情報更新

last update 09/16 06:28

ツイート検索

 

@dtk1970
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@dtk1970

dtk@dtk1970

Stats Twitter歴
3,774日(2009/05/18より)
ツイート数
84,538(22.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年09月16日(月)3 tweetssource

10時間前

@PL9P8AzyfbuRgNh

ろくた@PL9P8AzyfbuRgNh

だいたいさー法律の入門書なんて意識高い学生向けでしょ。横田さんの本とかすげえわかりやすいけど、アレ買って実践する人は「デキる」学生よ。そんなんじゃなくて超わかりやすい解説を目指したもの。エッセンスを絞って、細かい残りの解説は他の本に任せるぜ的な感じの。

Retweeted by dtk

retweeted at 00:13:15

10時間前

@sho_ya

shoya@sho_ya

私は食事や料理について書かれた文章がとても好きです。その理由は、美味し「そう」なもののイメージに接することができるという点にもありますが、多分、そういう料理を食した人々の幸せなり満足なりに触れることで、偽装的・代替的な悦楽を摂取できる点にもあるのでしょう。

Retweeted by dtk

retweeted at 00:12:34

2019年09月15日(日)124 tweetssource

11時間前

@bwpotato

ぶちぽてと.@bwpotato

法務部門の人が社のビジネスの最前線や現場のロジや社内調整の勘所・スケジュール感などに明るいのはもちろん良いことだけど、法務本来の仕事をした上での話だよね。当たり前のことだと思うけど、中にはわかってない人いて見てて悲しくなる。

Retweeted by dtk

retweeted at 23:53:58

11時間前

@dtk1970

dtk@dtk1970

あり得ない、という表現を使うということは、自分にとって、「あり得る」と思っている範囲が狭いことを自白しているだけなのではないか、自己の狭量さの自白なのではないかと思ったりする夜(知らんけど)。

posted at 23:37:42

11時間前

@RyuichiYoneyama

米山 隆一@RyuichiYoneyama

これ、現政権の問題点を端的に示していると思います。①希望的見込みで決めつけ現実を確認しない②見込みが外れたあと間違いを認めないので軌道修正できない③「何でも擁護」で守られて批判されない です。絶大な権力で②③をごり押ししていますが、それで被災者の現実がよくなる訳ではありません。 twitter.com/NoTYOolympic/s

Retweeted by dtk

retweeted at 23:31:28

11時間前

@bot52276199

弁三@bot52276199

今回の台風で、日本が後進国であることをまざまざと見せつけられた気がするな。インフラも、政治も。

Retweeted by dtk

retweeted at 23:31:03

11時間前

@gigakame

ちくわ@gigakame

リスクを付加価値に変える商社や金融と違って、モノが付加価値の源泉となっているメーカーならば、リスク管理部門たる法務部門の職務もより考えてやらねばと思い、3年ほど経過したが、未だにモノとの関係性=距離感が掴めないぞ。何て奥が深いんだ!

Retweeted by dtk

retweeted at 23:09:39

12時間前

@marunouchi334

大江戸鮨捜査網@marunouchi334

鮨振る舞い 心得の条
我が金 我が物と思わず
振る舞いの儀 あくまで陰にて
己の器量伏し
振る舞い鮨 如何にても果すべし
なお
 死して勘定立て替える者なし
 死して勘定立て替える者なし

Retweeted by dtk

retweeted at 23:00:11

15時間前

@ggzhmru2

ryota@ggzhmru2

完全に初動を誤ったポンコツ政権。日を追うごとに被害が拡大。サンデーステーション後藤氏「政府は今まで一体何をやっていたのか?初動のミスを認めたくないのか、未だに対策本部もない。危機管理が全くダメ」在庫一掃組閣なんか延期すべきだったし、組閣後即対策本部の設置だった。もはや人災。 pic.twitter.com/qo8hmQq98y

