情報更新

last update 09/18 11:01

ツイート検索

 

@gervillaria
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

Stats Twitter歴
3,671日(2010/09/01より)
ツイート数
180,466(49.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年09月16日(水)2 tweetssource

2020年09月15日(火)9 tweetssource

9月15日

@Kelangdbn

Spica@Kelangdbn

シベリアの永久凍土層から3.9万年前のホラアナグマが完全な保存状態で発見される www.ladbible.com/news/interesti ユーラシア大陸に生息していたとされるが今までは骨・皮しか見つかってなかった。内臓が残っており氷河期時代に活動した猛獣,学名Ursus spelaeusのDNA発見が現実味を増す。

Retweeted by 職人/げるびらりあ

retweeted at 12:36:16

2020年09月14日(月)2 tweetssource

2020年09月13日(日)23 tweetssource

9月13日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

なぜそうなるか、なぜそれがまかり通るのか、なんて考えてゆけば、身の回りのあらゆるところに絶望的なまでのホモサピの獣性を見出すことができる。それでもこの世界は美しいのだ。

posted at 12:42:50

9月13日

@Friends_quail

平成版うずらフレンズ@Friends_quail

WAZAへの加入は、動物園として世界的な水準にあると認められたことを意味する。
国内の動物園間のやりとりだけでは動物種の維持が難しくなる中で、加盟施設のネットワークを生かせば動物の融通を受けやすくなると期待される。教育・研究活動に対する海外の知見を得るのも大きな目的のひとつだ。

Retweeted by 職人/げるびらりあ

retweeted at 12:37:49

9月13日

@Friends_quail

平成版うずらフレンズ@Friends_quail

豊橋総合動植物公園WAZAに加盟
世界中の動物園と連携が可能に/希少動物の保全や繁殖を進める

豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)は、世界動物園水族館協会(WAZA)に加盟が認められたと発表した。加盟の承認は4日付。これにより世界中の動物園と連携し、希少動物の…
www.tonichi.net/news/index.php pic.twitter.com/DvZtu8700D

Retweeted by 職人/げるびらりあ

retweeted at 12:37:43

9月13日

@marei_de_pon

マライ・メントライン@職業はドイツ人@marei_de_pon

【ドイツ軽巡洋艦カールスルーエ、ノルウェー沖海底で発見!】news.yahoo.co.jp/articles/6ae4f
「おぉ! この後部砲塔の左右シフト配置! これぞまさしくK級軽巡の…!」という、記事本文内容と微妙にずれた盛り上がりを見せる、私の周辺人脈なのでありました。 pic.twitter.com/PnbXdDQy4d

Retweeted by 職人/げるびらりあ

retweeted at 10:55:19

9月13日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

医療系ドラマを見ていた知人と、悪用がしばしば取り沙汰される心のお薬の登場に、「薬名映すなよ」「わざわざそれが原因で改名したんだから昔の名前使えばいいのにな」「それほんまそれ」という会話。

posted at 10:38:04

9月13日

@IuniusV

Jun Watatani@IuniusV

@latina_sama 実は私も数ヶ月前に全く同じ勘違いをしていて、念の為調べたら「巾着」から来てたのを知ったときの驚きと言ったら!
旋盤やドリルとかの回転系の工具で回転対象を「締めて固定する」部分をchuck(チャック)と呼ぶので、ずっとそこから来てると思ってました。
en.wikipedia.org/wiki/Chuck_(en

Retweeted by 職人/げるびらりあ

retweeted at 10:33:24

9月13日

@koizumimari1

こいずみまり@koizumimari1

コンビニに入ったら、コオロギの声がする。風流なBGMかと一瞬思ったけどレジで「コオロギいますよね?」て聞いたら
「そうなんですよ〜住みついちゃって〜」「見つからないんですよ〜」
って、すごい笑顔で言ってて笑った。

