情報更新

last update 10/03 09:01

ツイート検索

 

@enodon
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
TwitterサークルのツイートはTwilogに記録・表示されます。詳しくはこちらをご覧ください

Twilog

 

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

Stats Twitter歴
4,901日(2009/05/04より)
ツイート数
43,676(8.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年10月03日(月)2 tweetssource

2022年10月02日(日)16 tweetssource

19時間前

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

しかし、年下の上司、先輩を気にする人が多いですが、なんでそこにこだわるのかなあと思ってしまいます。年なんか関係なく、教えを請うたら感謝の気持をあらわすだけですし、何も気にする必要ありません。

先輩後輩カルチャーの強さを感じますが、そこら辺は謙虚にいきましょう。

posted at 22:57:24

19時間前

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

前RT、再受験ではないですが学士編入学で医学部に入って、現役生より8歳上、年下の上司、先輩、記憶力の低下、都会は厳しい、仕事を取り上げられ有力者に渡される、脅迫等経験して、確かに簡単な道ではないですが、それでも研究室を追放されなかった世界線よりはずっと良かっただろうと思ってます…

posted at 22:38:33

10月2日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

記事を書いて脅迫された私なんて可愛いほうだ。

"ジャーナリスト、エミリア・セルカン(Emilia Sercan)氏(46)"

"閣僚や検察官、裁判官らが、書籍や科学論文、博士論文の執筆に際して規則を破ったことを白日の下に"

"警察学校の博士論文での盗用を暴いたことで殺害予告"
news.yahoo.co.jp/articles/984cd

posted at 14:50:39

10月2日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

でも人生のチョイスなんてそんなもの。他人がとやかくいうことではないし、思った通りにいかないことの方が多い。私とて、仮面浪人して方向転換して、のちに研究室追放されたわけで。

想定外も生かして生きていく。後悔するのは意味がない。反省は必要だけど。

posted at 08:29:56

10月2日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

なお、その後仮面浪人して東大理2に入ったわけですが、そこで慶應医学部蹴りの同期がいて、のちに進学振り分けで希望の学部学科に行けず、慶應に行っていればと嘆いていました。進学振り分け制度の光と影的な…。

posted at 08:17:38

10月2日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

これまでのキャリアとのギャップに追い詰められるのは、博士号取得者の多様なキャリアでも同じで、ギャップを埋めることを丁寧にやらないといけないと常々思っています。

「アカデミアを離れてみたら 博士、道なき道をゆく」に協力させてもらったのはその一環です。

www.iwanami.co.jp/smp/book/b5877

posted at 08:09:11

10月2日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

30年以上前早稲田大学理工学部応用化学科に1年間だけ通っていた時、130人くらいの同期の中に京大農学部蹴りと京大工学部蹴りが一人ずついました。珍パターンではないとは思いますが、こっちは京大工学部落ちだったので、なんか複雑な思いを抱きました…。 twitter.com/jyusouken_jp/s

posted at 08:00:09

10月2日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

アフガニスタンで大学教員だった方。宮崎大学が1年間受け入れ日本に。
避難者の多くが"エリート"がゆえの課題も。

"一時的に日本に避難してきても、自立して日本で仕事を見つけようとする際に、これまでのキャリアとのギャップに直面し、精神的に追い詰められるケースがある"
www3.nhk.or.jp/news/html/2022

posted at 07:31:28

2022年10月01日(土)27 tweetssource

10月1日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

実はプロレス好きな時期があって、週刊プロレスを創刊号から読んでたりもしてたんですが、猪木さんの死去は一時代の終わりを感じます。

よくエノキ→イノキと揶揄されたりもしたしね。

ご冥福をお祈りします。

posted at 20:59:10

10月1日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

朝日の中国の日本人研究者特集、昨日は「日本のポスト争いに破れた人が中国へ」と研究者を見下し、今日は「2000万円」を見出しに。バッシングを煽ってるにしかみえない…。妙な見出しが続いているのは残念。中身は評価できる部分もあるのに…。
www.asahi.com/sp/articles/AS www.asahi.com/articles/ASQ9G

posted at 18:43:01

10月1日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

医者はきついし訴えられるし何もいいことはないよね、やめとけ、などという話を聞くと、分かってないなあと思っちゃいます。たしかにきついしつらいけど、だったらきつくてつらくてしかも不安定な職業やってみたら、と言いたくなります。

posted at 18:05:33

10月1日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

人生経験としては東大で過ごした7年半(学部、修士、博士2年の半分まで)は得難い価値ある年月でしたけど、経済的な面と潰しのきかなさから見るとあまりにギャンブル過ぎた…。

残念ながら医師免許の最強さを肯定はしないですが痛感はしています…。

posted at 17:57:27

10月1日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

"イグノーベル賞の松崎さんが受賞対象の研究を発表したのは1998年で大学院生の時。20年以上前だ。日本人の受賞研究は、昨年は2021年の研究と直近だが、一昨年は15年の研究、以下、95年、06年、14年、06年、03年などと続く。"

"イグノーベル賞もやがて受賞できなくなる? "
mainichi.jp/premier/busine

posted at 14:46:33

2022年09月30日(金)25 tweetssource

9月30日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

さっき歩いていたら、酔っ払いのおっさんがいきなり怒鳴ってきて、何を言ってるか分かりませんでしたが、ドキッとして…。

たまにおっさんに怒鳴られたり説教されたりするのだけど、なぜなのか。いつぞやは電車の車内でほとんどの人が携帯いじっているのに、私だけ常識ないだのなんだのと叱られ…。

posted at 20:36:04

9月30日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

"国立がん研究センター東病院は、自施設の臨床検査データの継続的な精度向上を図ることを目的に、米国臨床病理医協会による「CAP(キャップ)認定」を取得しました。

現在、国内でCAP認定を受けている病院は、国立がん研究センター東病院のみになります。"

www.ncc.go.jp/jp/information

posted at 20:01:23

9月30日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

架空請求はよく見かけるが、私的流用したか…。名前も明らかに。

"指導する学生に架空の研究補助業務をしたように偽らせて"

"そのうえでその一部を回収し、自身が飲み会などから帰る際のタクシー代として私的に使用したほか、研究室で消耗品の購入などにあてていました。"
news.yahoo.co.jp/articles/9bf34

posted at 19:44:19

9月30日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

"労働法律センターで働き、大学では博士課程に在籍。ピサで政治学の学位、社会学と社会調査の修士号を取得している。しかし、ホイッスルは彼女にとって世界中でどんなことがあっても手放さないもの。試合のチャンスを逃さないために、海外での仕事体験も諦めた" news.yahoo.co.jp/articles/48c5a

posted at 17:24:12

9月30日

@enodon

榎木英介 独立系病理医(学士編入)@enodon

うーん…。日本の危機的状況を取上げてくれるのはナイスですが、仕事がなければ中国に行けばいい、中国に行けば自由に伸び伸びとやれる、みたいなのはちょっと中国を理想化しすぎでは…中国のレベルも以前よりあがっており、研究者の競争も激しくなっていると聞いています。 www.asahi.com/articles/ASQ9H

posted at 17:07:24

このページの先頭へ