情報更新

last update 07/08 04:57

ツイート検索

 

@frswy
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

Stats Twitter歴
3,891日(2009/11/13より)
ツイート数
43,152(11.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月07日(火)26 tweetssource

10時間前

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

長濱ねるは、去年の卒業イベントでの「空っぽになってしまった」発言が痛々しくて、ゆっくり休んでほしいと思ったが、一年経って、仕事をできるくらい恢復したのだな、と喜びたい。

posted at 23:42:54

11時間前

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

うちの大学のSF研は、「あんなところに行ってはいけない」と陰口を叩かれる存在だったらしい。いじめも冷笑も無かったのにね(無理矢理翻訳させたりはした)。

posted at 23:15:44

20時間前

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

「車夫の老人は年紀(とし)すでに五十を越えて、六十にも間はあらじと思わる」泉鏡花『夜行巡査』(1895)。明治だと50過ぎで老人なのね。還暦はいまの古稀(古来稀なり)に近い感じ? もっと上かも。クーっ。

posted at 13:55:32

21時間前

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

オレは、バクスターのハードSF的要素よりも、時々垣間見える歪なところ(『天の筏』の骨人の描写や、『フラックス』のオナラで推進する豚など)を面白がっていた人間なので、作家がそっち方面に特化して進まなかったのを残念に思っている。ま、そっちに進んだら人気作家にはなれなかっただろうけど。

posted at 12:43:25

22時間前

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

こうやって改めて振り返ってみると、スティーヴン・バクスターの日本での受容に対し、オレが果たした役割は、それなりにあったと思う。たぶん、一時期、日本で一番バクスター作品を読んでいたのはオレだ。それ以降の展開には(ジーリー短篇集の共訳を除いて)まったく寄与しなかったけどね。

posted at 12:32:18

23時間前

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

読んだらそれなりに面白かったかもしれないけど(いまだに読んでない)、シリーズを訳す気はなかった。自分で読んで、レジメを書いていたら、通っていたかもしれないな。それがちょっと残念。

posted at 11:19:35

23時間前

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

ウィルヘルムのときは、編集子が下読みに他のシリーズ作品を読んでもらい、その反応が芳しくなかったらしく、結局、流れた。おれはDeath Qualifiedだけが訳したくて、シリーズ化されたものに関心は無かった(どう考えても、DQの展開から、シリーズ化されたものが面白くなるとは思えなかった)。

posted at 11:19:34

23時間前

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

自分から進んで売り込むのではなく、出版社から長篇五、六本読んでレジメを書けと言われたら、いまなら、断固拒否するね。ケイト・ウィルヘルムのDeath Qualifiedを売り込んだとき、その後のシリーズ五、六作のレジメをと言われ、拒否したわたくしである(だから出なかったのか)。

posted at 11:09:22

23時間前

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

『天の筏』『時間的無限大』『フラックス』『虚空のリング』『タイム・シップ』という初期邦訳5長篇とAnti-Iceのレジメをオレは書いているはず(もしかしたら『フラックス』は書かなかったかも)。それくらい積極的にバクスターを売り込んでいたのか、編集の要請がキツかったのか(笑)。

posted at 11:09:21

23時間前

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

くそっ、『天の筏』や『時間的無限大』や『タイム・シップ』のレジメ(プリントアウト)は出てきたけど、Anti-Iceのレジメは見つからないや。別の所に保管してしまったのか。しかし、星雲賞受賞作のレジメを書いていたのは、オレだったのか。

posted at 10:58:51

7月7日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

しまった。いまのパソコンのなかに、Anti-Iceのレジメが見当たらない(笑)。どこかにプリントアウトが残っていればいいのだが⋯⋯。

posted at 10:36:57

7月7日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

(4)バクスターが大好きで、作品を全部フォローしている(読んでいる)訳者がいれば、今後話は違ってくるだろうけど。(5)未訳の初期長篇Anti-Ice (1993)は、スチームパンク物の大傑作で、レジメも書いたけど、出してもらえなかったな。その後、シリーズ化されたので、興味は失せた。

