情報更新

last update 08/24 13:53

ツイート検索

 

@f_nisihara
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@f_nisihara

Fumiaki Nishihara(西原史暁)@f_nisihara

  • 28フォロー
  • 6,298フォロワー
  • 307リスト
Stats Twitter歴
3,403日(2010/05/01より)
ツイート数
36,926(10.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年08月24日(土)1 tweetsource

2019年08月23日(金)2 tweetssource

2019年08月22日(木)16 tweetssource

8月22日

@asamorihisaya

朝森久弥@asamorihisaya

僕はそもそも博士号取れてないので議論の余地はないが、博士号取れるだろう人または取った人でも、非アカデミアの方が諸々の待遇が良いためそっちに抜ける、というのが一般的になったのが2010年代前半だと思いますね

Retweeted by Fumiaki Nishihara(西原史暁)

retweeted at 18:54:48

8月22日

@asamorihisaya

朝森久弥@asamorihisaya

ひとつの分水嶺は学振PDで(DCではない)、PDを取った先輩らは「上の下」よりは上と自己認識して「まともに研究できるポスト狙うパーソン」になっていった。その中で運が良い人がポストを得ている感じだ。

Retweeted by Fumiaki Nishihara(西原史暁)

retweeted at 18:54:39

8月22日

@asamorihisaya

朝森久弥@asamorihisaya

中の上だと「研究はほどほどでいいかな」と考えて、博士号取得後早めにこうしたポストで落ち着くパターンが割とあるが、なまじ実績を積んでると、研究がまともに続けられるポストを待って5年10年ポスドクを続けてワンチャン狙う…という方が割と多い。

Retweeted by Fumiaki Nishihara(西原史暁)

retweeted at 18:54:20

8月22日

@asamorihisaya

朝森久弥@asamorihisaya

「入学偏差値的にはMARCHよりも2段階くらい下の大学。定員割れはしないが、大学院進学者はほぼ皆無で研究環境もあまり期待できない。だが終身雇用」という公募があった。業界では上の中のポスドクは応募せず、中の上のポスドクがそのポストに座った。

Retweeted by Fumiaki Nishihara(西原史暁)

retweeted at 18:54:16

8月22日

@asamorihisaya

朝森久弥@asamorihisaya

もっとも、いわゆる有名大学ではないが、地方で元気のある私立大学の教員は、研究成果をあまり求められない代わりにまず教育をやってくれとなっており、教育特化型教員でありながら地位が確保されている絶妙なバランスが確立されている。

Retweeted by Fumiaki Nishihara(西原史暁)

retweeted at 18:54:07

8月22日

@asamorihisaya

朝森久弥@asamorihisaya

大学教員疲弊問題な。研究以外のことをやる人間を充実させた方がいいと思う。とくに教育。研究と両輪という意見も分かるが、教育特化型で、確かな身分保障を与えられた大学教員を充実させるべきだと思う。

Retweeted by Fumiaki Nishihara(西原史暁)

retweeted at 18:54:00

2019年08月21日(水)2 tweetssource

2019年08月20日(火)2 tweetssource

2019年08月19日(月)2 tweetssource

8月19日

@f_nisihara

Fumiaki Nishihara(西原史暁)@f_nisihara

「お前はまだグンマを知らない」という漫画のタイトルは、漫画の内容からすると、①お前のグンマ知識はゼロではないが今のところ十分な知識があるとは言えない、と解釈すべきでしょうが、②お前のグンマ知識はゼロであるという解釈もありえそうです。このような二義性が成り立つとしたらその理由は?

posted at 09:10:18

2019年08月18日(日)9 tweetssource

8月18日

@Ri7_u10

ゆとりーな@Ri7_u10

「○○は(全て)××である」という主張は反例を1個挙げられたら負けだけど、「○○には××という傾向がある」であれば反例を100個積まれたところでその主張は否定されず、むしろ統計を分かってない奴だと嘲笑うことすらできるので、トンデモ理論をブチ上げたい人には後者のご利用をオススメします(?)

Retweeted by Fumiaki Nishihara(西原史暁)

retweeted at 12:04:13

8月18日

@enguelgue

『欧州周縁の言語マイノリティと東アジア』@enguelgue

三世代減算型バイリンガルモデルを極力見える化した図、日本語版を作ってみました(原語作成者許諾済)。

メキシコだけでなく世界中で起こっている。

ヨーロッパでも、アフリカでも、アジアでも、そしてヤポネシアでも。

#国際先住民言語年2019 #国際先住民族言語年 #colmix #iyil2019 pic.twitter.com/38TLYgnUTX

Retweeted by Fumiaki Nishihara(西原史暁)

retweeted at 09:58:58

8月18日

@ninjalgogo

yukitakubo@ninjalgogo

8月最初に行われた言語学オリンピックですが、日本チームは金1、銅2、努力賞1だったそうです。初の金です。メダリストの一人は言語学を専攻すると宣言しています。日本言語学会としてもこれから応援していきたいと思います。

Retweeted by Fumiaki Nishihara(西原史暁)

retweeted at 09:58:18

2019年08月17日(土)4 tweetssource

2019年08月16日(金)3 tweetssource

2019年08月15日(木)2 tweetssource

2019年08月14日(水)5 tweetssource

8月14日

@f_nisihara

Fumiaki Nishihara(西原史暁)@f_nisihara

sum(seq(2, 100, by = 2)) とした方が、1から100までの偶数の和と分かりやすいかも。1からでなくて、2から始まりますが。あるいは、1から100までの範囲の偶数が、1から50までの各整数を2倍したものと同じものを指し示していることを使えば、sum(1:50*2) で済みます。

posted at 20:52:18

8月14日

@f_nisihara

Fumiaki Nishihara(西原史暁)@f_nisihara

1から100までの偶数の和もRならたったの1行で書ける

sum(Filter(function(x) x %% 2 == 0, 1:100))

(Filter は base パッケージに含まれているので library なしで使えます。)

とてもシンプルですね。Rなら複雑なコードもシンプルに。

そう、Rならね

posted at 20:48:31

2019年08月13日(火)3 tweetssource

8月13日

@f_nisihara

Fumiaki Nishihara(西原史暁)@f_nisihara

中国の習国家主席は英語では President Xi と書くのですが、これの読み方が分からなかった人が「プレジデント エックスアイ」と発音したというジョークがあるぐらいなので、中国語の固有名詞をローマ字書きしたものを英語でスラスラ読めるかというとそうではなさそうです。

posted at 18:13:41

8月13日

@f_nisihara

Fumiaki Nishihara(西原史暁)@f_nisihara

英語のニュースで中国の地名として「ジャージャン」と言っていたのでどこかと思ったら、浙江のことでした。Zhejiang を英語風に読めばまあそうなりますよね。(jar Jan のように発音していました)

posted at 18:04:37

このページの先頭へ