情報更新

last update 07/20 12:55

ツイート検索

 

@dilettante_k
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@dilettante_k

いきうめ@dilettante_k

Stats Twitter歴
2,666日(2012/04/02より)
ツイート数
25,356(9.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年07月20日(土)1 tweetsource

2019年07月19日(金)1 tweetsource

7月19日

@dilettante_k

いきうめ@dilettante_k

これは読んでみたい。例えば、特定健診など「測る」ことが自己目的化してしまって、後が手詰まりになっている。思えば医療費適正化対策への政治的弁解とそこに「本気で」取り組めというシグナルが輻輳して、結果的に根拠もあいまいなまま、身体性の線引き・管理が軽々しく行われるようになった。 twitter.com/gubibibi/statu

posted at 12:16:21

2019年07月17日(水)1 tweetsource

2019年07月16日(火)7 tweetssource

2019年07月15日(月)3 tweetssource

7月15日

@dilettante_k

いきうめ@dilettante_k

これまでホメオパシーに公的保険が適用されていたドイツでも、エビデンスがないという理由で保険外しが議論になっているというニュースもあったな/ニセ科学「ホメオパシー」の実践が危険な理由 毒物の「ヒ素」でさえ薬にしてしまう謎理論 | 子育て - 東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/282

posted at 22:24:05

7月15日

@dilettante_k

いきうめ@dilettante_k

#art #crafts 食の器展@日本民藝館
artbeat.ly/2KljDCh 饗応とハレ、茶の湯と懐石、柳家愛用品ーの3つのテーマに則して所蔵品から無銘・作家物問わず食器を取り上げる。平常の美を訴求する気取りのない(が見事な)セレクトが実に民藝館らしい。朝鮮、西欧、土瓶・菓子型など併設展も充実。〜9/1。

posted at 19:48:32

7月15日

@dilettante_k

いきうめ@dilettante_k

#art 古布-無名の妙-坂田和實・蒐集の審美@多摩美美 artbeat.ly/2JDjo2I 古道具坂田が蒐集した古今東西の古布と古道具100点程を展示。酒袋やボロ、大布など壁面に設えた古布をロスコやブッリなど、戦後絵画の銘品に見立てた景色がいかにも坂田好みで面白い。展示風景を収めたカタログあり。〜15日

posted at 19:23:40

2019年07月14日(日)1 tweetsource

2019年07月13日(土)2 tweetssource

7月13日

@dilettante_k

いきうめ@dilettante_k

人形の中の幽霊展、もともと死後写真がそうあることを願われて制作されたように、人形にはそもそもあり得ない生の表徴を読み取ろうとして、常に意識を宙づりにさせる写真の戦略性を再認識させるいい展示です。死者を生者に、生者を死者に見せる(ソンタグ)という写真の無分別がかえって際立ちます。

posted at 21:39:20

7月13日

@dilettante_k

いきうめ@dilettante_k

#art 菅実花「人形の中の幽霊」@原爆の図丸木美術館
artbeat.ly/2FioMa4 写真の誕生とともに発生した死後写真の様式に則し、リボーンドールと呼ばれる乳児人形を撮影した作品を展示。前作のラブドールから続く写真が賦活する「生命」の様態を、死物と習俗から浮き上がらせる秀逸な展示。〜15日。

posted at 21:21:12

2019年07月12日(金)3 tweetssource

2019年07月11日(木)2 tweetssource

2019年07月09日(火)3 tweetssource

7月9日

@dilettante_k

いきうめ@dilettante_k

色いろ考えてしまうが、個人的には「夫婦のみ世帯」のうちデータ不詳の(元もと)子なし世帯の実態が気になる/「夫婦と子の家族」は今や3割弱しかいない現実 2040年には単身世帯の構成比が約4割になる | ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― - 東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/290

posted at 10:30:15

2019年07月08日(月)4 tweetssource

2019年07月07日(日)2 tweetssource

2019年07月06日(土)2 tweetssource

2019年07月05日(金)3 tweetssource

2019年07月03日(水)2 tweetssource

7月3日

@dilettante_k

いきうめ@dilettante_k

3体のロイコクロリディウムに取り憑かれたオカモノアラガイの動画。全神経がスパークしてストレスが吹き飛ぶのでおススメ。3体ってのがキモい。わめくほどキモい。

posted at 20:55:43

2019年07月02日(火)6 tweetssource

2019年07月01日(月)1 tweetsource

2019年06月29日(土)4 tweetssource

6月29日

@dilettante_k

いきうめ@dilettante_k

いずれにせよ、メンタリティに直接介入しようとする作品は衝撃も大きいが、馴致されるスピードも早い。考えだしたら割と深度浅めだったというか、幽霊の正体見たりとなってしまいがちかもしらんね。

posted at 21:17:25

6月29日

@dilettante_k

いきうめ@dilettante_k

塩田展が日本的地域性を感じさせない(一方で「ドイツ」という地域性が現れた作品が見受けられる)一方で、地域性が強調されるが、日本人鑑賞者にとって一部ボタンの掛け違いがあるのがボルタンスキーか。両者とも鑑賞者の心性に訴える手法を取るが、あざといと言えばどっちもどっちなんだけれども。

posted at 21:10:55

6月29日

@dilettante_k

いきうめ@dilettante_k

塩田展の演出優位を指摘する声があるが、実見してなるほどと思われるところが大きい。その指摘がミソジニーという批判を受けたのはナナメだが、これとは別に欧米寄りの国際性が高く、地域的な感性を伺わせるところがなくて、海外作家と言われても納得。むしろボルタンスキーに地域性を感じなくもない。

posted at 11:18:43

2019年06月28日(金)3 tweetssource

このページの先頭へ