Retweeted by dtk

retweeted at 20:02:07

15時間前

@ahowota

QB被害者対策弁護団団員ronnor@ahowota

新人企業法務パーソンが司法試験の勉強をしてきたことの意味は、「これから企業法務実務を学んでいく上で、比較的スムーズにこれを学ぶことができる素養がある」ということであり、それ以上の意味はない。司法試験の知識だけで企業法務実務が回せるということは「あり得ない」訳である。 #エアリプ

Retweeted by dtk

retweeted at 19:58:15

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

15時間前

@kumagai_chiba

熊谷俊人(千葉市長)@kumagai_chiba

屋根のブルーシート張りを行う職人不足を私が国交大臣に訴えている報道をご覧になった神戸市の久元市長のお声がけで、大林組が大勢の職人を本日千葉市に派遣下さり、ボランティアセンター・市の相談窓口に要請されていた市民宅で対応頂くことになりました。神戸市、大林組、職人の皆さんに感謝します!

Retweeted by dtk

retweeted at 19:53:24

16時間前

@Lemon_and_Milk

レモミル@Lemon_and_Milk

法務(部)があるのは上場企業でも約半数だったんじゃないかな。課レベルでの設置を合わせても、法務の存在は「当たり前」じゃないよね。存在しても実態は「一人法務」だったりするし。

Retweeted by dtk

retweeted at 18:29:52

16時間前

@marumichi0316

圓道至剛(まるみちむねたか)@marumichi0316

これから修習に行く人は、間違いなく、拙著「企業法務のための 民事訴訟の実務解説」を読んだ方が良い。民事裁判と民事弁護で出てくる訴訟実務の疑問の大半はカバーしてあるから。立ち読みして、「訴状」の部分だけでもパラパラと目を通せば、なぜこの本が修習生にとって必要かが、理解できると思う。

Retweeted by dtk

retweeted at 18:25:58

16時間前

@marumichi0316

圓道至剛(まるみちむねたか)@marumichi0316

書面と押印(あるいは電子署名)の話で盛り上がるケースをよく見かけるけれど、最終的に「裁判になったときに証拠として(他の証拠と併せ考えて)十分か」という観点から考えれば良いと思う。「他の証拠」が十分にあるならば、別に二段の推定が及ばなくても、裁判を戦う上では問題はなかったりする。

Retweeted by dtk

retweeted at 18:25:49

16時間前

@marumichi0316

圓道至剛(まるみちむねたか)@marumichi0316

「赤い本」が売れても、個人の経済的メリットは僅少だけれど(執筆に要する時間を考えたら、タイムチャージで仕事をしている方が良い)、それでも修習生になる方や若手弁護士に拙著を読んで欲しいと希望するのは「民事訴訟実務の最低ライン」をこの本に書いてあるレベルまで底上げしたいからなのです。

Retweeted by dtk

retweeted at 18:25:10

16時間前

@malaxiangguo_s

麻辣@malaxiangguo_s

USC(University of Southern California)をUniversity of Spoiled Childrenというのはなんども聞いたことあるけど、先ほど
U$¢
と表記されるのを初めて見た笑

Retweeted by dtk

retweeted at 18:23:28

16時間前

@tutitoabura

土と油@tutitoabura

数年前に「南海トラフなんて本当に起こったら奈良県民は自力でなんとかするしかない」とツイしたら現職JKが「自衛隊が必ず助けます。大丈夫です」「いや大久保から助けが来るけど全域は絶対無理だし」と水掛け論になった。最近気づいた事。一般的日本人は奈良が天然の要害である事を全く知らない。

Retweeted by dtk

retweeted at 18:21:41

16時間前

@ogawahiro

小川裕夫@ogawahiro

キヨスクは、殉職した国鉄職員の妻に生計を立ててもらうために設立された。官公庁舎内の食堂も同様。そうした歴史だけが忘れ去られた結果、利権だ〜という意見が大勢を占めるに至り、生産力を向上させる名目でそうしたセーフティネットを潰したら、余計に生産力が低下した。後世まで語り継ぎたい寓話

