情報更新

last update 09/29 14:33

ツイート検索

 

@hahaguma
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

Stats Twitter歴
3,870日(2010/02/25より)
ツイート数
60,200(15.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年09月29日(火)8 tweetssource

8時間前

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「お返しのルール」「身分制のルール」「人間平等主義のルール」「呪術性のルール」「実際、呪いの言葉なんですよ。「他人に迷惑を掛けるな」というのは…コロナ禍は「世間」を強化し、その存在をあぶり出した。しかしそのお陰で、この社会の息苦しさの正体に気付くきっかけになったとも言える。」

posted at 12:18:53

8時間前

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「だから国や自治体の「自粛要請」に逆らう者を発見すると「世間に迷惑を掛けている」と考え、「自分が迷惑を掛けられた」と思い込む。誤った正義感に突き動かされ、通報や抗議、脅迫までしてしまうのです…コロナ禍で、「世間」の同調圧力と相互監視が今まで以上に強まっているのです。」

posted at 12:15:25

11時間前

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2020/09/p「ジョブ型とかと関係なく解雇自由なアメリカは別として、れっきとしたジョブ型というか職種型社会で解雇をきちんと規制しているヨーロッパ諸国の労働組合がこういう記事を読んだら、残業拒否でも転勤拒否でも懲戒解雇できるやたらに解雇自由な日本が何言ってんだろうとしか」

posted at 08:31:27

2020年09月28日(月)10 tweetssource

21時間前

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「日本における公的支援(労働市場政策の公的支出)のGDPに占める割合は、積極的措置が0.14%、消極的措置が0.16%、合計0.30%しかなく、17カ国中下から2番目である。唯一、日本より支出割合が低い米国は、格差が大きく、貧困率も高いため、理想的な社会とはいえないだろう。」

posted at 23:09:25

21時間前

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

www.works-i.com/project/10care 「米国や中国、インドでは、「キャリアは自分が決める」という意識が7割程度あるにもかかわらず、日本は5割を切っている。日本で自己決定意識が浸透していないのは、日本的雇用では異動や昇進の主導権を企業が持ち、社員は受動的にキャリアを形成せざるをえなかったからだ」

posted at 23:07:41

22時間前

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

valed.press/_ct/17395833「上西教授は「呪いの言葉」への切り返し方を考えようと呼びかけています。考えるときのポイントは4つ。
・相手の土俵にのらない
・相手がなにから話を逸らそうとしているかを考える
・状況を俯瞰する
・自分を主語に語らない」

posted at 21:24:06

9月28日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

mansion-uru.jp/vacant-house-d「これまでの対策は自治体が空き家対処できるようになり、所有主が空き家を処分しやすくするためのものではありません…政府は未だ有効策を見つけられていないのが現状となっています。しかし、自治体によっては空き家を処分しやすい状況を作っているところも」何とかならんか

posted at 10:28:53

2020年09月27日(日)13 tweetssource

9月27日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

濱中淳子「入試改革の迷走―推進派と研究者それぞれの問題」(『教育学研究』第87巻第2号、2020年6月)は推しです。

posted at 22:41:42

9月27日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

this.kiji.is/68269358060884「当時の招致関係者は「置き時計や高級ボールペンなどはあいさつ代わりによく配った」と証言しており、13年9月に投票で東京開催を決めた国際オリンピック委員会(IOC)委員らへの贈り物用だったとみられる。IOCは倫理規定で五輪関係者への贈り物の授受を禁じている。」

posted at 12:49:37

9月27日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

禿教授「日本では、同じ仕事をしていたとしても、責任の程度・将来の期待・労働時間・人事制度の違いなど、様々な理由で処遇の違いが正当化されやすい。しかし職務評価をすれば、性別や雇用形態が違っても同じ基準で客観的に比較でき、仕事と処遇が見合っているかの点検になる」

posted at 12:32:48

9月27日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「安倍政権の「同一労働同一賃金」は同じ企業内しか対象にならない。宮田さんは「法律には抜け穴がある。声を上げないと、このままでは委託が増えてしまう」と話す。職務評価は仕事の価値を測るための方法だ。様々な調査手法があり、生協労連の調査は「得点要素法」と呼ばれるもの…厚生労働省も推奨」

posted at 12:32:02

9月27日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「仕事の価値をポイントに置き換えた「職務評価点」は正職員の520・5点に対し、委託の方が538点と高かった。内訳をみると、特に高かったのは身体的負担や人材育成に関する部分だ… 一方、年収は委託が正職員よりも約114万円低かった。職務評価点に見合った年収にするには、約129万円引き上げる必要」

posted at 12:30:57

9月27日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

digital.asahi.com/articles/ASN9S「同じ生協の配送担当者でも、賃金と仕事の価値のバランスを正職員ドライバーと同じモノサシで比べると、委託先ドライバーの年収は本来の額より約130万円も低い――。そんな調査結果を労働組合がまとめました。委託の働き手は、「自分たちにも同一労働同一賃金を」と訴えます。」

posted at 12:29:14

9月27日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「監督が『王国』を作る手段として大学への仲介を武器に選手を集めていた構図にしか見えなかった。大学側も、全国の監督との関係を維持し、その中で戦力になる選手が半分いればいいという感覚」「生徒が学費免除で進学すると…『高校の監督から、そのうちの100万円を自分に払うよう言われた』」

posted at 12:27:57

9月27日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

digital.asahi.com/articles/ASN9S「顧問がルートを持つ大学が決まっていて、卒業生が代々、割り振られてきた。強豪に子を入れたい親は顧問の弁当を買ってきたり、飲み会でかいがいしく世話をしたりする。一方ルートのない大学や医療・看護系など専門学校を希望すると顧問が反対する。うちも随分やられました」