posted at 10:32:11

7月7日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

(3)なんでも3部作という風潮に流されてか(?)、やたら3部作やシリーズを書きまくったのが、訳されにくい一因にもなった。まとめて版権を取るリスクは大きい。個人的には、SFのシリーズ物を訳したくないので(単発作品が好き)、オレは作品をフォローしなくなった。

posted at 10:32:11

7月7日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

(1)まあ、単純に考えれば、売れなくなったからなんだが。(2)積極的に推してくれる訳者がいなかった(少なかった)、というのも大きいと思う。訳者の端くれとして思うのは、発想は変わってて良い(大風呂敷を広げられる)が、小説的情緒に欠けるので、積極的に訳したいとはあまり思わなかった。

posted at 10:32:10

7月7日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

スティーヴン・バクスターが訳されなくなった理由を考える。星雲賞海外長篇部門を2度受賞し、ひところ、怒濤のように訳された人気作家で、日本SF作家クラブにも所属していたのに。過去に長篇10冊、短篇集2冊が訳されている。

posted at 10:32:10

7月7日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

七月七日七夕は独立記念日。独立して三十一年が経過し、三十二年目のはじまり。三十一年間、仕事が途切れなかったことに感謝。大病をしなかったのも幸運だったと思う。細く長く、あとどれくらい続けられるかな。とりあえず、まず一年がんばろう。

posted at 09:58:42

7月7日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

翻訳家として独立する目途が立ったので退職した、という建前にはなっているけど、内心では、会社員として勤めていく将来展望がまったく描けないので辞めた(逃げた)というのが真実だと思っている。海外赴任の打診を二度も断ったしね(そんなやつに行き場は無いよな)。

posted at 01:15:37

7月7日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

会社員のとき、まわりの上司が、勉強しろ、勉強しろ、とやたら勧めてきて、えーい、五月蠅い、オレは会社員勤めなんて仮の姿なんだ、いつか辞めてやるんだ、という言い訳をサボる口実にして、結局、会社員としてまったく潰しがきかなくなって、辞めざるをえなかったんだよなあ。

posted at 01:11:45

7月7日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

オレ、物心ついてから五十余年のなかで、中2と中3、浪人1年目の都合3年間しか、本気で勉強していないんだよなあ。人生をずいぶん無駄にしてきた、とちょっと(かなり?)後悔。ある程度できるようになるとサボってしまう性根は、どうしようもない。大学4年間と会社員7年間、全く努力しなかった。

posted at 01:08:20

2020年07月06日(月)17 tweetssource

7月6日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

『書庫を建てる』松原隆一郎・堀部安嗣(新潮社、2014。届いたのは2018年の3刷り)が届いて、パラパラと眺めているが、水鏡子師匠もこれに類する本を出してほしいな、と思った。THATTAの本人エッセイや、本の雑誌で、水鏡子邸書庫は紹介されているけど、こういうふうに形にしてほしいぞ。

posted at 23:39:02

7月6日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

還暦過ぎて実感しているのは、もういつ死んでも不思議ではないということ。それくらい体は衰えている。特にこんな御時世だと。頭の衰えよりも体の衰えのほうが先、という感じ。頭の中身は、物心ついたころからそんなに変化はしていない気がする。少なくとも二十代のころと比べ、老成なんかしてない。

posted at 23:24:04

7月6日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

オレが死んでもケン・リュウは訳されつづける、と思う。クリストファー・プリーストは、微妙だな。オレより2歳年上のコナリーは、作者が亡くなるか、オレが死ぬかの生き残り勝負(笑)。

posted at 23:18:16

7月6日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

AmeQリストによれば>「ハドロサウルスとともに」 Herding with the Hadrosaurs (editor:(Byron Preiss)/(Robert Silverberg) The Ultimate Dinosaur 1992)
translator:古沢嘉通(Furusawa Yoshimichi) S-Fマガジン(S-F Magazine)1993/ 8X No.444 illustrator:米田仁士(Yoneda Hitoshi)

