情報更新

last update 01/25 15:40

ツイート検索

 

@fmfm_nknk
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@fmfm_nknk

Horikoshi Hidemi@fmfm_nknk

Stats Twitter歴
5,400日(2007/04/15より)
ツイート数
16,727(3.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年01月24日(月)1 tweetsource

2022年01月23日(日)12 tweetssource

1月23日

@fmfm_nknk

Horikoshi Hidemi@fmfm_nknk

職員皆さん激おこで首にしろ!の大合唱でしたね。教員人事に関わる部署ではなかったのでその後どうなったかは知らないけど、大学の中の人たちは少子化の中でブランド維持とスポンサー(学生・受験生保護者)のケアに心血を注いでおり、ブランドを棄損する教員を絶対に許さないのだな…と思い知った。

posted at 20:37:47

1月23日

@fmfm_nknk

Horikoshi Hidemi@fmfm_nknk

私立大学の事務に3年ほど派遣されていたことがあるのだけど、講義中に「こんな大学に通ってる女はろくな仕事につけない」だかなんだか暴言を吐いた非常勤講師がいたらしく、学生の保護者から電話でクレームついて事務が大騒ぎになったことがあったな~(懐)。

posted at 20:32:54

1月23日

@Cristoforou

saebou@Cristoforou

すごく面白かった。自閉スペクトラム症の女性だけを対象とする研究はまだあまり進んでないらしい。ただこれは一般書に近くて読みやすい本です。/自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界; 幼児期から老年期まで amzn.to/3FKQCIs

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 20:19:27

1月23日

@benikko

?@benikko

子どもたちと一緒なら、「バカ」だとか「みっともない」だとか言われることはありませんから。
──サラ・ヘンドリックス=著、堀越英美=訳『自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界』より

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 20:19:19

1月23日

@Nia_M4

nia∞ɐıu?@Nia_M4

サラ・ヘンドリックス
「自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界」
堀越英美訳
パラパラ見たらよかったので久しぶりにASD関連本買おうと思う。ASD者のジェンダーアイデンティティは外圧を参照してないのでその人そのものなんじゃないかみたいなの出てきて面白い

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 20:18:26

1月23日

@ssyk442

ssyk@ssyk442

『自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界』読了。気づけば付箋のアート💦専門家にも改めて伺ってみたい。何にせよ、事実=できないことを受容・理解して(マインドフルネスですね)、自分の能力の限界、できることを自分自身が認識しておくのは大事ですね。
事例紹介・邦訳ありがとうございます🙏 pic.twitter.com/FrtySGQw35

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 20:18:20

1月23日

@gtgtokuba

オク@gtgtokuba

電子版が出たので早速購入。娘の発達度合いをもっと心配すべきか指針がほしくて読み始めたけど、読めば読むほど、書かれているのは私の話では??となっている。

『自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界 幼児期から老年期まで』(サラ・ヘンドリックス, 堀越英美) a.co/fpMn86d pic.twitter.com/wM5naaKj9Z

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 20:18:14

2022年01月22日(土)1 tweetsource

2022年01月14日(金)8 tweetssource

1月14日

@fmfm_nknk

Horikoshi Hidemi@fmfm_nknk

電子版はここで販売中です→Amazon、Apple Books、紀伊國屋kinoppy、Booklive!、ブックパス、Google Playブックス、U-NEXT、Reader Store、楽天Kobo、honto、eBookJapan、電子文庫パブリ、COCOROBOOKSなど

posted at 22:01:51

1月14日

@fmfm_nknk

Horikoshi Hidemi@fmfm_nknk

明朝体だと読みにくいから買えないという声もあった気がする…。確かKindleならフォントを変えられたはず(変えられなかったらすみません)。

posted at 19:04:54

1月14日

@trnk_days

?とりにく?@trnk_days

自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界 :サラ・ヘンドリックス,堀越 英美 | 河出書房新社 www.kawade.co.jp/sp/isbn/978430

これ貸出期間中にぜんぜん読めなかったけど、ASDは男性の病気という先入観で診断されない女性が多いとか、女性に対する抑圧の強さで女性の当事者はトラブル回避のため自然に

