情報更新

last update 09/23 10:26

ツイート検索

 

@hajime_sebata
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

Stats Twitter歴
3,010日(2010/06/28より)
ツイート数
6,030(2.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年09月22日(土)2 tweetssource

9月22日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

講演翌日、夕張へ。昭和天皇が巡幸で泊まった旧北炭鹿ノ谷倶楽部(夕張鹿鳴館)、石炭博物館、夕張線乗車。石炭博の展示の説明が勉強になった。廃線になる夕張線も今日から復旧だったので乗れてよかった。 pic.twitter.com/YRkGtWboph

posted at 00:49:10

2018年09月20日(木)1 tweetsource

9月20日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

講演のために札幌に来ている。震災の跡は千歳や札幌でも感じる。コンビニの棚が虫食い状態だったり。時間を見つけて北海道大学総合博物館に。各学部毎の展示の方法が楽しい。個別の研究者の研究ノートとか展示してたり。 pic.twitter.com/UH6w84zRx1

posted at 12:01:25

2018年09月18日(火)2 tweetssource

9月18日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

学生の引率を兼ねて小松基地航空祭でブルーインパルスを見る。曲技飛行の部分しか知らなかったが、乗るところから降りるところまでが、一つの物語として演出されているんだなと。エンジン点検とか。整備士も含めたチームという意味を持たせているように見えた。広報部隊として色々と考えているなと。 pic.twitter.com/tY19VosSfb

posted at 00:00:39

2018年09月09日(日)1 tweetsource

2018年09月08日(土)2 tweetssource

2018年08月31日(金)2 tweetssource

2018年08月30日(木)4 tweetssource

8月30日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

一年未満にする文書の類型の適用は、経産省行政文書管理規則の四月一日改正施行からだから、当時は即日廃棄は合法だと言うんだろうけど。いずれにしろ、制度の抜け道を突くことばかりで、公文書管理法の主旨が全然伝わってない。

posted at 17:47:42

8月30日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

毎日の記事には、打ち合わせの記録に個別の発言を記録する必要はない、とする文書を、「当日廃棄」扱いにしており、具体的な説明は口頭で足している。この文書を即日廃棄するのは意味が分からない(一年未満の文書の類型には入らない)。コピーされて回覧されてるけど。管理方法も隠したかったのか。

posted at 17:45:17

8月30日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

公文書管理法の主旨は説明責任を果たすことではあるので、その意図は伝わっていない。記録を残すこと自体が政治家の顔をうかがわないとできないという状況なのだろうか(「正確な」記録を残したら政治問題になる可能性)。官僚側のリスク管理の心理なのかな。

posted at 17:34:36

2018年08月26日(日)3 tweetssource

2018年08月23日(木)3 tweetssource

8月23日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

60年代後半以降、人事院出身者の侍従が増えていき、昭和末期は半数は人事院出身だった(安楽定信、卜部亮吾など)。平成の天皇の側近にも曽我剛など人事院関係者がいたが、その後は人脈が引き継がれていない。長く勤める侍従自体が、民間からスカウトした人以外あまり居なくなったのもあるが。

posted at 12:25:32

8月23日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

小林忍氏は、1960年代~70年代にかけて、日本国憲法制定にも関与した佐藤達夫人事院総裁(植物好きで天皇の話し相手)が、長く勤める天皇側近を人事院から推薦して送り込んでいた時期の人事院組の一人(佐藤が直接推薦したのか、先に行っていた人事院組が招いたのかはわからない)。

posted at 12:21:06

2018年08月21日(火)1 tweetsource

2018年08月20日(月)3 tweetssource

8月20日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

とりあえず紹介されたのは、森林管理局が持っていた国有林史料問題。他は自治体史編纂事業で集められた文書とか、学校に眠る公文書の話とかなどは示唆を受けている。近いところでは、イラク日報のバグダット日記みたいなものも入るのかなあと(あれは公文書扱いになったが)。

posted at 19:54:35

8月20日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

次の時の法令で、富士山測候所のカンテラ日誌が捨てられた話から、各省庁や地方自治体に残されている、行政文書以前に作られた文書、行政文書の定義にあてはまらなくなった過去の公文書の話を書こうと思っているのだが、良い実例がないかなと調べている。なにかないだろうか。