posted at 23:07:27

7月6日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

新品みたい、と謳われている一番安いのは、日本に送ってくれないので、二十ドル(送料37ドル!)のをポチった。もちろん(?)、ペーパーバック版は出たときに買ってる。二十代なかばのころ、アーカムハウス版なんて高くて手が出なかったのだ。

posted at 23:02:17

7月6日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

ギブスンが訳されなくなった理由はなんだろう、と考えて、(1)中身の問題なのか(時代に合わなくなった?)、(2)訳者の問題なのか(紹介しようという意欲を持つ訳者がいない?)、(3)出版側の問題なのか(売れない、売れそうにない?)——ふとそんなことを思った。

posted at 21:51:22

7月6日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

訳者が亡くなると訳されなくなる作家もけっこういる。先行訳者に対する敬意から忌避意識が働くのかもしれないが、たんに紹介意欲を持つ訳者がいなくなったせいかもしれない。古典は別にして、海外作家は訳者と共に死ぬ(かも)。

posted at 21:43:07

7月6日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

なにが訳されるかは、非常に属人的(?)性格が強くて、ぶっちゃけ、訳したいと思う訳者がいない作家は訳されなくなる。もちろん売れない作家の本は訳されなくなるけど、出版社や編集者がいくらプロモートしようとしても、紹介意欲を持つ訳者がいないと(いずれ)訳されなくなる。

posted at 21:43:07

2020年07月05日(日)12 tweetssource

7月5日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

東京が潰れると、文筆業者は、ほぼ潰滅するので、なんとかなってほしいものだ(なにが?)。まあ、文筆業者に限らず、日本じゅうに甚大な被害がおよぶのだけど。

posted at 18:44:43

7月5日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

すべてのオンライン辞書は、英辞郎Web Proの検索性の高さを見習ってほしいわ。条件指定で合致しないと結果が出ないという使い勝手の悪さをどうにかしてほしい。

posted at 18:42:06

7月5日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

メンテナンスしなくていいから、既存のデータだけで、オンラインに置いといてくれないかな、と思うよ>三省堂Web Dictionary。会費はチャンと払うからさ。

posted at 18:36:33

7月5日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

利用している辞書サイトはほぼ網羅されている。ジャパンナレッジは会員だったけど、会費の高さと、英和訳者には、それほど利便性が高くないので退会した(オンラインで東洋文庫を読めるのは、凄いけどね)。Dualは使い勝手が悪い(ほんま、なんで、三省堂はWeb Dictionaryを止めるんだろう)。 twitter.com/t_echizen/stat

posted at 18:36:33

7月5日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

利用しているペルソナカードが、「青色カード止めるので、赤色カードに変えて」と言ってきて(JCB提携からVISA提携に変わるらしい)、2年後に青色は使えなくなるという。阪急系で買い物が多いので無いと不便なため、やむをえず切り換えた。が、Web手続きで済むとはいえ、面倒くさかったぜ。

posted at 18:29:53

7月5日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

ティム・パワーズのLast Callのチャーネルハウス・レタード版だったら、二千ドルまでは出せるなあ⋯⋯。まあ、まずそんな安い値段では出回らないだろうけど。

posted at 16:34:37

7月5日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

おなじくBluetoothで接続しているキーボードとマウスに接続不良が起こっていないことから、原因はMac mini側ではなく、Bose側だろうな。このBoseスピーカー、電源コードの接続不良も頻繁に起こっており(物理的に緩みやすい)、音は良いんだけどなあ……。

posted at 13:07:37

7月5日

@frswy

Y. Furusawa 古沢嘉通@frswy

2016年に購入したBose SoundLink Color Bluetooth speaker。Mac miniとのBluetooth接続がたびたび切れるようになり、考えてみればBluetoothにする意味があまりないので(Mac miniのそばに置いている)、50cmのステレオケーブルで繋ぐことにした。快適。最初からこうすれば良かったかもな。

posted at 13:07:37

このページの先頭へ