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 19:01:08

1月14日

@ssyk442

ssyk@ssyk442

『自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界』(S.ヘンドリックス著、堀越英美訳)を思わず購入。共感する箇所に付箋を貼っていたら付箋だらけだ😇

翻って、耳慣れた仏教の「無常、苦、無我」の話を改めて聞くと、これってよく言われるASD(や特に私の父)の特性の対極に位置しないか?とふと思った。

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 19:00:52

1月14日

@yukimusi2006

菅野雪虫@yukimusi2006

地元の書店で「文藝2022春・母の娘」と、サラ・ヘンドリックス著・堀越英美訳『自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界』を買ってきた。読むのが楽しみ。

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 19:00:49

2022年01月13日(木)10 tweetssource

1月13日

@fmfm_nknk

Horikoshi Hidemi@fmfm_nknk

「ミスDJリクエストパレード」で今もDJをやっておられて、ファンの方の娘さんが文藝を読んでいて教えてくれたとか。なんという美しき人生…。

posted at 20:56:19

1月13日

@MariChikura

千倉真理@MariChikura

「ママのスカート」を翻訳出版した、もうひとつの理由は、小さな頃の息子が、かわいかったなあ…という想いなのですが…。でも、#ミスDJ をやったり、人生を謳歌していたら、彼も早めに自立!(泣←この矛盾⁉)
写真は出版当時、2トントラックで倉庫に着いた「ママのスカート」(刷りすぎ⁉) pic.twitter.com/NekYbBjU8Y

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 20:53:07

1月13日

@MariChikura

千倉真理@MariChikura

「文藝」春季号で堀越さんは新しい絵本のお母さん像として「ママのスカート」など紹介され「やっかいな母性幻想から逃走するなら、絵本は新しいものに限る」と結ばれていました。私がフランスの原作を見たときに、感じたことをそのままご理解いただき、本当にうれしく思います(続) pic.twitter.com/yM3gRu9qkw

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 20:53:02

1月13日

@MariChikura

千倉真理@MariChikura

文藝2022年春季号の特集記事で、絵本「ママのスカート」を「ママは息子がスカートにもぐりこんでいようがおかまいなくおしゃれしてお出かけし(中略)、個人として人生を謳歌しているうちに、甘えん坊の男の子も自然にママのスカートを卒業」と書いてくださっている選者の堀越さん(続) pic.twitter.com/QFYPIa7v58

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 20:52:58

1月13日

@fmfm_nknk

Horikoshi Hidemi@fmfm_nknk

というか「絵本の30年ルール」ってなに…はじめてきいた。支援級の読み聞かせ当番で、ほかの人とかぶらないように新刊の漫☆画太郎先生の「ももたろう」を持っていったら「それ前のボランティアの人がもう読んだ」って子供たちに言われた思い出。画太郎先生でかぶるとは思わなかったよ…。

posted at 20:45:15

1月13日

@fmfm_nknk

Horikoshi Hidemi@fmfm_nknk

読み聞かせ業界はときどき思想の強い人がいるので保護者はあまり真に受けないほうがよいですね…子供自身に書店で選ばせたらだいたい新しめの絵本を選ぶものですし。

posted at 20:33:11

2022年01月07日(金)9 tweetssource

1月7日

@mio24t

imuran@mio24t

読みました。
「自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界」

最近では本を読むとき少しずつしか進められないことが多いのだけど、これはわりとはやいペースで読んでしまった。

直接関係ないけど表紙の色が好き pic.twitter.com/VYKgI7bWHk

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 19:51:58

1月7日

@SainOwnLife

リオ@SainOwnLife

疲弊が募ってきたから、向き合うのをサボっていたことを真剣に考えるべきタイミングだと思って購入。あるあるに涙ぐみつつ、今の自分に当てはまる項目から読んでいる。心が潰れないように、ゆっくりと。

自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界; 幼児期から老年期まで www.amazon.co.jp/dp/4309254322/

