情報更新

last update 06/19 23:05

ツイート検索

 

@green_line_hama
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@green_line_hama

グリーンライン@green_line_hama

  • 118フォロー
  • 27フォロワー
  • 0リスト
Stats Twitter歴
901日(2016/01/02より)
ツイート数
4,934(5.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年06月19日(火)16 tweetssource

14時間前

@green_line_hama

グリーンライン@green_line_hama

安全ではない!「大麻を使用した経験がある人の割合は1・4%で、15~64歳の人口に換算すると推計133万1765人に上ることが17日、国立精神・神経医療研究センターによる全国調査で分かった。シンナーを含む有機溶剤を初めて上回り、乱用薬物では最多となった。」
www.iwate-np.co.jp/article/kyodo/

posted at 22:55:16

14時間前

@aritayoshifu

有田芳生@aritayoshifu

この社会感覚のなさが加計理事長と首相の共通点ですね。お二人とも人生において「世間」というものが、まったく不在です。そこを脱しようとしなかったのは、温室が心地よかったからでしょう。人生におけるその不幸せ。負債が日本と国民に押し付けられているのですから、打倒、安倍政権です。 twitter.com/minnanonannan/

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 22:51:53

14時間前

@aritayoshifu

有田芳生@aritayoshifu

そこに出て行った安倍が「『お会いできて良かったです』とだけ言って帰ってきたら、政権が倒れる」(首相周辺、15日付朝日)。だから、日本の首相が安倍である限り日朝首脳会談は実現しないというのが、私の絶望的観測である」。(THE JOURNAL「溺れる者は藁をも掴む」状態に陥った対北朝鮮外交) twitter.com/aritayoshifu/s

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 22:50:00

14時間前

@aritayoshifu

有田芳生@aritayoshifu

高野孟「全員生きているはずだ、その全員の即時帰国でなければ受け入れないという前提では、そもそも交渉が成り立たないので、首脳会談は開かれない。では仮にそこを曖昧にして何とか開催に漕ぎ着けることがあったとしても、

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 22:49:55

14時間前

@aritayoshifu

有田芳生@aritayoshifu

日朝首脳会談を模索しなければなくなった安倍首相。「拉致問題が前進すれば」と条件をつけ、「すべての被害者を取り戻す」と付け加えることを忘れない。「すべてとは?」と問われると「それは北朝鮮にしかわからない」。逃げ道を作りながら総裁選まで期待感を維持するため「すべて」を繰り返していく。

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 22:49:23

14時間前

@HON5437

HOM55@HON5437

6月18日参議院決算委員会。共産党の辰巳孝太郎議員が森友問題に関する国交省の新資料を提示し政府に質問。麻生財務大臣は通告が無いからと逃げるものの、その発言は明らかに動揺してしていてシドロモドロ。総理に至っては文書を「架空」とまで言う始末。そのうち国交省から「発見」されるでしょう。 pic.twitter.com/EGuqDI4U2m

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 22:49:10

14時間前

@tanutinn

冨永 格(たぬちん)@tanutinn

おはようございます。辰巳孝太郎氏が暴露した森友新文書について、安倍首相は「全く架空の状態」と強い言葉で答弁を拒否。しかし政権側が怪文書、出所不明、未確認と切り捨てたものは、ことごとく真正と証明されてきました。「幕引き」を良しとしない官僚の存在が救いです。緑道のヒルザキツキミソウ。 pic.twitter.com/ifkSOQQS5w

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 22:49:02

14時間前

@aritayoshifu

有田芳生@aritayoshifu

内閣支持率が上がった。森友・加計問題も解決せず。カジノ=賭博法案や「働き方改悪」を強行してなぜ支持率上昇なのか。理由はただひとつ。米朝首脳会談を受けて日朝首脳会談が視野に見えてきたとするアナウンスと報道だけ。その実体が明らかになれば政権下野は確実だ。首相はいまそれを恐れている。

