナイフやファクトリーでもCSのピースメーカーとかがこの変則グラインドを採用してるわけだけど、その真意はどこにあるんだろう?

posted at 00:24:36

9月7日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

刃先と刃元のベベル角の差による特性の違いを引き出すためには、各々をベタ研ぎのフルスカンジにしてエッジ角そのものを変えなきゃならない(糸刃はつけても良いかな)
結果、刃先部が繊細になりすぎて強度に不安が出てくるけどそうしないと変則グラインド採用の意義が引き出せないわけで
ホントかね?

posted at 00:20:47

9月7日

@daizy_daizy

Daizy@daizy_daizy

↑は一度も砥石に当ててないファクトリーエッジそのもの。
刃先と刃元のベベル角の違いは切り抜け時の摩擦抵抗の違いになるから感覚としての「切れ味」には差が出る。刃体の強度にも差はある。だけど刃体全長でエッジ角が同じなんだから切り込みの鋭さも同じだよね
変則グラインドで錯覚しがちだけど

posted at 00:11:07

このページの先頭へ