Retweeted by dtk

retweeted at 18:20:56

16時間前

@O59K2dPQH59QEJx

ピピピーッ@O59K2dPQH59QEJx

P修習は、捜査実務や調書の取り方を学ぶ場ではない。

権力の強さを学ぶ場だ。
だって、取り調べなんてしたことない奴らが、スラスラ自白調書をとれるんだぜ。震えている被疑者の手を見てごらん。言わずとも従える、これが権力の強さだ。

Retweeted by dtk

retweeted at 18:20:02

16時間前

@ziuziu

ジウ@ziuziu

「健康のために一駅手前まで降りて歩く」っていったとき、その人が都会に住んでるか地方に住んでるかによって、鍛え方のレベルが違う。ヘルシーとヘルぐらい違う。

Retweeted by dtk

retweeted at 18:19:57

23時間前

@Hiroshi99857672

Hiroshi Watanabe@Hiroshi99857672

基本的には「今では英語は国内のみで独習可能」と思うけど、私含め国内独習組は圧倒的に「持久力」が足りない。

4時間とかの長丁場の会議等で当初はキレキレで行けても終盤はもう別人。

丸一日英語を話し続ける環境は国内では一部外資除き再現困難で、持久力獲得だけは国内独習ではどうしても難しい

Retweeted by dtk

retweeted at 11:28:07

23時間前

@dben82716007

D弁@dben82716007

尋問のコツは、すごく雑にいうと、何を獲得目標とするかを明確にしてから、遡って質問事項を組み立てていく、ってことかと思ってます

Retweeted by dtk

retweeted at 11:27:55

23時間前

@koh_21powered

koh_21powered@koh_21powered

彼我のIT大臣の資質の差を嘆きながら自国をdisるよりも、議院内閣制における大臣の役割やら適切な民間人比率について考えてみることのほうが生産的だと思うの。

Retweeted by dtk

retweeted at 11:24:21

23時間前

@k_houmu_sensi

企業法務戦士@k_houmu_sensi

そんな経験から、零細子会社含めたグループ法務企画の担当になった時は、人を採用したり、本体から送り込む前に、その会社で生え抜きでやってきた人に「法務」のフラグを立てて、「できれば部署名にもどこかにひっそり『法務』って入れてもらえませんか?」というお願いをするところから始めました。

Retweeted by dtk

retweeted at 11:24:08

9月15日

@imafuj

今泉@imafuj

荒木優太『在野研究ビギナーズ』(明石書店 2019)読了。読み終わってみればこの本は、在野研究におけるノウハウを得るための本、ではなく勇気をもらうための本でした。執筆陣の熱量を分けてもらった気分。 pic.twitter.com/LQnA2tSd4w

Retweeted by dtk

retweeted at 11:06:29

9月15日

@todateyoshiyuki

弁護士 戸舘圭之@todateyoshiyuki

四ツ谷駅まえ麹町で起きた緊急走行中のパトカーに4歳の子がはねられて亡くなった件、単なる不運な事故で終わらせてはいけないと思ってます。あの辺り事務所近所なんでよく知ってますが、昼夜問わずやたらと緊急走行してるパトカーが目につきほとんど必要性も緊急性もないのではないかと思ってました。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:59:24

9月15日

@jijijilijijiji

弁護士公認会計士jijiたん@jijijilijijiji

弁護士になって1年9ヶ月の感想。

・依頼者ほんま色んな人おる
・弁護士って世間には怖いと思われてる
・「事実は小説より奇なり」的な事件多すぎ
・弁護士の報酬基準はあってないようなもん
・有休、残業という概念がない
・成功報酬ってすごいなと思う

Retweeted by dtk

retweeted at 10:58:12

9月15日

@ifujimoto

藤本一郎 Fujimoto Ichiro@ifujimoto

なんでアメリカになれない国がアメリカの真似を無批判にしようとするのかな。。入試改革とか。。
そして、それならそれで一貫させればまだ分かったけど、それとは異なる政治のあり方。

