情報更新

last update 12/07 20:09

ツイート検索

 

@ebi_kosuke
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

Stats Twitter歴
3,196日(2011/03/10より)
ツイート数
26,479(8.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年12月07日(土)6 tweetssource

14時間前

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

旧民主党が糾合すると、連合の同盟系(民社系)が持たなくなると思うけど大丈夫なのかな。化学総連みたいに抜けるところが出てくるのでは。

posted at 14:47:44

12月7日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

最近、通信の人と話して改めて思ったけど、インフラ業ってボロ儲けが不可能な世界。
4Gに至るまで先進国が技術のほとんどを握ってるけど、じゃあ発展途上国が不当に高い通信料を搾取されているかというとそんなことはない。
エネ技術も似たようなものと思うよ。

posted at 01:58:56

12月7日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

環境NGOがなぜ温暖化に貢献した国を顕彰するのではなく、貢献しない(と自分たちがみなした)国を侮蔑するのか。
それは特定の国への憎悪がカネを生むと知っているから。要は嫌韓本商法などとやっていることの本質は同じ。

posted at 00:57:51

2019年12月06日(金)10 tweetssource

12月6日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

何かと何かを比較するとき、上か下かでしか捉えられない人は残念だなあと思う。右にせよ左にせよ、日本人にせよ外国人にせよ。

posted at 20:13:00

12月6日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

この際、「化石賞」がいかに悪ふざけで公正さを欠くものかしつこく言及しよう。
もちろん日本の脱炭素施策はまだまだできることも多く建設的な批判はどんどんするべきだが、こうした不当な声に左右されると新たな不経済を生みかねない。

posted at 19:11:04

12月6日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

「アベの敵は我々の味方」くらいに思っているとしたら、軽率・軽薄のそしりは免れませんよ。立憲民主党アカウント運営担当者殿

posted at 00:35:40

12月6日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

"Fossil of the Day"の訳として「化石賞」ってどうなの?「本日の化石」やん。毎日どっかの国にイチャモンつけてんだよ?ソレになんのニュース価値があんの。

posted at 00:20:06

2019年12月05日(木)14 tweetssource

12月5日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

@yoshi4591 私も勝手にすればいいと思いますが、今までの生活を続けたい人たちを倫理的でないと裁ける立場にいると勘違いしている様は見るに堪えませんね。「北風と太陽」でいう北風のようで。

posted at 21:46:13

12月5日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

おれは周囲の影響下から抜け出したグレタさんが、強烈なアンチ環境主義者に転向したとしても驚かんよ。

posted at 21:25:31

12月5日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

こういうときは味方をつくることが必要。例えば化石燃料の持続可能な活用へ向けた議論では、中国やインドと歩調を合わせることが大切。
日本だけが100%勝つのは不可能。これらの国と成果を適切に分け合う着地点を考えたい。

posted at 20:55:50

12月5日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

「根本的に卑怯」はさて置くとして、ルールづくりで何も考えず相手のペースに乗らない、自らの主張を盛り込むことが大切。わが国の環境相は分かってくれていると思いたいが…。

posted at 20:52:04

12月5日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

まあこういうことよね。EVがマスを取りに行く時代はまだ先。
どこのメーカー、どこの国が進んでいる、遅れているという話ではない。

posted at 20:50:14

12月5日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

安倍首相とか桜を見る会とか一切関係ないトピックなのになぜこういう絡み方をしてくるのだろうか…。

しかも自分は以前から桜を見る会に否定的なことを何度もつぶやいている。いくら部分的に一致しても、一緒に見られたくないから距離を取るしかない。

posted at 19:52:09

12月5日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

かくいう自分も삼성はサムソンだし、현대はヒョンデだろと思ってしまうのであんまとやかく言えないですが。

posted at 01:13:54

12月5日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

イスラムをイスラームとか、バチカンをヴァティカンとか一般と違う転写で書くとなんだかインテリっぽく見せられるんだよね。
役所や技術者が語尾長音なしにこだわるのはそういう面もあるかも。しかし、トータルで生産性下げるよね。

posted at 01:11:33

12月5日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

語尾の長音なしはマイコンの性能が低かった時代のメモリ節約術という説もありますな。しかし昔であってもエネルギーをエネルギと書く人はほとんどいなかった。原則アリで統一してほしいところ。

posted at 01:09:48

12月5日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

語尾の長音記号は記者泣かせで、「スマートコミュニティー(←一般名詞)を推進するスマートコミュニティ・アライアンス(←固有名詞)」みたいにいちいち書き分けなければいけなかったりする。

posted at 00:58:18

12月5日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

@ShimpeiHMMT かつてJISでは原則語尾の長音記号を付けないことになっていたけど、その内閣告示でJISでは「付けても誤りではない」扱いに。ただJISで長いこと付けてこなかった名残で役所や民間の技術畑では今でも付けないことが多い。