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 22:48:01

2018年06月17日(日)32 tweetssource

6月17日

@green_line_hama

グリーンライン@green_line_hama

あまり自分を尊重してもらえない環境にある大人は、子供を尊重することが難しくなる。児童虐待防止のためには、まず大人の環境を変えることだ。「人を大切にする社会」に転換しなければ。

posted at 21:21:32

6月17日

@green_line_hama

グリーンライン@green_line_hama

児童虐待を防ぐには。「大人のほうが肉体的にも、精神的にも、経済的にも大きな力がありますから、どうしても自然と上下関係が生まれてしまいます。大人側がそのことを頭に置き、「子どもを一人の人間として捉える」という意識をしっかりと持ち続ける必要があります」
www.toushin-1.jp/articles/-/6329

posted at 21:17:59

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

実行機能が弱い傾向にあり、なぜ叱られたのか褒められたのか、なぜ相手が怒ったのか喜んだのかを想像することができず、対人関係で被った不快体験が能機能ダメージに繋がりやすい。限定的な関心という特徴も不快体験に留めやすい。つまり間接的な違いが拡大されやすく、適切な人間関係の維持が大切だ。

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:12:52

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

正しく書き直すと、自閉スペクトラムの高い人も低い人もそれ自体による犯罪生起率の違いはない、になる。大人しさ、温厚、優しさの程度も、自閉スペクトラム症の人がそうなのでなく、それ以外の人と変わらない。結果として差が生じた場合には、環境因が強く作用している。自閉スペクトラムの高い人は、 twitter.com/tomoe201/statu

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:12:43

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

「しつけで子どもの心を傷つけない」ためには、「しつけようとしない」でいいんです。温かい関心をもち、共に生き・育つ、それだけでいいんです。子どもを信用し、任せればいいんです。 → 「しつけ」で子どもの心を傷つけないために、どうすればいい?(投信1) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:12:29

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

概ね妥当で有用な考え方です。自閉スペクトラムの高い人ほど、後天的・環境因による影響性が強いという知見は確立しており、その点を含めてなおさら正しく理解・支援される必要があると考えています。だから、自閉スペクトラム症を闇雲に伏せることはかえって好ましくないと思うのです。 twitter.com/abibirdlake/st

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:12:19

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

これは見出しが問題なのです。クレームが殺到したのでしょう。本文だけなら問題性を感じず、ここから展開して自閉スペクトラム症への正しい理解へ向けた特集を組むなどの工夫ができたでしょう。他の「精神障害」ならオッケーで「自閉スペクトラム症」ならアウトという差別化には、理解が及びません。 twitter.com/baby_moon_chil

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:10:28

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

だからこそ、社会構成員全員が精神障害に対する理解と支援に関心を寄せねばならないと考える。被害者にならないためには、加害者を生まないこと。検挙された精神障害者の中で発達障がい者が占める割合はデータがない。発達障がいは環境から被る影響の甚大さが判明しており、尚更社会との繋がりが必要。 twitter.com/hanycafe/statu

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:09:43

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

逆転する。これは重大事件で精神障害をもつ人の生起率が高いことを示すのみで、精神障害が犯罪を引き起しやすいと結論付けるのは大間違い。彼らに対する不適切な外部因子、たとえば生育環境や対人関係の問題が作用した結果である。社会に適応している人の対応が彼らを追い詰めることもあ。(続) twitter.com/hanycafe/statu

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:09:06

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

精神障害者の犯罪率について。H28犯罪白書によれば(前提として正確に精神障害が把握されず)、精神障害者の刑法犯検挙率は1.2%、それ以外の者の検挙率は1.9%で、精神障害者のほうが犯罪率が低い。罪名別に見ると、放火は前者が0.3%、後者が0.03%、殺人は前者が0.4%、後者が0.06%となり(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:09:01

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

すべての人は各次元上のスペクトラムのどこかにプロットされ、その集合体であり、その結果、様々に個性を見せる訳です。自閉スペクトラム症の場合は、たまたまいくつかの次元において高スペクトラムであり、それが現代社会を生きる上で困難をきたしやすいので、診断名とされているに過ぎないのです。

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:07:19

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

されている事実は、医師の責任の重大性を物語ると考えます。最後に、自閉スペクトラム症の「スペクトラム(連続体)」に示されている通り、すべての人がこの軸のどこかに位置するわけで、診断閾は極めて操作的なのです。それ以上に大切な考え方は、人間の特徴を説明する次元(軸)は無限にあり、(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:07:09

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

先陣を切って走るべきです。社会の意識改革と共に、医療の在り方も問われています。投薬や入院措置に頼るのではなく、地域の各機関と連携して、自閉スペクトラム症の子どもたち、若者たちと共に生きていくための、リーダー的な役割を果たさねばなりません。医師法により、医師に様々な権限が付与(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:06:59