Retweeted by 職人/げるびらりあ

retweeted at 10:32:47

9月13日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

創作の世界からいくら理不尽を払拭しようとしても、現実の世界の理不尽は一層にその営みすら取り込んで強化されるばかりである。創作の中で犯罪を犯し、人をあやめ、世界を滅ぼし、少しでも現実世界の理不尽を小さくして欲しい物だわ。

posted at 10:21:40

9月13日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

脳の中でもどの機能を司る部位が大きかったのか、というところが重要。脳がただ大きくても、姿勢制御身体操作、思考や記憶、感覚器官、どれを司る部分がどの程度大きいのか、ということの方が重要度は高い。その辺もある程度先行研究で目星がついているだろうけれど、新しい知見が期待される。

posted at 10:01:01

9月13日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

日本でも恐竜の「脳函(頭蓋骨の脳の納まる部位)」の鋳型化石などは見つかっている。脳の大きさについて、基本的に先行研究を覆すような結果にはならないでしょう。

posted at 09:58:45

9月13日

@dadasiko

大野木寛@dadasiko

すげえ!→RT
最後の一文「この標本だけでは確かなことは言えませんが、恐竜たちが、われわれが考えているよりも大きな脳をもっていたということだってありえるのです」には違和感。頭蓋骨から脳容積や形状は割り出せるんじゃないの?

Retweeted by 職人/げるびらりあ

retweeted at 09:57:13

9月13日

@wired_jp

WIRED.jp@wired_jp

ケンブリッジ大学の研究者チームが、恐竜の脳の化石を初めて発見した。水辺で死んだ恐竜の頭が、ピクルスのように酸性の水の中で「酢漬け」されていたことが良好な保存状態につながったという。(アーカイヴ記事)bit.ly/2IdqqKL

Retweeted by 職人/げるびらりあ

retweeted at 09:57:03

9月13日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

情報の氾濫するこの世界では、四六時中考えなきゃいけないことで一杯で。考えないで済むことが快楽になる。パターンマッチングによる善悪好悪の判断や、少ない数値で判断する優劣や。でもそれは差別と不正の一里塚。清く正しく生きるために苦しむか、楽に生きるために多数派にシコウを預けるか。

posted at 09:30:00

9月13日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

米津のストレイシープ、ツアーDVD付き買った。舞台演出を「売れない美大生のハイエンド」って評したら一緒に見てたのがツボった。「迷える子羊」なんだからそんなに間違ってないと思う。なお、昨年のでツアタイは「脊椎がオパールになるまで」。思わず「クーパーペディか」と突っ込んだ私は悪くない。

posted at 09:11:05

2020年09月12日(土)1 tweetsource

2020年09月10日(木)1 tweetsource

2020年09月08日(火)1 tweetsource

2020年09月07日(月)63 tweetssource

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

@yamamotoyama555 ですです。骨の表面には当然表皮があって、歯がぴったり収まって隙間が内容になってますよねー。翻って見かけたマストドンサウルスの復元は、骨のサイズの通りっぽい穴を上顎に開けてたり。そうすると、外から下顎の出っ歯が見えるのって特徴強調の便宜だったり?と。

posted at 17:45:42

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

@yamamotoyama555 なるほどー。じゃあ、お口の中に水が入らないようにとか、陰圧で食べ物を取り込む時の抜け穴にならないようにとか。何にせよ、閉じてても口の中と外がバイパスされてる状態ってあんまり普通にはなさそうな。

posted at 17:25:56

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

@dynamicsoar ですです。究極的には生き物の亡骸ですので、自身では敬意を持って向き合いたいとは思いますが、それを他者にまで求めるかというとやはり公共性の有無が問われるかと思います。

posted at 02:55:50

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

@dynamicsoar 時と場合と事情より、ですね。雑な扱いを見て気分が良くないってことはありますが、だからと言ってわざわざ他人の扱いに文句を言う、となれば、タイプ標本やその候補となるものをそんな風に扱う場合くらいでしょうか。