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 19:51:50

1月7日

@yokohamabook

横浜ブックカフェ@yokohamabook

【書評】『自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界』
ASDは、男性に多く見られる病気と考えられており、女性の約4~10倍とも言われています。
しかし、本書によれば、ASDには「性差」が存在し、この性差によって、女性のASD患者の多くが見過ごされてきたと指摘しています。

honcafe.com/2021/12/31/boo

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 19:51:47

1月7日

@fmfm_nknk

Horikoshi Hidemi@fmfm_nknk

本日発売の『文藝』、ブックガイドに寄稿してます。
私は『春にして君を離れ』(アガサ・クリスティ)、『竹下しづの女 理性と母性の俳人』(坂本宮尾)、『ママのスカート』(キャロル・フィブ)、「空のかなたの坊や」(ニーナ・サドゥール)、『ギークマム』を紹介しました。 twitter.com/Kawade_bungei/

posted at 19:20:28

1月7日

@artesia59

アルテイシア新刊「フェミニズムに出会って長生きしたくなった」@artesia59

私はこちらの本を紹介しております😊
『夏物語』川上未映子@mieko_kawakami
『乳房のくにで』深沢潮 @motherhoodnovel
『自分で名付ける』松田青子 @matsudaoko
『毒親の棄て方』スーザン・フォワード
『愛すべき娘たち』よしながふみ
#文藝春季号 twitter.com/kawade_bungei/

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 19:16:28

2021年12月28日(火)10 tweetssource

12月28日

@fmfm_nknk

Horikoshi Hidemi@fmfm_nknk

『大正ロマン手帖』、復刊さらに増刷も決定とは…。書評TikTokもそうだけど、若い子が全力で推すと強いよねえ。紙の書評は基本中高年が書いておりますし。

posted at 21:31:11

12月28日

@yayoi_yumeji

弥生美術館・竹久夢二美術館@yayoi_yumeji

当館学芸員が編集した本書、復刊までのエピソードが紹介されました。
カバーの、竹久夢二が描く藤の花は「鬼滅の刃」のワンシーンを意識しました😊

衰えぬ「鬼滅」人気 絶版本の復刊&重版導く 河出書房新社「大正ロマン手帖」が話題に(よろず~ニュース) #Yahooニュース
news.yahoo.co.jp/articles/c132d

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 21:25:37

12月28日

@MahiruTamaru

田丸まひる???@MahiruTamaru

年末年始に読もうと思って買ってきた『自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界』(サラ・ヘンドリックス著 堀越英美 訳/河出書房新社)、幼児期から老年期までこんなに丁寧に書かれているのすごい。後にしようと思いつつ、ついつい読んでしまう。 pic.twitter.com/BU4AhZVMnc

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 21:23:00

12月28日

@tatamullina

タタ村さん? ɐɯɐɹnʞɐS ᴉʞnzᴉW@tatamullina

サラ・ ヘンドリックス著、堀越英美訳『自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界:幼少期から老年期まで』つい過集中モードで一気読み。
私自身成人してからASDの診断を受け、それまで様々な場面で「自分は"普通"じゃない」ことに悩み、理解されなかった経験が多いだけに、私について知る読書だった。 pic.twitter.com/WJwQSdn0Ut

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 21:22:57

12月28日

@ricotakahashi

Rico Takahashi@ricotakahashi

『自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界』読んでます。性自認の章で、トランス女性の証言を取り上げているのが興味深い。出生時に女性とされたASD者が女性性になじめないというのはよく言われるけれど、もちろん出生時に男性とされた人たちも同様の困難を抱えていますよね。 pic.twitter.com/MkYdCdlUhe

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 21:22:54

12月28日

@yama39matyco

やま@yama39matyco

サラ・ヘンドリックス『自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界―幼児期から老年期まで』を読む。
男性を基準とした特性に当てはまらず見過ごされてきたASD女性たち。思い当たる点も多く読むのが辛かった。生きにくい世界で少しでも望む生き方ができるよう、男女問わず正しい診断がなされてほしい。

Retweeted by Horikoshi Hidemi

retweeted at 21:22:50

このページの先頭へ