教育の破壊が目的なら、分かるけどさ。。。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:58:00

9月15日

@ifujimoto

藤本一郎 Fujimoto Ichiro@ifujimoto

僕は、そこそこ役立つ難しいとされる資格を持っていて、なお足らないと思っているのが、学びであり、教養なんだよね。この間も見せつけられた。自分の教養のなさを。ないなりに頑張ってはいるけど、ある人と比較すると、リーダーシップの欠如を自覚せざるを得ない。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:57:52

9月15日

@ifujimoto

藤本一郎 Fujimoto Ichiro@ifujimoto

アメリカのような学歴社会にするのは、俺は絶対に嫌だ。格差の固定化になる。でも、学んだことや学位に対するリスペクトが低すぎる日本は、まずいよね、確かに。そのくせ資格を信奉するところはよく分からない。資格は実利だけど、教養を反映しない。教養がないと引っ張っていけない。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:57:47

9月15日

@sho_ya

shoya@sho_ya

ご紹介。前田先生,新注釈民法を1冊とはいえ通読されたのですね。流石。尚,この巻の編集代表である窪田充見先生は前田先生のお弟子さんです/
書斎の窓2017年9月号 『新注釈民法(15)債権(8)』を読んで 前田達明
「本書を通読した読後感として、次のように云える。」
www.yuhikaku.co.jp/static/shosai_

Retweeted by dtk

retweeted at 10:56:34

9月15日

@k_houmu_sensi

企業法務戦士@k_houmu_sensi

ちなみに研修とかで名刺交換すると、所属は総務部だったり経営企画部だったり、営業部だったり、とまさに「異職種交流会」。それぞれの「法務」の位置取りで、視点も仕事の役割も違うけど会社単位では全体最適になっていたりする。

その発見が組織論を意識する契機になり、今につながっています。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:55:29

9月15日

@k_houmu_sensi

企業法務戦士@k_houmu_sensi

自分も入社して10年くらいの間は、「法務」と刻まれた名刺を持ったことはなく、兼務の中の一仕事に過ぎませんでしたし、そもそも最初の頃は会社のどこ探しても「法務部」なんてものはなかったですからね。

それでもその後「法務部」ができてその中で仕事ができたのは、運が良かっただけ。 twitter.com/msut1076/statu

Retweeted by dtk

retweeted at 10:52:55

9月15日

@caracaloo

Caracal@caracaloo

他社一人法務の一人目を企業間インターンシップのような形で受け入れて、本当に地方全体での法務部になることも企画中。
最近の機能論も参考にしながら、地方の小さな法務でやれることを色々と実験してみようと思うこの頃です。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:52:28

9月15日

@caracaloo

Caracal@caracaloo

法務機能論は興味深く眺めているのですが、やはりどこか遠いのも事実。
総務も人事もIRもその他諸々も、色々カバーしながら、でも本当は法務の勉強をもっと深く深くやりたい隠れ法務パーソンもきっとたくさんいるんだろうなぁ。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:52:24

9月15日

@caracaloo

Caracal@caracaloo

途中から、縁あって大会社の法務部長が毎度自費で参加いただけるようになったのだけど、「日本の多くの企業は小さな法務機能に支えられていることを見落としてはいけないよ。経産省の在り方レポートはそこが落ちているんじゃないか。」とおっしゃっていたことを今も覚えています。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:52:22

9月15日

@caracaloo

Caracal@caracaloo

地方の兼任法務が集まる勉強会を立ち上げて早10年。一人法務または二人法務、そしてほとんどが兼任者。一つの会社でカバーできないことを、地方全体で一つの法務部になって、東京や大阪を経由せずに世界に出て行こうと語ったことが懐かしい。→

Retweeted by dtk

retweeted at 10:52:20

9月15日

@hrgr_Kta

keita_s@hrgr_Kta

法務部が総務とくっつけられて「総務部」になってしまい、自分だけは「法務の○○です」とひたすら社内に発信し続けて法務の存在をアピールしたり、当時の社長に「法務は部として必要なんです」と直談判してその数ヶ月後に法務部が復活したことを思い出す。法務って当たり前にあるわけじゃないよね。 twitter.com/msut1076/statu