と理解しています。

posted at 00:53:39

2019年12月04日(水)4 tweetssource

12月4日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

環境NGOがCOPに乗り込んでパフォーマンスをするのは勝手だが、メディアがそれに乗っかって権威ある賞のように紹介するのはアホというか、もはや罪。

posted at 23:28:14

12月4日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

「地球温暖化対策に前向きな取り組みを見せない国に対して、NGOがバッドジョークとして与える不名誉な賞」らしいが、原子力に肯定的という理由で何度も授与していることを踏まえると「温暖化」以外のものさしが作用していることは明らか。

posted at 23:26:01

12月4日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

過去に中国や豪州も受賞しているのでその点は批判しません(ただ、褐炭使いまくりのドイツの受賞回数が極端に少ないのは疑問ですが)。
基準も明らかでない、過去の受賞リストすらないいい加減な賞を、COP開催中は毎日授与するということすら伏せて報じるメディアにより問題がありそうです。 twitter.com/northfox_wind/

posted at 23:22:26

2019年12月02日(月)10 tweetssource

12月2日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

政権がもたらした激烈ともいえる急変化の末、工場稼働率は10%に低下。2万4000世帯の生存が脅かされていると。

任期折り返し地点を過ぎ依然高い支持率を誇る文政権だが、今後もこういう声は捨象し続けるのか。来年4月の国会議員選挙が大きなポイント。注目したい。

posted at 21:20:12

12月2日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

噂・観測レベルだったUAEからの信頼喪失も、当事者として明確に証言。原子力プラント受注の裏で軍事協力を結んでいたことを文政権が一方的にリークしたことで不信感を買ったと。

posted at 21:10:24

12月2日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

新古里5、6号機の建設中断は根回しどころか事前の情報提供すらなかった。急激に約1兆ウォンの手元資金が失われ経営が行き詰まったと生々しい。
大統領権限が極めて大きい国での経済活動のリスクといえる。

posted at 21:04:02

12月2日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

そのため、普通より速く体力を回復できる仕組み=速く充電できる急速充電器がメッシュ状に配置されている。
現在の日本はこの急速充電器網の整備が一応、一巡した状態といえる。

posted at 18:45:57

12月2日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

浮き袋の間隔は短いほど、遠泳大会に参加しようという人は増えるはずだ。なので広く設置することが望まれる。また、体力回復に時間を要していると日が暮れて大会が終わってしまう。

posted at 18:45:57

12月2日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

これが急速充電器の役割。一般に乗用車の1日当たりの移動距離は平均数十kmといわれるが、ガソリン車と比べEVの航続距離200kmは心許なさを感じる。その心理的な障壁を取り除くことを目的に、日本の電力会社と自動車メーカーは共同で急速充電器の普及を進めている。

posted at 18:45:57

12月2日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

しかし中間地点に浮き袋があればどうか。5km泳いだところでひと休みしてもいい。無休憩で10km泳ぎ切るより心理的負担は大きく軽減される。

posted at 18:45:56

12月2日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

まずは急速充電器がなぜ必要かということについて。

あなたは100mプールを50往復して10km泳げる実力をきょう確認したとする。そこでコーチは「10km先の対岸に渡る遠泳大会に出なさい」と言ってきた。あなたは不安を感じることだろう。

posted at 18:45:56

12月2日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

最近EVと充電について考えることが多いので、自分の考えをクリアにするためにもつらつらと書き残したい。

posted at 18:45:54

2019年12月01日(日)2 tweetssource

12月1日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

まあ、結果として厚労省が関係する病院などの施設に張り出されるだけより、多くの人にメッセージが伝わりましたな。

posted at 15:10:52

2019年11月30日(土)28 tweetssource

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

こういうアプローチは余計な反感を増やしかねない。
「脱炭素のほうが明るく楽しい未来が待ってますよ」みたいなやり方のほうが共感を得やすい>RT

posted at 23:37:41

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

厚生(労働)省のお蔵入りポスターといえば思い出されるのがこれ。ユーモアを交え、多少不快に思う人がいるかもしれないデザインくらいの方が人に刺さる。
(個人的に現在の菅直人氏の言動は受け付けないが、こういう試みを前向きに行っていたことは評価する) pic.twitter.com/axnovpffiF

