情報更新

last update 08/19 16:12

ツイート検索

 

@furusaki_y
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

Stats Twitter歴
3,492日(2010/01/27より)
ツイート数
8,581(2.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年08月18日(日)1 tweetsource

2019年08月17日(土)4 tweetssource

8月17日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

6月までの『なつぞら』は良くも悪くもこの書き手らしい「端正」な作り。少しは作り手ならではの思いが発露し「端正」を逸脱するところがあっていいのではと思うのだけど、全く逸脱しない。ひょっとしたらそれこそがこの作り手の「作風」ということなのかも、と最近思うようになってきている。

posted at 22:49:50

8月17日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『なつぞら』のロケ地巡りに帯広に来たものの実はまだ『なつぞら』のドラマ自体は6月放送部分を視聴しているところだったりします。

posted at 22:24:01

2019年08月16日(金)3 tweetssource

2019年08月12日(月)3 tweetssource

8月12日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

日曜の夕刻、車を走らせる機会が多いのでFMをよく聞くのだけど、吉岡里帆がMCをやっている番組があり、これがなかなか悪くない。おどおどもせず声も通っていてコメントも自分なりの言葉で表現していて聴かせる。メインの女優業の方でもいつか良い作品に出会えて存在感を発揮しそうな気がする。

posted at 06:40:08

8月12日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『これは経費で落ちません!』は気楽に楽しめる一編だけど、劇中の会社の業務の描写が微妙で、最新のPCが備わっているわりに伝票や出納帳が紙ベースで、手書きで領収書裏に使途を明記し捺印し経理に持ってくるとか、ヒロインはレンタルビデオ店でビデオを借りて楽しむとか妙に古めかしくて気になる。

posted at 00:21:18

8月12日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

遅ればせながら多部未華子主演『これは経費で落ちません!』第1回視聴。脚本は『パパとムスメの7日間』など、この手のオフィスコメディが得意な渡辺千穂さん。演出も『GTO』などで知られる中島悟さんだけに分かりやすい面白さが追求されていて、気楽に楽しめる一編といったところですね。

posted at 00:13:03

2019年08月08日(木)1 tweetsource

2019年08月07日(水)2 tweetssource

8月7日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

ドラマ好きの方は今夜のNHKBSプレミアム21時からの『甲子園とオバーと爆弾なべ』は満島ひかりも出ていて、チェックされていると思いますが、その後の22時からの『こわでん』も各地に伝わる怖い伝説4本を再現ドラマ化した番組なので一応、ドラマ要素の番組ですのでご留意ください。

posted at 11:46:27

2019年08月04日(日)6 tweetssource

8月4日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

今夜のテレ朝は2007年に2夜連続で放送されたビートたけし主演『点と線』を125分に縮めた再編集版を放送。2009年に一度、元の作品を164分に短縮し石坂浩二のナレーションを加えた再編集版をオンエアしたことがあるが今回はそれをさらに短縮したということか。 www.tvdrama-db.com/drama_info/p/i

posted at 16:00:08

8月4日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

手元にある角川文庫の「八つ墓村」は1977年8月の版。当時10歳の私にとってはじめての横溝正史体験だったのですが、鍾乳洞を探検するくだりなどが江戸川乱歩の少年探偵もののテイストに通じるものがあり、大冊にも関わらずあっという間に読んだ記憶があります。 twitter.com/furusaki_y/sta pic.twitter.com/nZLd7xhP3p

posted at 02:00:24

8月4日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『八つ墓村』がNHKでドラマ化されるということで期待。横溝正史の数ある名編のうち、『八つ墓村』は映像化での決定打がまだ定まってないような気がしている。個人的には古谷一行の連ドラ版にハマって角川文庫をはじめて買ったほどなのだけど後年見返すとまだまだ課題の残る出来だと気づいたので。

posted at 01:48:28

2019年08月03日(土)2 tweetssource

8月3日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

京アニ放火事件でお亡くなりになった方々の死に軽重はないのだけど、死亡記事となると扱いに差が出てしまいがちでこれは普段の報道時にも起こりうることなのだが、NHKのWEB版ニュースは今回の事件で亡くなった方ひとりひとりに可能なかぎり個別記事を用意しているね。 pic.twitter.com/nXCTCw0fOM

posted at 19:33:07

8月3日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

京アニの件、お亡くなりになった方が誰なのかは私も知りたいけど、当事者の気持ちが優先だろうという気がするので無理に公表してほしいとまでは思わない。

posted at 10:21:34

2019年07月31日(水)2 tweetssource

7月31日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

人は誰でも何かに執着しているものがあり、そこから離れまいと一生懸命しがみついている。だけど同時にそういう気持ちの奥底でそんなところから離れ自由になりたいという願望も併せ持っている。『凪のお暇』はそういう気持ちに触れている。だから心が揺れるのかも。

posted at 23:18:34

7月31日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

遅ればせながら、評判の良い『凪のお暇』の第1回を視聴。なるほど、確かにこれは良さそう。見終わっても、心が波立つ。

posted at 23:02:24

2019年07月27日(土)1 tweetsource

2019年07月25日(木)1 tweetsource

2019年07月24日(水)1 tweetsource

7月24日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『偽装不倫』は宮沢氷魚と谷原章介の男性二人が絵に描いたような理想の男性像を具現化したキャラなのだが、外面的な描写ばかりで少し同性視聴者にとって共感に欠ける。あと、偽装している理由が今ひとつ伝わってこないんだよね。「わかる、わかる!」と見る側を納得させてほしいんだけどな。