Retweeted by dtk

retweeted at 10:50:16

9月15日

@gigakame

ちくわ@gigakame

法務マンて言葉も聞くことあるな。印象としては、年齢層上の人が使うこと多い気がする。根拠ないけど。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:49:20

9月15日

@gigakame

ちくわ@gigakame

インハウスて言葉を使うのは何となくわかる。弁護士てとこにアイデンティティの基盤を置く感じ。法務担当者だと基盤が逆転する感じ。個人的印象だと、若い世代だと、就職でも、街弁?法務担当?よりは、街弁?インハウス?みたいな。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:49:17

9月15日

@gigakame

ちくわ@gigakame

自分の周囲を見てると、弁護士資格持ってる人でも、インハウス、組織内弁護士、社内弁護士、有資格者、法務パーソン、法務マン、●●社の法務ですみたいに、自身を形容する言葉に多様性あるなと気づいた。どれがいいとかではなく、仕事のスタンスやキャリアと結びついてるんでしょうね。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:49:15

9月15日

@gigakame

ちくわ@gigakame

具体的には、初期の頃はもっと独占禁止法のノウハウを身につけたいて感じが、今はチームでの情報収集や共有の最適な方法を考えたいて感じに意識の置き所が変わった気がする。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:49:10

9月15日

@gigakame

ちくわ@gigakame

んで、自分自身における呼称の変遷を見るに、就職した頃は社内弁護士、現在は法務パーソンと変遷した。それに伴い仕事のアウトプットで何か変わったかというと、自身の専門性強化→所属部門やチームの付加価値強化へと意識が変わった。自分の場合は、呼称と意識が結び付いてた。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:49:05

9月15日

@keibunibu

経文緯武@keibunibu

技を究めん人に型こそ重要なれと言ふ◯技無き型は骸に過ぎずと断ず◯技も型も達人の議論にて市井の民は如何せんと歎く◯型は流派毎区区なれば汎用的議論の為に矢張技を語るべし◯流派内にては技を語るに型を以つて為すと指摘有り◯達人型を超へれば最早型を語らずと反する人有り

Retweeted by dtk

retweeted at 10:48:47

9月15日

@k_houmu_sensi

企業法務戦士@k_houmu_sensi

然り・・・。

ですけど「組織ごとに歴史も現状も違うでしょ」といって、議論をそこで止めてきた結果、組織の進化も停滞している、というケースは多いわけで、誰かが自分の会社の組織を変えたい、と思った時に参照できる程度に抽象化された議論を深めておくことには意味があると思っています。 twitter.com/keibunibu/stat

Retweeted by dtk

retweeted at 10:48:34

9月15日

@keibunibu

経文緯武@keibunibu

組織論に戻れば監査部と法務部とは部を標榜すれど人少なきは何故なる疑問有之◯人少なければ課と為すべし或は組織無く担当者管理部なりに配置すべし◯敢へて部と為すは如何に◯監査部は独立社長直隷の議論あるも法務は如何に

Retweeted by dtk

retweeted at 10:48:17

9月15日

@dtk1970

dtk@dtk1970

@ichimada 先輩の場合は、職能云々以前の高い次元におられるという意味で、苗字でよいのではないかとかってに推測します(汗

posted at 10:23:08

9月15日

@ebisawa_miyuki

海老澤美幸 ebisawa_miyuki@ebisawa_miyuki

プロ・アマ含めモデルの方へ。

撮影時、雰囲気に飲まれて・次の仕事を失いたくない等の理由で露出してしまうことがあるかもしれませんが、ぜひその前に、一瞬でいいので考えてください。
一度撮られた写真はなかなか消すことができません。
その写真があなたの人生を潰す可能性があるかもしれない。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:15:36

9月15日

@keibunibu

経文緯武@keibunibu

組織論経営に響かずなる命題は普遍的に非ず◯執行経営陣の大半が部門責任者に占められる場合機能論の議論は組織論に形象す◯課題は所論指摘の如く組織論は組織毎の現状を前提とせざるを得ず汎用的なる議論に馴染まざる処と覚ゆ