posted at 23:17:07

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

@ta_ke_chan_ 普通に考えて「意訳」は断った後のセンテンスに掛かりますよね。特にカギカッコの中は最新の注意を払ってねじ曲げないのが普通のライターの考え方です。
いずれにせよ筆者の姿勢が問われる記事です。

posted at 22:08:12

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

@arthurclaris そんなご経験が?!

歴史や考古学への関心については「世界ふしぎ発見」の果たす役割が非常に大きいと思っていて、いつまでも続いて欲しい番組です。

posted at 21:17:31

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

@uss_sendai ありがとうございます。
専門家と記者がそれぞれ補いつつ専門外へのアウトリーチを目指すに当たり、編集権の独立は必要な要素です。しかし専門家側になかなか理解頂けないケースもあるので、そうした声はありがたいです。

posted at 21:15:10

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

「ゾンビ」はブードゥー教をモチーフとした架空の存在だが、そんな俗な用語をカトリックの最高権威が用いるのか強い疑義がある。
また、もとを辿れば異教徒の宗教用語なので、宗派間の協調を推進してきたカトリック教会として、あまりに不用意にすぎる。実際の発言とすれば。
president.jp/articles/-/31119

posted at 16:14:37

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

記者の仕事に懸念があるなら、納得できるまで口頭やメールでコミュニケーションを取るべきです。
専門家が専門家としての見解を100%自分の言葉で正確に伝えたいのであれば、寄稿という形式を採るべき。

posted at 13:00:36

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

これは「言論の自由」というより、編集権の独立の問題。安易に出版・放送前の素材を外部に漏らすと、どういう経路でどういう使われ方をするかわからないから、外に出すわけないはいけないわけです。

posted at 12:57:07

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

@kei_sakurai 英国の話をしているところに欧州全体の、9月次データを提示する意図は。まあ、マーケットごとに異なる特性に合わせたマーケティングが必要ということかと。

posted at 12:34:34

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

@kei_sakurai 私の解釈に問題がありましたか。とすれば失礼しました。
私としては「充電速度と普及に(定量的な)相関はない」という点を確認できれば十分です。

posted at 12:09:57

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

@kei_sakurai 結論は出ようがないと思います。具体的にultra-rapidの定義を執筆者に確認しない限り。
私の中では「急速充電速度(出力)とEV特定車種のセールスの相関性を示す資料ではない」としか。

posted at 11:42:40

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

@kei_sakurai 自分なりに調べて、英国ではnational gridやBPなどが150~350kWの急速充電器ネットワーク構築へ政府へ財政支援を求めていることがわかりました。
私にはCAdeMOネットワークの上書きを狙う政治的な動きと思えますが、そうであれキャッチアップが必要ですね。

posted at 11:34:03

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

@kei_sakurai ultra rapid(fast) chargerが一体何を、何kW出力のものを指すのか明示がないと、「急速充電速度(出力)が重要」という話にはならないと考えます。具体的には、この資料は「急速充電器の設置台数、箇所を増やすことが重要」という論旨に思えます。

posted at 11:20:30

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

@kei_sakurai それは既にEVを持っている人が「もっと速く充電できるといい」と考えているという話であって、EV購買行動を決定づけた要素ではないと思うのですが。

posted at 10:55:43

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

@kei_sakurai うーん。論戦とかではなく、事実関係の確認です。めっそうもない。
「相手からのフォローを外した上で」の意味が分かりかねるのですが、失礼がありましたらすみません。

posted at 10:46:39

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

@kei_sakurai 私の英語力のせいかな…。まず「EVユーザが充電インフラに最も求めることの一つは充電時間の短縮であると示唆される」に該当するセンテンスをご教示いただけるでしょうか。

posted at 10:36:12

11月30日

@ebi_kosuke

ebi kosuke@ebi_kosuke

自分はそこらへんの記者より韓国人脈がそれなりにあるが、ものの見事に保守系に偏っているので進歩支持層の心情が全く理解できないどころか、果たしてどういう人がどんな理由で支持しているのかすら分からない。

という自覚はある。

posted at 00:01:00

このページの先頭へ