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

その道筋を明らかにして世に還元できる役割を期待します。2.第二~第五の層にかけて、これはまさしく社会との相互作用によるものです。発達障害者支援法の精神にのっとり、すべての国民が彼らを正しく理解し、個性を尊び、仲間として歓迎できるような価値観の変革が望まれます。特に、親や教師は(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:06:49

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

その診断名を伏せることが最善だとの考え方を改めることです。偏見を助長するのは、不十分な伝え方がなされるからです。そして、前述の各階層でどのようなことが起きたのかを理解することです。こうして初めて悲しい事件を教訓として生かす道筋が開かれます。司法においては、量刑判断に終わらず(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:06:37

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

事件が起こると、その人を知る者たちは「あのいい子が」とか「あの大人しい子が」と口をそろえて言うのは、コミュニケーションの苦手さや常同的な行為(挨拶をする等)という第一の層の特徴を見ているからです。さて本題は、2つあります。1.事件の容疑者に自閉スペクトラム症が疑われた場合、(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:06:29

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

軽減させます。第五の層で、挫折や予期しない不本意な体験により、衝動に圧倒される状態に陥ります。劇的、瞬間的に生じた場合に事件となることもあり、事件の様態としては第四の層で結びついた事柄に多かれ少なかれかかわりを持つのです。反復される場合にはその関連性が強いものです。(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:06:04

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

が、相当します。ここで、ネット情報の氾濫により、反社会的な刺激との結びつきも起きやすくなりました。それが過去の猟奇的な事件(少年事件)でも確認されています。第二、第三の層で、現実社会で生きることの喜びを見いだせた子どもは、第四の層で結びつく関心の一人世界に閉じこもるリスクを(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:05:55

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

時に、布団にくるまって抑え込んだり、自傷行為を行ったり、がむしゃらに絵を描いたり、大声で発散したりと、様々に行動様式異なってくるのです。第四の層は、自閉スペクトラム症の本来の特徴と深く関わりますが、その後持続的な興味関心が何に向かうかが決まる瞬間で、前思春期~思春期にかけて(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:05:46

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

生じません。事件時(パニック時)の破壊的攻撃的行動は、膨満していていた負の感情をエネルギー源としている、そのように比喩的にとらえていいと思います。また、いじめや暴力を受けたり目撃したりしていると、その行動パターンが衝動的に模倣されてしまうリスクも高まります。パニックが生じた(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:05:36

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

第一の層は、生来的な特徴ですから、「個性」としてある程度は受け入れる寛容さが求められます。第二の層と第三の層は重要です。家庭でのしつけや親子の情緒的交流、学校・友人といった小社会での人間関係において、「違い」が認められ、仲間として歓迎される体験を持てれば、負の感情の蓄積は(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:05:24

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

一旦形成されると修正は容易でない)。第五の層:トリガー発動(ある絶望的きっかけからパニックが生じ、一気に行動化がなされる)→事件になる場合もある。このように俯瞰すると、社会は自閉スペクトラム症の人たちとどのようにつき合っていくべきかが見えてくることでしょう。(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:05:14

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

階層的に理解して見ましょう。第一の層:自閉スペクトラム症の特徴(対人的相互作用の質・限定的な思考及び行動)。第二の層:生育環境が与える問題(愛着形成不全・自己否定感)。第三の層:社会環境が与える問題(孤立・迫害・怒り)。第四の層:負の側面へのこだわり形成(私は固着と呼び、(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:05:04

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

しているのではありません。まず、自閉スペクトラム症の特徴そのものが事件を起こすのではないことを知ることが大切です。副次的に形成された特徴が事件に関わっていること、つまり、経験(主に被害的)が大きく関わっており、その意味で彼らがいかに環境の中を育ってきたかを知ることが大切です(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:04:52

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

助長すると一刀両断に非難してしまうことのほうが、それこそ偏見なのだと思います。自閉スペクトラム症の人が事件を起こした場合、その生起メカニズムを把握し、社会に周知され、社会全体で予防の認識と行動をとることが必要です。本人は、生きづらさの中を必死に生きながら、事件を起こしたくて(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:04:41

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

自閉スペクトラム症の人の一部が、理解し難い事件を起こしてきているのは事実です。他方で自閉スペクトラム症の人で事件とは無縁の人が沢山います。事件を起こした人が自閉スペクトラム症の診断を受けていたとか、精神鑑定で自閉スペクトラム症であることがわかった場合、その公表をもって偏見を(続)

