情報更新

last update 09/24 01:18

ツイート検索

 

@disaster_i
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

  • 39フォロー
  • 5,523フォロワー
  • 518リスト
Stats Twitter歴
2,967日(2010/08/11より)
ツイート数
13,671(4.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年09月18日(火)2 tweetssource

2018年09月14日(金)2 tweetssource

2018年09月10日(月)3 tweetssource

9月10日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

今日は思ったより「ぼくのかんそうとていあん」みたいな報告が少なくて、あまり頭に血が上らずにすんでいるな.タイムキーピングが厳しいので,自分の仕事に限定して話している人が多いからかな.

posted at 16:51:55

2018年09月09日(日)10 tweetssource

9月9日

@motohirohonma

本間基寛@motohirohonma

あくまで自分の印象なんだけど、災害時のサバイバル術みたいなのが流行るのは、災害のような非日常時には普段やらないことをしないといけない、みたいな思い込みがあるのかな。職場でも、停電に備えてロウソクを用意しなきゃという人がいたので、「いや、火事になるでしょ。懐中電灯でいいじゃん」と。

Retweeted by 牛山素行

retweeted at 09:50:34

9月9日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

@motohirohonma ツナ缶ランプは,さるイベントで体験しましたが,こんな手間かけるなら懐中電灯買っとけ,と思いました.そもそも生火でローソクより不安定で危ないことこの上ない.核戦争後の世界でも想定しとるのかと思いました.「ぼうさい熱心な人」の自己満足以外の何物でもないと思います.

posted at 09:53:49

9月9日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

「ぼうさいのために私たちができることは?」とかきかれて何かかっこいいこと言わないと相手にされないから,無理矢理変な思いつきに至るのは分かるんだけど.

posted at 10:07:09

9月9日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

ごく普通に「使えなくなると困るものをそうなりにくいように考えましょう.困るものは人によって違います」でいいのでは,とおもってる.だから「ぼうさいには役に立たない奴だ」と思われてると思う.それで結構ですけど.防災意識低いので.

posted at 10:07:09

9月9日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

「私の考えたこのすてきなぼうさいをやりなさい.こんなすてきなことを褒め称えないあなたはおかしい」みたいなお話をいただく経験も積ませていただいておりますので,ぼうさいがますますきらいになっております.

posted at 11:12:16

9月9日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

世間が注目する災害が起こると現地に行く人だと思われてるみたいだけど,時間が無くてできません.時間がありません.今回の地震については,情報収集する時間すらとれていません.

posted at 11:20:54

9月9日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

そりゃね,見に行って写真撮って適当なこと言うだけならできますよ.でもそれじゃ研究にならんのです.研究にならんことはしないというのか,と聞かれたら「そうです」と言いますよ.それで生きているんですから.研究しなけりゃ生き残っていけないんですから.

posted at 11:25:53

9月9日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

で,もちろん普通に仕事しているので,災害の調査研究に割ける時間は限られるわけで.それで時間が無くなって,どうにもきがたっているわけです.どうしようもないことですが.

posted at 11:35:14

2018年09月07日(金)1 tweetsource

9月7日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

「北海道の地震の調査はしないのか」「台風21号の調査はしないのか」といったお声も伺いますが
 時 間 が あ り ま せ ん

posted at 10:29:39

2018年09月06日(木)8 tweetssource

9月6日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

@Beniya_Shohei 私は昨日南港ポートタウン沿線だけを見てきましたが,同じような印象を持ちました.コスモタワー(?)脇の車がかなり吹き飛ばされた駐車場はあの付近だけが特にひどい感じで(マンション柵のガラスがあの付近だけ特に破損していたり),突風のようなものがあったのかなとも感じました.

posted at 17:19:45

9月6日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

@Beniya_Shohei 広島からの復路に立ち寄ったので時間がなく.南港付近が高潮で浸水したという画像を見たので,徒歩で行ける範囲だなと思いまして.私も風は素人なので,メカニズムは分かりません.

posted at 19:57:20

9月6日

@motohirohonma

本間基寛@motohirohonma

今日、京大防災研の海岸工学の先生とお話したけど、やはり関空の浸水は、「高潮」と言うよりは「高潮+越波」とのこと。関空付近では大阪港ほどの潮位までは達していないので、断続的な越波で海水が流れ込んだんだろうと。沖合の島だから、波高が高くなるので、そりゃそうだろう。