posted at 02:46:15

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

っていうか、ティラコスミルスの復元って牙が剥き出しになってるけど、わざわざ下顎の一部が伸びてるのって、むしろ口腔内に犬歯を収納できてたってことだったりしないのかな。

posted at 02:36:16

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

従って「いい人」もまた「悪い人からいい人を目指す発展途上の悪い人」とイコールなのだ。個々人が誰かを「いい人」と見なすのは、その人の過去を知らないから。

posted at 01:19:04

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

まあ、「いい悪いの認定どうするの?」っていうアレももちろんあるけど。というか、現行の社会が「おおむねいい人だけになるように調整された社会」なんじゃねーかな。そのために法律や道徳や治安維持機構が整備され、それが稼働しているわけで。

posted at 01:11:33

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

悪い人を排除したということは、その集団にいい人以外が入っていたということ。そしてある時間断面において「いい人だけ」と定義できるのは、その集団が終わりを告げてなお排除が起きなかった場合のみ。従って滅ぶことで初めて存在を証明できる空集合的な何か。

posted at 01:07:55

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

万物流転する世界において、私たち自身は常にその連続性を踏まえて物事を見ることができる。その一方で、科学も人の言葉も、記号化あるいは標本化されたものしか扱うことができない。これは大きな違いであり、後者は人々の思考を縛る枷でもある。

posted at 00:53:22

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

科学にしろ人の言葉にしろ、言語化というプロセスを挟んだそれらは、常に物事を時間的空間的に切り取って扱うが、現実に私たちの目の前にある世界は時間と空間の広がりの中で、大小強弱様々な連続性を持って存在している。

posted at 00:49:13

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

環境がボトルネックなのか、自分の思い込みがボトルネックなのか。両方だとして、どちらがより強く作用しているのか。或いはその環境なり思い込みなりが、具体的にどの部分なのか。

posted at 00:45:54

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

自分が変われない、という認識は変わった自分を受け止められるリソースが周囲に無いという認識から生じる極めて当然の認識であり、周囲がある程度見えているということである。しかし、多くの場合において環境というのはそこまでシビアではない。そのことに気づくリソースをどうやって確保するか。

posted at 00:38:56

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

「何が良いか何が悪いか」なんて二元論は明確で鮮烈だから飛び付きがち。ソレに対する批判だって幾らでもある。でも、物事の理解の端緒は大体二元論だし、より細かなディテールに覗き込むなら、より多くの事例や状況を知らねばならない。或いはめんどくさいから二元論で済ませることも。

posted at 00:23:33

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

とはいえ、何もかんも自分で答えを出すなんて土台無理だし、最初から持ち合わせている知識なんてゼロに近い。たくさんの他人の出した答え、相矛盾するそれらを頭のデータベースに記録しながら、それらを再構築してゆく中でようやくそれができるようになる。誰しも若い時代の頑なだった故の恥はある。

posted at 00:19:40

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

誰かから聞いた答えだけを抱えていれば、その答えと矛盾したものに出会った時、激昂を覚える。しかし、自分の中で「ああそっか」とたどり着いた暫定解であれば、その改変は自身の中でその場で完結する。そこにストレスはなく、ただ目から鱗の喜びがあるだけだ。

posted at 00:14:33

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

一人の時間、読書の時間、異邦に立つ時間、新たな知識と向き合う時間、まどろみの時間、いろいろある。そういう、今一瞬の現実を忘れた時間の中で、自分のデフラグが自分の中で無意識に進められる。

posted at 00:06:30

9月7日

@gervillaria

職人/げるびらりあ@gervillaria

変わることの苦と変わらないでいることの苦、とも言い換えられるかな。どっちにしろ苦には変わりがないのだから、そればかり見ていては鬱気る。どっかでそれを考えないでいられる時間がなければならないし、そも、そういう「苦」についてを考えられるのは、その苦の外にいる時間だけだ。

posted at 00:01:34

このページの先頭へ