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:04:21

6月17日

@hanycafe

長谷川博一@hanycafe

毎日新聞の元記事には「自閉症と診断され、昨年2~3月には岡崎市内の病院に入院していた」と記載。この事実をなぜ他紙は書かないかというところに、自閉スペクトラム症を巡る厄介な問題が潜んでいるのです。「自閉スペクトラム症への偏見を助長する」との抗議が、関連団体から寄せられるのです。 twitter.com/baby_moon_chil

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 21:04:17

6月17日

@pentaxxx

斎藤環@pentaxxx

「パンとサーカス」ならぬ「パンと承認(つながり)」の幸福。「現状へのほどほどの満足」と「将来への漠然とした不安」を与え続けると、人口の過半数は「消極的保守」となって現状を曖昧に支持し続けるようになる。何が起きても自民党支持が30%を割りそうにないのはそういうことではないか。

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 17:50:11

6月17日

@pentaxxx

斎藤環@pentaxxx

米朝首脳会談は象徴的には成功だ。これからの世界はジジェクの看破したとおり「全体主義的資本主義」が覇権を握る。習近平とプーチンとトランプはその意味でのお仲間だ。自由と人権が制約される代わりに経済的安定と人々のSNS的つながりだけは保証された現代の中国社会が典型か。

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 17:49:58

6月17日

@aritayoshifu

有田芳生@aritayoshifu

北非核化で首相「日本が費用負担するのは当然」(読売新聞) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616- 6カ国協議の歴史では、日本と韓国だけが負担するという合意はありませんでした。距離が遠いからアメリカは負担しないとする理屈は成り立ちません。対米追随の外交ではダメ。アメリカも負担すべきです。

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 17:40:39

2018年06月16日(土)1 tweetsource

2018年06月15日(金)10 tweetssource

6月15日

@260yamaguchi

山口二郎@260yamaguchi

定数是正で失業した政治家の面倒は、自民党で見ろよ。衆議院の比例単独とか、地方議員とか、いろいろあるはずだ。選挙制度自体をいじるなど、公私混同の極み。

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 23:51:20

6月15日

@260yamaguchi

山口二郎@260yamaguchi

大学に選択と集中を求めて数を減らすということは、1軍で活躍しない選手に金を払うのはもったいないのでドラフト指名を毎年2人に限定するというのと同じくらいの愚行。

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 23:50:54

6月15日

@260yamaguchi

山口二郎@260yamaguchi

政府から補助金をもらって政権批判をするなという愚論があるが、日本では政党にも補助金を出している。国庫からの補助金が政治的な意味でのひも付きでないことは、これだけで明らか。

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 23:50:47

6月15日

@tanutinn

冨永 格(たぬちん)@tanutinn

圧力一辺倒からの転換を余儀なくされた安倍政権。政府内からは「各国がはしごを下り始めているのに、日本だけはしごの上で騒いでいたら拉致の協議に入れない」との声が。しかし首相周辺は「お会いできて良かったです、とだけ言って帰ってきたら政権が倒れる」と漏らす。digital.asahi.com/articles/ASL6G

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 23:48:32

6月15日

@tanutinn

冨永 格(たぬちん)@tanutinn

「言論の自由は国対国民の構図だと考えていたが、本当はその間にジャーナリズムが入る…公正と中立が日本では並列で語られる。でも、中立はどっちにもつかないこと、公正は悪いものを悪いと言うこと。ジャーナリズムは、公正の立場によるべきなのではないでしょうか」digital.asahi.com/articles/DA3S1

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 23:48:08

6月15日

@aritayoshifu

有田芳生@aritayoshifu

「産経」報道から読みとれることは、9月の総裁選まで期待感をひっぱり、北朝鮮が「すべての被害者」を返そうとしないから首脳会談はできないとするのでしょう。ただし外交には相手があります。北朝鮮が拉致問題などの報告書を公開、あるいは政府認定被害者・田中実さんが出てくることもありえます。

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 23:43:35

6月15日

@product1954

盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社@product1954

安倍首相、拉致被害者家族に説明
「首脳会談をこちらがやりたいと言ったら、北朝鮮に足元を見られる」
「あちらが被害者をすべて帰すと言うまで、北朝鮮には行かない」

金委員長から首脳会談の申し出はないだろうし、全員帰すと言ってくる事も考えにくい。具体策はあるのか?
www.sankei.com/politics/news/

Retweeted by グリーンライン

retweeted at 23:43:08

このページの先頭へ