Retweeted by 牛山素行

retweeted at 23:47:48

9月6日

@motohirohonma

本間基寛@motohirohonma

陸域の空港よりも運航面での優位性がある中で、防災対策にどこまで金をかけるのかという議論。浸水しても人が死なないためにはどうするか、を施設側も考えていたのでは。だから、「死者が出ず、最低限の責務を果たした」ということなのでしょう。

Retweeted by 牛山素行

retweeted at 23:47:56

9月6日

@motohirohonma

本間基寛@motohirohonma

南海トラフかどうかはわかりませんが、津波によって浸水することもありうる。完璧はできなくとも、次善の策をどうとって、どこまでを守るのか。この発想が防災には不可欠ですよね。

Retweeted by 牛山素行

retweeted at 23:48:01

9月6日

@motohirohonma

本間基寛@motohirohonma

一般から見たら、高潮も越波も浸水したら一緒だろ、と思われるでしょうけど、現象としては別なんですよね。もちろん、相互的に関連はしていますが。

Retweeted by 牛山素行

retweeted at 23:50:49

2018年09月05日(水)8 tweetssource

9月5日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

当方調査による,1999年以降の風水害の原因外力別犠牲者数.強風による犠牲者は全体の6%で,全体から見ると多くはない.1事例当たりで強風犠牲者が多いのは2004年台風18号14人,1999年台風18号12人で,今回はそれらに匹敵する規模の可能性がある. pic.twitter.com/6sHTmChtaw

posted at 08:45:57

9月5日

@itokosk

伊藤耕介@itokosk

予報の観点で言うと、高潮の予測は激ムズの部類に入る。進路が20~30キロずれただけで大きく結果が変わる。24時間後の進路予報誤差は平均約80km(昔よりはだいぶ減っています)なので、現状では、最悪の事態を想定して対策を取っておくほかないと思う。

Retweeted by 牛山素行

retweeted at 12:39:06

9月5日

@itokosk

伊藤耕介@itokosk

今回の台風で、高潮が数十分から数時間のスケールで海面が持続的に上昇する(その意味で津波と同じ)という現象であることを初めて知った人も多いかもしれません。実は、大阪湾では歴史的に顕著な高潮が数十年から100年に一度の割合で起こっており、これは、東京湾・伊勢湾でも同じことです。

Retweeted by 牛山素行

retweeted at 12:39:44

9月5日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

「避難してもらうための心理分析をとか、神になったつもりか」とか、「地域への参加意識をたかめよとか、自分が嫌なことは人に勧めたくない」とか言って、会議の雰囲気を悪くしたと思う。

posted at 12:47:16

2018年09月04日(火)30 tweetssource

9月4日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

[出演予報]「地域の災害特性を知ることの重要性」,NHKテレビ「視点・論点」,2018年9月4日.Eテレで1350-1400.再放送が,総合テレビ9月5日03:50-04:00.平成30年7月豪雨を受けてあらためて「災害は不思議なところで起こらない」という話.

posted at 08:58:21

9月4日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

偶然,自分の出ている「視点・論点」を見ているのだけど,台風関連情報のテロップが流れ続けてて,図のタイトルが隠れて見えなくなってる・・・

posted at 13:58:25

9月4日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

今回,「基礎のある木造家屋や,鉄筋・鉄骨造の建物」で,建物ごと倒壊したケースはあるのだろうか.物置とかでなくて.

posted at 19:41:20

9月4日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

まだこれから把握される被害は多々あるとは思うけど,たとえば,地区全体が高潮で深く浸水して家屋が多数流されるとか,風によって多くの家屋が倒壊するとかいった被害は生じていないとみていいのではなかろうか.だとすれば,「(過去に繰り返された災害事例に比べ)被害は限定的」と思う.

posted at 21:03:14

9月4日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

災害の当事者になってしまえば,「大災害」も「限定的災害」も何も無く,大変であることは言うまでもない.そのことはよくよく承知した上で,でも自分は一応「専門」なので,できる限り冷めた目は持っていなければならないと思っている.

posted at 21:03:15

9月4日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

@Beniya_Shohei あえて冷酷に言いますが,「社会の混乱」の程度も客観的に見ればやはり過去に比べれば穏やかなものになっていると思います.ただ,同程度の「混乱」でも,平時が平穏になっている時代においては,その時代に生きる人にとっての「衝撃」のようなものは違ってくるのだろうな,と思います.

posted at 21:48:04

9月4日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

しかし,鉄道の「計画運休」に見るように,影響(被害)を避けるという取り組みと,それによる被害軽減効果も多分出てきていると思うな.「こんな被害が!」「避難しない!」ばかり言うのではなくて,軽減できている部分を具体的に見ることも重要だなと思っている.

posted at 22:43:43

このページの先頭へ