posted at 12:26:05

2020年09月26日(土)16 tweetssource

9月26日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

TL上でたまたま菅義偉と林文子の画像が続けて流れてきたのだが、髪がちがうだけでそっくりだと思った。中身もかもしれない

posted at 15:03:44

9月26日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

mainichi.jp/articles/20200「安倍政権は、働き方改革や1億総活躍、女性活躍と聞こえのいい言葉を並べましたが、結局は雇用を壊しました。それぞれの制度は企業にとっては抜け穴だらけで「非正規という言葉を一掃する」という安倍前首相の言葉とは、まったく逆のことが起きています。」

posted at 12:43:23

9月26日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

第1回 標的にされる「教育」と「メディア」|地方メディアの逆襲|松本 創|webちくま(1/3) www.webchikuma.jp/articles/-/2173 「教育とメディア。民主主義を支える二つの現場が政治の標的にされている。権力者や声の大きな者に付き従い、異論を許さぬ不寛容な社会になっている──。」

posted at 09:54:58

9月26日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「「国公立大学を目指す生徒たちは、一部の科目を自分で学ばなければならず、進路選択の上で大きなハードルがある」…期待されるのが…「地域連携特例校」という制度だ。指定されると、比較的規模が大きく、余力のある近隣の「協力校」から教諭の派遣やオンライン授業の配信を受けられる。」

posted at 08:59:17

9月26日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「提案したいのは、「迷惑」という言葉を使う前に、ほかの言葉に言い換えてみることです…なぜ、それをするのがダメなのか、突き詰めて考えてみることで、説明する相手にも分かってもらいやすくなるし、禁止しなくても問題が起こらない事柄についても見えてくると思います。」

posted at 08:45:48

9月26日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「もっと問題だと思うのは、日本社会では、目の前にある「迷惑」にとらわれすぎて、もっと先の「迷惑」を考えないことがあることです…例えば、会社員がなかなか有給をとらないこと…有給をとらなければ、周囲もとりにくくなり、長い目で見ればそのほうが「みんなに迷惑がかかる」わけです」

posted at 08:45:00

9月26日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

globe.asahi.com/article/13066642「迷惑って、常識人ぶるのに便利な言葉だなと思います。意味がざっくりとしていて主語も目的語もなく使われることも多いから、なにが、だれに、どんな問題を起こしているのか説明する必要がない。一方で…自分がルールをすべて把握していて常識的な人だという立場をとれます」

posted at 08:43:31

2020年09月25日(金)22 tweetssource

9月25日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

岩井奉信教授「今回の1億2000万円は税金で、うやむやにすることは許されない。買収資金に流用されたのではないかという疑いを国民から持たれるのは当然で、その疑惑を払拭するため使途を明らかにし、説明する責任がある」

posted at 19:31:45

9月25日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

bit.ly/3kJhGhd元東京大学理事有志「今回の議論ではどういう観点が重要とされたのか、その説明責任が選考会議にはあると考えます。説明不十分、納得不十分なままで意向投票に進み、これから6年間総長を務められる方の選考に進んでしまうことは、東京大学の歴史に禍根を残しかねません」

posted at 18:48:45

9月25日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「問題点は、候補者を絞り込む際に会議で表決かどうかが不明確なまま議長の強い誘導によって投票が繰り返されたとされることや、表決だった場合は規則に抵触していた可能性があること、匿名文書の存在が示唆されて真偽について議論がないまま特定の候補者が排除される原因となったとされることなど」

posted at 17:18:57

9月25日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

専門家会議が言ってもいないことを、政府が「専門家会議の見解をふまえ」としようとしたことは、きわめて重大な問題。さすがに専門家らが覆したが、そこにいたる政府側の捏造の姿勢のおそろしさ。

posted at 00:33:49

9月25日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「諮問委の尾身茂会長は、重点的な取り組みが必要な「特定警戒」の13都道府県を除く34県について「諮問委員会として、一斉に(休校を)やるのは無理がある」と指摘。「専門家がここを認めたとなると、あなたたちは何をやっているのかということになる」…などと述べ、最終的に政府側の提案を退けた。」

posted at 00:32:10

9月25日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「メンバーからは「不公平が生じるから一斉休業をするというのは、ウイルスの流行のコントロールという目的と異なる」(河岡義裕・東大医科学研究所感染症国際研究センター長)、「感染拡大している状況であっても子どもが教育を受ける権利をしっかり保障すべき」(武藤香織・東大医科学研究所教授)」

posted at 00:31:17

9月25日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「西村康稔経済再生相は、学校では患者集団が起きていないとしつつも、人と人との接触の8割削減を求める点などを踏まえ「休みにしたほうがいいのでは」と萩生田光一文部科学相と話したことを披露…地域で対応が異なれば勉学の進度に差が出ることも挙げ「一斉に休校にするのも一つの考えだ」と発言」

posted at 00:30:34

9月25日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「厚生労働省の宮崎雅則健康局長(当時)が「いつの専門家会議の見解なのか」と確認を要求。事務局は「専門家会議」を「専門家」に変える修正案を示したが、メンバーの岡部信彦・川崎市健康安全研究所所長が、いずれの場合でも事実なら明確にすべきだと指摘。」

posted at 00:28:33

9月25日

@hahaguma

本田由紀@hahaguma

「文部科学省の提案として、諮問委事務局が説明。「5月6日までの間、学校を一斉休業することが望ましいという専門家会議の見解を踏まえ」という文言を対処方針に加え…今後取り組む考えを示した。だが、専門家会議が一斉休校について意見をまとめたことはなく、」

posted at 00:27:56

このページの先頭へ