情報更新

last update 03/09 05:10

ツイート検索

 

@golden_lucky
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

Stats Twitter歴
4,320日(2009/05/12より)
ツイート数
51,223(11.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年03月08日(月)16 tweetssource

3月8日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

昔はオンラインで本の情報が気軽に得られるようなことはなかったから、書店で「たまたま見つけた本」が自分に手が届く世界のすべての本だったんだよなあ。

posted at 11:13:58

3月8日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

プログラミング以外にも、いったん意識を引きはがされたらいろいろ台無しになるような思索を必要とする機会はそれなりにあると思うんだよな。

posted at 11:02:17

3月8日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

そういえば、ISOが規格を無償公開する方針ではやっていけず、IETFがやっていけるのは、どのへんが効いてるんだろう(ISOを責めてるわけでなく、同じ情報を冊子にして売っている立場として気になる)

posted at 06:15:22

2021年03月07日(日)1 tweetsource

2021年03月06日(土)5 tweetssource

3月6日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

ところで "Michelin inspectors do not, in fact, look at interior decor, table settings, or quality of service" っての知らなかった。日本にミシュランがきたとき、日本の店は狭いからトイレの場所とかでミシュランを逃すことがある、みたいな報道があった記憶があるんだけど、あれは何だったのか

posted at 08:45:33

3月6日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

iPad2がmacOS 10にアップデートできないので、bookliveアプリが完全に使えなくなっており、bookliveで買っていたコミックが気軽に読めなくなってしまった。まだWebブラウザで読めるとはいえ、電子書籍、このへん本気で考えたほうがいいと思う。

posted at 08:21:32

2021年03月05日(金)23 tweetssource

3月5日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

翻訳を読んだのはもう何年も前で、そのときはよくわからなかったんだけど、去年はなかなか面白くて、こうして謎解きが加わったことでまた読まねばならなくなった

posted at 22:26:59

3月5日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

SFマガジン2021年4月号の、若島正さんによるウルフ「アメリカの七夜」の読解記事、やばい。ちょうど年末にウルフ自薦集で原文を読んでいたこともあって、最初から最後まで鳥肌立てて一気に読んでしまった。

posted at 22:23:56

3月5日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

@Light_o_River そうですねえ、オンデマンドはどうしても一冊あたりの原価が上がるので、それはそれで難しさがありますね。どこも、破棄が起こらないように、一冊当たりの原価を極力抑えられる部数で適切なタイミングに刷るというのをがんばっている感じだと思います。

posted at 19:37:21

3月5日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

@Light_o_River ふつうの出版社ではアマゾンも取次経由で出しています。アマゾンで買い取りをしているケースはちょっと知らないです。(なおうちはマーケットプレイスなので自社在庫と経理的には同じ扱いです)

posted at 19:28:52

3月5日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

@Light_o_River 現在の流通の仕方だと、書店でいったん売られなくなった本が将来売れる見込みは事実上ないので、持っていてもしかたないという現実があります。なので、製造費を経費にすらできないまま保管したくないということです(そういう意味では保管コストを嫌っているわけですが)

posted at 19:24:35

3月5日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

@Light_o_River 在庫は資産になるのがいちばん痛いです。極端ですが、「在庫100部くらいのときにバズるなどして全国の書店から引き合いがあったから急いで500部増刷したけれど、出来するころには世間から完全に忘れられた」ような場合、将来も売れないだろうから、数年後には破棄するという判断が現実的になります。

posted at 18:58:25

2021年03月04日(木)29 tweetssource

3月4日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

これたぶん5%のときの総額表示のガイドラインで税率を明記するとしてたのを引きずってるだけだと思うんだよな。でも、いま商品の本体に税率を印字してる業界ってないと思うんだけど。

posted at 18:39:15

3月4日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

総額表示対策、それ自体はいいんだけど、税率も明記せよという書協のガイドラインは本当に意味がわからなくて、いまどきレジはPOSだし、どうせ税率が変わったらまたぜんぶ差し替えになるし、そこで税率が明記されてることが現場での混乱を回避するのに役立つという理屈がどこからくるのだろうか。

posted at 18:35:00

3月4日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

本題はともかく「パナソニック インダストリアルソリューションズ社エナジーデバイス事業部コンシューマーエナジービジネスユニット市販マーケティング部コミュニケーション課」がすごすぎて、とりあえずツイート可能な長さかどうか確認してしまった(さすがに余裕だった) japan.cnet.com/article/351672

posted at 16:05:55

3月4日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

(数十年前にわたって感覚をまったく変えていない人たちが作ったであろうルールにそれがルールだからという理由だけで従うのはいやなのじゃ…)

posted at 14:54:22

3月4日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

すみません、またアマゾンで紙版が瞬間的に品切れてしまい通常価格1980円を超える転売品が前面に表示されてますが、すでに手配済みなので数日で在庫戻ります。送料はかかるけどPDFも読める直販サイトか、ジュンク堂池袋、書泉ブックタワー、紀伊国屋新宿をはじめとする書店をご利用ください。 pic.twitter.com/IbQ7TC6SBX

posted at 12:44:05

3月4日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

数学でビジネスをするのと、ビジネスに数学の表面を混ぜるのはぜんぜん違うので、ビジネス数学ではなく数学ビジネスとでもいうべきなのかもしれない。しらんけど。

posted at 12:10:11

3月4日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

これはあれかな、数学者が無限の話をしているときに通りすがりの物理学者が「なんで無限なんて物騒なものを考えるんだ、危ないだろう」っていう感じかな。

posted at 10:28:17

3月4日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

文章に潜む問題、「絶対に見つけてやる」といういじわるな精神か、ひたすら字面どおりに読む冷徹な精神がないとなかなか見つけられないので、ビジネス数学の本もそういう編集者がいなかったのだろうなと思っている。

posted at 10:18:28

3月4日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

編集者が原稿を咀嚼して組み立てなおした文章を見てもらって、それが間違っていたり不完全だったりするなら、読者も同じように勘違いしたり間違ったりする可能性があったのだとわかるはず。英文を書くときに機械翻訳で日本語に戻してみると元の英文に潜んでいる問題がわかる、みたいな。

posted at 10:05:38

3月4日

@golden_lucky

keiichiro shikano λ♪@golden_lucky

書き手が「指摘を受けてもなんでこれでわかりづらいのかすぐには理解できないこともあり」というのはほんとそうだろうなあといつも思っていて、なので、指摘だけでなく代案を出すことで「こう読まれるけど、これで合ってる?」を見せ、さらにそれを上書きしてもらっています blog.xcir.net/?p=2780

posted at 09:57:03

このページの先頭へ