posted at 19:50:57

8月20日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

『時の法令』2056号(2018年8月30日)に、連載「公文書管理と日本人」第29回「政府の公文書管理適正への取組をどう考えるか」が掲載されています。7月20日に出された「公文書管理の適正の確保のための取組について」へのコメントです。
www.garyusha.com/wp/

posted at 18:14:07

2018年08月18日(土)2 tweetssource

2018年08月13日(月)5 tweetssource

8月13日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

研究室のクーラー(96年製)がついに壊れて水損事故をおこし、資料レスキューをする羽目に。重要度が低い資料がちょっと濡れただけで済んだが。そして事務は夏休み中で、今週は対応してくれなさそう…。仕事場所を求めて学内を放浪するか…(新校舎は全館冷房入ってたし)

posted at 16:47:45

8月13日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

この皇太子の広島訪問の話は修論に書いて、そのまま放置してしまった。修論のままは泣きたくなる文章なので使えないが、なにか使えんかなあとは思いながらかなり月日が経ってしまった。

posted at 16:44:17

2018年08月12日(日)3 tweetssource

8月12日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

行政文書の定義が情報公開法でできた時に、その定義にはあてはまらないけど保存されている曖昧な文書があちこちに残っているのかもしれない。歴史的な感覚がある職員がいれば国立公文書館に移管できるのかもしれないが、なまじ「行政文書ではない」と考えるから、移管するという発想にならんのかも。

posted at 21:29:07

2018年08月06日(月)2 tweetssource

8月6日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

江田島の自衛隊第一術科学校(元海軍兵学校)にも見学に。教育参考館(博物館)の見学時間が30分は短かすぎる。全然見切れない。職員にうかがったら、もっと見るために、次の回(集団行動必須)にさらに参加される人もいるとのこと。 pic.twitter.com/QnRKwAmkmz

posted at 23:50:36

8月6日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

学生の調査の随行と自分の研究と興味関心とも合わせて広島へ行ってきた。広島城の広島大本営記念碑は占領軍対策でコンクリで文字が埋められてしまってるんだな。その後も状態を戻せなかったのか。 pic.twitter.com/btqR05ThrC

posted at 23:45:57

2018年07月27日(金)2 tweetssource

7月27日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

@micky1359 そうですね。同感です。どうしてもそのような人は出てしまいますよね。民主主義のコストではあるのですが、難しい議論ですよね。実際嫌がらせに大量請求する人に手を焼く話は耳にしますし。でも制限とか利用目的を聞くのはダメだとは思いますし。

posted at 02:30:24

2018年07月26日(木)3 tweetssource

7月26日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

@micky1359 新聞社から請求され、情報公開に対応するときに、同時に他社にも公開するというのは過去にありましたが。昔ある新聞の記者にぼやかれた記憶が。うちが頑張って戦って公開にこぎつけたのに、他社横並びで公開されたみたいな。そのケースは審査会で戦ったケースだったので、同情した記憶が。

posted at 12:34:20

7月26日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

@micky1359 それはいまの制度では簡単ではないですね。請求や複写にお金がかかっていますし、個人に関わることを知りたくて請求してる方もいます。外務省は、一度公開した重要なものは外交史料館でコピーを見れる制度があるはずですので、そのあたりがギリギリでしょうか。公益性の高いものは公開するのはありかと

posted at 12:28:20

2018年07月25日(水)5 tweetssource

7月25日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

本日7/25に共同通信の配信で、「公文書改ざん 政府の防止策」と題した論考を寄稿しています。信濃毎日新聞では掲載を確認しました。ウェブ上にはないと思いますので、地方紙などでぜひ。

posted at 12:28:25

7月25日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

@micky1359 制度の理解が不十分はそうだと思います。その「公平感」はまずいでしょうと思いますね。野田さんだけではなく、こういったことは常態化しているのかなとの疑いがあります。

posted at 12:26:57

7月25日

@hajime_sebata

瀬畑 源@hajime_sebata

総務省はこちらは開き直って行政文書だと認めない。昨年12月のガイドライン改正の、「正確性」を期するために文書管理者が確認したものが行政文書、という制度の悪用に見える。前から行われているやり方でもあるけど、お墨付きを与えてしまっているのではないかという危惧が。
mainichi.jp/articles/20180

posted at 11:58:29

2018年07月22日(日)1 tweetsource

2018年07月21日(土)3 tweetssource

このページの先頭へ