posted at 23:43:49

2019年07月22日(月)2 tweetssource

2019年07月21日(日)4 tweetssource

7月21日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

そうそう、先日発売の月刊「ドラマ」8月号に4月期のドラマ評を書いています。『わたし、定時で帰ります。』『チャンネルはそのまま!』『長閑の庭』『腐女子、うっかりゲイに告る。』『きのう何食べた?』『離婚なふたり』などに触れています。よろしければご高覧ください。 eijinsha.co.jp/products/dra_2

posted at 00:25:31

2019年07月20日(土)4 tweetssource

7月20日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

今日の宮迫博之と田村亮の会見で、闇営業の現場に吉本興業の社員が同席していたという発言、そしてこの闇営業の依頼者が以前、吉本が正規営業として付き合ってきた相手と言われ参加した、というようなことを言っていた気がするのですが報道ではスルーされている気がする。私の聞き間違いか?

posted at 20:32:25

7月20日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

何気なく見ていた宮迫博之と田村亮の記者会見。吉本興業の実情に触れた箇所が一箇所一箇所すさまじい破壊力。現場の記者が発言の重要性に気づいていないのか敢えて触れないのかツッコミ不足。録画しておけば良かった。

posted at 17:34:12

2019年07月17日(水)1 tweetsource

2019年07月15日(月)1 tweetsource

7月15日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

すごいな、脚本家の野島伸司氏が総合監修に就いたというポーラスター東京アカデミーのサイト。特別講師にはTBSを退職された『高校教師』などを手掛けた伊藤一尋氏などのお名前も。psta.co.jp/201903/

posted at 22:41:49

2019年07月14日(日)2 tweetssource

7月14日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

本日23:30よりCSテレ朝チャンネル2にて『イタズラなKiss』(1996)第1回・第2回放送。もう23年前になるのですね。今見ると多少色あせてはいるでしょうけど、その後、CSで未来穂香主演でリメイクされ、台湾や韓国でも映像化。柏原崇、佐藤藍子が恐らく若々しいでしょうね。仲間由紀恵も脇役で出演。

posted at 13:24:51

2019年07月10日(水)1 tweetsource

7月10日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『偽装不倫』第1回視聴。あらすじを聴いて面白そうだとリアルタイムで見たが、なるほど、これはなかなか視聴者を引きつける話題性十分、スマッシュヒットの予感。ただ、男性の立場でみると宮沢氷魚といい谷原章介といい、登場する男性がみな何を考えているのか今ひとつわかりにくい。

posted at 23:35:21

2019年07月06日(土)2 tweetssource

7月6日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

今夜19時からBS日テレにて『怪物』再放送。善が悪に駆逐されていくプロセスが見る側に不思議な快感を与える。芸術祭に参加し審査では好評だったが、「入水自殺」を「にゅうすい自殺」と何度も語っていてこの部分が「じゅすい自殺」が妥当ではないかとひっかかり受賞を逃したのは惜しまれてならない。

posted at 16:18:56

2019年07月02日(火)1 tweetsource

7月2日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『きのう何食べた?』ラスト一本前まで視聴。いいなぁ。細かい気持ちのすれ違いの後に温かい心が通い合う。内野聖陽の垢抜けたファッションセンス。相手を思いやる心の美しさ。そういう気持ちが原石のような形で映し出されているから魅力的なのかもしれないね。

posted at 00:22:23

2019年07月01日(月)2 tweetssource

7月1日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『きのう何食べた?』第6回まで視聴。安達奈緒子脚本ということで『透明なゆりかご』のごとく濃密な物語かと思いきや淡々とした日常の話し運びで少し面食らった。だが、見続けるうち、その淡々とした日々から大切なものが浮かび上がって、違う形でこれは濃厚なものが描かれていることに気づかされる。

posted at 02:07:15

2019年06月30日(日)1 tweetsource

6月30日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

そうか。何も知らなかった。岩佐憲一さん、お亡くなりになっていたんですね。『雨よりも優しく』『それでも家を買いました』など。個人的には山崎努がハーモニカを吹く哀愁のサラリーマンを演じた『ブルースはお好き』が良かった。没後10年を経て短編作品集が刊行されていた。www.hanmoto.com/bd/isbn/978487

posted at 09:30:25

2019年06月29日(土)2 tweetssource

6月29日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『水前寺清子の人生は三百六十五歩のマーチ』。毎回、水前寺清子と交遊のあるゲストが来てトークをくりひろげる。70~80年代活躍した人達が登場するのだけど事前にゲストが誰かは告知されず見ないと分からない趣向。ただドラマの話題は少なめ。BSフジで土曜16時から毎週放送。www.bsfuji.tv/365honomarch/

posted at 13:06:12

6月29日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

今日の番組表をチェックしていたら、CSの時代劇専門チャンネルで早くも『眩(くらら)~北斎の娘~』をやるのか。本作は2017年度の芸術祭大賞受賞作品。本放送のとき、見た瞬間にこれは!と思わせてくれた作品。未見の方はぜひ。加藤拓演出、大森美香脚本、宮崎あおい主演。19時10分から。 twitter.com/furusaki_y/sta

posted at 12:01:55

このページの先頭へ