Retweeted by dtk

retweeted at 10:11:42

9月15日

@k_houmu_sensi

企業法務戦士@k_houmu_sensi

人間って不思議なもので、やっている仕事はそれまでと同じでも、一定の属性を与えられると、それに合わせた問題意識とか勉強意欲が生まれることもあるんですよね。フラグ立てた結果、「何で自分が呼ばれてるんだろう」という顔をしてきていた研修に、目を輝かせて来るようになった方も結構いました。

Retweeted by dtk

retweeted at 10:11:02

9月15日

@dtk1970

dtk@dtk1970

特定の卓越した結果が生じるのと、その結果をもたらすために使われた方法が第三者にとって再現可能性のあるものかは、全然別の話だと思うので、きちんと峻別すべきではないかという気がする(何かを見た)。

posted at 10:04:36

9月15日

@chihosh

chihosh@chihosh

釧路大漁どんぱく花火大会、三尺玉もすごかったけど、トリのホーマック協賛の花火に感動した。釧路の十条サービスセンター内の金物屋からはじまった石黒金物店が全道を牛耳る企業になって、でも発祥の釧路のことどう思ってるんだろうと疑問だったけど、こんな風に釧路に恩返ししてくれたことに感動した pic.twitter.com/6daegeKJYA

Retweeted by dtk

retweeted at 10:00:26

9月15日

@dtk1970

dtk@dtk1970

とはいえ、確かに、担当者というと、管理職の場合どうするのか、という問題はあるな。その辺は戦士さんご指摘のとおりだよな。別に管理職だからと言って担当ではないというものでもないと思うので、個人的には区別する理由はないと思っているが。

posted at 09:55:03

9月15日

@ebisawa_miyuki

海老澤美幸 ebisawa_miyuki@ebisawa_miyuki

残念ながら、撮影がデート目的のことは少なくないです。
自衛方法としては以下。
・事前に目的や内容、場所その他条件を文字に残しておく
・できれば第三者を連れて行く←元ツイ
・事前に知らされていない場所や服装(特に露出高いもの)は断る
・撮影中、危なそうなら録音
・渡す個人情報は最低限に twitter.com/31mikeneko31/s

Retweeted by dtk

retweeted at 09:48:47

9月15日

@dtk1970

dtk@dtk1970

@aboutbrother 経営を入れる前で現場、というのをいったんまとめておくのがいいのかなと感じました。考慮はしないといけないのはもちろんその通りですが。

posted at 09:47:51

9月15日

@dtk1970

dtk@dtk1970

片仮名が多すぎると個人的には読みづらいので、避けられるものは避けたい所存。

posted at 09:07:09

9月15日

@dtk1970

dtk@dtk1970

法務パーソンという表現には、違和感を覚えていたのだが、法務担当者でいいじゃないかと感じた朝。

posted at 09:06:39

9月15日

@dtk1970

dtk@dtk1970

@aboutbrother 現場の需要を踏まえずに上から勝手に組織を決められるだけだと、法務部門の現場が疲弊する危険もあるので、ご指摘の危険を踏まえてもなお、現場での意見をまとめる契機として議論はある程度は必要と感じた次第です。

posted at 09:05:27

9月15日

@dtk1970

dtk@dtk1970

@aboutbrother そこは意見を異にするところかと。無益になる危険は認識しているつもりですが、常に無益というのはちょっと違うのではないかと思うので。

posted at 08:57:41

9月15日

@a_machimoto

Aki Machimoto@a_machimoto

テイト・ブリテンで始まったウィリアム・ブレイク展のトレイラーがかっこいい!幻視の舞台がロンドンであったのでこういう演出になるのかな。読み上げられているのは1863年のD・G・ロセッティのエディションにより初めて日の目を見る 'Auguries of Innocence' からの抜粋。 youtu.be/Z7EPXc5K7DA

Retweeted by dtk

retweeted at 08:51:16

残り24件のツイートを見る

このページの先頭へ